にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

鎌倉 -隠れ里を歩く-  その1

教養講座 天皇に愛された女の物語-『とはずがたり』を読む> 

       ☆ ☆  第4回  歴史散歩 鎌倉紀行 ☆ ☆          12TRA08A.jpg


● 今回のコース:  鎌倉駅西口 ➔  ①壽福寺 ➔  ②伝阿仏尼の墓 ➔  ③海蔵寺
             ➔ ④化粧坂 ➔ ⑤源氏山公園(頼朝像)…ここで昼食をとる予定
            ➔ ⑥銭洗弁財天➔⑦佐助稲荷神社➔  茶房で休憩 ➔ 鎌倉駅


鎌倉駅の西口一帯に広がる扇ヶ谷(おおぎがやつ)と呼ばれる地域、最初に出会うのが

①壽福寺(じゅふくじ)。
源義朝の邸跡に北条正子が夫・頼朝の菩提を弔うために、臨済宗の開祖・栄西を開山に
招いて建てた寺。

     じゅふくじ

     壽福寺



仏殿背後の墓域には、政子と実朝の墓といわれる やぐら が並んでいます。いくつもの
やぐら の前を、山に向かって左手に進んで行くと、作家・大佛次郎、俳人・高浜虚子の
立派なお墓がありました。

②伝・阿仏尼の墓
歌人藤原定家の子である藤原為家、その側室として御子左家(みこひだりけ)に入ったの
が阿仏尼です。冷泉為相(れいぜい ためすけ)の母。
為相(ためすけ)の領地相続問題訴訟のために鎌倉へ下ったのです。鎌倉紀行中に記した
のが『十六夜日記』。 母は強し ですね。

     阿仏尼の墓

阿仏尼が鎌倉に旅した10年後に、二条が同じように東海道を下っています。 女房として
宮仕えをした女性が鎌倉紀行をし、その記録を残している。そこが二人の共通点です。

①海蔵寺(かいぞうじ)
一年を通して草花が絶えない花寺として有名。六代将軍-宗親親王の創建した禅寺でした
が、鎌倉幕府が滅亡の際、兵火により焼失、応永元年に足利氏満の命で創建された寺で
す。
境内には直径70㎝深さ50㎝ほどの16の井戸や、底脱の井があり水の寺として親しまれて
きたということです。

     海蔵寺1


     そこぬけの井
    底脱の井戸(そこぬけのいど)   「あれ、ヤマアオガエルの卵?」


     16の井
    十六の井  弘法大師が掘った井戸と伝わるが、納骨穴に水がたまった
    ものという説が有力だとか。 水は澄んでいてきれいだった。

     kaizouzi.jpg
  それぞれの場所にある花がきれいに手入れされていて、静かで、落ち着ける寺。




     海蔵寺2
 どこに居てもうぐいすの声が聞こえ、時折吹く風が心地よい今日の鎌倉。
ゆっくりしていたら、もう昼時が近づいていました。 次の見学地に移動です。


                                          (続)


     


殺生石(せっしょうせき)伝

能にもある 「 殺生石(せっしょうせき)」の伝説が、この海蔵寺と大きな関わりがあります。
なぜなら、この寺の開山は心昭空外(しんしょうくうがい)であり、この人こそ杖に念力をこ
めて狐が化けた 殺生石(せっしょうせき)を一撃のもとに砕き散らしたと伝わる源翁禅師
(げんのうぜんじ)だからです。

昔、鳥羽天皇にお仕えしていた玉藻前(たまものまえ)という美しい女性がいました。天皇
がたいそう愛していた寵姫でありました。ところが、ある日、宮中で宴を催していると、急に
御殿が揺れはじめるということがありました。それ以前にも、天皇が奇怪な病気に悩まされ
るということがあったのです。

                                        07WED05A.jpg
       

これらの原因はすべて玉藻前(たまものまえ) に化けていた白狐の仕業だったとばれるや、
美しかった玉藻前は白狐の姿になって東国下野の国に逃走したといいます。すぐに追っ手
が出されてこの狐は那須野原で殺されました。狐の成敗によって天皇の病も回復しました。

ところが、白狐の霊は巨大な石と化します。その石に触れたり、近づいたりすると人や鳥獣
まで死んでしまうので、人々はこれを殺生石(せっしょうせき)と呼んで恐れおののきました。

それから、百年以上が経った後のことです。 源翁禅師(げんのうぜんじ) がこのことを知って
那須野に行ってみると、殺生石(せっしょうせき)の辺りは白骨が山のようになっていたといい
ます。

禅師はおもむろにお経をとなえながら念力を込めた杖をもって巨大な石に一撃を加えます。
すると石は砕け散って、それ以来石の霊も成仏したために人々も安穏に暮らすことができた
というお話です。

          03ANI07B.jpg
   

松原団地 駅は 芭蕉ゆかりの地


私の 坐骨神経痛、漸く治まってきました。ですが、油断は出来ないので毎日の歩行を心がけ、
今日も獨協大学 まで、車ではなく電車で出掛けることにしました。これで5000歩を確保。(^-^)/


東武スカイツリーライン「松原団地」駅前の商店街に、こんな旗が並んでいるのに気づきました。
今更なのですが・・・





ここは俳人松尾芭蕉ゆかりの地なのです。 


紀行文『奥の細道』に、芭蕉が当地を通ったことが分かる一節があります。



ことし元禄二とせにや、奥羽長途の行脚只かりそめに思ひたちて、呉天に白髪の恨みを
重ぬといへ共、 -中略- 其日漸 草加 と云宿にたどり着にけり。


今年といえば、たしか元禄二年のことだが、奥羽のあたりへ長い行脚の旅をすることを、
ふと思いついて、呉国の空から降った雪が笠に積もり、それがそのまま白髪になってしま
うような、そんな昔の話そっくりの旅の嘆きを重ねるのはわかりきったことだけれども、 
-中略-  その日ようやく草加という宿駅にたどり着いたのであった。


                    (『おくの細道』芭蕉  <小学館古典全集>より)



iPhoneから送信

サワードリンク の 分だけ 確保



ジュンベリーの実が甘くなる頃に やって来るのが 小鳥たち!

みんな食べられてしまいそうな中、 わたしの分を やっと、これだけ確保 (~_~;)


約300g の ジュンベリーの実 に 氷砂糖を200g   りんご酢を 500ml
入れます。 3日後には砂糖が溶けて、赤ワインの中に真っ赤な実が浮かん
でとってもきれい。  見ているだけで、なぜかうれしく なてきました。 

一ヶ月後ぐらいからが 飲み頃      


iPhoneから送信

今年 の ジュンベリー



5月の中旬頃から、色づき始めた今年のジュンベリーの赤い実

木に明かりが灯ったようで、嬉しくなります (^O^☆♪





iPhoneから送信

百人一首 の 講座 ー 獨協大学オープンカレッジ ー



今日の出席者確認、呼名の際、「本講座を受講しようと思われた動機などを一言お聞かせ
下さい」と、お願いしました。

受講生同士が交流する切っ掛けとなるだけでなく、私自身が講義を進めていく上で 考慮す
る点などの参考にさせていただけるからです。


これまでも、
書道をなさっている方が「百人一首」の歌を書くにあたって、内容を正しく理解し、鑑賞した
うえで書いていきたいと受講されることが度々もありました。

「今度フロサキビョウブを書くことになったのですが、そこに是非「百人一首」の中の歌を書き
たいと考えました。それには、歌の内容をしっかり学んだうえで、どの歌にするかを決めたい
と思っています」 と、今日の ☆さん。

   わぁ~素敵 フロサキビョウブ !  正に 日本文化と歴史 ですね。


*風炉先屏風(ふろさきびょうぶ)は茶道具の一つ。広間の点前の際に道具畳の向こう側に
  置く2つ折りの屏風。これを置くことによって、道具を引き立てる意味あいがあります。






<かるた教室>の ご案内 

 ーゼロから始める  百人一首 脳トレかるたー  始めました。




iPhoneから送信

か き つ は た ー 杜若




雨の降る道を歩いていて、あじさいの花が咲きだしているのにきづきました。
まだ青い蕾が葉の間から顔をだしているだけのものもあって、咲き出すのは
まちまちのようです。アヤメ科の「あやめ」と「かきつばた」、それに「花菖蒲」が
似た花を 時期を少し違えて咲き出すのと似ているのでしょうか。


今週の初めに、吉見町の八丁湖の周りの遊歩道を歩いていたところ、一周半ば
の所で「かきつばた」の花に出会って感激しました。

今月初め頃からアヤメが咲いているのを目にするようになったのですが、その花
の名が「あやめ」なのか「かきつばた」なのか自信を持って言えなくて歯がゆい思
いをしていたのです。

そこには「カキツバタ」との表示があって、間違いなくこれこそ 「か・き・つ・ば・た」
なのです。


あの『伊勢物語』 九段 「東下り」で詠まれた「かきつばた」の和歌は、五、七、五、
七、七 の句頭に花の名の一字ずつを置く、折り句 になっていて、しかも愛しい人
と別れてはるばる東の国に来た寂しさ、切なさがみごとに歌われているものだと
感じ入ってしまうのです。   なので、私は「かきつばた」が好きです。

らごろも つつなれにし ましあれば るばるきぬる び(旅)をしぞ思ふ



「かきつばた」は、花菖蒲のような華やかなようすではありません。色は白と紫のみ
だそうです。でも「あやめ」との違いを言い当てるのは難しいのではないかと思います。

咲き出すのは「あやめ」の方が早いのかしら。場所にもよるのでしょうが。

そういえば、こんなことわざがありますね。  「いずれ菖蒲(あやめ)か杜若」。
いずれも美しくて見分けがつかないことから、比較なぞできないくらいどちらもみな綺麗
だというたとえ。

ということは、そうか、似ていて区別するのが難しい ということでもある訳ですね。



iPhoneから送信

また、 一緒に歩こうカイ(会)





先日 動物病院に行ったとき、待合室の掲示に

「いぬ も 年をとると 関節など弱ってきます。適度な運動をさせることが必要です。」

とありました。


そういえば、もうじき13歳になる愛犬エルマーの、病気通いが多くなった頃から、

私たちのウォーキングの、 回数も 距離も少なくなったんだと思いあたり、

でも、エルマーにあわせていると(距離)、私の脚力を鍛えられないと考えて、こんな
ことを 思いついた訳です。


また 一緒にお散歩。 でも、エルマーにとって しんどい距離のときには

抱っこして歩くのも こちらが大変になってきたので、行きはこんな具合で、帰りを歩かせる
ことに!


             行きはよいよい 帰りはこわい ♪♪



iPhoneから送信

パソコン の 故障




デスクトップの

    ディスプレイが、突然 消滅、(~_~;)   パソコン が 使えなくなってしまい、

色々やってみましたが何の反応もなし(T_T) 仕方ないので、修理に出しました。

“は~っ   ”  と、空の机で かえるの小物が かえるのを待ってマス。


獨協大学オープンカレッジ講座での様子、鎌倉文学散歩下見写真などは外付け
ハードに入れる前だったので、消えてしまうことに・・・   なるそうです。

  

iPhoneから送信

八重なでしこ だわ~!


       八重なでしこ


   同じ“八重なでしこ”の種からの苗ですが、

            先日 花開きはじめた こちらの 撫子は 咲いたら・・


        そう、確かに 八重なでしこ 八重 でした !!    ♪♪




八重なでしこ の 花がさいたので・・

     かさねの花

一昨年の春に種を蒔いた“八重なでしこ”の花が、今年の春に蕾をつけ始めて、


5月11日には、こんなに花開いています。 美女なでしこ のようでもありますが・・


かさねとは八重撫子の名なるべし 曽良

(このような片田舎で、思いもよらず、なかなか上品で美しい響きの「かさね」
 という名の小さい娘に出会ったけれど、「かさね」とは、花なら、さしずめ、
 花びらが重なって美しい八重撫子の名と言ったところであるにちがいない。)


松尾芭蕉の 紀行文『奥の細道』の中にある 曽良(そら)の句 です。

可愛い少女をたとえた八重なでしこの花。実際ある花の名であるのかどうか、
かさね という 女の子の名に 撫子の花を重ねている・・というもので、

芭蕉と同行者である曽良が たとえた やえなでしこ の花がどんな花である
は分かってはいないようです。





我が家の、

「八重なでしこ」の花の種が、どんな花を開かせるかを 楽しみに、楽しみに

してきた 私たち。


我が家の「八重なでしこ」は、昔みたような、なんだかとっても懐かしい 愛しい
花をつけてくれました。蕾から花開くときは、こんなです。


     八重なでしこかな

  これも八重撫子と呼ばれる所以ではないかと・・  そして、この日の朝

急遽 『おくの細道』にある 芭蕉の足跡を訪ねて栃木県まで出かけることにし
ました。






     橋

箒川に懸かっているこの「かさね橋」は、『おくのほそ道』にちなんで命名され、
その事に ちなみ、橋の両端にブロンズ製の碑がとりつけられているのだそうです。


     句

      かさねとは八重撫子の名なるべし 曽良





鎌倉 ウォーク  ②伝・阿仏尼(あぶつに) の 墓

 壽福寺を見学の後、JR横須賀線沿いに北へ3分ほど行くと、左手 崖の中に
小さな石塔があることに気づく。

  阿仏尼供養塔

     これが阿仏尼(あぶつに)の墓と伝わる供養塔だ。

阿仏尼は鎌倉時代中期の女流歌人で、『十六夜日記(いざよいにっき)』の作者。
阿仏というのは法名で、生没年、実名、没地などについて不明な点も多い。

従ってこれが本当に阿仏尼の墓であるかどうかは定かではない。但し、阿仏尼は
「百人一首」を選出した藤原定家の息子である藤原為家の妻であり、冷泉家藤原
為相(ためすけ)の母。

阿仏尼は息子である為相のために弘安二年(1279)十月に鎌倉に下向している。
その折りの鎌倉旅日記と、鎌倉滞在の記が『十六夜日記』である。




阿仏尼が息子の為の訴訟に鎌倉へ旅をした丁度10年後に、同じ街道を鎌倉に向
けて旅立った尼がいた。それが『とはずがたり』の作者である久我雅忠の娘、二条
である。

二条もまた鎌倉下向の前に出家しているので尼であったこと、女流歌人でもあった
こと、そして女流日記文学を残しているなど、共通点が多い。


阿仏尼には、『十六夜日記』の他に『とはずがたり』と同じように若き日の体験を
もとにした自叙伝的な物語『うたたね』という作品もあり、「行動する女性」とし
て二条尼との共通点もあるけれど、鎌倉の地で出会っているというような形跡は、
残念ながら皆無である。



   JR横須賀線


伝・阿仏尼の墓はJR横須賀線のこの風景をみていることになり、線路の向こうには
息子冷泉為相(れいぜいためすけ)が眠る浄光明寺(じょうこうみょうじ)がある。





鎌倉 ウォーク   ① 壽福寺(じゅふくじ)

鎌倉駅 東口から出て、徒歩10分


   壽福寺


鎌倉市扇ヶ谷にある臨済宗建長寺派の寺院で、鎌倉五山第3位に列せられる古寺。

本尊は釈迦如来、開基(創立者)は北条政子、開山(初代住職)は栄西である。

 妻・北条政子が夫の源頼朝菩提を弔うために建てた寺ということだ。




総門の間から、石畳の参道が真っ直ぐ延びている。若葉に覆われた源氏山が美しく

静けさに、心が洗われるようだ。



   鐘楼

中門 右手に鐘楼。杉やカエデの木々が茂り、水音が耳に届いた。

山の方からはウグイスの鳴くこえが、深く、長く聞こえてくる。



   ビャクシンは鎌倉市の天然記念物


境内のビャクシンは、鎌倉市の天然記念物。 古木が4本 歴史を見せていた。





   本堂



仏殿から先は非公開だが、左手に廻って、道を進むと、裏山の墓地に続く。



高浜虚子、大佛次郎の墓がこちらにある。先祖代々のお墓と思われるので、
静かに 通り過ぎる。




鎌倉時代の歴史を訪ねる 「とはずがたり」文学散歩  としては、


やぐら(祠)の中にある 源実朝、北条政子、の供養塔である石造五輪塔に
お参りしたい。


     北条政子の墓
           北条政子の墓



     実朝の墓
            実朝の墓



来た道を辿って、壽福寺の境内に戻る時、頭上で時鳥が盛んに鳴くので見上げた
ところ、

枝から枝に移ろうと、激しく羽を羽ばたきながら鳴いている姿を しっかりと見る
ことが出来た。


      うぐいす

写真に撮ることなどは 出来なかったので、源氏山公園の看板を見て「コレだった!」
と叫んでおいた。  ひとりで感動の極み(笑)



続きを読む

2014. 5. 6 朝の  オオムラサキ

   5月6日のオオムラサキ


この一ヶ月、坐骨神経痛で疼痛が続く左脚を引きずりながらリハビリ・ウォーキング
を続けてきました。痛み止めの薬を4時間ごとに飲み、激しい痛みが治まっている間
に歩きます。

一ヶ月が過ぎてようやく遠出する自信もついてきたので、今日は延び延びになっていた
鎌倉一日ツアー(獨協大学オープンカレッジ「天皇に愛された女の物語ー問わず語り」
講座での、二条尼の足跡をたどる企画です。)の為の下見に出かけることにしました。


5月6日、大型連休最終日です。混雑を避けたいので、早朝から家を出ました。夕方
のユーターンラッシュにかからない時間帯に帰宅の計画です。


最寄りの駅までは車で。その駐車場の側に、まるで城壁のようにオオムラサキが咲いて
いました。いつもは使わない駐車場、こんな情景は初めてです。なので、思わずカメラ
を向けました。

きょうの鎌倉のコース下見も、うまくいきそうな予感がしてきてうれしくなりました。


うれしいと言えば、今朝(いえ、夜中というべきかな。3時近くなので)起きた時に、
留守電設定にしておいた電話にファックスが入っていました。かるた倶楽部“宇治川
の君”からでした。


この5月3、4、5日に北春日部の正賢寺観音で円空仏祭があり、円空仏が7体御開帳
されたそうです。出かける前に下調べをした際に、偶然私の過去のブログを見つけたと
いうもので、

「何か嬉しくなってしまいFAXする次第です」と、ありました。それを受け取った私もまた
嬉しくなってしまいました!! “宇治川の君” ありがとうございました。 


3回分の薬や、湿布薬などを持っての 鎌倉ウォーキング   今日は絶対
うまくいく予感がしています。  







  埼玉県 春日部市 にある 小渕山観音院    2011.10.26


     観音院

この地方の観音信仰の霊場として有名であった 由緒ある古刹。かつては多くの人が

参拝に訪れたといいます。

     楼門は 昭和47年 市指定の有形文化財


     山門

  歴史を感じさせる 立派な造り、仁王の損傷が惜しまれます。

   仁王1片眼がなかったり、肩がはずれたり、

   仁王2左手が関節からなかったり、、




     PA230039.jpg

 この地震でこの楼門自体が危険な状態らしく、通ることが出来ません。

 こういった文化遺産の修復には特別な技術を要することでしょう。まだ ここまで手が
 廻らないのが実情かも知れませんが、堂内の画格天井の彩色といい、彫刻といい
 素人目にも由緒あるお堂と思われ、各所の傷みが 惜しまれます。

     彫刻


今回、この小渕山観音院を訪れたのは、一説に「元禄2年に、
松尾芭蕉が、『奥の細道』紀行の折 ここに参拝しこの地を最初の宿泊地とした」
と知ったからです。


ただし、『奥の細道』作品中に当地の名は出ていません。あるのは、「深川」を出立、

上野(うへの)谷中(やなか)の花の梢(こずゑ)又いつかはと心細し。睦まじきかぎりは
宵よりつどひて、舟にのりて送る。千住(せんぢゆ)といふ所にて舟をあがれば、
前途(ぜんと)三千里のおもひ胸にふさがりて、幻(まぼろし)の巷(ちまた)に
離別(りべつ)の涙(なみだ)をそゝぐ。
  
   行(ゆ)く春(はる)や鳥(とり)啼(な)き魚(うを)の目(め)は泪(なみだ)

其の日漸く早加(さうか)といふ宿にたどり着きにけり。


「千住」までは川を舟で、「草加」を通って 利根川を渡り、次の地名は栃木県。

室(むろ)の八島(やしま)に詣(けい)す。


「粕壁」に、芭蕉が泊まったとの言い伝えがあるということですが、考えられますね。

境内には、芭蕉の句碑がありました。

   句碑
     毛のいへば 唇さむし 秋の風   ばせう


また、円空 も丁度同じ頃(元禄2年)にこの地を訪れました。当院には 七体の

円空仏 があるということです。ちょうど 今 埼玉県 歴史と民俗の博物館

「秘仏、公開。 円空 こころを刻む -埼玉の諸像を中心に-」


開催中です。 10月8日 → 11月27日


歴史と民俗の博物館 の ホームページ は こちら(←)から どうぞ。







今年の薔薇

        今年の薔薇


  家のメンテナンスで、昨年の7月に切られてしまった薔薇の木だけど、

  今年も新しく伸びた枝に10数輪、真っ赤な花が 咲きました!

  バラが咲いた バラが咲いた 真っ赤なバラが・・・♪♪



           よ~し、わたしも もっと 頑張って 歩こう!




リハビリ ウォーク -総寺院 の ぼたん-


     ぼたん1 (1)



     ぼたん2


見沼田んぼ 東縁代用水沿い、総寺院の駐車場を囲むように 牡丹が咲いています!


 立てば 芍薬(しゃくやく) 座れば牡丹 歩く姿は 百合の花


 容姿の美しい人の立ち居ふるまいを花になぞらえた ことわざ  なのですが、



確かに、歩く姿勢としての 百合の花 には、ちょっと納得。


ここ一ヶ月のリハビリ ウォークは 背筋を伸ばして!左右の脚を腰から出す
つもりの 現代風に言えば モデル歩き(笑)


脊柱管狭窄症 からの 坐骨神経痛 は 前屈みで歩くのが楽だそうで、杖が
あれば、ウォーキングも楽勝だとか。


でも、私のリハビリは  そう!  百合の花 歩き だったんだわ 




   
プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR