にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

ー 今年の干支 -


  今年の干支

今日は もう1月 の晦日、旧暦ですと睦月4日 早いものです。
今年は干支丁酉(ひのととり)で、 <酉のちぎり絵> を頂きました。 


そこに、こんなお話が書かれていましたよ。

時計の無かった時代、その鳴き声で夜明けを告げるは尊ばれ、
故事や詩にもよく詠じられてきました。



そうなんですよね。 天の岩屋戸に隠れてしまった天照大神
あの お方を呼び出したのは、常世長鳴鳥(とこよのながなきどり)
 でした。

「闇夜のはずなのに鶏が鳴いてるわ。 えっ 朝が来たの?」ってね。
                                 <古事記>




そして、中国の故事 <史記>  にも こんなお話があります。

戦国時代、斉の孟嘗君(もうしょうくん)が秦国に使いをしたとき、とらえ
られ殺されそうになりました。奇策を用いて逃げ出し、函谷関(かんこく
かん)に着きました。

この関は一番が鳴くと開くので、家来の中の鳴きまねのうまい者が、
の鳴き真似をして、無事孟嘗君は関所を通り抜けることができました。





「百人一首」 62番>   

清少納言の和歌は、この「鶏の鳴き真似」話 が下敷きになって詠み交
わされたものなのです。 相手の男性は藤原行成 (『枕草子』に詳しい)



 夜をこめて 鳥のそら音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ
<ヨオコメテ トリノソラネワハカルトモ ヨニオオサカノ セキワユルサジ> 
                            清少納言 

まだ夜が明けないうちに鶏の鳴く声をまねて、門をあけさせよう
とおだましなさっても、決して逢坂の関守はだまされて開けたりは
しませんよ。
 (だまして開けさせようとなさっても決してあなたの
言葉にはのったりしませんよ。
))


   まだまだ夜は深いのに 朝告げ鳥の声がして
   それを合図に 開いた門 

   いえいえ そら音 うその声
   たとえ 函谷関がひらくとも 
  わたしは開けたりしない 逢坂の関所

                
                百人一首の世界



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR