にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

ルバーブ ジャム の 作り方

ルバーブ
    ず~と、あこがれてた ルバーブのジャム


ルバーブの苗を見つけた時 迷わず買い 大きめの鉢を確保して、
大切に育ててみたけれど、 暑さに弱いのか だんだん弱ってきて・・・

いつか 消えてなくなってしまった。 ということが、かつて ありました



その ルバーブが、レシピ付きで 売られているのを発見!

ドライブに行った 赤城山麓にある  農産物直売所 <赤城の恵> 




   赤城の恵 

迷わず 飛びついた! (なんと、この直売所には “生のきくらげ”も おいてあった




   ruba-bu.jpg


   この レシピがついていたお陰で あっというまにできあがりましたよ 





今日は 五月晴れ\(^o^)/




5月の晴れの日を指して、「五月晴れ」といいますが、

五月晴<さつきばれ>とは、もともと 6月(陰暦の5月)の梅雨時に見られる
晴れ間のことなんですってネ。

新暦の5月の半ばごろ、大陸から流れてきた高気圧によって、晴天が続くことが
あります。それを<さつきばれ>って言うのかと思ってました。

国語辞典にも掲載されていることありますけれど、それって 誤用が、定着したん
ですって!

お昼近くから青空になった今日の空。夕方まで、爽やかな青空でした (^_^)


iPhoneから送信


ミョウガ の 季節

     ミョウガ


  一日伸ばしにしていた雑草取りですが、

  「そろそろミョウガが出る頃では・・」と、

  気づいたところで、やる気が充満。  (^_^)

  雨が降り出す前に、汗だくになっての草取りです。



  小指の先ほどのミョウガが、ちょこっと顔を出しているのを発見!

  「あともう少しだね。楽しみ、楽しみ」



  もう一度、土をかぶせて置きました。 \(^o^)/



  iPhoneから送信

曇り 時々 雨 の 鎌倉 でした ♪

<6月20日の>    天皇に愛された女の物語 
             -日記文学「とはずがたり」と鎌倉時代-
  日帰りツアー


              鎌倉 を 歩く           


     1 長谷寺

鎌倉駅 で集合 江ノ電に乗って <長谷>まで。
                長谷寺「あじさい散策路の待ち時間45分」だって


     前のお店でお食事

          なので、先にお食事を。
鎌倉に詳しい方のアドバイス。「この時期、お昼の予約は出来ません。11時過ぎ
位ならば、席を確保できますよ!」  11時20分ごろから まずは腹ごしらえ

お陰で総勢15人、 一緒にお話しながら 昼食をとることできました。


     3放生池
       <長谷寺庭園 放生池(ほうじょういけ)>

                      
               3秋の放生池

               こちらの お庭 - 秋 はこんなに 紅葉 がきれいです!


     4洞内
       
             弁天窟 弁天様と十六童子が浮かび上がります。


     5長谷観音

     観音堂 長谷観音は 高さ9、18メートル の木彫刻 撮影禁止 なので・・



     はせ十一面観音   TV映像 より


     6湘南海岸

        見晴台 から由比ヶ浜を見る。 



    7紫陽花の小道
 
     散策路の紫陽花は、経蔵 の側から見上げるだけにしておきました。

   眺望散策路なので、天気が良ければ遠く逗子・葉山まで一望できるビュースポット。




     8鎌倉大仏

    鎌倉大仏さまは ちょっと猫背? 丸い玉の髪(らほつ)は656個あるって


11与謝野晶子碑

かまくらや みほとけなれど 釈迦牟尼は 美男におはす 夏木立かな  与謝野晶子 碑



10わらじ

   巨大な大仏さまの わらじ   茨城県の子供会作  重さ45kg


鎌倉大仏 オバマさんが食べたという抹茶アイス が 話題になっているようですが、、

そちらではなくて、ず~と昔に、入ったことあったようで、、記憶に薄い 大仏さまの胎内へ、、

     9大仏胎内



大仏さま を後にして、長谷寺の駐車場から 抜け道 小道 を通って、、

     12御霊神社

 御霊神社 祭神は剛勇な人物として知られた 鎌倉権五郎景政(ごんごろう かげまさ) 


13袂石 境内にある 手玉石・袂石







14江ノ電線路  15江ノ電通過

   境内から、江ノ電の線路を渡って、出たところ、  電車が通過しました。





     16坂の下
 
    坂の下  力餅(権五郎餅)を 売る お店のところから
    極楽寺 の方へ、極楽寺切通 登りになっている道です。二条さんが歩いた道かも・・・

16力餅   お餅の写真撮るの忘れたし~ 
 「力餅 美味しかったよ


16星ノ井

道路沿いにある「星ノ井」は「鎌倉十井」の一つ。

井戸の水は清らかで美味だったそうで、昭和初期まで旅人に飲料水として売られていた
そうです。

     

・・・・・道路を渡って、石段を上ります。・・・・・


     17成就院の紫陽花
 
 
  成就院の紫陽花  般若心経の文字に合わせ 262株 の紫陽花が植えられている。



     18海の見える風景

        石段をのぼると、海が見えるよ

成就院を参拝して、のぼって来た石段の 反対側に降りると、もうそこから極楽寺

     19極楽寺

かつては七堂伽藍と多くの支院を持つ大寺院でした。二条さんもここへ。

『十六夜日記』の阿仏尼も来たところデス。 
東にて住む所は、 月影の谷(つきかげのやつ)とぞいふなる」(『十六夜日記』)


江ノ電 極楽寺駅 から 鎌倉駅 に戻りました。小町通り は混雑が予想されたので、

鎌倉に詳しい MONONOHUさん の案内で、駅西口の カフェ併設洋菓子店へ。


万歩計は 8,000歩 前後になっていたようで、貸し切りで お茶 して足を休め

鎌倉駅で おとな解散 しました。


私は、ホーム で おみやげ 兼 夕食 まで調達して、帰途につきました。


                  azino.jpg  
 
     

国指定 天然記念物 横室の大カヤ


     __.jpg

   群馬県 前橋市にあった 樹齢千年以上と推定される カヤの木

     横室の大カヤ

   高さ 24、2メートル 根回り14、4メートル。 平安時代 ここに 生きてたの!!      
               
                   すご~い    


iPhoneから送信

いざ 鎌倉 !

     今朝のあじさい
       
  朝:5時  <今朝の 紫陽花>   雨が小降りになってきました !




  行きましょう              鎌倉紀行                     
  

     鎌倉地図   ツアー
     (二条の居た 鎌倉:「古典文学全集」)                                    

● コース:  鎌倉駅 ➔  ①極楽寺 ➔  ②成就院 ➔   ③長谷寺 ➔ 
       ④高徳院(鎌倉大仏) ➔  鎌倉駅
            * 長谷寺、高徳院辺りで昼食の」予定です。



①  極楽寺   二条が訪れたこの寺は元は僧侶の忍性が開山として迎えられた
真言律宗の寺で、貧民を救い病人に治療を施したり、道路修復など社会事業に積
極的に携わっていたことが知られる。
鎌倉幕府第二代執権北条義時の三男重時が現在地に再建したと伝えられる。現在
はかやぶき屋根の山門の向こうに広がる境内が凛とした静寂に包まれる中、本堂
前には大きな製薬鉢が置かれていて往時の記録を伝えてくれる。(境内は撮影禁止)

②  成就院  鎌倉幕府第三代執権・北条泰時の開基。山門に至る参道脇に植え
られたアジサイの株は般若心経の文字と同数の262株と言われる。山門前からは
アジサイの花越しに由比ヶ浜の海を展望することができる。

長谷寺   創建は奈良中期開山という浄土宗の古刹。本尊は木造ではわが国
最大級の高さを誇る十一面観音菩薩立像。庶民の信仰を集める坂東三十三観音霊
場でもある。アジサイや花菖蒲が楽しめる美しい境内、見晴台からは湘南の海も
望める。
 
 高徳院(鎌倉大仏)   高徳院にある本尊の大仏(阿弥陀如来坐像)は鎌倉で
唯一国宝に指定されている仏像。開山・開基は不明。鎌倉の顔ともいえる大仏を
中心に境内には観月堂や与謝野晶子歌碑などの見所がある。
(担当:Nさん 案内記)より

大宮第二公園 の 紫陽花

     



          大宮公園のあじさい

埼玉南部は 丁度 紫陽花 が 見頃になっています。

今日は 大宮の第二公園 にある あじさい園まで足を伸ばしてみました。

ここは、樹林が木陰をつくり、時折差す陽射しを和らげています。

絵を描く人も、ゆっくりと園内を散策する人も みんな溶け込んでいるよう
うな「紫陽花の咲く風景」です。

さて、『とはずがたり』講座での企画“ 日帰りツアー”の日が近づいて
来ました。鎌倉の紫陽花は 当地より多少 早いようですが、紫陽花で名高い
寺も巡りますので、楽しみです。

作者後深草院二条が鎌倉に足を踏み入れたところ(巻四)の場面を掲載して
います。鎌倉時代中期の「武家の都」がどのように描かれているかを読んで、

平成の「武士の古都 鎌倉」で実踏してみると、新たな発見に出会えるかも
しれません。

>『とはずがたり』公開講座クリックでご覧いただけます。)


iPhoneから送信

ゆきひら鍋 と 百人一首 16番の歌

風邪をひいて、熱が出たときに、お粥が食べたいと思った。小さな土鍋でコトコト煮る
お粥が一番美味しいと思う。しかし、土鍋では、吹きこぼれそうな時に蓋をちょっとず
らして、途中火加減を調節しながら炊かないといけない。大儀なので、寝ている間に炊
けてしまう炊飯器の「おかゆコース」で炊いておくことにした。

確かに、柔らかいお粥が出来上がってはいたけれど糊のような粘りが出てどうもよろし
くない。冷めたご飯をさっと水で洗った後、水をたっぷり入れてコトコト煮たお粥が好
み。それには、やはり土鍋の ゆきひら鍋 が一番だと思った。あれならば、多分ふつう
の 土鍋 と違って、吹きこぼれる心配もないことだろうし。

       yukihiranabe.jpg そう! これが ゆきひら鍋





その後、

ホームセンターなどの台所用品売り場で気をつけて探してみると、こんな鍋があった。

   ゆきひら鍋

  ゆきひら鍋 は 雪平鍋 とも 行平鍋 とも 書かれるそうだ。


「ゆきひら鍋」は取っ手と蓋がついていて、注ぎ口がある平たいお鍋。陶器のもの
も、金属製のもある。今は金属製の鍋が主流になっているのかも知れない。こちら
の平鍋は蓋が別売りになっていた。

これらの鍋を「ゆきひら鍋」というのは、「百人一首」16番に採られている歌の作
者である 中納言行平(在原行平・ありわらのゆきひら)に ちなんでいる。



16 立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む
                     中納言行平 [『古今集』別離(三六五)]

歌意
 ここで今、あなたと別れて、因幡の国へ下って行くとしても、その因幡の山
の峰に生えている松という名のように、あなたが私を待っていると聞いたなら、
すぐに帰京するつもりです。



行平の父は阿保親王であったが、父が政変に連座したことで臣籍にくだっている。
16番の歌は因幡の守(かみ)になって赴任する時に宴会でつくった歌だという。

この行平がある時 なにかの事件にかかわったことで、須磨(兵庫県神戸市)へ
引きこもることとなった。

この時の話として、行平が須磨に身を引いてわびしい暮らしをしていた時に松風、
村雨という姉妹を愛したということになっていて、これが能の「松風」という作品
になって伝わったという。「松風」には<たち別れ>の歌もとり入れられた。


平鍋(ひらなべ)は海水を煮て、塩をつくっていたときの道具だ。海水で塩をつくって
いたのは須磨。 須磨とくれば 中納言 行平。その関連で、平鍋を ゆきひら鍋
言うようになったということである。




  これは重症かも (T . T)

日曜日、まだ 喉が痛くて、身体も怠い。風邪をひいてしまったので市販の薬を
飲み、外出は控えているけれど・・・ な~んにもする気になれない 


    


掃き出し窓から外を見ると、3匹のかえるが乗った皿 が下がっている。

鳥の餌入れだ。 緑の季節には周りの色に溶け込んでいて 普段はすっ
かり忘れているけれど、

何かの拍子に 「あぁ そうだった!」と思いだし 見て 癒されている。

その日は、何気に その上を見遣ると、


あっ~ いつの間に・・・梅の実が成っているではないか  

P1010230.jpg

しかも、大きくて立派な実。よ~く目を凝らしてみると、2つ、3つ・・と、
まだありそう!

大きくなってから移植した梅の木なので、根付くことを心配したけれど、

立派 立派 よくやった! 


なのに、

今は、何だか 外に出て、実を採る気には・・・ならない  

これは 重症 かも。 明日は一番に病院に行って、早く治そうと思った。



iPhoneから送信

「百人一首」の講座で・・・

6日(木)の講座で読んだ歌の中の一首です。

71 夕されば 門田の稲葉 おとづれて 芦のまろやに 秋風ぞ吹く
                  大納言経信 [『金葉和歌集』秋]

歌意 夕暮れになると、風が吹きはじめて我が家の前の田の稲穂がさやさやと鳴り、
    蘆を刈って葺いた小屋にも秋風は吹きすぎてゆくことだ。(この風の冷たさは、
    はや秋なのだなぁ。)



今ではちょっと解りにくくなっているのは・・・
「夕されば」の「さる」とは「やって来る」の意であること。

そして、

まろ屋」とは、葦(あし)・茅(かや)などをそのまま使って屋根にした仮小屋のこと。

「ここは 芦(葦・蘆)のまろや」というのだから、芦で葺いた小屋のイメージでいいかな。




丁度いま、葦が大きく成長していますね。

葦130602


「あし」は「悪し」に通ずるのを嫌って「葦(よし)」と言うようになりました。「葦簀(よしず)」の
材料になるものです。


また、ついでに  茅の中で茅(チガヤ)と言われる植物も丁度今、穂を出して風に揺れて
いるのを見かけます。

chigaya01[1]


これは高さが60センチほどしかないので、カヤの一種ではあるようですが、仮小屋の屋根
を葺くくらいならば使われたのだろうかと・・、

近隣の風景から想像してみました。


今期の「ちょい取りカルタ」始めました。 20枚の札を向かい合って取ります。


   ちょい取りカルタ



講座の最後に ちょっとの時間で遊べるカルタ。歌も覚えられて 一石二鳥 です。  


自家製 フルーツ 酢


今年はジュンベリーの実があまり成らなくて、小鳥たちに譲ることに...

代わりに

「木苺(ラズベリー)がどんどん成っているよ。よかったらどうぞ」 と声をかけても
らったので、摘ませてもらいました。\(^o^)/

毎朝欠かさず飲んでいる自家製 酢ドリンク。6月のフルーツ、今年はジュンベリー
ではなくて、倍量のラズベリー!!


ラズベリー酢


400g ほどの ラズペリー、 氷砂糖 200g に リンゴ酢 500cc を注ぐだけ。

氷砂糖が溶けて、果物が上に浮かんできたら(棚、向かって右側のぶどう酢ドリンク
のように) 次に、果物だけ取り除けて、他の瓶に移し替えます。

私は、根昆布を浸した冷水で5倍に薄めて 飲んでいます。「健康に良いのだ!」と
信じて飲み続けていることが、効いている・・・ように思います(笑)。

iPhoneから送信

見沼田んぼ で 田植え






梅雨に入り、天候が心配されましたけれど、
結果 まあまあの天気になった日曜日でした。
朝散歩で出会った風景です!見沼田んぼ田植え体験 親子での参加者が多く楽しそうでした。


iPhoneから送信
プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR