にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

桜 咲く  - 「百人一首」 61番の歌から -


   大宮公園

        29日 大宮公園の桜(ソメイヨシノ)です。


        氷川女体神社の公園

        30日 氷川女体神社公園の桜 です。


        垂れ桜
     
        そして、毎年楽しみにしている 案山子公園の しだれ桜。 


30日には昼間18度あった気温も、今日からまた下がるとの予報なので

         しばらく、この状態が保たれそうです。 

         さくら の春  暫く 楽しめ♪ますね 




   いにしへの 奈良の都の 八重桜 今日九重に にほひぬるかな
<イニシエノ ナラノミヤコノ ヤエザクラ キョウココノエニ ニオイヌルカナ>                        
                             伊勢大輔(いせ の たいふ)

(昔の古い都 奈良に美しく咲いていた八重桜が、今日は この九重(宮中)に、
 みごとに咲きほこっていることですよ。)



昔、公式の場で詠まれる歌は、「晴(はれ)の歌」といって、荘重な作品が
要求されました。

新参者の伊勢大夫が、古都奈良から奉られた桜を受け取って取り入れる
役目を紫式部(むらさきしきぶ)から譲られ、藤原道長からは歌を詠むよう
に言われての即吟の歌です。

その舞台にふさわしい叙情性あふれる歌であると高い評価を受けました。



   百人一首の世界


       その昔 奈良の都で爛漫と
       咲き誇っていた八重桜

       今日の良き日の平安京
       宮中の春は盛りと 咲き匂う




「おくのほそ道」の風景地 - 草加松原


昨日は朝雪が降りました。 やがて霙になり、あとは雨で、寒い一日。
     桜(ソメイヨシノ) の開花も一時凍結状態です。



     松原

                草加松原



    松尾芭蕉が弟子 河合曾良との旅で通った地。

     松尾芭蕉

元禄二年(1689)の3月27日のことというから、328年前の今ごろだったの
    だろうか。 いや、旧暦の3月だから、今の4月下旬。

      上野・谷中を通る際には花(桜)を見ている。


         行春や鳥啼魚の目は泪
     <ユクハルヤ トリナキウオノ メニナミダ>


     桜並木


      綾瀬川沿いの桜も、この寒さではまだ開けません。 あと少し!





百人一首」 60    こちらの旅は、1000年前のこと。


    大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみも見ず 天の橋立
オオエヤマ イクノノミチノ トオケレバ マダフミモミズ アマノハジダテ
                   小式部内侍(こしきぶのないし)

大江山を越えて行き、生野を通って行く道が都からは遠いので、まだ母の
 いる天橋立を踏んでみたこともなく、もちろんまだ手紙も見ていません。



百人一首の世界

     大江山を越え、生野を通って なお行けど
     まだ まだ 遠い と聞く 天橋立
    
     母の姿も母の手紙も まだ見ることなくて



春を食べ 春を聞き 春を見る



   開花

          これで、当地の開花宣言ですね !




   きのう、鶯の初音を聞きました。 午前中に2度ほど、
    ホ ~ ホッ までは何とか。
   でも ケキョ がうまくいかないようです。

   思わず(がんばれ〜) と、こころの中で応援 (笑)



                       うぐいす


   「鶯 鳴いたねえ。聞いた?」
    「今年のやつはチョットへたっぴだなぁ」

    「若い?」
   「いや ここらあたりのは、鳴き方の手本になるのが いないからじゃ
    ないの?」

    など、今年も 当地の 鶯 談義 始まります。



       1週間ほど前のことですが、

  
     つくし

        掻き揚げ



   今年のつくしは、 と 一緒に掻き揚げにしていただきました。




見沼 に 龍が出現!


     見沼の龍

  見沼田んぼ 東縁(ひがしべり)の 見沼原形保全区に、

  ヨシでつくられた 体長15メートルの龍が お目見え!!


  昨日は、一日中の雨、 そして今朝は、強風が吹き荒れていて、

  この瞬間に “昇り龍” となって飛び去りそう  な勢いなのデス




百人一首」 54

 忘れじの 行く末までは かたければ 今日を限りの 命ともがな
<ワスレジノユクスエマデハカタケレバキョウヲカギリノイノチトモガナ>                   
                       儀同三司母(ぎどうさんしのはは)  


(「いつまでも忘れないよ」と言われるあなたの言葉が、遠い将来まで
 も変わらないということは難しいことですから、その御言葉をうかがっ
 た今日を最後の日として死んでしまいたいものです。



百人一首の世界

      「いつまでも君を忘れないよ 」
      ささやくあなた。
 
      遠い将来のことなんて 分かりはしない
      だから今 このまま私は死んでしまいたい

      この幸せの ただ中で



小説 『恋衣 -とはずがたり』

小説 『恋衣 -とはずがたり』 が文庫本になって、発売されます。

詳細は著者 奥山景布子氏のブログをご覧下さい。
            こちらから (上をクリックで)




名古屋の「毎日文化センター」で行われた 奥山先生の一日講座
源氏物語を楽しく読む〜猫の縁(えにし)」 を受講してきました。




久々の名古屋行き。駅前の風景が 一変してない?

     名古屋駅前

え〜と、ここは??

     セントラルタワーズ

駅の直ぐ近くなのに、何人かの人に尋ねて、それでも迷ってしまった。


とうとう文化センター受付にTELして、


それでやっと教室にたどり着いた次第です。
遅刻してごめんなさい。  


     講座


古典講座楽しく受講させていただきました。




     奥山先生と


既に所有していた単行本(2009年発行)にサインをしていただき、
「一緒に写真を」という私の唐突なお願いにも快く応じていただき、

ありがとうございました。



         


      恋衣


恋衣(こいごろも)』 はとはずがたりの現代語訳ではありません。
小説として構成し直されています。

物語りの運びに仕掛けがあるからこそグイグイとその世界に
引き込まれていきます。



僭越ながら、作品全体の流れを読みとるのにも最適な作品だ
と申し述べさせていただきたいと思います。





 『とはずがたり』現代語訳は こちら   ← (上をクリックで)
 

鎌倉Walking -農協連即売所へ

鎌倉野菜」発祥の日本初のマルシェ  - 農協連即売所 -


     連売所



鎌倉へは何度も来ているのに、まだ一度も中まで入ってみたことも、
野菜を買って帰ったこともなかった 「鎌倉野菜」


なので、今回の「ネイティブ講師 と 鎌倉散策」コースにこちらの「レンバイ」
が入っていたのはとっても嬉しい!


近年は「京野菜」にも引けをとらないブランド野菜になっている「鎌倉野菜」

     tomato.jpg

     シェフも来る市場


鎌倉はもちろん、近郊からもシェフが野菜の買い付けにくるという西洋
野菜やハーブなど、品種も豊富。



     市場サラダ用

私はこちらの 生野菜などを買いました。 一皿200円也



一日中 のWalking に持ち歩き、、

     get to know


翌日の夕食で、やっと調理出来ました。




     野菜サラダすぱ
             ミートスパゲッティー と 生野菜




      カンタン酢ピクルス

               カンタン酢 で 簡単ピクルスに、



「鎌倉野菜」 鮮度を保っていて、甘味のある濃厚な味に感激です。



駅名改称 、記念乗車券を発売!


   駅名変更の記事

         3月14日の朝刊に載った記事です。


東武スカイツリーライン松原団地駅の駅名が4月1日から
獨協大学前<草加松原> に改称となります。
それに合わせて、同日から記念乗車券が発売されるというもの。

販売に伴う問い合わせは お客さまセンター(03・5962・0102)




駅周辺の老朽化した団地群は消えて、新たな近代的建造物に建て変
わったばかりでなく、街全体の風景は一変しました。
団地名を駅名にする必然性もなくなったということでしょう。


それにしても、カッコつきではありますが草加松原の名称が駅名に残さ
れたことは大変喜ばしいことです。なぜなら旧日光街道に残る松並木を
始めとして、草加松原という地名は当地の歴史を伝えていて、後世に残
すことになるからです。


草加は、江戸時代の紀行文『奥の細道』に松尾芭蕉が書き留めている
地名なのです。





平安時代のお話になりますが、やはり後世にその名を残した滝を
詠んだ和歌が 「百人一首」の55 にあります。

   8名古曽滝

滝の音は 絶えて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ
                  大納言公任 『拾遺集』雑上(四四九)]

(滝の水音が聞こえなくなってから長い年月がたってしまったけれども、
 滝の名だけは世間に流れ伝わって、今でも聞こえていることだ。)



  かつて ここに滝があり
  長い年月の間に 水は涸れて
  滝はいつか消え果てたのに
  「名だけの滝」として 今につたわる


                        百人一首の世界

クリスマスローズ


    クリスマスローズ

                 <クリスマスローズ>


  年が改まり、春の兆しが見えるころになって、ようやく茎に寄り添い、葉に
 隠れるように花の蕾が見え始めるクリスマスローズです。


 花は、日に日に茎を伸ばしていって、いつの間にか葉の上に顔を出して
 咲き揃いました。


 花期が長いので、そのままでもよし、活けてもよし、色々に楽しませてく
 れる花です。


 いつも思うのです。 この花は春の季節に咲いて、その風情は清楚。
 クリスマスローズ の名とは、ちょっと違うようだなあ と。





 「百人一首」 63


   今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで いふよしもがな
 <イマワタダ オモイタエナン トバカリヲ ヒトヅテナラデ イウヨシモガナ>
                   左京大夫道雅[うきょうのだいぶ みちまさ] 

 (今となってはもう、あなたへの思いをあきらめてしまうつもりだと、それ
 だけを、人づてではなく、直接あなたに言う方法があるとよいのになぁ




     イメージとしては 秘めた恋 でしょうか。



桜 のリレー


 河津桜

公園の河津桜です。 春爛漫とばかり咲きほこっています。

今年の“お花見” 3月6日  間に合ったわ! と思いきや


       剪定中
  
丁度 剪定中のところで、落ちている枝を見てみると、

こちら、河津桜の終盤も間も もう間もなくのようですね。



同じ公園の 染井吉野の方は、


 ソメイヨシノ

まだ、蕾も硬いように見えますけれど、今月中にもう 染井吉野桜

    公園をぐるりと囲むようにして 咲き誇るのです。  

          





獨協大学オープンカレッジ 2017 春期通年講座

受講申し込み 始まっています。 3月6日(月)到着分からの先着順。
(それ以前の到着分も3月6日分として受け付けられます。)


私が担当いたします講座につきましては こちら をご覧ください。


なお、今期、講座 『よくわかる「百人一首」の世界』 でとりあげます和歌
の内容につきましては、当ブログで簡単に紹介させていただく予定です。

           どうぞよろしくお願いいたします。






蕗味噌


蕗畑の朝


丁度良いお湿りがあった翌朝、明るい陽射しに誘われて近くの敷地を覗い
てみたところ、予想通り 蕗の薹がグンと背を伸ばし、萌黄色の衣を広げて
いました。

真っ青な空、コートの要らない暖かさ。 見ているだけで朝からシャキンと
元気が出ます!!


もうすぐ蕗の薹のお料理を楽しむ季も終わりですね。 今年はまとまった量
を頂いたので、数個を取り分けて、そのままで冷凍してみました。後日、細
かく刻んだものを味噌汁の仕上げに放ってみようと思います。


後の25個位は、一旦サッと茹でて水にさらし、固く絞ったものを細かく刻みま
す。それで2種の「蕗味噌」をつくっておきました。これがすこぶる評判がいい
のです。


そこで、自分の備忘録にもなろうかと、ここに 書き留めておくことにしました。


① 細かく刻んだ材料8個分を、ごま油で炒める。 そこへ、赤味噌、 砂糖、  
 みりん、 各大さじ3 を入れて、弱火で練り混ぜながら煮詰める。


② 残りの刻み蕗の薹16個分を、白みそで同じようにして倍量の蕗味噌をつ
 くります。ただし、白みそでは砂糖の割合は赤みその場合の半分に減らして
 みました。



     蕗味噌

              二種の「蕗味噌」


  豆腐田楽  ふろふき大根
 「白味噌仕立て」にあう豆腐田楽  「赤味噌仕立て」はふろふき大根


蕗味噌がお好きな方、 
好みの味にアレンジして、是非ご自分で創ってみられることを お勧めし
ます。手作り作業は無論 季節ものの蕗味噌料理も又楽しくなること
請け合いです!!


                  フキノトウ

東京 Walking  お茶の水界隈へ


お茶の水駅から神田川に架かる橋を渡って左折、
順天堂大学をぐるりと廻って 本郷通りへ。

右折して東方向へ暫く歩くと湯島聖堂傍の交差点に出る。 
そこをそのまま進んで行くと 


  神田明神

   左手に見えてくるのが 江戸総鎮守 神田明神 。


天平二年(730)の創建。江戸時代になって江戸城拡張の折りに、
千代区大手町、将門塚周辺から表鬼門にあたる当地へ遷座された。


「神田明神」と聞くと 嘗てのテレビ番組「銭形平次」、
      舟木一夫の歌を口ずさんでしまうのですが・・・
  (#^.^#)


さすが 都会に鎮座する神社ですね。境内は隅々まで綺麗で、
参拝者も途切れることなく続いて訪れていました。 


  梅の花

 まだ小さい梅の木。 風情ある姿で、今ちょうど見頃の花をつけていました。 
 

    君ならで 誰にか見せむ 梅の花 色をも香をも しる人ぞしる 
                            紀 友則(きのとものり) 

あなた意外に一体誰に見せたらいいのかしら。 この梅の花の色にせよ、
 香りにせよ、その美しさは 分かる人だけが分かってくれるのです。






   花より団子  こちら   おすすめデス


   
     甘野屋
      神田明神入り口 近くにある 甘味処  天野屋


    甘酒  甘酒 400円也 




プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR