にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

アップルパイ

   ケーキ皿ホーク
アップルパイが大好き         コップ

パイシートの中に包むりんごは「紅玉」を使いたい。
そう思いながらスーパーの中を見回してみたけれど
やはりここにも「紅玉」は売られていなかった。


あの甘酸っぱさがいいんだけどな~
ほかのお店を回る時間もないから、
りんごのフィリング にはレモン汁を加えて「紅玉りんご」の代わりにしようかナ 


と考えて、店内を移動し、冷凍パイシート を カゴ に入れたところで
後ろから声がかかった。

「Keikoさん、アップルパイつくるの? りんごはね絶対 コウギョク よ!」
そこに立っていたのは、なんと英会話教室で一緒のYukoさん。
「あら!」                               びん1

びん2
入会して間のない日のレッスンで
自分にとってのインスパイアーとなる人物 inspired me は
と問われた。
いきなり言われてもなぁ・・と困ったけれど、
私は 栗原はるみ と書いた。
ー先生(イギリスの若い男性)には分からないだろうけどねー


みんなで書いた人物を見せ合ったところ、
なんと他にも同じこの料理研究家の名を書いている人がいるではないか
それがYuko さんだった。

あれ以来 彼女から聞く料理の話題が楽しみになった。へえ~すごい!
今では彼女もまた私のクッキング・インスパイアーの1人になっている。



     IMG_2707.jpg

〔お気に入りの 器 でいただくと、上出来に見えちゃったりするので食べる楽しみも倍増デス〕
       le petit bourgeon (ル プティ ブルジョン)
お店ページ→http://le-petit-bourgeon.com



ヨーロッパで見つけたアンティーク食器や雑貨のお店
               [ル プティ ブルジョン]


Go Green Market に参加します。
2016年
12/10(土)  9時から16時30まで
12/11(日)  9時から16時まで
@【京王フローラルガーデン アンジェ】
詳しくは、公式ホームページをご覧下さい→《Go Green Market HP


その後の 皇帝ダリア

  コウテイ


あまりの 変わり果てた姿に、一瞬気付かず通り過ぎたけれど、


  ダリア


これは、間違いなく 皇帝ダリア 

     


      冬将軍の雪攻撃に敗れたのだった。

     
      <無惨やな 雪に敗れて 位降り> 



54年ぶり 11月の雪

24日(木)、未明に聞こえていた雨音が 明け方には静かになっていた。

朝になって、外の様子をみてみると、

   窓の外

ふわふわ雪が、屋根など 物の上には既に5センチほど積もっている。


雪は止むことなく降り続け、16時頃になって ようやく止んだ。


車道に積もることはなかったので、車での出勤にも支障はなかったけれど、




   階上農園

3階 にある中庭農園にも積雪

学生が入って雪玉を投げあっているのを目にした。


雪は、目慣れた風景を 非日常にして、子供心を持つ者のこころを楽しま
せる。

おとな は 雪を楽しんでいる者を含めて その風景を楽しむ。




『枕草子』<異本>にあるという  雪まろげ の段  を想う。 もういちど読み直してみよう

   雪のいと高くはあらで、うすらかに降りたるなどは、いとこそをかしけれ。

            *****


   霜やけの 手を吹いてやる 雪まろげ   羽紅     (『猿簑』)  





 

皇帝ダリア


  木立ちダリア

    この花の名は ダリア・インペリアリス  

別名 木立ちダリア とも。 でも、やはり もうひとつの別名

    皇帝ダリア の名がふさわしいな この花!



  メキシコ原産

        ダリアの原種 で メキシコ原産


  寒さに弱い

    寒さに弱くて、霜にあたると一発で枯れるとか 

      天気予報によると、明朝 雪が降るかも・・・

            だいじょうぶかなぁ  




           ***********

     獨協大学オープンカレッジ 受講生の皆様へ

状況によっては ホームページ で 休講のお知らせ ご確認下さい。


   

夜 の 浦和

久しぶり 夜の浦和 でお買い物 (*´v`)

駅西口エリアの工事に伴い いつもの定位置から姿を消していた・・


  うなこちゃん

うなこちゃん  な〜んだ ここにいたのね!




駅を出てすぐのところから、
伊勢丹&CORSO 南 バスロータリー側に
たった50mほど 移動されてただけなのに 気づかなかったけれど (^-^)/


ライトアップ で注目度 も アップ


立ち止まって 見る 、撮る 人も多数   


メロディー こそ流れていなかったようだけど、街はもうクリスマス仕様










浦和駅 西口 から徒歩15分、


 アカシエ・ サロン・ド・テ 

  アカシエ



テレビ番組「マツコのしらない世界」でも紹介されたという
埼玉スイーツ店舗の1つ


ケーキを販売する「パティスリーアカシエ」のみのオープン
残念ながら11/21(月)よりイートインの方が長期休業だそうです

  クリスマスケーキ

こちらも クリスマスケーキ 出ましたよ o(^▽^)o



こちらから 配送 を頼んだのですが、

自分用にも ミニサイズを (*´~`*) 

  ケーキ

  シュトーレン     保存きくのが 嬉しい!!



  カットケーキ


  でも、やっぱり ・・・早くになくなってしまいそうダワ    



有明の月


    有明の月

     11月25日の朝 撮った月 (旧暦ですと10月、神無月)



夜明けになお空に残る月が - 有明の月 -です!

 (この月 すっかり夜が明けてしまった空に浮かぶ月なので、
  歌に詠われるときの 「ありあけのつき」ではないのですが・・



ありあけの つれなく見えし 別れより
                  暁ばかり 憂きものはなし

 <アリアケノ ツレナクミエシ ワカレヨリ アカツキバカリ ウキモノワナシ>                    

                            壬生忠岑(みぶのただみね)

(明け方の月が無情に見えたように、あなたが冷たく見えたあの別れ以来、
 暁ほど私にとってつらいものはありません
)



この和歌は、平安貴族の男性が一夜を共に過ごした女性へ、帰宅してすぐに
送った手紙に記される 後朝の歌(きぬぎぬのうた) 。 

男性が女性に逢ってきた後の気持を詠んでいます。 夜が明ける前に相手の
女性のところから帰らなければならない。 別れがつらい、あなたをこんなに
恋い慕っている自分に対して、相手の女性は冷淡で、「つれない」ように見え
たのでしょう。

暁の空を恨めしい気持で眺めている男のせつない心情が歌われてはいます
が、それはまた、こんなにあなたのことを恋い慕っているのですよと伝える
                   ラブレター





恋人であっても、
所顕し(ところあらわし)を行って結婚成立した後でも、

男性が女性の許を訪ねるのが当時の 恋愛、結婚形態なのです。


夜暗くなってから訪ねて、明け方は明るくなる寸前に帰宅し、すぐに女性
の許へ歌を記した手紙を送ることが誠意のあかしとされました。


   こんな寒い季節には   男はつらいよ~   ですね!


もみじ競べ

ここらあたり、日を追うごとに紅葉が美しくなってきました!

昨日は用事を済ませて帰り道 ちょっと大崎公園に立ち寄って
ひとり 公園を歩いてきました。

  大崎公園


思った通り、この3日間で紅葉はかなり進んでいて、

  さいたまこども動物園

こども動物園 の中もすっかり 秋色になっていました。



10時の開園 までに職員の方が落ち葉をかき集めて清掃されている
ので、拾い集めるような落ち葉も見かけませんでしたが、


流れに落ちたメタセコイアの葉だけが、柵に阻まれて溜まっています。

  もみじの柵


これが公園の中ではなくて、山を流れ下る川ならば、淀みに溜まった
落ち葉が 自然の柵(しがらみ)をつくっているでしょう。


「百人一首」にある歌 が 思い浮かびます。

山川に 風のかけたる しがらみは 流れもあへぬ もみぢなりけり
                     春道列樹(はるみちのつらき)
山中を流れる川に風のかけ渡した「しがらみ(柵)」は、流れること
 ができずに散りたまっている紅葉であったのだなあ



谷川の細い流れに散ってたまっている紅葉の美しさはきっとこの比では
ないことでしょうね。




今日の大学構内 。  紅葉も、これからが盛り

  獨協大学に入る

  銀杏並木


  大学中庭


広げた手のひらを前につきだして、
「ちょっと このまま待って!」 と言いたいような・・ もみじ の 錦です。



  大学もみじの錦



「百人一首」24番と26番の歌でも

(きっと、こんな紅葉を前にして詠んだんだわ)  なんて想像しながら、

通り抜けの短い時間で、
もみじの鑑賞を 倍増して楽しんでみました!


このたびは ぬさもとりあへず 手向山 もみぢの錦 神のまにまに
                       菅 家 [『古今集』羇旅]
今度の旅は幣もささげることができませんでした。とりあえずはこの
 手向山の錦織のような美しい紅葉を、お供えいたしますので、神の
 御心のままにどうぞお受け取り下さい


*神に捧げる幣(ぬさ)としては、持参した錦の切れ端よりも、手向けの山
  の紅葉の錦のほうがふさわしいというもの。


そして、「再度の天皇行幸まで散らないで待っていてほしい」と山の紅葉に
呼びかけるかたちで紅葉の美しさをここに留めた歌。

小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ
                      貞信公 [『拾遺集』雑秋]
小倉山の峰のもみじ葉よ、もしもお前に心というものがあるのならば、どう
 かもう一度の行幸があるまで散らないで待っていてほしい





さて、この一週間くらい   

身辺近場で 各所の“もみじ競べ”を楽しみたいものです  o(^▽^)o




スーパームーン


もし、今夜 天候が良ければ見えるはずだった月は満月
しかも、同じ満月でも特に大きく見える “スーパームーン” なのに。

残念ながら関東地方 夕方から雨模様・・・


楕円軌道で地球を廻る月が、一番地球に近づくときの満月だからだそうだ。
次回  “スーパームーン” を見られるのは18年後と知った途端
ものすご~く その大きな満月 を見て見たくなって、
雨音が聞こえなくなった夜に、夜空を見上げてみたけれど・・・ 月は無し


そういえば、と思い出して、昨夜 撮った月を見てみた。

  旧10月14日の月

外灯の光が ちょっと邪魔な位置からだったけれど、明日は天候が崩れる
との予報だったので、撮っておいた お月さま。 


  秋の公園

昨日は天気の良い日だったので、いつもの公園の紅葉も 特別綺麗に見えた。


そして、
夜の外出のとき、

「見てごらん、大きな お月さま。 きれいだねえ~」
と私が言うと、幼子は、
「うん、さっきからね お月さまがず~と わたしに ついて来てるのよ」
と答えた。  

(ほんとにそう! 不思議だよね)



暫く止んでいた雨が また降り出したようだ。

ここは、あきらめて古典 『徒然草』 にある兼好流に 月を恋い、
心眼でもって「お月見」 でもすることにしようかな。

花はさかりに、月はくまなきをのみ 見るものかは。
雨にむかひて月を恋ひ、垂れこめて春のゆくへ知らぬも、
なほあはれに 情ふかし。             
      (第一三七段)


花は満開に咲きほこる桜を、月は満月で、くまなく照りわたる月をのみ
鑑賞に値するものといえようか、いやそんなことはない。

雨に降り込められながら、雲の上に照り輝いているであろう満月を恋い
慕って心に想うのもよく、 室内にこもっていなければならないときならば、
春の状況もわからないままで、今ごろの桜はどんなだろうと、花を恋い、
心に想うのも また味わい深く、風情があるといえよう。






カーテン を 開けたら・・


  豆苗


     朝からの 強い雨音に

     外の様子を見ようと
     小窓のカーテンを開けたら・・

     ~ いつの間に! 




     これ  豆苗(とうみょう) 2パック分です。
    
     食した後の 水栽培
     右側半分入れた後 1日置いて 左側に   

     再収穫 して、 色んなレシピ見て、  楽しもうっと 




武蔵嵐山 史跡 の 博物館


             日曜日に

   “武蔵嵐山 史跡の博物館”へ行ってきました。


 案内パンフ


 企画展 「戦国を生き抜いた武将たち」 開催中です。

      (来年の2月19日 まで~   )



   ここに、豊臣秀吉の朱印状も展示されいます。

      忍(おし)城 水攻めを指示したもの




     先週 京都の天台宗寺院の曼珠院 で
 
 秀吉の書簡が展示されていて、筆跡を見てきたばかり

 当たり前ですが 素人目にも同じ人の文字だと分かる 

   癖もなくて、しっかりとした好ましい文字ですね。

    書家の見方からすると、どうなんでしょうか。




   博物館入り口

       鎌倉街道も通っている武蔵の国、
       菅谷館跡 に建つ歴史博物館です。
  力持ちでも名のある畠山重忠(「平家物語」)の邸跡


   重忠まつり


     快晴の日曜日、館跡では 「畠山重忠祭」開催中
  
       
   色づく林


    紅葉しつつある木々が風に大きく揺れていました。




ラタトゥイユ

あ そうか~ こんな方法があるんじゃない~

と思いついたのがうれしくて、ラタトゥイユを作ってみました!




    IMG_2552.jpg

ちょっと アレンジ (*ノ∪`*)  豆乳入り ですが・・・


日頃 色々な レシピブログをのぞいては楽しませてもらっています。
これ、つくってみたい! と思ったレシピはマイノートにコピー (*^_^*)  
後日、それ見てつくることも \(^o^)/


中にはコピーできないものもあって、後日がまたまた後日になることも。
そして、つくる気が 薄れてしまうことも 




で、思いついた \(^o^)/

   スマートフォンで

そんな場合は、パソコンの画面をスマートフォンで撮ればいい 
(わたし スマートフォン で ブログ 見ないので)


材料は冷蔵庫にあるもの・・

   材料
ズッキーニ なかったから、代わりに きゅうり (笑)

お茄子足りなくて、トマトは不評で残ったもの。
で、味付けはちょっとアレンジ %



このレシピは~

   CEC1CDFDA5B3A5E9A5ॿA5A4A5ȥEB0704[1]

ここに!

アンティーク食器&雑貨のネットショップ

  Ie petit bourgeon ル プティブル ジョン
(↑文字の上を クリックして)


     ぜひ ご覧ください  ♪♪    


常宿

京都に行く時、いつも泊まる宿がある。 京都東山の近く、平安神宮まで
ぶらっと散歩気分で行くことが出来るところ、岡崎に建つ。

宿自体に歴史があって、宿泊者のための玄関とは別に、南側に一般観
光者用の入り口も設けられている。



 白河院ロビー

決められた時間内だが、お庭がが解放されているらしい。


ここ数年で従業員の方も何人か変わったけれど、ずっと変わらない方もい
らっしゃる。 決まり切った会話を交わしながらも、なんだか昔馴染みの人に
逢っているようで 「また京都に来た」 と、嬉しい気分になれる。




今回も受付を済ますと、その私が知る方が、
「ではお部屋にご案内します。その前に・・」
と、館内の案内説明をされようとしたので、
「何度も来ていて、よく分かってますから大丈夫です」
と遮ってしまった。
(大勢迎えるお客の一組、覚えられてはいないようだナ)


 お食事所


夕食後、フロントにいらしたのも 同じ方だった。
「お風呂は何時まで入れますか?」
と私が聞くと、

ちょっとお茶目な仕草で、
「はい、明朝10時まで、お好きな時間にいつでもお入りいただけますよ」
と返事が返ってきたのだった。
(そうそう、大浴場じゃないかわりにいつでもはいれるんだったナ)



そこで、思い浮かんだのが「百人一首」 35番にある紀貫之の歌、

人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の
                      香ににほひける

                     
あなたは、さあ覚えておいでかどうか、そのお心のほどは分かりません。
でも、昔なじみのこの里では梅の花だけが昔のままの香りで咲き匂って
いますね。


(ここは 梅 を 松 にかえてみましょうか ネ )

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR