にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

和室 で かるた遊び

   < 歌かるた の 歴史

 鎌倉時代の前期、藤原定家によって選ばれたとされる 「小倉山荘 色紙和歌」、これ
が 「百人一首」の原形と言われています。

室町時代になると「百人一首」の写本が多く出回ります。 ポルトガルから日本に入って
きた「カルタ」と結びついて、ここで初めて「小倉百人一首かるた」が登場します。

但し、この「かるた」は 和歌の「上の句」 と「下の句」が別に書かれただけのものです。
2枚で1組となるという点で、平安時代の遊びである「貝覆(かいおお)い」に似ています。

「貝覆い」とは二枚貝を分けて伏せ、対のものを探す遊び。「貝合(かいあわせ)」とも言い、
歌が書かれた貝を「歌貝」と言いました。


 江戸時代になると、「かるた」に 歌仙絵(歌人の肖像画)が添えられて流布します。
逸品とされる尾形光琳作「光琳歌留多」も誕生しました。

このころの「かるた」は公家や大名のお姫様が花嫁道具にするほどの、たいへん豪華
なものもあったと想像されます。

そういった「かるた」は、一斉に取り合うことはしないで、だた上の句を自分で見て、下
の句を探し当てるものでした。 女性向けの和歌の入門、啓蒙書としても尊重されたと
いいます。

 一方で、「かるた」が大奥や遊郭でも遊ばれ、やがて町民たちの間にも広がっていく
と、「かるた遊び」 は、自然と 「札を取り合う遊び」 となっていきました。

明治には お正月の行事として「百人一首かるた」が定着するともに、「競技かるた」が
ブームとなりました。 「競技用標準かるた」 は明治三十七年に発行されています。


    P1050367.jpg
     <獨協大学オープンカレッジ  和室で かるた遊び を行いました>




谷塚文化センター 文学講座  「百人一首」

   P1050356.jpg


  昨年度に引き続いての 文学講座

        ~ 楽しく学ぶ「百人一首」の世界 ~   全4回

 今日はその 第一日目。  朝からの雨に強い風さえ吹く 悪天候の中を 大勢の
皆さんに出席いただいて大変うれしく思いました。

今後は <「百人一首」の中の人生歌>  <「百人一首」の 自然と風景>などを
テーマとしての歌の鑑賞、 日本の伝統文化 としての「歌かるた」の実践 も 計画
しています。
 日本の古典文学 を 楽しく学び、 身近に感じていただければと思っております。







クリスマスツリー

   パルコクリスマスツリー

   パルコ前    点灯式(11/22・土) を 済ませたばかりの クリスマスツリーです。

連休 なか日 の 日曜日、 天気も良くて 暖かい日中に  見上げてみると この あらっ?


       なにかに 似てる ・・・・    どこかで 見たような ・・・・


            あぁ~    これだ!


        さねかづら

                  <サネカズラ>                    




「百人一首」 の 25番

 
    名にしおはば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな
 (なにしおわば おおさかやまの さねかずら ひとにしられで くるよしもがな)                  
                                    三条右大臣 
                                                                      
 「逢って寝るという名を持つ逢坂山のさねかずらよ、その名のとおりならば、
つるをたぐり寄せるように、人知れず君のもとへ来る方法があれ ばよいのになあ



 さねかずら の 「ね」と「寝(ね)」をかけ、逢坂山 の 「逢う」で、好きな人と会って夜を
過ごすという意味。 さねかずら はつる草なので、つるをたぐって会えたら・・とも。 



「サネカズラ」って、本当に 愛らしい実をつける、恋の歌にふさわしい 植物だなぁ と、

   鎌倉さねかずら

      鎌倉を歩いているときにも 見つけて 思いました。   





紅葉 の 錦 


   紅葉

   大学 構内  はらはら 舞い散る 紅葉も あるけれど、
  
   黄色も鮮やかに 様々な色が重なる その美しさは 自然が織りなす見事な 錦


 【菅原道真 の 歌】

   このたびは ぬさもとりあへず 手向山 もみぢの錦 神のまにまに
                    
(今度の旅は急なことで、幣(ぬさ)も用意することができませんでした。代わりに
 この手向山の 錦(にしき)のような美しい紅葉をお供えいたしますので、神様の
 御心のままに どうぞお受け取り下さい
。)
 

       
       そんな 歌のこころに うなずける 今の 紅葉です。  



   

 

- 外国人に人気のスポット全国第1位 -の旗が並ぶ 伏見稲荷

 5日前の 金曜日、埼玉県民の日に 秋の京都 行ってきました。紅葉の時期は一段と
観光客で賑わう京都ですが、平日なので少しはいいかなと・・。

人、人、人 では、ゆっくりと散策もできませんので。 


   伏見稲荷駅
  でも、 奈良線 稲荷駅 に 降り立つと、もうこんな状態。 10時30分ころ。


   伏見稲荷鳥居
 改札を通って、数歩歩けばもう鳥居 外国人観光客に人気のスポットの旗


   楼門

   大鳥居を入ると 正面に楼門が建ち、その奥に外拝殿や内拝殿。

              立派な建物です。

全国に約3万社(4万社とも)あると言われる稲荷神社の総本社。そういえば お寺さん
にも 境内に稲荷の摂社があるところ 多いですね。  個人の屋敷内に稲荷社の祠 
みることありますし、カウントするの難しいからかしら 一万の差は?

   五穀豊穣・商売繁盛を願う人たちで参拝者の多い 稲荷神社です。


   千本鳥居入口
 
            朱塗りの社殿が並ぶところから、千本鳥居の入り口。 

        鳥居2



   パワースポット


   鳥居のトンネルは続きます。奉納の鳥居で 今では千本どころでなく万本 




   お山めぐり

奥社から 稲荷山の山頂(標高233m)へ、鳥居をくぐって「お山めぐり」は往復2時間。


   手軽な散策コース

「お山めぐり」は少々ヘビーなのと、他に深草、藤森を訪ねる予定があるので、「新池」
までの手軽な散策コースにしておきました。




   もう一つ、  稲荷詣 をする時に 是非行ってみたかったのが   ここ 

   ねざめ屋

     門前町 に ある 「祢(ね)ざめ家」  TVの旅番組 出た お店

 歴史のあるお店 ということ、ここの女将さんと 話したいと言う 家人の望みで、


     ねねセット

   色々食べてみるには この 「ねねセット」 がいいだろうと、 昼食に.

名物 稲荷ずし には 麻(お)の実 と 牛蒡が 入っているんですよ~
   鯖すし 巻すし も しっかり巻いてあって 型くずれしなく 食感もいいですねぇ


     鶉焼き

            こちらは うずら(鶉) の串焼き

「伏見 深草は あの 藤原俊成さんの和歌にありますように、昔から 竹藪もあって
 鶉 や すずめ がおおございましてねぇ

 夕されば 野辺の秋風 身にしみて 鶉鳴くなり深草の里 」 と女将



この後は、京阪電鉄 の ふしみいなり駅 から 深草に 向かいます。 駅近くのお店で

名物 稲荷煎餅 買いました。
油を使わず焼き上げた味噌煎餅、美味しくてあっさりして食べやすく、あと引く味です。

お稲荷さんにちなんだ きつねの顔 のお煎餅「こぎつねちゃん」が可愛いので、
  おみやげに 

   こぎつねちゃん



      このあと 向かった ところは、 
  ブログ 「天皇に愛された女の物語 -『とはずがたり』」の方に 書きました。
 さらに おつきあいいただけるようでしたら、 文字の上を クリックして御覧ください。






 帰りの新幹線の中で、買った 稲荷煎餅を食べようと、袋の中をみたら、、

  鈴やき “おまけ”の 鈴やき(カステラ) が一袋出てきて、  

「おまけ しときますね」 とも なんとも言われなかったのに・・  うれしい! 

 巡り歩いた 伏見の里を思いながら おいしくいただきました。  ごちそうさま  





 

夜の 駅前広場


   いつの間にか、こんな風景になっていて ビックリ!(◎_◎;)

駅前

 
   そういえば、 夜 電車で帰宅すること なかったから (^_^;)





iPhoneから送信

 鎌倉へ  - 『とはずがたり』を歩く -

 獨協大学オープンカレッジ
講座 天皇に愛された女の物語  -日記文学『とはずがたり』と鎌倉時代ー



来年度の講座案内のための原稿作成の時期になりまして、

毎年実施している ー作者が滞在した鎌倉を訪ねる ー 鎌倉観光 ですが、
   さて、来年度は いつ どのようなコースにしようかと   

   
    実踏を かねて 大好きな 鎌倉へ 行ってきました   


その中  ちょっと驚いたのが  大御堂の永福寺(ようふくじ)  復元現場 です。


 石碑で示す  跡を示した碑の裏手に・・


   歴史を尋ねて
  昭和58年の発掘調査で 永福寺 跡であることが分かる礎石が発見されて

  基壇がつくられる
   小高いところから 見下ろすと このような 全景 (横から見ている形です)


  P1050162.jpg
                    < 基壇平面図>




  再現図
 
  復元想像CG  制作:湘南工科大学


 こんなだったんですね! 宇治の平等院 の ようです。 鎌倉時代にここを訪れた
『とはずがたり』の作者でもある 二条さん が見た 大御堂(おおみどう)  です。



明日は 京都伏見 を 訪ねる 予定です。 後深草院の伏見離宮 が あったところ。 
   今日の講座は宇治川で鵜飼を楽しみながらの遊宴場面をよみます。

       これで 巻2まで 読み終えることになります。  c二条

     





見沼田んぼ の フナノ(藁塚) 再現

   フナノ1 (1)

   9日 日曜日 見沼田んぼ へ  フナノ を見に 出かけてきました。

   この日は 朝から 雨でした。

   フナノ という藁小屋が 完成し、藁の屋根で 雨から藁をまもっています。






     P1050132.jpg


50年前まで、藁(わら)は家畜のえさ、燃料、藁細工と、その用途は広く 生活に必要な
ものでした。

そう 子供の頃 藁で編む 筵(むしろ) 藁草履 など作っているの見たことありますねぇ。

稲刈りの後に「フナノ」と呼ばれる こんな小屋形の わら塚をつくり、わらを保存してい
たのだそうです。  


 藁の生活文化 再現     フナノ の姿  

                         大変な共同作業だったことが偲ばれます。











ふぞろいの 渋柿 たち


今年は 11月7日 が 立冬 です。  幸いにこの日だけは晴天  ということで、


  「処分しちゃうのなら、私 干し柿に してみようかしら」  と  頂いた




      渋柿

 「ふぞろいの 林檎たち」  ならぬ  「ふぞろいの シブガキたち」 を 取り出して 

         日向ぼっこ で 柿の 皮むき! 
                       
                    (おぉ~ なんと のどかな まるで 昔話の世界)    




   干し柿

雨の当たらない軒下が良いのですが、
                      ないので 屋根のかかったベランダに下げました。

「このくらいの柿はね 干し柿になったら 栗の実くらいに 小さくなってしまうよ」 
と 家人は言うけれど、


そんなことは どうでも いいんです。

柿を吊していることに、 なんだか こころが ほっこりしているのですから・・

                ( 私の 原風景 かしら? )




   大學の紅葉

        獨協大学大学  構内 の 紅葉 も 始まっています。




   

暦のマジック ー 三度目の名月 「後の十三夜」

 
 今、丁度 日が替わって2014年11月7日となった。これを旧暦でみると9月の
15日
にあたる。

我が国は1873年、明治6年から新暦(太陽暦)を使用、 それまでは太陰太陽暦、
月(お月様)の満ち欠けをもととしたものだった。

古典の世界は太陰暦で日次が記されているので、太陽暦の今の日付に比べてみ
ると、約1ヶ月、時には1ヶ月半ぐらいのずれがあるので読んでいくのに注意しな
ければならない。

また、月をもととした旧暦では、1ヶ月が短くて、何年かで季節がずれてきてしまう。
これを是正するために、三年に一度 の 閏年を設け 月を二度繰り返す 「うるう月」
を入れている。


今年は 旧暦に従うと、9月を二度繰り返す閏年にあたる。11月7日の今日は閏9月
15日だが、実は10月8日が既に旧暦の9月15日だったのである。

新暦で生活をする現代であっても「中秋の名月」とか「後の十三夜」と言って、お月様
を鑑賞する時には旧暦で確認するのがよい。

仕事がら、旧暦も併記したカレンダーも掛けて確認することが多いのだけれど、肝心
の閏9月にうっかりしてしまった。

一昨日、“11月5日に江戸時代の1843年から171年ぶりに 二度目「後の十三夜」
が観察された”という記事を6日の朝刊で知り、仕方がないと 6日の夜の夜中に、流れ
る雲の間からやっと顔を出したお月様を撮ってみた。

   十四夜の月

夕方に雨が降り出して、今夜の月は見られないかと思ったけれど、23時ごろから
シャッターチャンスを狙ってようやく捕らえた・・・ これ 「後の十四夜?」 なのデス。






百目柿

先週でしたか、家人が
「ヒャクメ柿 って言うんだって。測ってみたら、本当に380g近い重さだったよ」
と言って、大きな柿を2個 いただいて帰ってきました。


   ヒャクメガキ

ヒャクメ とは百匁(ヒャクモンメ)。 柿一個の重さから付けられた名前だとか。
 百匁は約375gです。


まだ固いうちならば皮をむいて 吊し柿にし、天日で乾燥させて干し柿にする種類の
柿のようです。

いただいた方から、このまま置いて熟したところで食べると甘くて美味しいから、と
教えられたそうなので、こうしてお雛様のようにカウンターに並べて数日鑑賞 

柿を置いただけで、お部屋が なんだか 秋らしくなりました。

大きいだけに 存在感 あります。

下の お皿には、焼酎が入れてあります。いつだったか TVで、渋柿の 蔕の部分を
焼酎に浸して 並べて置いて熟させるというやり方を見た記憶があったので・・ 


   熟し柿

 柿の橙色が ぽっと赤くなって 透明感を帯びてきたころが 食べ頃のようです。

 切ってみると、とろ~り ゼリー状になっています。  甘くて美味しい柿でした。




<お知らせ>

昨年に続き、谷塚文化センターでの「文学講座」を担当させていただくことになりま
した。 暮れに向けての講座ということで、本年度も、「お正月かるた」としても伝承
されてきた 「百人一首」和歌になります。

1 日時  11月26日、12月3日、10日、17日 (いずれも水曜日) 全4回
2 内容  楽しく学ぶ「百人一首」の世界
3 対象  公募による 20人
4 会場  草加市立 谷塚文化センター    TEL 048-928-6271







秋の田 の かりほ の 庵の ・・・

きょうは一日雨でしたが、11月に入って紅葉もすすみ、益々秋らしくなることでしょう。

今週の初め、久しぶりに 見沼田んぼ 東縁(ひがしべり)のヘルシーロードを大宮方向
に歩いてみると、もうこんな秋の風景になっていました。

   見沼田んぼのー秋の田 (1)


「百人一首」の一番初めの歌が 思われる 景色です。

 1 秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ
アキノタノ カリホノイオノ トマヲアラミ ワガコロモデハ ツユニヌレツツ)                                  


秋の田のかたわらにある粗末な仮小屋は、屋根の菰の編み方が粗いので、鳥や
  獣にあらされぬように番をする私の袖は夜露にぬれるばかりであるよ。


 <苫をあらみ>とは 仮小屋の屋根である 草で編んだむしろ(苫)の目があらいので
と、袖が夜露に濡れてしまった原因を言うものです。この歌からは秋の田の風景だけ
でなく秋の夜の寒さ、農作業のつらさもしみじみしのばれます。

作者は天智天皇だといいます。 ある方から、
「天智天皇って、苦労なさったんですかねえ、若い頃には・・」
と、聞かれたことがありました。なるほど、この歌を知ればそのように考えるのも当然で
すよね。

 もとの歌は『万葉集』の「よみ人知らず」の歌、つまり作者不明の歌ですが、いつの時
か、天智天皇が農民の苦労を思いやってうたわれたのだと言い伝えられて、天智天皇
の歌になったというのが真相のようです。

                      

見沼田んぼ では、昔から稲を刈ったあとの藁を積み上げてフナノという 小屋の形をし
たものをつくっていたそうで、体験耕作田 の前にこんな看板がたてられていました。


  見沼田んぼのー秋の田 (2)


 フナノ は、11月9日 までには出来上がるそうですよ。 (見にいかなくっちゃねぇ♪





プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR