にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

初雪 が降った 日

 
朝からお昼ごろまで、今年の冬 初めての雪が 降りました。
午後には雨に変わって、交通機関に支障もなくてすみました。


 午前中 雪は こんこんと降って、白く変わっていく景色  ♪♪♪

   紅梅

     紅梅 も 雪化粧  (*?-?*)




  しろくま

  雪の降る風景を楽しみながら、くまさんのマフラーを 編み上げて プレゼント

  「くまさん 文化と歴史 ぷち旅 への お付き合い 今後も よろしくね 



iPhoneから送信



三河八橋 への旅では・・

 P1050810.jpg

       <愛知県知立(ちりゅう)市 の マンホール蓋>  
            こんなところにも 和歌が!   


この旅 の 食べるもの は、「鰻」の予定だったけれど、
旧東海道 鎌倉街道 と 歩き回って一万八千歩、電車の時間に間に合わない!

   なので 仕方なく 名古屋駅中の 驛釜きしめん屋で、


   P1050872.jpg

    <牡蠣の味噌きしめん> というものを 食べました。
    
    これが、とっても美味しかったので 食べかけて、途中ですが、
     撮っておくことに(笑)

      見た目では分からないけれど、 
    コクがあるのに、くどくなくて、 さっぱりとした 良いお味でした。   






愛知県 八橋伝説地 へ

    


  「愛知県名勝 八橋伝説地」  の  碑     


在原業平 の 分骨を納めたとされる 供養塔が 奥左手にある

ここから 逢妻男(あいづまお)川沿いにひろがる低地一帯が一望できる。

 から衣 きつつなれにし 妻しあれば はるばる来(き)ぬる 旅をしぞ思ふ 
着ていてなれる衣のように 私にはその なれ親しんできた愛しい妻が都に
  いるので、はるばるやってきたこの旅を しみじみ悲しく思うのだよ


                『古今和歌集』410   『伊勢物語』 九東下り


iPhoneから送信

ロウバイ と 梅の蕾

 
   今日は一日 雨でした。

  外が暗くなってから、シャッターを下ろそうと窓を開けたところ、
  雨が上がった夜空を背景に、梅の枝が部屋の灯りに照らし出されて、

   梅

  いつの間にか 幾つもの つぼみが膨らみ始めていることに気付きました。
  
  大寒 から まだ二日目、  例年より 成長が 早いように思われます。




  一方 ロウバイは 昨年 暮れから 咲き始めてはいましたが、個々に差がみら
  れるようですね。

  なので、こちらのロウバイ あちらのお庭に咲くロウバイ と、時期をずらしては
  観賞させてもらっています。


         ロウバイ


     花はいずれも、満開の時より  開きはじめが 素敵。 こころ惹かれます。







「埼玉」 の 呼称 発祥地へ

先週の火曜日、「百人一首かるた倶楽部」へ の久し振りの参加

   かるた練習会

楽しみながら かるた取り を続けている みなさん、めきめき力をつけて
生き生き 活動されています。

シニア女子のパワー 恐るべし!   です(笑)



 さて、その際に 部員の雪椿 さんから、「埼玉」という呼称の発祥地 である行田
市 埼玉(さきたま)について書かれた記事を紹介いただきました。

2008年7月15日 朝日新聞 の 「ふるさと散歩」 に取り上げられたものでした。

「埼玉」と書いて「さきたま」と読む地名は「さきたま古墳」を中心とする場所です。


そこで、「比較的暖かい一日となるでしょう」という予報がでた日に、写真にある「前
玉(さきたま)神社」 「小埼沼」と伝わる地を訪ねてみることにしました。




  前玉神社鳥居

  「さきたま古墳公園」に隣接してある 前玉(さきたま)神社の鳥居、入り口です。


  前玉神社の社殿

 社殿自体も浅間塚 古墳の上に建てられています。

 社名の「さきたま」は「埼玉」の語源 とされます。

また、「前(さき)」は「幸」 「玉(たま)」は「魂」の意味であるとして、「幸魂神社(さいわい
のみたまじんじゃ)」を別称としているとありました。


平安時代中期の『延喜式神名帳』には「武蔵国埼玉郡 前玉神社二座」と記載され、

読みとしては「サキタマ」と「サイタマ」の両方が記載されているといいます。

注目したいのは、社殿に上がる石段の両脇 に立つ灯籠の下部にあたる 碑に刻ま
れる『万葉集』の歌 二首です。

  右灯籠
 
右灯籠碑 には -<万葉仮名文>で、

 見武蔵小埼沼鴨作歌一首
前玉之 小埼乃沼尓 鴨曾翼霧 己尾尓零置流霜乎 掃等尓有斯



<訓読> 
(さきたまの をさきのぬまに かもそはねきる おのがをに ふりお
  けるしもを はらうとにあらし)
 

<歌意>
 武蔵の小埼の沼の鴨を見て作った歌一首

埼玉(さきたま)の小埼の沼で 鴨が翼のしぶきを飛ばしている 自分の尾に 降りかかっ
た霜を 払っているのだろう 

        『万葉集』巻第九 1744(日本古典文学全集より) 


作者は 高橋連虫麻呂(たかはしのむらじむしまろ)  世に聞こえた万葉歌人のひとり、
常陸国(茨城県)の下級役人であったといわれています。

左灯籠下碑にももう一首、「埼玉」の地名を盛り込んだ東歌(『万葉集』巻十四)が刻ま
れていて、これらはいずれも江戸時代の建立なので、その際に地名発祥地であるこち
らに記したものと思われます。


また、前玉(さきたま)神社の比較的近い場所に 「小埼沼」と伝わるところもあって、奈良
時代に当地を訪れたとされる高橋虫麻呂の足跡を辿るような気分を味わうことができま
した。


     小埼沼



続きを読む

小正月 の 小豆がゆ

一月十五日は 「小正月(こしょうがつ)」といい、この日の朝に 小豆がゆを食べる習慣
があります。

古典文学『土佐日記』や『枕草子』などにも、小豆がゆを食べたことが書かれています。
もっとも、旧暦の一月十五日なので、今ですともう少し後の日にちになりますけれど。


         わたしも、今年は あずきがゆ つくってみました。


    小豆がゆ

     1/2 カップ の 小豆  と  1/2 カップ の 白米  で炊いています。

なので、小豆が多めに出来上がりました。 小豆は邪気を取り払うと考えられていた
のですから、この あずきがゆ を 食べれば今年も安泰です。

       そう言って、家人にも食べてもらいました。    無理強い   

七草がゆ を 六日には 「明日は冷蔵庫の青菜と大根を入れて七草がゆとしよう」
と思っていたのに、七日には すっかり頭になくて、夕食の準備を終えてから思い出し
た次第    全くねぇ  近頃 こんなことばかりやっています。


それじゃ 今年は小正月の 小豆がゆ にしようと、小豆を買って用意していたのです。

そして、十四日の朝刊でこんなコラムを読みました。 『とはずがたり』の話じゃないの!

   あ
         ( 「毎日新聞」 より )


これでもう忘れるはずありません。 平安時代、鎌倉時代の かゆ はどんな味付けを
したのでしょうか。

現代では 竃(かまど)で炊くわけではないので 粥杖にする木こそありませんが、
塩ひとつまみだけで味付けした 小豆がゆ は、さっぱりと上品な味に仕上がりました。

これに好みの量の砂糖を加えていただくと、 善哉 のような味わいになります。 




東京ぶらり散歩 -お台場から隅田川を上って浅草へー

今日は比較的暖かく、過ごしやすい冬日でした。

先週の「 お台場」に出かけた日も、良い天気に恵まれて ゆっくりめの朝食を頂いた後

朝食



お台場 はじめて! という私のために  お台場海浜公園を ぶらりお散歩。

odaiba.jpg


正月休みも終わった平日とあって人出も少なく、小春日和のなか見学を楽しみました。


   まずは、これ

ガンダム

「ガンダムフロント東京」前の「機動戦士ガンダム」です。

1979年の放送から30年以上を経て、いまなお進化し続けるガンダムワールドを体験
できる有料施設(一部無料)の前に行ってみました。  「すご~い! おっきいねぇ」


   自由の炎  「これ、なんだろう」

  日仏の友好を讃える  自由の炎  と 書かれていました。

そして、これが、

  自由の女神

     自由の女神像 
      (フランスからの女神像がパリに帰ったあとの 完全復刻像)

   ここから、レインボーブリッジやその背後の東京タワー、ビル群が見渡せます。

   ちょっと、向きをかえて見ると、

  女神のテラスからフジテレビ

    上には フジテレビ   球体展望室「はちたま」も見えます。


海浜公園の海水浴場、海岸沿いには高いビルが並んで、ハワイ ミニ版の体ですね。


  ここから出ている 水上バス に乗りました。

   お台場海浜公園から水上バス

 船上に立って 風を受けながら 海上を眺めるにも 寒くはなくて、

  第三台場史跡公園

  第三台場史跡公園 が 近づいてきました。

1853年(嘉永6年)、ペリー艦隊が来航して幕府に開国を迫りました。幕府は、江戸の
直接防衛のために、洋式の海上砲台を建設。

「お台場」という呼び方は、砲台を置いたところから。幕府に敬意を払って台場に「お」
をつけたもの。 結局使用されることはなかったのですが、 ここに置いてあるのかしら。
     



  水上バスは 「日の出桟橋」で乗り換えて、隅田川 を 上ります。

  水上バス


  深川・芭蕉翁

 水上バスの右側窓に、展望庭園の芭蕉像が小さく見えてきました。(縦の黒い矢印)   
 見晴らしの良い庭園で、隅田川を見つめる芭蕉像が座っています。

ここ深川は、俳人松尾芭蕉が本拠とした草庵が有った土地です。ここにある芭蕉記念
館では、芭蕉に関係する多数の資料を見ることができます。



  浅草・吾妻橋

 浅草に近づくと、「ゆりかもめ」が近くを飛んでいるのが見えました。 ほら、二羽の
「ゆりかもめ」(黒い矢印の下)が、水上駅屋根にとまっています。


 『伊勢物語』の「九段 東下り」に登場する「都鳥(みやこどり)」というのは、
      この 「ゆりかもめ」 とする説が有力です。


 なほゆきゆきて、武蔵の国と下つ総の国との中に、いと大きなる河あり。それをすみだ
 河といふ。

  (中略)  白き鳥の嘴と脚と赤き、しぎの大きさなる、水の上に遊びつつ魚を食ふ。



『伊勢物語』 の「昔おとこ」は、
             このような「都鳥=ゆりかもめ」に歌を詠みかけたのでしょうか。

  名にしおはば いざ言問はむ 都鳥 わが思ふひとは ありやなしやと  
 (ナニシオワバ イザコトトワン ミヤコドリ ワガオモウヒトワ アリヤナシヤト)
<「みやこ」という名を持っているのならば、おまえにたずねよう。わたしの愛するひとは
   都で無事に暮らしているかどうかと>





シニア 女子会




 お台場にある ホテルから見える 夜景 

 今日は お泊まりでの女子会です   プールで泳いだ後も  

 夜 遅くまで おしゃべりは尽きません  これ 命の洗濯 です ♪



iPhoneから送信

東京ぶらり散歩 -品川-


   sinagawa

          東海道五拾参次 之内  品川


  江戸時代には 漁師町として賑わいを見せていた 品川ですが、現在では海岸の
     ほとんどに護岸工事が施されて その面影はみられない都会です。


           品川駅を 高輪口から出て、ざくろ坂あたりを ぶらり


   フレンチカフェ
 
               気軽にフレンチを楽しめるカフェでランチ

   “ムール貝の白ワイン蒸し” を と思ったのに・・生憎 本日はもう品切れとか  

              なので、お肉の料理に変更 


          ステーキランチ  腹ごしらえ O K




  品川といえば 「海中トンネル」のある水族館で話題となった「水族館」があるはず、

  そこでちょっと 海底散歩の気分を味わってこようかと、大森海岸まで行ってみました。



   しながわ水族館入り口

              しながわ水族館 入り口


   東海道並木
 
      区民公園内 に つくられている 東海道並木  模型のようなもの   
    





                しながわ水族館 に 入ると -

   イルカショー

          ちょうど始まった イルカショー に 釘付け 



   海中トンネル1
          
   海中トンネル2
 
         ノコギリエイやサメが泳ぎ回る大水槽を貫くトンネルを歩く。
 
                まるで海底散歩をしているよう!


   正月仕様

    水中ショー ダイバーのお姉さんも、今日はお正月仕様で お着物です!


           2015年1月4日(日) お正月休みの最終日

   今日の 東海道の上りはUターンラッシュが続いているとのニュース
 

   富士の見える見沼大橋

      見沼大橋 から見えた 富士山    大きな月が出てました。








 

明けましておめでとうございます



   氷川女体神社

  武蔵国一の宮  氷川女体神社 へ初詣でに

                       今年は 娘夫妻と一緒にお参りしました。


  

       人形納処

                   巫女人形 納処

   巫女人形

   願い事が叶ったので、お着物を着せて お礼参り

                  そして、新しい巫女人形をいただいて帰りました。







   京都おせち  京都のおせち 


 今年は 家人が 函館の義父母 と 我が家と、同じ物が届くよう注文してくれました。

  さすがに 若い人用には 別に お肉を使った料理などを 用意はしましたけれど、

 義母との電話では もっぱら このおせち料理談義と相成りました。 おしながき に
 あるように 33種。 食材から、京料理の味付けの違いなど話題に事欠きません。

 幸い函館は今のところ雪は少なくて、手配して届いた簡易除雪機 も まだ出番なしで、
 「早く 使ってみたいんだがなぁ 」 と言う義父。  (元気だ 元気だ うん 大丈夫) 

遠距離 シニア家族にとっては、来年の「函館まで新幹線直通」も 明るい話題です。
 

      
           穏やかで 良い年となりますように 





  
 
プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR