にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

松も昔の友ならなくに

神無月も もう終わりという頃に また夏日、
さすがに夏服 とはいかず 昨日は長袖でも薄手で調節 
何を着たらいいのか、なやんでしまう このごろです。 


先日、草加市の松原で 秋の風物詩 「こも巻き」 が行われました。
藁で編んだ「こも」を松の木の幹に巻付ける作業です。

害虫マツカレハの幼虫を温かい「こも」の中に誘い込み、春になったら
取り外して、「こも」についた幼虫ごと焼却して退治するもの

松言ってみれば冬支度







松といえば長寿の象徴でまあります。 「百人一首」34番に こんな歌が

誰をかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに
                            藤原興風(おきかぜ)

年をとった私はいったいだれを友人としようか。むかしを知る長寿の高砂の
 松も、昔からの友ではないので。



作者は平安時代初期のひと。 千年以上昔の平均寿命は、と思えば
老年期を迎えることができた人は、少なかったことでしょう。

現代に生きたならば、草加松原ほどの友がいて、老残の悲哀、孤独の
淋しさを詠うこともなかったのではないかしら。


盆栽松祝・松は長寿の象徴





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR