にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

見沼田んぼ の メタセコイア並木



冬の並木道 に 夜が来る.



iPhoneから送信

企画展 「百人一首」

  さいたま文学館

        さいたま文学館(桶川市若宮)



  リニューアルオープン

   リニューアルオープンにともなう企画展「百人一首」  
                                  1/16 →3/13 展示






  講座


     30(土)には展示の概要や主な展示資料について、スライドを上映し
     ながらの解説講座がありました。

パワーポイントを使ってとても分かりやすく、楽しめる解説講座でした。





今後の関連事業として

2月13日(土)ビデオ上映会「かるたクイーン}(NHK制作)

2月27日(土)記念講演会「百人一首『競技かるた』の魅力」
       かるた永世クイーン 渡辺令恵(わたなべ ふみえ)氏

  があります。 さいたま文学館 ←ホームページ(クリックで)




うれしいおまけですが、  


<彩の国の古典文学>  の展示にありました!


  とはずがたりと彩国

       とはずがたり  川口付近の荒川の岸辺>
  鎌倉時代中期の徳治元(1306)年以降に成立したとされる日記・紀行文で、
  著者は後深草院二条と呼ばれた女性です。華やかな宮廷生活を描いた前
  半に対して、出家後の東国紀行を記した後半では、武蔵野の萱が霜枯れて
  いる武蔵国 川口を訪ねるという寂しい場面も登場します。



カボス を 食べたのは・・だ ぁ れ?


 これ カボス



みかん のような色になって美味しそう (*^o^*)

でも、食べてみると、、すっっぱ~~い!!


犯人 は ー いったい 誰れ??


ひよどり

見つけた!!    枝に留まって様子を伺っている あれは 

        ヒヨドリ 



 柚子も  (;゜0゜)  

こんなこと 今までなかったのに、今年 初めて、、 びっくりぽん デス

iPhoneから送信

越谷梅林公園 の 梅



ほとんど の 梅の木が まだ蕾ですが、このような 開花が始まった初々しい梅の花が見られました。 (*^_^*)

大宮第二公園の梅より 多少開花は遅いかな?



iPhoneから送信


越谷梅林公園 は 元荒川沿い 、北越谷駅から堤防を歩いて約15分

おとな歴旅 -京都編ー ⑤

北野天満宮 (北野神社)

大内裏の北にあたる地ということで古来より「北野」と呼ばれてきた一帯は、
大嘗祭で東西の斎(いもい)場所が設けられるなどの神聖な場所でした。

 そこに天暦元年(947)ごろ、悲劇的な最期を遂げた菅原道真を天神とし
て祭る北野天満宮が創建されました。

     北野天満宮



延喜元年(901)に藤原時平の策略で無実の罪をきせられた菅原道真は
大宰府(福岡県)に流されて2年後、都に戻ることなく流罪地で死去します。

都では雷が落ちることによる火災、飢饉など不穏な事態が相次ぎました。
これは菅原道真公(以下「菅公」)の怨霊の祟りだとの風聞が流れます。

そんな中で神託が下ったことを受けてを祭神として造られたのが北野天神
です。


  本殿参拝




北野天神は、祇園牛頭(ぎおんごず)天王とならび京都庶民の御霊信仰の
代表的な祭神とされています。

世の非道を正し冤罪を晴らす神であり、菅公が学問上も非常に優れていた
ことから文芸や学問の神として崇敬されてきました。


  牛と梅


           梅の花



境内には菅公にちなんで梅の木が多く植えられ、京の都に春の訪れを告げ
る風物詩となっています。

2月25日の梅花祭にはまだ1ヶ月余りあるのですが、今年はもうこのように
開花していました。



菅公が太宰府左遷の時に詠んだ有名な歌が

東風(こち)吹かば匂ひ遣(おこ)せよ梅の花主(あるじ)なしとて春を忘るな
東から吹く東風に乗せて、匂いをこちらに送ってくれ。主人の私がいなく
 なったからといって春を忘れて咲かなくなってはだめだよ


そう詠みかけられた京の屋敷の梅は、主(あるじ)である菅公を慕って、
一晩のうちに太宰府に飛んでいったという「飛梅伝説」が生まれたと
いうことです。

また、北野天満宮では、
天正十五年(1587)には豊臣秀吉が全国の茶人を集めて「北野の大茶会」
を催し、江戸時代初期には境内で歌舞伎や能が興行されました。

     大茶会の跡


北野天満宮は文化的な場所としても知られています。



  声を聴く

           <古木に 時代の声 を聞くー>



続きを読む

おとな歴旅 ー 京都編ー ④



廬山寺(ろざんじ)

京都市上京区にある天台系の単立仏教寺院。 

平安時代の天慶(てんぎょう)元年(9 3 8年)に京都の北山に創建、
鎌倉中期の寛元元年(1243年)に法然の弟子である覚瑜が船岡山
の南麓に再興する。

中国の廬山にならい廬山天台講寺と号した。

安土桃山時代、豊臣秀吉の寺町建設によって天正年間に現在地に
移った。

   廬山寺

この地が、1965年(昭和40年)に考古・歴史学者角田文衞によって 紫式部
の曽祖父邸宅跡とされた。

式部はここで育ち、『源氏物語』を執筆したという。



iPhoneから送信

おとな 歴旅 ー 京都編 ー ③



平安京 創生館 (京都 アスニー) にて、

平安京復元模型図 を前に 日本の 歴史と文化
について 詳しい 解説、説明を受けることが
出来ました。


iPhoneから送信

おとな 歴旅 ー 京都編 ー ②



途中 米原あたりでは 吹雪で、東海道線にも
遅れ が出ましたが、

京都に到着したら もう 雨に変わって明るい
日射しも出て 幸先良さそうです ^o^

交通事情で遅れた人とも ホテルで合流出来
さて、部屋割りの後 荷物を預けて 観光にー

ちょっと 修学旅行気分です (^。^)




iPhoneから送信

おとな 歴旅 ー 京都編 ー ①



名古屋 に 雪が降っていて、京都にも多少の積雪
との天気情報でしいたが、

静岡あたりで、車窓に現れた 富士山に 歓声!




実りある 歴史探訪 の 旅になりそうです。
iPhoneから送信

雪が 溶けた後には




ボッキリ 折れた レモンユーカリ

ローズマリーと一緒にして、グリルオーブンで
お肉を焼く時に 使います。

お肉を美味しくする 魔法のハーブでした T_T



iPhoneから送信

雪が降りました !



朝ぼらけ 有明の月と みるまでに
吉野の里に 降れる白雪 <坂上 是則>

(あたりが ほのかに明るくなって、有明の月かと
思うくらいに この里に白々と降った白雪だよ)

iPhoneから送信

おとな 歴旅 - 「とはずがたり」を歩く ・・京都編

鎌倉時代 の 中後期に、天皇にお仕えした女官によって書き残された
女流日記文学 『とはずがたり』。

その作品の舞台(巻一 ~ 巻三)を歩いてみよう という企画で、今回
は 京都 まで 講座のみなさんと御一緒に出掛けることになりました。

日本の歴史、古典文学史跡の宝庫である「京都」には、何重にも重なっ
て時代の資料を各箇所に確かめることができます。


さて、今回はとなると、訪ねたい所がたくさんあって選択に苦戦しました
が、この (歴史探訪の旅)・京都 を次回にも繋げていこ
うということで なんとか折り合いを付けてみました(笑) ツアー


古典文学作品『とはずがたり』の舞台 の 現在ということになります。


その① - 『とはずがたり』の作者であり主人公でもある 久我雅忠の娘
        「後深草院 二条」がお仕えしていた「後深草天皇の皇居 址





富小路御所址

4歳のときから後深草院のもとにいて、父の邸がある河崎に里帰りする
生活でした。14歳の新春から院御所にお仕えする女房としてデビュー
します。 その夜父雅忠に、二条を後深草院の後宮に入れる(妻の1人
になる)ようにと 院から耳打ちされたのでした。

これが、この物語の主人公 二条の、波瀾な人生の始まりだったのです。


この皇居址は、鎌倉中期に西園寺実氏の邸宅の1つでした。物語では
二条の恋人「雪の曙」こと西園寺実兼の祖父にあたります。

里内裏(さとだいり)として用いられていた閑院内裏が消失した後、ここ
が後深草天皇の皇居となりました。


さて、この「富小路二条内裏址」が京都市街のどの位置にあるかということ
ですが、「京都御苑」の南にあたります。その名の通り、南北に走る「富小路
通り」と、東西に走る「二条通り」が交差するところに石碑が建っています。


そして、それより1つ北の通りで「御所南小学校」の裏手あたりには、「大炊
御門(おおいみかど)万里小路址」の石碑があります。

      大炊御門石碑

  万里の小路址通り (1)

  こんな小さい石碑ですから、よ~く探さないと見逃します。

ここは、白河天皇の内裏跡です。源高房の邸宅跡でしたが、その後源
能俊の所有となり、後に白河天皇の仮御所となりました。

二条が居た 「二條富小路御所」 と重なりそうな位置ですが、「万里之小路
御所」は、約150年ほど遡った平安中期から院政期にかけての時代になる
ので、隣同士だったということはありません。





        

超 満開 の 蝋梅




今夜から 雪の予報 なので、記念撮影しておきました



iPhoneから送信

あるじ なしとて 春な忘れ そ


大宮 第二公園の梅

東風(こち)吹かば 匂ひおこせよ 梅の花
あるじなしとて 春忘れ

「春を忘るな」 とも 〈 菅原 道真 〉

iPhoneから送信

あかあかと・・日の入(い)る 夕べ

   IMG_0058.jpg

日が沈む ほんのひとときですが、大きくて、真っ赤な太陽があたり一面を
あかあかと 染めます。 

これは 昨日の16時40分ごろ。 5分後に戻ったら、もう ただの白い空でした。



「え~と、なんだったっけ? こんな情景を詠んだ短歌は・・ そう!

・・・鳴き鳴き あかあかと 戸(と)の面(も)の草に 日の入(い)る夕べ
                                    <北原 白秋>

歌い出しの「・・・」 が思い出せなくて、調べてみたら 「春の鳥」でした 。
                      
(春の鳥よ  鳴くな 鳴くんじゃないよ、 陽が今まさに あたりを真っ赤に染めて
 沈もうとしているんだ。もう暫くの間静かにしていておくれ。


季節は冬ですが、 あかあかと 日の入る夕べ は 行く人の足を止めて、
鮮やかな ほっこりとする 懐かしい光景でした。



今日は、少し遅れたからか、
             夕焼け空に 切り絵のような風景が浮かびました。




菜の花や・・


     IMG_0043.jpg

  地元の野菜を売る 「新鮮野菜市場」で買いました。

  「茹でて、辛子和えにするとおいしいよ」と言われたけれど、
  こうして飾って、、 まだ食べられないでいます :(´◦ω◦`):  

 

  菜の花や 月は東に 日は西に 蕪村

     見渡す限り一面に咲く菜の花。
           夕月が東の空に昇り始めて、
                 振り向けば太陽は西に沈もうとしている  



神奈川県二宮町の吾妻公園では、早くも6万本の菜の花が満開だそうです。







新町 Senkiya

お正月気分がどんどん遠のいていきますけれど、
明日11日が鏡開きで、15日が小正月、行事はまだ続きます。

日曜日の朝、ふと 「お供えした 鏡餅や 松飾りをいつ外すんだったかな」
なんて考えていたら、子供の頃の どんど焼きの風景などが浮かんできて、
なんだか懐かしく、胸が ジィーンとしてきました。

すると、「そうだ、きょうは ちょっとあそこに行ってみようかな」 という気分
になりました。


今年のお正月に、初めて知った 今昔融合の雰囲気を持つ お店です。

      埼玉県川口市にある 新町Senkiya


入口

川口安行 植木の町にある 植木屋さん。 そこがそのまま家の雰囲気
をおしゃれに残して、お店群 になっています。


民家店



店内は、

店内1


店内1

許可を頂いて撮りました。お客様が多くいらっしゃたので、避けて撮ると
こんな具合に上部中心 




      新春セット

      抹茶のシフォンケーキにスコーン の「新春セット」です。

         コーヒー が とってもおいしかった!!


なうかしい昔の世界が 今に蘇ったかのような 不思議な感覚が味わえる
お店です。

 ホームページ は こちらから     Senkiya




      

西行の若菜七草 と 新春 Plants

今日は、

   春の七草

「七草 粥」を食べて、長寿と幸運を祈る日。 一説には、お正月のご馳走
で弱った胃を休めるために、お粥を食べるのだとか。

ビタミンCも豊富な、早春の若菜を入れたお粥、七種の若菜については、そ
の時代によって種類に出入りがあったと伝わります。

芹なづな 御形はこべら 仏の座 すずなすずしろ これぞ七草 の古歌によって
(せり・なずな・ ごぎょう・はこべら・ ほとけのざ・ すずな・ すずしろ)

今は、上の 寄せ植え七種類に定着していて、食用にはセットでスーパー
に並べられます。

お正月のお雑煮ほどではないでしょうが、七草粥を食べる習慣は伝承され
ているということですね。


平安末から鎌倉初期の歌人西行も毎年 七草粥 を食べていたと思われます。

卯杖(うづえ)つき 七種にこそ 老いにけれ
       年を重ねて 摘(つ)める若菜に
  
  (『山家集』)





七草 ではないのですが、新春に 素敵な園芸店を見つけたので、若菜の
寄せ植えをつくってみました。



 ルッコラ・イタリアンパセリ・ブラッドレッドビート

すっかり気に入ってしまい、「リゾットに入れてみようようかなあ」と思ってい
たのですが、結局そのまま鑑賞して終わりました。  (#^.^#)



  omise


  おみせ


   さいたま市 にある 「沼の上農園」ガーデニングフラワー

      観葉植物 がおしゃれに並んでいます  (⌒▽⌒)  

       NUMANOUE NOUEN   ホームページ


iPhoneから送信

百人一首 かるた遊び

入門 に 「坊主めくり」を-


3歳の子に、頃合を見計らって話かけてみました。


「ねえ、かるたの中から お姫様 を捜してみる?
 バーバのかるたの中には、おひめさまの札やお坊さんの札があるんだけど・・」


「うん、さがしてみる〜 。見せて 見せてよ」と、即 反応!


すぐにお姫様を見つけては 喜んで、並べ始めます。

  姫札を捜す







「じゃあ さあ、お坊さんってわかるかなあー」と、坊主札を一枚とって

「頭に 髪の毛がないのよ」 と教えると、

「ふ〜ん、これも 坊じゅ?」
と、札の中から選んでいきます。時々 殿札(男性貴族)が混じるようですが。




  坊主札を並べる





翌日、ジイジ が相手をしてくれました。

「百人一首かるた遊び」の第一歩  ぼうずめくり です。

  坊主めくり

「あ〜 坊じゅが 出ちゃった〜〜」と、可愛い奇声をあげ
ながら楽しそうでした。

その様子を見て、

「お正月に かるたで遊んだのよ」と、いつか楽しい思い出としてこの子に残るような

「百人一首かるた遊び」を、伝えていけたらいいなあ と、思ったものです。


続きを読む

謹賀新年


  女体神社

   明けまして おめでとうございます  氷川女体神社


  当社は崇神天皇の御代に、出雲杵築の大社を勧請した古社です。

  武蔵国 一宮として 見沼のほとりに鎮座しています。






着物を着て女体さんの巫女人形


お願い事が叶ったので、着物を着せて



巫女人形

   お礼参りをしました。

そして、今年の巫女人形をいただいてきました。


   本年も どうぞよろしく お願いいたします。


プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR