にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

夕 顔


 8月も最終日となりました。 再びの猛暑日から打って変わって、今宵は
随分涼しくなりました。 雨も止んで、虫の音も小さく聞こえはじめました。

8月中旬の ある夕暮れ時に、住宅のフェンスに絡んで大きな葉の間から
顔を出して咲いている真っ白な花が目に入りました。家に急ぐ帰り道だっ
たのですが、なぜか気になって引き返して見てみると、


     170818夕顔

        これは、「ゆうがおの花」に違いないと思い、
        写真を撮らせていただきました。


『源氏物語』、「夕顔」の巻では光源氏が乳母を見舞う折、夕顔の咲く家
の女性を知り、身分を明かさずに通うようになるのですが、その女性が
この花の名「夕顔」と記されています。

夕顔の女君から、光源氏の君に渡された扇に書かれていた歌、

     心あてに それかとぞ見る 白露の 光そへたる 夕顔の花
白露の光をそえた夕顔の花、そのようなお姿のお方はもしや光源氏の
 君ではないでしょうか


と解釈すると、白露の光を添えたような美しさゆえに気付かれたのは男性

かたや、
白露に光る夕顔の花、その花に光を添えていただいたあなた様は、
 もしや、光源氏の君ではないでしょうか


と、解釈すると、夕顔の花は歌の贈り主である女君 ということになります。


              ∞∞∞∞∞∞



一昨日でしたか、やはりこちらのお宅の前を通ったところ、


    170825夕顔の実

      実になっているものもありました。 

 このあと、どんな姿に変身していくのか、楽しみです(笑)




サネカズラ 追記





親元 の サネカズラ がどんなになっているかと、今朝見に行ってきました ^_^


 うん?  この小さな白い球は、若しかしたら 蕾でしょうか \(^o^)/



iPhoneから送信

さ ね か づ ら (ビナンカズラ)

「百人一首」 25 に、次の歌があります。

  名にしおはば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな
<ナニシオワバ オオサカヤマノ サネカズラ ヒトニシラレデ クルヨシモガナ>
                     
                      三条右大臣 [『後撰和歌集』恋三]

(逢って寝る」という名を持つ逢坂山のさねかずら、その名のとおりならばツル
をたぐるように、人知れず君のもとへ私が行く方法があればよいのになあ




その サネカズラ(=ビナンカズラ)を、見沼田んぼの散歩コースで見つけ
ました。 11月の下旬だったと記憶しています。



    さねかずら



私にとって、サネカズラをよく見かけるのは 鎌倉 でしたので、こんな近く
に見ることが出来たことに感激。

是非、庭にでも植えたいと、園芸店を廻る折りに気をつけてはいましたが、
なかなか出逢うことなくて、「折を見て、通販で買うしかないかな」と思って
いました。


春になり、サネカズラの新芽が出始めたころに新しい葉のついた小枝を
数本いただいたので、家人が「挿し木」を試みてくれました。

「ダメでもともと、これもまた 楽しいじゃないか」と。


先日、その後の様子(三ヶ月後)を記録しておきました。


   170823撮影



          大丈夫、生きてます! 

        カワイイ新芽さえ出て、根付いているようです 


 もっとも、あの赤い恋の実 を付けるまでの 道のりは・・遠そうですけれど・・


鎌倉 で ランチ、カフェ

鎌倉文化交流館は、鎌倉駅西口から徒歩7分ほどの所にありました。


    その途中で見つけた お店 GARDEN HOUSE


  GARDEN HOUSE


緑豊かなお店の佇まいに惹かれ、植物に誘導されるように入って
いくと、そこは RESTAURANT / GENEAL STORE / GARDENER


      お庭




  本日のピザ お会計

       本日のランチ シラス&葉葱のPIZZA  を チョイス


       しっかり腹ごしらえできました!  勿論 大満足のお味 ♪


 

       鎌倉を歩き回ると、最終的には優に一万歩は超えます。

       最後のお休み処として入るのは、いつもの 「了庵




     了庵

  小町通りの喧噪から逃れて、細い小路にちょっと入ると、裏からの入り口
   もある喫茶店です。
          
         こちらでは 有機栽培珈琲 が お気に入り。


      065-28.jpg


       陶器アートのお店でもあるので、作品を見て楽しみ ♪
     ちょっとしたアクセサリーを買い求めるも楽しみのひとつです。



             073-12.jpg



 鎌倉歴史文化交流館

ネットで偶然見つけた情報にビックリ
いつの間にこのような施設が出来てたのかしら?

  鎌倉歴史文化交流舘1


鎌倉の歴史が広いスぺースを使って、分かりやすく展示解説され
ているようす。



お盆が終わって、おしょろさまも送った翌日です。
降り続いた雨も、今朝は上がっています。


思いついた日が吉日とばかり、出掛けてきました。

  鎌倉文化交流館3

    鎌倉歴史文化交流館  ←  (クリックで)



館内は広く、ゆったりとしてあかるい。 何より嬉しいのは 撮影可


  畠山重忠鎧模写


というのは・・・

   解説文

  ここにある鎧 以前 武蔵御嶽神社 の歴史博物館で
  本物に出会った際に、当然 撮影禁止ですので、
  パンフレットを買い求めそのコピーでもってブログに
  紹介文を書いたところ、それでも抗議のメールが届い
  たことがありました。




     中世鎌倉遊び



  触れて見る

上の穴から ご自由にお触り下さい」  デスって!! 

    まさに、文化と歴史 学習の場。

 まわりの環境も 鎌倉らしい静かなところです。


   <鎌倉W a l k  次回に続く>


 カ ア イ イ ー!


スズムシが届いた。
土を入れた大きめのケースに移した途端、
あの涼しげな鳴き声が、静かに広がった。

遊びに来ていた幼子がすぐに気づいて、

れえ~


網を外した箱の中をのぞき込んで
カ ア イ イ~!!
と盛んに声をあげる。


 すずむし

 その2


うん

「カワイイ」は、幼子が覚えた 褒め言葉。
「気に入った」ものを指すときの言葉。

カワイイと思わせたのは、
細かく鈴を振るような、
この透き通った音色によるの かな?



君の名は ?



野菜直売所 の 一角に置かれた数鉢の花の中から
今回は、色鮮やかなこの株を!
安価な値段も 魅力 です。

でも、この花に 名前なし

「この花 何ていうの?」
と聞いたら、

花を提供した人が そこに居て、

「忘れた ! f^_^;」


というわけで、
ここ数日

「君の名は?」 と  f^_^; 

花にきいてはいるのですが。




iPhoneから送信

 白河の関


  白河の関

  福島県白河市旗宿 に ある みちのくの関所跡です。
  江戸時代の紀行文『おくのほそ道』にも出てきますね。


   白河の関跡



   西那須野から歴史古道「東山道」へ。「道の駅 伊王野」から
 
     ほぼ10年ぶりに、こちらを訪ねてみました。



   白河神社鳥居

   古木の繁みに入った途端に、スーっと気温が下がったように感じました。
   かすかに届く木漏れ日が、長い時の流れを思わせます。


   歌碑


   歌の紹介

  ここで(石碑など)出会った歌人の3人が、「百人一首」に歌が採られて
  いる歌人でした。

   白河神社
              白河神社




     樹齢800年杉



   こんなことにも感動を覚えた 3度目の 白河の関跡 訪問でした。



プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR