にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

今年の 夏越しの祓え 


風そよぐ ならの小川の 夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける
                               従二位家隆[『新勅撰集』夏(一九二) 

   そよそよと風が楢の葉にふいてそよぎ、このならの小川の夕暮れはすっかり
   秋の訪れを思わせるようであるけれど、ただこの川のほとりで行われている
   みそぎの行事だけ は、やはり夏だという感じであるなあ。


「ならの小川」とは 京都の上賀茂神社を流れる御手洗川。本殿の東に奈良社という摂社
があるので「ならの小川」といいます。

・みそぎ  →「身そそぎ」のつづまった語。川の水で体を洗い、罪や汚れを清めること。
         ここは夏の最終日、六月・水無月(みなづき)三〇日に行われる
         夏越しの祓(なごしのはらえ)のこと。




夏越しの祓え神事は、
古い昔から人々の罪やけがれを祓う夏の神事として、陰暦六月のみそかに行われました。
現在の暦ですと約一ヶ月近く後になります。

ちなみに、今年は、七月二六日が陰暦(旧暦)の三十日(みそか)になります。

ところが、先日 浦和の伊勢丹の地下に入っている京菓子店で「水無月(みなつき)」という
和菓子を予約販売していることを知りました。

なので、今年はこちら本場物の「水無月(みなつき)菓子をいただくことにしました。



        水無月



氷をイメージした三角形の蒸し菓子の上に
                   魔よけの意味があるという小豆をのせてあります。

せっかく「水無月」をいただくのですから、本日、六月三十日に神社で「輪くぐり」をしようと、
夏越の祓神事を行っている神社 へ参拝に出掛けることにしました。

いつも出掛ける見沼の氷川女体神社は旧暦で行われていますので、今日は獨協大学から
近い草加神社へ行きました。


   夏越大祓神事

境内には茅(ちがや)で作られるという大きな輪が飾られています。この輪を作法通りに
くぐって半年の穢れを清め、これからやってくる厳しい夏を無事に越えられるようにと
無病息災を願っての「輪くぐり」です。


「輪くぐり」をして帰宅すると丁度ラジオから「今日は、京都の上賀茂神社で夏越の祓え
神事が行われています」とのニュースが。

なので、「水無月」をいただきながら、昔から受け継がれてきた行事と、冒頭の和歌に
思いを馳せたという次第です。




みかも山 の もじずり草

ネジバナネジバナ2

草叢の中を、よ~く見ると、ピンクの小さな花を ぐるぐると捩るように付けて咲いている草を
何本も見ることができます。

これが、ネジバナ(捩花)。 ラン科ネジバナ属の小型の多年草。 別名はモジズリ(綟摺)。



もじずり (歴史的仮名遣いですと もぢずり) と聞けば、この和歌でしょう。

みちのくの しのぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れそめにし 我ならなくに
                      
                             河原左大臣  [『古今集』恋四(七二四)]

陸奥の染め物「信夫もじずり」の乱れ模様のように、誰のせいで私の心は乱れはじめて
 しまったのでしょう。それは私ではなく、みんなあなたのせいなのですよ。



割れ目などの模様がある「もじすり石」に布を当て、忍草を石にこすりつけて、布に模様を
つけて染める という 「しのぶもじずり」。 乱れ模様に染まるようです。 


ネジバナ って、乱れているのではなく、捩れてはいるけれど、乱れてるというよりは、きちん
と整列しながら捩れている。  なので、モジズリ と言う名があるのは、、

もぢ は  と書くところから、捩れている意味の モジ で分かるけれど、

でも、 なぜ 「もじ ずり」 なんだろう?  「ねじれ」ているのもまた「乱れ」ているから、同じ
乱れの範ちゅうで とらえればいいのかな、なんて・・考えていたら、

わたしの 意味付け も  なんだか 「もじずり」模様 になってしましたようですね。 




「百人一首」講座 の 風景 から


車椅子の生活を余儀なくされたOさんは、車での送迎援助を受けて獨協大学に通学され
ています。

書道で「百人一首」の和歌を書くことになって、和歌の意味を理解し、時代背景を知りたい
と思ったのが受講の動機だったそうです。

Oさんが受講されてから、昨年度で2年が過ぎました。百首の講義も終わったところでした
ので、これで最後になるとおっしゃって、丁寧なお礼とご挨拶をされて、お別れしました。

後遺症で身体障害となってからも、ご自身の努力と工夫で積極的な生き方をされている
Oさんに、私の方こそ教えられることが多くあって、お名残惜しい思いでいっぱいでした。


新年度、-よくわかる「百人一首」の世界-講座の教室に入ると、Oさんの姿がありました。

「先生、またよろしくお願いします」 の言葉に 思わずにっこり。
「こちらこそ、よろしくお願いします」 で 始まった 春期講習。

定員を超えた受講生でいっぱいの教室。皆さんのご協力で、出入りに都合のよい場所に
Oさんの席が決まっています。

終了のチャイムが鳴るとその席までボランティアの方が迎えに来られます。

送迎をお願いしている関係で時間が合わず「かるた教室」への参加は出来ないとのこと。

百人一首講座で



なので、今日は、一緒に写真だけ撮りました。 ボランティアの方と一緒です。




鬼平 江戸処 の 「しゃも鍋定食」


羽生のパーキングエリア   鬼平江戸処  で


      鬼平犯科帳の世界 を 再現したという  五鉄 の 軍鶏鍋 

       を 食べてきました。

   しゃも鍋
   
美味しかった。 もうちょっと軍鶏肉が入っていたらなぁ なんて思いながらいただきました。 

生卵につけて食べるので、鶏のすき焼き風。 牛蒡とネギと、つみれに高野豆腐が入って
ましたねぇ。  家庭料理風に 家でもつくってみられそうで うれしくなりました。





      五鉄
 
以前に入ったときは、テーマパークになったパーキングエリアということで人がいっぱい。

こちらのお店も行列ができていたので、あきらめて帰ってきたのですが、今日は平日でも
あり、11時過ぎで時間も早めだったので大丈夫でした。




 

ナニコレ珍百景 に 氷川女体神社 が ( ^ ^ )/□






テレビ朝日:6月21日放送 を見ていて、初めて気付きました!

氷川女体神社の御神木の大きな瘤、熊 の横顔に見えますね。

ご神木に熊


自然の中にある珍百景を特集した中で紹介されました。

   なので、さっそく 行って、撮ってきました。

   神主さんが 「はい、くまのプーさんです」って 





iPhoneから送信

五色百人一首 で 脳トレかるた




19日(木) 獨協大学オープンカレッジでの「百人一首」和歌講座の後の3限 

       初心者のための 「かるた教室」


まるで碁か将棋のように、机を間にして椅子に座っての 百人一首かるた取りです。

100枚のかるたが、20枚ずつ5色に色分けされているもの。なので、本来ならば
10枚を自分側に向けて、それぞれ横に5枚で二段に並べて勝負となるのですが、

この写真は、2色40枚を混ぜて行っているもの。 二人だけの「源平合戦」みたい。


もともとは 児童向けのオリジナル教材として開発された「五色百人一首」かるたで
すが、子供の頃を思い出して再挑戦する人や おとなになってから「百人一首かる
た」取りを始める人にも、ちょうど良い かるた です。

一回のゲームが5分ほどで決着がつくので、カードを代えて 何度も練習できました。



iPhoneから送信

冷凍卵 の 目玉焼き

朝、冷蔵庫の中をのぞいてみたら、もう 卵が残り1個しか残っていない。

     目玉焼きにするなら、こちらの卵を使った方がいいので、

    冷凍

           冷凍しておいた卵を使うことに! 

 凍る時にヒビが入るので、フリーザーパックに入れて冷凍してあります。


     目玉焼き

 この卵で 目玉焼きをつくると、ほら こんなに黄身がぷくら盛り上がって
形もきれいにできあがるんですよ。 食感も、ちょっと もくっとした感じで良好

ただ、冷凍庫から出して、40分~1時間ほど常温で解凍しておかなければ
なりません。      ちょっと、そこがね。


     でも、美味しいので 是非 おためし下さい !



 和菓子 の 日

6月16日が「和菓子の日」だということを、今日初めて知りました。

その起こりは平安時代。

疫病が蔓延して 治まる気配のないのを憂いた仁明(にんみょう)天皇が年号を嘉祥と改め、
その6月16日に、16個の菓子や餅を神前に供えて、疾病よけと健康招福を祈った
ことからだとか。

奇しくも今日6月16日に、初めてクロワッサン鯛焼きなるものを食べたところでした。 でも、

     たいやき
     クロワッサン

   これを和菓子と言うのには、ちょっと無理があるかも知れませんね、、

         なにせ、クロワッサン ですから・・・


裏側 (どちらが裏で、どちらが表かは、分かりませんが) は、間違いなく鯛焼きの姿が
長方形の 真ん中に形作られていて、中身は餡こ。    想像以上に美味しかった!



         これ、和菓子と言ってもいいのかなぁ・・・



絵 馬 

    絵馬

神社や寺院に祈願するとき、あるいは祈願した願いが叶ってその謝礼をするときに寺社に奉納
する木の板があります。絵が描かれていてこれを絵馬(えま)と言っています。

馬の絵が描かれていなくても「絵馬」、例えば鎌倉の佐助稲荷神社の絵馬には正面を向いて
ちょこんと座った可愛い狐の絵が描かれていました。


形は五角形の家形が多いようです。しかし、これも上の写真(信州善光寺)のように、形が違っ
た「絵馬」もあります。

共通しているのは、どのような絵柄や形であっても、これらを「絵馬」と呼んでいるということ
です。 それはなぜでしょうか。

昔、神様への奉納品として馬が重視されていました。しかし、馬は貴重で高価なものですから
誰もが奉納できるものではありません。

また、寺社のほうでも数頭の馬になると世話をするのが大変です。そのため、馬を奉納でき
ない者は次第に木や紙、土で作った馬の像で代用したり、名のある絵師に描かせた立派な
馬の絵で代えられるようになっていきます。

室町時代になると、馬だけではなく様々な絵が描かれるようになったといいます。また、江戸
時代には、家内安全や商売繁盛といった実利的な願いをする風習が庶民に広がりました。

そして、絵柄も、書き記す内容も、時代を追うごとにそのバリエーションが広がっていったと
いうことです。


それでもこれらすべてを「絵馬」と呼んでいるのは、発祥が神の乗り物としての馬(神馬)を奉納
することから始まった歴史を、呼び名に残しているということになります。




とはずがたり』巻2 に、恋人である二条さんの居場所を、神のお告げによって知ることが
できたお礼にと、雪のあけぼは 神馬(じんめ)を奉納しています。 この場面 クリックで!




三島大社 に 参詣してきました

今日の三島は、曇りから晴れ、 爽やかな風が心地よかったのですが、昼を過ぎる頃には
陽射しが強くなってきました。

   三島大社 (1)
      大鳥居をくぐって参道を進むと、

   総門
      総門です。


  本殿 (1)
      歴史を思わせる古木が多い、厳かな雰囲気の境内。鬱蒼と繁った広い鎮守の森を
      背に 三嶋大明神 は鎮座していました。


東海道に面し、伊豆地方の玄関口として下田街道の起点に位置する伊豆の国の一の宮です。


『とはずがたり』には、東海道を下って鎌倉にやってきた主人公 二条が参詣しています。

正応二(1289)年、三月の半ばころのことです。 その様子は  この上をクリックして下さい。






   旧東海道
      旧 東海道です。 

どの通りも花が綺麗に飾られていて、植物の手入れも行き届いているのに感心しました。


   せせらぎ

富士山の伏流水が湧き出て 清流が街の中を流れていました。 三島は訪れた人に、
「こんな街で暮らしてみたい」と思わせるような、素敵なところでした。





雨に歩けば

明け方まで断続的に激しい雨音が聞こえていました。

この3日間で、既に例年の6月一ヶ月に降る雨量を上回っているとの昨夜のニュース、
この分では又洪水の被害もあるのではないかと気が気ではありませんでした。

ところが、さにあらず。外が明るくなった頃からは、雨脚も弱まって 外に出てみないと
まだ雨が降っているとは、分からないくらいになってきました。

そこで、調子が良くなった私の脚のためにもと、今日は傘をさして 見沼の散歩に出か
けてみることに。目標は5千歩以上。街中を歩くくらいならウォーキングマシーンも同じ
ですから。



   雨の中をランニング

こぬか雨が盛んに降ってはいても、日が差しているかのように明るくて、晴れた日とは
またひと味違う木々の緑が やさしく輝いています。

雨に濡れてランニングをする人。すれ違ったとき、微かに風が舞ったような気がしました。




   葦原

葦原からは「よしきり」の鳴く声が聞こえ、遠くからケーン、ケーン 雉が呼んでるようです。



   かしわであじさい

野生化したような かしわであじさい が、雨の中で 活き活き 咲いていました。



雨の中を歩くのも なかなか良いものです。  なので、明日は歴史散歩で三島を訪ねてみる
ことにしよう と決めました。





百人一首で  「脳トレ かるた」 始めました

     脳トレかるた

あら? それは 「雪」 でしたっけ! いや 「露」 だったかしら・・ねぇ

と、初めて「百人一首かるた教室」へ 遊びに来られた F さん。


上の句  君がため 春の野に出でて 若菜つむ~ ♪

下の句 は   (わが衣手に 雪は降りつつ)  だから「雪」デス
                       
歌意 (あなたのためにと思って、初春の野に出て若菜を摘んでいる私の袖には、
                   雪が次々に降りかかってくることですよ。




「ほほほ、何だか・・まぁ 忘れちゃったみたいね」と、それでも 楽しそうでした。

Fさんが 百人一首のかるたに触れたのは、まだ幼かった頃、気がつけば時々
大人の人たちが集まって遊ぶ 歌かるた遊びに参加していた とか。

「まわりはみんな年の人ばかりでしたよ。だって、母が近所のおばちゃんたち
と楽しんでいたところに、幼い私が加わっていたんですもの」と、その頃のこと
を懐かしく思い出された様子です。

「そういえば、あの かるた どこに行ったのかしら。ずっと見ないけれど・・。今度
弟の所(ご実家)に行ったら 探してみようかしら・・」


思い出話をおききしながら、1回2~3分で勝負のつく「五色百人一首かるた」
1組み20枚を使って、数回の かるた取り を楽しみました。


     かるた取り

  ポイントカード つくってみました!  100首 全部暗誦できたら、
         100ポイントになりま~す。  



鎌倉 ー 隠れ里を歩く ー その2

教養講座 天皇に愛された女の物語-『とはずがたり』を読む> 
       ☆ ☆  第4回  歴史散歩 鎌倉紀行 ☆ ☆          12TRA08A.jpg


● 今回のコース:  鎌倉駅西口 ➔  ①壽福寺 ➔  ②伝阿仏尼の墓 ➔  ③海蔵寺
             ➔ ④化粧坂 ➔ ⑤源氏山公園(頼朝像)…ここで昼食をとる予定
            ➔ ⑥銭洗弁財天➔⑦佐助稲荷神社➔  茶房で休憩 ➔ 鎌倉駅





-海蔵寺ーの次に向かったのは、

④化粧坂(けわいざか)

     こんな登りに

こんなですが、進んで行くと急な登り坂になっています。もし雨にでもなったら滑って転びそう。

化粧坂を登る

化粧坂と書いて「けわいざか」と読みます。化粧は古語で「けは(ワ)い」だからですが、その名
の由来は?

 気になるところです。一説には、平家の武将に化粧して首実検したとか、また、近くに娼家が
あったから など諸説があると記されていました。

新田義貞の鎌倉攻めではこの一帯が主戦場になりました。

『とはずがたり』には二条さんが鎌倉に足を踏み入れた時の感想に、こんなことを書いています。

夜が明けたので鎌倉に入った。極楽寺という寺に参詣する。見ていると寺の僧たちの
振る舞いは京都と違いがない。

なんだか懐かしく思われて、その様子を見ながら化粧坂(けわいざか)という山を越える。

そこから鎌倉の方を眺めてみると、東山から京都を見るのとは打って変わって、あたか
も袋の中に物を入れたようにごちゃごちゃと住んでいるようだ。

なんだかみじめったらしいように思われて、心惹かれることはまるでなかった



なるほど、
現代の化粧坂からも、下方には、山にへばり付くように段々と家が重なって見えています。

     下に家を見る

ここは往時の面影を残す古道でした。


⑤源氏山公園

鎌倉に幕府を開いた源頼朝の像があります。

     源氏山公園像

その横でお弁当を食べました。折角だから「鎌倉名物お弁当」を 銘々が買ってきました!

「何にしたの?見せて、見せて」と、写真をー。

弁当1  鰺の押し寿司

鰺と小鯛の押し寿司  あじさい弁当
しらす弁当 ・ 鰺の押し寿司 ・ 鰺と小鯛の押し寿司 ・ あじさい弁当

間もなく上空に鳶がやってきて、往復、往来しては狙っていました。

木には台湾リスの姿も見えます。 うぐいすもまだ鳴いていました。



次に向かったのは

⑥銭洗弁財天宇賀福神社(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ)


     銭洗いトンネル
     銭洗い手洗い
     銭を洗う
「この泉で銭を洗い、心の穢れを清めれば一粒万倍の力を現し、一家は繁栄して子孫は末永く
安らかになる」と言われています。

⑦佐助稲荷神社

     佐助稲荷
     稲荷神社


源氏山南西の斜面、⑥⑦ この二社あるあたりを「佐助の谷(さすけやつ)」と言いました。

二条が鎌倉に下った年1289年(正応2年)に、七代将軍惟康親王が廃されて京へ送還される
のですが、その有様を見聞する場面がこのあたりなのです。



伊豆に流されていた頼朝は夢枕に立ったここの祭神に従って平家討伐の挙兵をしました。
勝利を収めた頼朝がお告げに感謝して建てたのがこの佐助(さすけ)神社だといいます。

さて、この神社の名の由来は? 次回の講座でもういちど。

   佐助トンネル

佐助トンネルを通って、鎌倉駅へ。

このトンネルを出て1分ほど行く曲がり角にあるのが、この茶房

     茶房雲母

前回も、今回も 行列ができてました。平日なのに・・  

ここで一休みしたいところでしたが、所要時間が計れず断念

人数も多いため、駅周辺で喫茶店を探すことに。

結果、駅近くで 素敵な“隠れ茶店”を見つけることが出来て、 素敵なティータイム。

          05DRI09A.jpg05DES19A.jpg




ゆっくりおしゃべりも出来て、 丁度の時間となりました。 5月29日夏日となった前々日、
天候にも恵まれた 今年度の歴史散歩 ツァーでした。


                              12TRA08A.jpg


  




復活 朝散歩 ー見沼田んぼ 代用水沿い



日曜日なので、朝7時に出発 (^O^)/

昨日に引き続き30度を超えるとの予報 

桜並木が木陰をつくる 西縁を、代用水の鯉
を時々見ながら 歩きます。



熱中症の被害多数 とのニュースに、この先
夏の暑さが 思いやられます。

5月29日 鎌倉紀行の日が こんなお天気で
なくてよかった~  

あの日、鎌倉だけで 総歩行 1万2千歩を
越えてましたもの。 

源氏山の登り降り、階段も多かったし・・ 
皆さん筋肉痛 大丈夫でしたか?


iPhoneから送信
プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR