にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

これが 逢坂の関

「百人一首」10 ・ 『後撰和歌集(ごせんわかしゅう)』雑一(1089)       

    これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関
                                  蝉 丸 

  コレヤコノ イクモカエルモ ワカレテワ シルモシラヌモ オオサカノセキ

これが都から東国へ旅立つ人も、帰ってくる人も、知っている人も知らない
 人も、逢っては別れ、別れてはまた逢うという、逢坂の関なのだなぁ。




  関跡に私

逢坂山関跡碑 東海道と東山道が交わって京へと続く交通の要衝で、古来から
和歌に多く詠まれました。

2001年に一度訪れています。まわりの状況もはっきりと記憶に残っていましたが、
写真などのデーターが紛失(消去?)したようなので、再訪の「歌枕」です。


逢坂の関 はかつて東国へ旅立つ人や帰ってくる人たちで賑わった関所。

『後撰和歌集』に載る この和歌の 詞書(ことばがき)によれば、作者である
蝉丸(せみまる)は、この関の光景を毎日のように見て、この歌を詠んだこと
になります。

  休息所

13年前にはなかった、関跡碑に並ぶように設けられたお休み処。国道1号
線沿いで、車どころか自転車を駐める場所もなかったのですが、ここで少し
足を止める人の姿もみられました。

   国道
  すぐ前は、こんな感じです。



  蝉丸大明神

京阪山科線・大谷駅近くにある 蝉丸神社 です。 

 蝉丸神社

階段を上がって、右手にある舞台と本殿、以前と少しも変わらない風景です。


蝉丸という人物については、平安時代前期の人という程度しか確かなことは
わからず、人物像は歴史の闇の中。

『今昔物語集』では琵琶の名手で、盲目の法師ということになっています。


再訪記念に、こちらで昼食をとることに、

  御座席かねよ


    鰻まむし <特鰻まむし

    “まむし” ですって! へび ?

   いえ、「まぶし(塗し)」が転じて「まむし」だとか。
 辞典に、「鰻丼の京阪地方での称」とあったので ホッ。 

   鰻がご飯の間にも入っていました。   



十五夜 と かるたあそび

先週末は雨続きでしたので、27日の 中秋の名月は少しあきらめかけて
いたのですが、いやはや こちらでは見事な姿を見ることができました。

  中秋の名月

午前中に プラハがやって来るというので、お供え用の里芋のほかにも
市販の“餡入り月見団子”を用意して、観月会を計画。 昼間に、

「今日はね、お月様がすっご~く きれいな日なんだよ。いっしょに見ようね」
と伝えておいたのです。



期待を裏切らない 見事な月がのぼりました。ちょうどテレビの番組「サザエ
さん」の中で、波平さんが 十五夜の月のお供え について説明をしたところで
したので、3歳になったばかりの プラハにも お月様と団子が関係してるくら
いは分かったでしょうか。 お団子に興味津々(笑)


もうひとつは、京都みやげ の こちら、

  百人一首あられ


袋を開けて、広げてみせたところ、

  尋ねるプラハ

かるたの「絵札」に模した包み袋を見て、 「これ、何だ~?」

裏返してみたら、まんまるお月様 のような おせんべいが見える。
しかも、おせんべいの色も、いろいろ。

裏からお煎餅を見ては 「このしろい月は、なあに?」 と表の “かるた絵”
を尋ねる。

絵のうえの歌の初句だけ読んでやると、つぎの札、いえ、お煎餅を裏返して、

「このあかいのは、なあに?」

といった具合に、飽きもせずに次々と 袋の絵札のほとんどを、ひっくりか
えしては尋ねます。 すべての絵札の、うたの初めを読み終わるまで・・・。

思わぬ 孫との かるたあそび となりました。






  長岡京小倉山荘
    百人一首 のお店     「長岡京小倉山荘」 本店

京都、常寂光寺(じょうじゃっこうじ)からの帰り道にあったお店です。  
お店の前には、秋の歌

  小倉山峰のもみじ葉

26  小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ
                                 貞信公(藤原忠平) 
オグラヤマ ミネノモミジバ ココロアラバ イマヒトタビノ ミユキマタナン

小倉山の峰のもみじ葉よ、もしもお前に心というものがあるのならば、どうか
 もう一度天皇のおでましがあるまで、どうか散らないで待っていてほしい。




さて、今夜は 今年最大の満月「スーパームーン」が出るそうですね。

  今夜の月は 「十六夜の月」。 今宵は ひとりの お月見です。 



  

雨の 小倉山


常寂光寺(じょうじゃっこうじ) 多宝塔のところから京都の市街が見えます。

藤原定家 撰集「小倉百人一首」のもとになる色紙和歌が書かれたという
小倉山荘 は この辺りでしょうか。

境内下手に 「小倉百人一首 編纂之地」 と書かれた石碑がありました。



iPhoneから送信

彼岸花


     ヘルシーロード
9月19日  見沼田んぼ 東縁(ひがしべり) ヘルシーロード 七分咲き


 西縁

    9月22日  西縁(にしべり) 満開

 P9220011.jpg



五色百人一首 かるた

草加市谷塚文化センター で開催された「伝承あそび教室」。 中でも特に
「百人一首かるた遊び」 がどのように行われるのか知りたくて、お話も伺え
ればと思い出掛けてきました。



メニュー

とは言え、本日の「親子教室」はこのようなメニュー になっています。

せっかくなので、最初のゲームから参加させていただきました。
わらべ歌に合わせた 手あそび ではわが身の反応の悪さにびっくり(笑)
でもお手玉は身体が覚えていて、落とさず続きました!



「五色百人一首」とは百枚のかるたを20枚づつの5組に色分けしたもので、
和歌は 百人一首 と変わりないものです。小学校での教育に取り入れる
ために編み出された「百人一首かるた」と理解していました。

短時間で取り組めるという利点や、県や地域の「かるた大会」も行われてい
るという点において、子どもの為だけではなく、「大人が始めるかるた」として
も適しているのではないかと常々考えていたのです。


     私も飛び入り参加

講座では、囲碁のように机で向かい合わせで行いました。 ここではこのよう
に座って。 この方が勝敗が決まった後の移動がスムーズです。対戦相手の
交代の仕方が参考になりました。



     ゲーム

グループ戦 は、立って向かい合い 走って取りに行く。 これは盛り上がって、
チームに団結力が生まれそう。

体育祭の徒競走で、「絵札」を取り、さらに先で「取り札」を拾って、ゴール と
いうのは いかがでしょう。





本

この日ご指導くださったのは小学校の先生で、TOSS五色百人一首協会に属
していておられる方でした。帰宅してから、改めて本を読みました。


私の飛び入り参加を快諾いただき、また、お忙しい中でいろいろお教えいただ
きまして、ありがとうございました。次回の 「五色百人一首大会」 を楽しみにし
ております。




伝統文化 伝承


       「草加市わくわく伝承あそび教室」 ご案内

    伝承あそび教室

                                  ↑
平成27年度文化庁伝統文化親子教室事業 (クリックで拡大できます)


銀座・ 一葉


   散らし寿司

ランチメニュー の 「重ね ばらちらし」が とっても美味しかったので、書いて
おくことにしました。

左下 見苦しくて ごめんなさい。 上を食べて 下のご飯を出してみると
中も また小具入り、

10食限定で、お値段は 1000円也 おみそ汁 も さすが のお味です。
 
       お得感  マックス  ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



    一葉 銀座5丁目塚本不動産ビル5階


  寿司割烹 銀座 一葉(いちよう)   



 ※店名「一葉」が、
   文学者 樋口一葉に何か関係するのかと思ったのですが、、
     そうではないようです。
 





銀座 空也 に 明治のかおり

      銀座での 女子会

銀座に不慣れな わたくしは・・案内人 京子さんの後をトコトコ (#^.^#)

おいしいものを頂いて、いっぱいおしゃべり して、 「へぇ~ そうなんだ  」 と、

   私にとっての 新発見  (*´∀`人 ♪    いっぱい!



その1つが
銀座6丁目 に ある 空也もなか 


     店舗

「志月堂」という和菓子屋さんなのに、「空也もなか」?   Σ(゚Θ゚)
  

    20150917140017834.jpg


中に入っていた 店主 からのご挨拶、能書きによると -


「志月堂」という和菓子屋さん、それを「空也(くうや)」としたのは

初代が関東空也衆の一人だったことからの 命名だとか。 

空也衆というのは、踊りながら念仏を唱えるグループ、

創業時 130年前(明治17)の上野池之端界隈 では‘踊り念仏’が
盛んだった ということでしょう w(゚o゚)w 




  和菓子

このお店で購入して、いただいた季節の和菓子  o(^▽^)o

    とっても 上品なお味で おいしい~ 



11月と1月下旬~2月上旬にかけてのみ作られるのが「空也餅」。

なので、この中にはないけれど、 その「空也もち」、

夏目漱石の『吾輩は猫である』にも登場するんだそう、 ((((;゚Д゚)))))))



     お茶と


そんな時代に 思いを馳せながら、 より美味しくいただきました。 

    ごちそうさま 



<空也もなか>
所在地:東京都中央区銀座6-7-19
TEL:03-3571-3304
営業時間:10:00~17:00(土曜日~16:00)
定休日:日曜日・祝祭日
アクセス:銀座6丁目並木通り       ※予約しておかないと買えないほどの
                           人気店 です。


鎌倉 日より

長雨が、台風の大雨を最後にやっと上がった翌日
時折 あやしい空模様を見せながらも、夕方の空が久し振りに明るかった。

   そら


「よし、明日はやはり 鎌倉だ。 鎌倉へ行こう!」

家人の一声で、鎌倉行き が決まる。

そうなれば、私としては 講座のための下調べも兼ねたい。さっそく鎌倉の
訪ねたい場所を数カ所チェック。 持ち物など 翌朝の出発に備える。


当日、とは昨日のことだが、空高く 陽射しは強く、気温もあったけれど、鎌倉は
心地よい風が吹いていて快適、「これぞ鎌倉日和」とでも言いたい一日だった。

予定外の史跡も、鎌倉びとに尋ねながら見つけ出すことができた。講座の皆
さんが食事するのに良さそうなDININGの目星もついたところで、

「じゃぁ 今日はこれで・・」

「・・・う~ん、でも もったいないわよね、この天気。こんなに心地の良い日に
丁度 来られるなんて、そんなにないかも知れない」

ということで、最後の‘おまけ’に北鎌倉の 東慶寺 を 訪ねることにした。



北鎌倉の駅 から徒歩4分ほどのところに建つ かつての尼寺。明治35年まで
女人のための「縁切り寺法」を守ってきた 女人救済の「駆け込み寺」であった。


本堂に向かう 門前にある 歌碑には、

  歌碑

   流らふる 大悲の海に
            よばふこゑ 時をへだてて
                          なほたしかなり


時を経て、流れるごとくに注がれる 慈悲の み声は長い時を経ても
      なお 確かなものとして感じられることだなぁ。

                                         四賀 光子

現在は、臨済宗円覚寺派の男僧寺 ではあるが、封建時代止むに止まれず
離婚を望んだ女人たちの人生に思いを馳せながら、庭を散策した。

ススキに女郎花
 ススキに女郎花

ホトトギス
ホトトギス

ムラサキシキブ

ムラサキシキブ

彼岸花
彼岸花

白花
なんだっけ?名を思い出せない白い花、蔓性

何の花
よく見る花。大きなミョウガのように見える植物


など、など、 心引かれた花々は枚挙に遑がない。



東慶寺は弘安8年(1285)、北条時宗の夫人覚山志道尼 の開創 という。

ならば、鎌倉まで下った後深草院二条(『とはずがたり』作者)も、この寺を
訪れたのではないだろうか。









「極似」する和歌 -「白紙撤回」どころか秀歌との評価-

台風18号は去った後も記録的な大雨を残しました。

川の氾濫による浸水被害。 夜になってどんなに心細いことでしょう。
 とり残された人も無事に救助されるよう 祈るばかりです。



かるた (1)

 「百人一首」91  (『新古今集』秋下518)

きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに衣かたしきひとりかも寝む
     キリギリス ナクヤシモヨノ サムシロニ コロモカタシキ ヒトリカモネン                 


この和歌の作者は、後京極摂政前太政大臣。長い名前で書かれていますが、
鎌倉初期に大臣だった藤原良経(よしつね)です。

この方は、高い身分であっただけでなく、歌人としての才に長けた人でした。 

 
きりぎりす」とは、今の 「こおろぎ」のこと。
また、「衣かたしき」とは、着物の片袖を敷いて寝る状態。つまり、ひとり寝を
意味しました。


歌意は、
こおろぎが鳴いているよ。霜のおりた夜の寒々としたむしろに、私は着物の
 片袖を敷いて、一人寂しく寝るのであろうかなあ。



さて、この歌より前には次のような歌が詠まれていて、よく知られていました。



書 (1)

あしびきの山鳥の尾のしだり尾の長々し夜を ひとりかも寝む
アシビキノ ヤマドリノオノ シダリオノ ナガナガシヨヲ ヒトリカモネン
我が恋ふる妹は逢はさず玉の浦に衣片敷ひとりかも寝む
ワガコウル イモワアワザズ タマノウラニ コロモカタシキ ヒトリカモネン
さむしろに衣かたしき今宵もや恋しき人にあはでのみ寝む
サムシロニ コロモカタシキ コヨイモヤ コイシキヒトニ アワデノミネン
さむしろに衣かたしき今宵もやわれを待つらむ宇治の橋姫
サムシロニ コロモカタシキ コヨイモヤ ワレヲマツラン ウジノハシヒメ

「極似」する箇所を 色で 確認してみて下さい。

きりぎりす鳴くや霜夜の さむしろに衣かたしき ひとりかも寝む



これでは、上の句(1、2句)のみ独自のものといえませんか。残りの句は真似
だと。

いや、これが現代であればパソコンで検索機能をかけると 上の句にも「極似」
する表現が現れそうですね。



こんなに分かりやすく真似した句を詠みこんで、よく問題にならなかったものだ
と思いませんか。

 このような「真似」ばかりで構成されたような歌が、なぜ後鳥羽院が召した
「百首歌」に詠進したのでしょうか。また、

藤原定家も「百人一首」 に採っているのですから、この歌を 評価していると
いうことです。




実はこれも和歌の表現技巧のひとつ、「本歌取り(ほんかどり)」という手法。


「へぇ~ 、それで いいのぉ~!?」と、言いたいですよね(笑)

貝合わせ

続きを読む

彼岸花

 秋の長雨で、“お天道様”とも すっかりご無沙汰です。おまけに、台風18号の
接近で、雨脚も断続的に強くなってきました。高い気温から快方されるのはいい
のですが、こうなると陽射しが恋われる毎日です。

先週の土曜日、朝散歩の時間帯に雨はなく、僅かでしたが 陽が差してきたの
で、久し振りに 見沼田んぼ西縁(にしべり) まで出掛けてみました。



     散歩道

いつもより、歩く人、犬の散歩をする人、走る人の姿が多く見られます。道端の
雑草も刈られたようで、さっぱりした中  目に留まったのは・・・


     彼岸花

大きな つくし のように頭を出している 彼岸花の蕾 です。 気をつけて見ると
まだ赤くなる前の、固い蕾の彼岸花が沢山。 お彼岸までは まだまだなのに
気の早いこと。 でも、やはり季節の花を見つけるのは、うれしいものですね。


 あれから雨ばかり。時間もとれなくて彼岸花の小道 まで出掛けられないで
います。もう少し蕾も膨らんで赤色が増したかな、などと、部屋の中から降り
続く雨を見ながら、想ったりしています。



そういえば、ここのところ小鳥の鳴き声も聞きません。朝、鳥の囀りで目覚め
るのが常でしたのに。夏、蝉の声に代わり、虫の音が混じるようになっていま
した。

明け方の眠りを覚ますほどの あの鳥たちは、一体どこへいってしまったので
しょうか。  木の陰で この秋の長雨を凌いでいるのかも知れません。



「百人一首」78   源 兼昌 [『金葉集』冬(二七〇)]

淡路島かよふ千鳥の鳴く声に幾夜寝ざめぬ須磨の関守
<アワジシマ カヨウチドリノ ナクコエニ イクヨネザメヌ スマノセキモリ>                    

淡路島から千鳥は鳴きかわしつつ飛んでくる。その鳴き声に、幾夜、眠りをさま
 されて もの思いにふけったことだろうか、須磨の関守は。


・淡路島  → 兵庫県須磨の西南に位置する島。古来よりの歌枕。
・寝ざめぬ → 寝覚めてしまったことか。  「ぬ」は完了の助動詞。終止形。
・千鳥    → 平安時代以降は冬の海辺の景物 として詠まれる。

ちどり< ウィキペディア> より

・須磨の関守→ 「須磨の関」の番人。須磨に関所があったのだ。
           須磨は都から遠く離れた流浪の地の印象が強い。歌枕。




雨の続く日に、“鳥の声” といえば、こんな寂しい歌が浮かんでくるものです。






バターナッツ


     かぼちゃ

キッチンの片隅に置いたままにしたコレ!
プラハママ が見て 「コレって 何 なんですか?」


「ああ、これねぇ カボチャなの。 バターナッツって言うんだけれど、スープに
 むいているらしいわ。道の駅で買ったのよ」 と私。

説明しながら、ちょうど良い機会なので、「バターナッツカボチャ」で、スープをつって
みることにしました。

<材料>

   バターナッツカボチャ・・・半分(約500g)

   バター   ・・・8g ほど
   水     ・・・300cc
   コンソメ ・・・2個
   牛乳   ・・・150cc ほど


   カットカボチャ

「デザートみたいに甘いカボチャ」 と聞いたので、砂糖などは一切使いません。



①バターナッツ カットして皮を剥いたものを、温めた鍋にバターを入れたあとに
  軽く炒めるようにします。

②水とコンソメを加えて、後は火にかけたままにしておきます。

   煮カボチャ


③竹串を刺して通るようになった所で 火を止めて、少しさましておきます。


④鍋の中のまま、ブレンダーで塊がなくなるよう撹拌します。(ミキサーでも可)

⑤より滑らかなスープになるように、裏ごししてもよいでしょう。

   裏ごし

⑥牛乳150cc を加えて少しゆるくしますが、その量は状態をみて決めます。



   出来上がり

    出来上がり! 
             ナマクリームとパセリ少々で おしゃれしてみました。



いつでも お茶を・・TEA PRESS

 秋の夜長  と言っても、外は今夜も雨。 室内の温度計は29.3℃にもなってい
ます。なのに空調を使えばすぐ冷えすぎてしまいます。

冷たい麦茶よりも何故か 熱いお茶が欲しくなる、そんな夜です。


そこで、先日生協で購入した TEA PRESS を使ってみることにしました。お好みの
茶葉を入れてお湯に浸すだけで気軽に一人お茶が楽しめるというもの。


     TEE PLESS

     使用中

なるほど、これは便利。ちょっと時間に追われている時には、簡単に入れたお茶
を片手に仕事を続けることができそうです。

お茶の出具合の丁度よいところで、白い部分の上部を握って PRESS。 プレスす
ることで中の茶葉を押し絞り、お茶の香りをより楽しめるようになっています。また
それで水分も切れるため、出して他に移す際に周囲を汚す心配もなさそうです。



新学期も始まって、やっておかなければならないことも多くなってきました。

獨協大学オープンカレッジ の 秋期講座「百人一首」の世界。 受講生募集が始
まっておりますが、本日 「すでに若干名を残して定員に達しそうです」 とのうれ
しいメールが入りました。 皆様とお会いする日を楽しみに、準備を進めてまいり
ます。

 講座内容 は、こちらから   御覧下さい。





プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR