にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

よいお年をお迎え下さい

今日は穏やかで暖かい一日でした。
年の暮れに こんな日があると とっても助かりますね。

お正月の準備 仕事もはかどって 日の傾く前に お散歩がてらのお買い物に




    さざんか

      
         お習字 < M Yさんの作品>  

 

  16 時ごろになっての帰り道 空を見上げると こんな月が出ていました。


     十日ごろの月

  まるで 作り物のような月ですが これ本物の お月さまです。  

 
        今日は 旧暦(太陰暦)では11月9日

 “十日ごろの月” なので、 月の出の時刻が 14時ごろでしょうか。


   明日の夕方頃から 再び厳しい気候に戻るようですけれど


          どうぞ皆様よいお年をお迎え下さい  







日本ユネスコ協会連盟の「未来遺産」に登録された 見沼たんぼ

   見沼田んぼ


      江戸時代に干拓されて農地となった 見沼たんぼ

東京から20~30キロ圏に位置し、さいたま市と川口市にまたがって 南北約14キロ

              田園風景が広がっています


この「見沼たんぼ」を保全し継承する「未来遺産・見沼たんぼプロジェクト推進委員会」
のとりくみが、日本ユネスコ協会連盟の100年後の子供たちに伝えるべき「未来遺産」
に登録されたということです。     (12/21「毎日新聞による)




   フナノ
  
   これは フナノ  稲わらを蓄えるための わら塚です。
楕円形で船の形に似ているところから付いた名だそうです。家ではありませんでした。



    今年も 春夏秋冬 見沼田んぼの自然を 楽しませていただきました。

           来年もまたよろしくお願いいたします。




 冬至


“ 歴史 ぷち旅 ” -勝手にそう名付けてるんですが、行楽です- で、今日は

神奈川県 藤沢にある 遊行寺(ゆぎょうじ) に行ってきました。

 
  東海道五十三次
 
東海道五十三次の絵にも描かれているお寺。時宗総本山 清浄光寺(しょうじょうこうじ)
が 正式名です。


残念ながら、重要文化財のある宝物殿は本日より暫く閉館。 またの機会に訪ねたいと、
次に向かったのは 江の島です。

   冬の海




新江の島水族館 えのすい で、楽しんでいたら帰りが遅くなってしまい、、
  
     帰宅したら もう真っ暗


今日は冬至。 「ゆず湯」 と 「冬至かぼちゃ」 ですね。

木に残っていた 柚子をもいで これだけで柚子風呂にすることに。。。


      柚
            
                最後の記念撮影だよ~


「冬至かぼちゃ」に、家人は 小豆と煮る「いとこ煮」を期待していた様子でしたけれど、

時間がないので、うす味に煮ておいた かぼちゃ を、ビーンズの水煮(缶詰)と一緒に
サラダにしたててみました。        コールスロードレッシング が合いそう


        カボチャ  お気に召したようで完食


冬至 とは二十四節気の一つ。 「風邪などひくことなく 無事冬がこせますように」 と
願って おこなう行事のようなもので、

たったこれだけのことですが、ちょっと気持が引き締まったように思われました。





 

復活 朝のウォーキング

            立冬も過ぎ 次第に日が短くなってきて
        師走に入ったら 朝の冷え込みも ひときわ厳しくなりました。    

                                      木

               それまで続けてきた 早朝のウォーキング
       歩き始めの時間は  まだ暗いし   さむ~い し   無理して歩いても
          かえって 不健康   昼間に時間をとって歩くようにしよう 

                     そのつもり だったのに  


               それだけの時間 昼間には   やはりとれなくて
       同じ姿勢で長時間というのも いけなかったのか  またも始まりそうな・・
             いや~な  あの 感覚  重い腰 足の軽い痺れ感    

                    突然 歩けなくなっても困るので

              
          急遽その日の予定を変更 以前の 整形外科 へ 行くことに
         
               朝食前のウォーキングも  再開しました!
          吹き出し

                    これくらい 朝飯前 よ 

               道路
                   道路 凍ってます  霜かな?


     霜柱  こちらは 霜柱



        霜が降りた朝は、確かに白いけれど、雪のような 白じゃないでしょう  




               「百人一首」29番 の この歌

           心あてに 折らばや折らむ 初霜の おきまどはせる 白菊の花
                                凡河内躬恒(おおしこうちのみつね) 
           
           (当て推量にこれと定めて折るならば折ってみようか。初霜が一面に
            降りて、その白さのために見分けもつかなくなっている白菊の花を



          aki_006.png
            見渡す限りの初霜と、白菊 その美しい情景ではある けれど この歌

          実景を直接的に詠むのではなく 巧みなテクニックが評価された歌なのです。

     

お座敷かるた

 師走も半ばを過ぎ、朝晩の冷え込みも厳しくなってきました。
天気が良かったので、こちらは予想より 暖かく感じましたけれど、日本海側、北国
各地の大雪が心配されます。

テレビのニュースをみながら、もうこれ以上降りませんようにと祈るばかりです。


 今日は谷塚文化センターでの「百人一首」講座 最終日でした。日本の伝統文化と
しての「歌 かるた」を実践してみようとの試みです。この日のためにと、和室をあけて
準備していただきました。



      和室

集まって来られた方が、つぎつぎ
 「ちょっと、足が・・座れないので椅子があれば お借りできますか」とおっしゃいます。


ああ、やはり 昨年の通り 学習室で机を寄せてテーブルにした形にすれば良かったか
なと、ちょっと後悔。 でも、和室が使えるならば、講座の内容からしても やはり和室
が好ましいので、「姿勢は気にせず楽な姿勢でどうぞ」と、お伝えして 始めました。

和室用にと準備された小さな椅子が 何脚も貸し出され 丸く座った各グループの中に
ぽこぽこ キノコが出たように ちょっと高くなって 頭が出ています。


坊主めくり の場合はまだいいのですが、お座敷かるた(散らし取り)が始まったら、いつ
の間にか 椅子は追いやられてしまっていました。

皆さん 同じ高さになっています。かるたを囲んで、歓声や笑い声が上がって楽しそうで
す。 和やかな雰囲気のなか、 時間は あっという間に過ぎていきました。


異口同音に 「やはり かるた取りは お座敷がいいわね」 と。


「百人一首」講座がご縁でここに集まった人たちを こんなに近づけたのは やはり日本
のお座敷、和室だったのかもしれません。


     椅子があったら

     足を出して









講座 最終日  -See you again-

獨協大学 オープンカレッジ 2014度の 全講座が、先週で終了しました。


私が受講した“英会話講座”の最終日
その日は 夕方から クリスマス パーティーが予定されていたけれど・・
都合上 私は欠席 


POTLUCK PARTY みんなであり合わせのものを持ち寄って行うもの
誰が なにを持ってくる予定か  打ち合わせから 楽しそう ♪


やはり、都合で出席しない タカさんが、講座の最後に 皆さんへと
      自作クリスマスカード を プレゼント 


      seeagain.jpg



タカさん、まずはジム先生のところへ行って 英語で ペラペラペラ・・・

それから、皆さんのほうへ
「二種類 つくったので お好きなほうを とってくださいね」 って カードを 配布


なんて すてきなカードーなの!  出席できないかわりにと 気が利いた ごあいさつ
 それに しっかりと 書かれてる       See you again !!

           かっこいいなぁ タカさん 



わたしも 時間をやりくりして 何とか出席し続けることだけは 出来た 講座だけれど、 
力がついたかどうか 心許ないけれど、    やはり 受講してよかった! 

もういちど 英語を勉強しよう という気持を持って 集まった世代の異なる人たちが
おなじ教材を間に 意見出し合いながら 交流できるのも いいものだなぁ と 思う。



     葉を落とした木々


 大学 構内は あんなに美しかった黄葉も いつの間にか すっかり 散って


     クリスマスライト

暗くなった 構内を彩る クリスマス ライト飾りが ひっそりと並んで 待機中


     スタイルカフェ

少し早めに登校できた日は、一階 の スタイルカフェ で モーニングコヒー
                                 100円 也

  
 モーニングコーヒーで

   頭に 始動指示を出して いざ教室へ!   なんて出来た日は  

        気分だけでも 充実した ものです        
   


              See you again !!

こ ぎ つ ね ちゃん


  おみやげ 京都伏見稲荷 に行った時の 


  おみやげ   <こ狐のお顔をかたどった おせんべい>

  食べていいの

  先日 手渡すことが出来て、

  買い求めた私たちも 初めて目にした こぎつねちゃん の お顔

  こぎつね煎餅






なぜ、稲荷神社といえば 狐なのかしら、、、

     稲荷 とは 五穀をつかさどる宇賀御魂命(うかのみたまのみこと) のこと。
    別称は 御饌津神(みけつかみ)。それを三狐神と書きあやまったのが始まり。

また 一説には、狐に対する民間信仰があって、それと結びついて狐が稲荷明神の
使いと信じられるようになったことから。 


   む む む   なんか 狐につままれたような はなし ですねぇ  





  

日本の伝統文化 「百人一首」

 谷塚文化センター  文学講座  
 
     ~楽しく学ぶ 「百人一首」 の世界~

     1 回目 秀歌撰「小倉百人一首」のなりたち
     2 回目 「百人一首」 の 人生歌
     3 回目 「百人一首」 の 自然 と 風景 

  と、これまでは 「百人一首」の和歌を鑑賞してきました。

次回は、「日本の伝統文化 歌かるた」 をテーマに 和室をお借りしての
百人一首かるた遊び、かるた取り、の 実践教室 となります。



     谷塚文化センター

 今日は文化センター 講座担当の T さんと、打ち合わせをしました。


① 坊主めくり ②ちらし取り ③五色百人一首 の順、出来れは源平合戦 、
を 予定しています。




 「ごしょくひゃくにんいっしゅ って? 」 と問われて説明をしたところ、

 「もしかして、これですか?」 と、パンフレットを探してきてくださいました。



     パンフ

 何と、五色百人一首 草加大会 が この草加市谷塚文化センター で
 数日前に 開かれていたのです!


 
   何と不思議なご縁  文化庁伝統文化 親子教室事業  とのこと、  

    コラボできたら♪♪ と 思ったら、何だかわくわくしました。

     「競技かるた」以外の かたちでの伝承も ありかな 






 

降れる 白雪

夜空に月が見えています。 十七日目の月。 これから暫くは月が昇るのが遅くなる
かわりに、夜が明けようとする朝にも 月がまだ空に見えるという 「ありあけの月
になりますね。


私のふるさとに 初雪が降った との便りに、坂上是則(さかのうえのこれのり) の 歌
が思われました。

              雪景色

  31 朝ぼらけ ありあけの月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪
                      
 (夜がほのかに明けるころ、明け方の月が照らしているのかと思ってしまうような、
  白い雪が この吉野の里に降り積もっていることです。)


    ネオンはおろか 外灯などの明かりが 一切ないところの雪景色。

  
  積もった雪明かりに周囲の様子がほの白く見える。それが、丁度「 ありあけの月」
  の光に照らされているかのようだ と、 月の白い光にたとえています。


それにしても、日本海側や四国の山間部の大雪による災害、より大きな被害が出な
いことを願うばかりです。




   141208見沼東縁代用水
         < 見沼たんぼ 東縁代用水沿い  今 の風景 >




実 の 照るも

師走ともなると季節は冬というべきでしょうが、今日のように陽射しのある日は紅葉も

陽に照り映えて綺麗。


   照る紅葉

   隣家の借景です。今だ紅葉の真っ盛り、急ぐ人の足を止めるほど。


 我が家の柚も今年は6、7個だけ実を付けました。少ないだけに実は大きく色づいて
きたので、今日は一個をもいで柚味噌に。


     ゆず

道の駅「まくらがの里」で買った大根を「ふろふき大根」にしてみました。


味噌、砂糖、みりん、酒を火にかけて 照りが出るまで練ります。そこへ
柚子を丸ごと手にして、おろし器で皮だけを磨り下ろし、味噌の中に投入。

天盛りにも柚子皮の細切りを少々。


お水から、出し昆布にお米少々入れた袋も添えてコトコトと、時間をかけて柔らかく煮
た大根もまた白く照りが出ました。  葉瀾を敷いてちょっとおしゃれに。

     ふろふき大根



 そういえばこんな時期には、ヤブコウジ(藪柑子)も実をつけているはずと、身をかがめ
て葉の間から覗いて見たところ・・・ええっ!?


   やぶこうじ


 赤い実が一個、二個、三個・・だけ。今年は藪柑子も実をつけるの少なかったのかしら
それとも小鳥がもう食べてしまったのでしょうか。

これでは『万葉集』の、大伴家持(おおとものやかもち)の 歌にあるような 雪の日に赤い
実の照るさまを見ること、今年はできないなぁ、残念 


   此雪之 消遺時尓 去来帰奈 山橘之/ 実光毛将見 〔万・巻十九-4226〕
 この雪(ゆき)の 消残(けのこ)るときに いざ行(ゆ)かな 山橘(やまたちばな)の/ 
   実(み) の照(て)るも見(み)む

     gardentown_turukouji[1] 山橘(やまたちばな) ヤブコウジ

歌意 この雪が消えてしまわないうちに、さあ出かけよう。やぶこうじの実が雪に照り
     輝くようすも見よう。


   ヤブコウジは、平安時代以降、正月卯の日などの飾りとして用いられました。








つ る し 柿


 あの 干し柿にした 渋柿、 もうすぐ一ヶ月  

   P1050394.jpg


 新聞 の コラム欄 に こんな 句が紹介されてました!  
   つるし柿


   ばあちゃんち せんたくものと つるし柿

      (「第7回 佛教大学 小学生 俳句大賞」 入賞作品集 低学年の部 )    








ま く ら が の 里 へ

茨城県 10ヵ所目の 道の駅  まくらがの里 こが へ行ってみました。

   道の駅

新4号線沿いにある 新しい道の駅 です。 知りたかったのは
この 道の駅名 「まくらがの」。

地名 古河につく言葉に 「まくらがの」というのがあるのですが、あれも 枕詞(まく
らことば)ととっていいのでしょうか と Sさんに聞かれたのがきっかけです。


中に入ってみると豊富な農産物の直売、新鮮な野菜も山積みです。大きなキャベ
ツや大根、かぶ5個一束、壬生菜などみんな100円ほどで安価。 野菜の種類も
豊富でした。

近くに渡良瀬川が流れ、利根川に注いでいます。水郷ということで川魚漁も盛ん
と思われて、川魚の加工品も並びます。

  うなちまき 

 うなぎを乗せて 葉蘭で巻いた ちまき 「うなちまき」 を お昼ご飯に チョイス


  鯉の甘露煮

 「鮒 の 甘露煮」 老舗の味 ですねぇ。むろん魚の匂いはなく、口先から骨 尾鰭
まで身と同じに柔らかく煮上がっています。添えた 「わさび菜」 はサラダにしても。。




 さてさて、私「道の駅」大好き人間では ありますが、今回の目的はお買い物じゃな
かったと気付いて 入り口近くに置かれた「古河市観光ガイドマップ」を手に取って探
しました。


見つけたのは 「まくらがの里」 の由来となった 万葉歌碑 のある場所です。


一つは JR古河駅西口 にありました。

   JR古河駅西口

 逢はずして 行かば惜しけむ まくらがの 許我(こが)こぐ船に 君も逢はぬかも

 あなたと逢はずに行ってしまったら心残りだろう まくらがの古河を漕ぐ渡し舟で
 あなたにお逢いできないものかなあ



もう一つは、渡良瀬川の土手にありました。雀神社の境内から土手に上がる階段を
上ったところです。

   雀神社  雀神社

   万葉の碑

   まくらがの 許我(こが)の渡りの からかじの 音高しもな 寝なへ児ゆえに

  まくらがの古河の渡りのからかじの音が高いように高い噂が立ったなぁ 
  あの子と共寝をしたわけでもないのに



 この二つの歌は、『万葉集』にある 相聞歌(そうもんか)。 おそらく民謡のように歌い
 語りつがれていたものと思われます。




 

  
プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR