にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

「おくのほそ道」の風景地 - 草加松原


昨日は朝雪が降りました。 やがて霙になり、あとは雨で、寒い一日。
     桜(ソメイヨシノ) の開花も一時凍結状態です。



     松原

                草加松原



    松尾芭蕉が弟子 河合曾良との旅で通った地。

     松尾芭蕉

元禄二年(1689)の3月27日のことというから、328年前の今ごろだったの
    だろうか。 いや、旧暦の3月だから、今の4月下旬。

      上野・谷中を通る際には花(桜)を見ている。


         行春や鳥啼魚の目は泪
     <ユクハルヤ トリナキウオノ メニナミダ>


     桜並木


      綾瀬川沿いの桜も、この寒さではまだ開けません。 あと少し!





百人一首」 60    こちらの旅は、1000年前のこと。


    大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみも見ず 天の橋立
オオエヤマ イクノノミチノ トオケレバ マダフミモミズ アマノハジダテ
                   小式部内侍(こしきぶのないし)

大江山を越えて行き、生野を通って行く道が都からは遠いので、まだ母の
 いる天橋立を踏んでみたこともなく、もちろんまだ手紙も見ていません。



百人一首の世界

     大江山を越え、生野を通って なお行けど
     まだ まだ 遠い と聞く 天橋立
    
     母の姿も母の手紙も まだ見ることなくて



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR