にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

冬枯れ の 蓬         <百人一首 51>

いよいよ今年最後となる 週のはじまりです。

郵便局に行っても、買い物に出かけても混雑し始めました。
まだ、御用納め前 少し早いのでは?

年配者が増えて休日など関係ないのでしょうか。わたしもそのひとり?

急ぎ足の道路脇 冬枯れの雑草に目が留まりました。


     よもぎ2


     よもぎ

これって、蓬(よもぎ)ですね。 春になると新たに芽を出してきますが、
それを摘んで、草餅にするーその草です。

蓬(よもぎ)の別名  さしも草  を詠み込んでいる

「百人一首」51番 

  かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを
 <カクトダニエヤワイブキノサシモグササシモシラジナモユルオモイヲ>                    
                    藤原実方朝臣 [『後拾遺集』恋一(六一二)]
このように(あなたを慕っていますと)さえも打ち明けることができないの
 ですから伊吹山のさしも草ではないけれども、それほど私の思いが激
 しいものだとはご存じないことでしょうね。




伊吹山は「さしも草」の名産地
 伊吹山
  <10月21日撮影>


  51   これほどの 激しい私の思い
       伊吹山の さしも草 ではないけれど
         身を焼くほどに恋い焦がれています と
         これほどあなたを慕っています と
       一言さえも 言えないわたし


                               百人一首の世界



さしも草 は もぐさ

*お灸に使うもぐさは、春のよもぎ。草餅やよもぎ団子はよもぎからつくら
  れます。 よもぎは春になると道ばたとか河原やアスファルトのすき間
  にも芽を出します。 古くから身近な薬草として、傷口によもぎの葉をも
  んで汁をつけて止血したり、虫さされやかゆみ止めにも使われました。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR