にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

いないいない ばあ

松谷みよ子の あかちゃん絵本 「いないいないばあ」を持って、プラハ(孫の仮名)
のところへ出かけました。ママがお仕事の間のお相手です。

10日ほど前、プラハの ひいジーちゃん、ひいバーちゃんと、おバちゃんも一緒に
逢ったばかりですが、今回も「プラハ、ほらバーだよ!バーが来たよ~」と、
顔を近づけて何度もアピール、存在確認をしておきました(笑)。

おもちゃで遊んだあとに、さあてと、膝に乗せて「いないいないばあ」の本を開いて
読み聞かせ。

「ねこちゃんがね いないいない」 (両手で顔を隠しているねこちゃんの絵)
ページをパッとめくって 「ばあ~」 (手をのけて目を見開いているねこちゃん)

きつねさん、ねずみさん、のんちゃんが「いないいないよ~」・・・と続けて

「ばあ」

(あれ?静かなプラハ。絵 見てるのかな?)

「いないよ いないよ・・」と 頁 をめくって 「バ~」 と繰り返したら
後ろを見上げるように、読んでいる私のほうへ顔を向けた。

そうよね、ば~ はここに居るんだよ! バー

「いないいない ばあ」ってどういうことかな。





     やさい本2

「やさいの本」「なんのやさいかな?」次の頁で「すぽ~ん」と土から飛び出す

さつまいも、にんじん、さといも、こちらの絵本も同じ 展開なんですけれどね。





   おんぶ3

午後、おんぶして商店街へ。背中の プラハ に話しかけたり、あやしたりして下さる
方もいて、ずいぶん昔の、何か懐かしい感情が蘇ってくるようでした。

いいな、この街。



「いないいないよ」「ばあ」 「どこいったかな あれ?」「あっ いた~!」とか

「〇〇ちゃん、いいお顔は?」「あら~ いいお顔したねえ」

ほっぺをちょんちょん「おいしい おいしい は?」「おいしいの! じょうずねぇ~」  

そんなことが、小さな子供をあやす定番だったことを思い出した 心温まる一日でした。



関東も梅雨入り ー紫陽花が咲きましたー

     

「百人一首」講座では、音練と称して大きな声で和歌を読み、

「天皇に愛された女の物語」講座では、鎌倉紀行の打合せが
始まって活気づいてます。

梅雨時のうっとおしさを吹き飛ばして、つぎつぎ咲く紫陽花のよう
に…カナ



iPhoneから送信

秩父 で こんな お店 見つけました! 秩父茶屋

家人が、両親を秩父へ案内しようというので、昼食の場所として選んだお店です。

善光寺では美味しいお蕎麦を食べたので、今回は違うものをということで、

   お店
 
     季節の和食 秩父茶屋   ~古民家で愉しむ和食料理~



     店内

  築80年の一軒家です。11時半頃 の 店内。混まないうちにと、この時間に
  予約。 一番乗りでした。


     厨房

  厨房がオープンになっています。仕切りの前に 藁の円座を並べて、カウンターの
  席にもなるようです。


函館で 懐石料理教室も開いている 義母は、料理が用意されるところからずーっと
中の様子に注目。 私へ ちょこちょこ 料理の手順などについての解説を入れてく
れます。

(なるほど なるほど・・ うんうん)







     ◇かたくり御膳       


     御膳

                  まずは 「旬彩料理 9品

(どれも よいお味で、 とても美味しかったです。)


     豆乳鍋

                  続いて 「しゃぶしゃぶ



     炊き込みご飯

                 ・季節のせいろご飯 ・みそ汁 ・香の物 


シニア世代の昼食には、ちょっと量が多いかも。なので、‘筍せいろご飯’の2人前
を 手をつけずに 持ち帰りたい と お願いしたところ・・・


     お持ち帰り
 
         こんなふうに してもらえました。
                      さめてもおいしいご飯でした。


予約メニューにはなかったのですが、行ってみると“ランチメニュー”があって、

同じ物が、品数少なく いただけます。     昼食には それで十分です。


秩父茶屋  所在地 秩父市山田2318ー1
      電話  0494ー26ー6033   定休日 月曜日










とらや椿山

   P1010099.jpg


テレビの力はすごいですね。

お店の歴史から 先代・現在の店主の容姿まで詳しい義父母に案内されて
やってきた 和菓子の老舗。 「とらや椿山

東京に来た時には 是非寄ってみたかったといいます。

中央線 阿佐ヶ谷駅から南側に伸びる パールセンター商店街の 中程に
この お店がありました。


中に入ると、和菓子が並ぶ ショーケース その奥が喫茶ブースになって
いました。

大正11年 創業 伝承の和菓子を今に生かし、歳時を大切に、四季おり
おりの美味しさと楽しさをお届けするお店
 だとか。

     P1010101.jpg

    私は、相も変わらず 「あんみつ を くださ~い !」


買ってきた かしわ餅 みんなで美味しくいただきました。歴史を知ると、
余計に美味しく感じるものかも知れませんね。 





新緑 の 見沼散策

     見沼散策

            <埼玉高速鉄道 浦和美園駅 の 構内> 

我が家に滞在している義父、義母を伴って東京へ向かうには、こちらの駅を使います。

駅まで車で来て、駅前の駐車場を利用すれば、移動の負担が軽くてすむからです。


「keikoさん、ほら ほら 見てご覧 と、この案内を見つけた二人。



 そうなんですね、こちらの駅も 見沼散策ツアー の 出発点になるようです。しかも、

5月26日は、埼玉高速鉄道が一日乗り降り自由!!  の 一日乗車券 もあるそうです。


麻布かりんと

 

こんな “かりんとう”もあるんですね(*^^*) はじめて食べました!

昨日 義母は 茶会 出席のために別行動で 東京へ。

今日 みんなが 揃ったところで 色々おみやげも 集まったのですが、

一番 みんなの 気を引いたのは、これ でしたね。「これの、どこが かりんとう なの~?」

 かりんと三兄弟
黒蜜を練りあげ、中に こし餡 を入れて油で揚げた まるでこれは「おまんじゅう」

な~るほど かりんとまん と言うそうです!!味は・・
やはり、かりんとう かな~。


iPhoneから送信

長野 の 善光寺

   
義父を伴なって、善光寺にやって来ました。

参道で杖を買いました。昨年の秋の入院以来、足腰が弱って ー

今回も「杖ついた方が、楽だなぁ」ということだったので。健脚の義父でしたが、

病 には勝てません。


川越から、善光寺に向かったという「とわずがたり」の二条さん。やはりこちらだった
のかな? と思わせる 善光寺 です。





iPhoneから送信

冷泉家の始祖 母子が眠る 鎌倉

   鎌倉の大仏

鎌倉の大仏さまです。何度も行っているので、入館せずに撮らせていただきました。

世界遺産にならなかった 鎌倉 ですが、ここは史跡の宝庫、何度も通っています。


鎌倉時代に京から鎌倉へ旅をして、紀行文を残した二人の女性。『とはずがたり』
の作者後深草院二条と、もう一人は『十六夜日記(いざよいにっき)』を書き残した
阿仏尼(あぶつに)です。在俗名は不明でこのように出家後の名で呼ばれています。

今回は「小倉百人一首」関連で、歌道の名門冷泉家の始祖為相(ためすけ)の母の
足跡をもう一度確かめてきました。

   阿仏尼供養塔
                 伝 阿仏尼 供養塔

鶴ヶ丘八幡宮から線路を挟んで 西側になります。「寿福寺踏切」を越えて、2~3分
ほど線路沿いに 上っていくと、左側にあります。お稲荷さんの隣ですが、見逃してし
まいそう。


   浄光明寺
     踏切を渡って東へ5分ほどのところにある 浄光明寺 

浄光明寺の裏山に、藤原為家と阿仏尼との子である為相の墓があるのですが、山の方
には入ることができません。

阿仏尼は藤原定家の息子である為家の妻、年の離れた後妻でした。従って 為相は、
定家の孫です。



嘉禎元年(1235)のことだったといいます。七十四歳の藤原定家が、その息子為家の
妻(阿仏尼ではない)の父である 宇都宮入道蓮生に、「別荘のふすまへ和歌の色紙
をはりたいので、あなたが選んだ歌を書いてくださいませんか」とたのまれました。

宇都宮入道蓮生はもともと、関東の豪族でしたが、出家して京の嵯峨、小倉山の中院
山荘といった別荘に住んでいたのです。定家の小倉山荘も、その近くでした。

蓮生のたっての頼みで、定家はひきうけて選び出した和歌を色紙に書いていきます。
そのことが、定家の日記『明月記』に書かれています。

百首だった、とは書かれていませんが、それが恐らく「百人一首」の原型だろうと言
われているのです。


「百人一首」の93番に採られた歌は、鎌倉幕府三代将軍 源 実朝 の歌

93 世の中は 常にもがもな 渚こぐ あまの小舟の 綱手かなしも
                      鎌倉右大臣

この世の中が永遠に変わらないでいてほしいものだ。この海岸沿いを行く漁夫
 の小舟の引き綱を引いている姿は、しみじみといとおしく感じられることだよ。


でした。

相模湾に面して、三方を山に囲まれた鎌倉、“しらす丼”がおいしい季節です。





青梅 で 英国式 アフタヌーン ティ- ♪

これまで何度も訪れている 青梅 に、すてきな Cafe があるとテレビで知って、

“ 行ってみた~い!”と、またもや ミーハー魂が頭を擡げてきて、それで、、

   1.jpg


行ってきました!!    Rose Town Tea Garden

   2.jpg


青梅街道沿い、JR青梅線・日向和田駅から奥多摩方面へ歩いて5分ほどでしょうか。
美しい景色を見ながら おいしいイングリッシュアフタヌーンティーがいただけます。


   6.jpg


タウンさん一家が、平成24年6月に奥様の長年の夢でもあった イギリススタイルの
ティーガーデンを始められたお店。

     3.jpg

店内に入ってすぐに入口に置かれている23種類の茶葉。ベースは、お茶を楽しむ
イングリッシュアフタヌーンティとなっています。

メニューを選ぶ前にこの中から飲みたいお茶を選んでいくスタイルとなっています。


   4.jpg

11時20分ごろに着いたので、予約なしで 外の景色が楽しめる席に座って
ゆったりできました。


   5.jpg



   外の景色

外の景色もご馳走です。ウグイスが遠くで鳴き、近くの木に止まって鳴く小鳥は姿も

見えて、五月の風が心地よい 別邸のようにくつろげる素敵な空間です。


営業日時 : 木、金、土、日   080-4187-1727
11 AM - 5 PM (オーダーストップ 午後4時30分)




「テレビデ3ド、ホウソウサレテ、イマ タイヘンナコトニナッテマス」と 店主の

タウンさん。 お昼の12時になるころには 続々とお客さんが入って来ました。


   7.jpg

帰りは、日向和田駅 前 から吉野梅郷方面へ。 多摩川に架かる 神代橋から見える
   
      ‘ Rose Town Tea Garden ’

      タウンさんの姿が見えました。 


東京 上野 へ

気温があがって 夏日となった今日、丁度時間が出来たところで 東京 上野へ。

午前中はまだとても爽やかでした。


     カフェレストラン
 
しばらく来ないうちに こんなカフェも出来ていて・・

     復興市

きょうは、東北復興市も開かれていました。

  

     下準備

入館前に、ちょこっと 水分補給 と 下調べ。注視すべき箇所をチェックしておきます。



   博物館

順路に従って丁寧に見ていくと、途中で疲れてしまって 後半は「もう いいかな」と、
なおざりになってしまうからです。


今日は、やはり『とはずがたり』に関連する所を中心に 見てきたいと思いま~す。


『とはずがたり』の作者である後深草院二条が巡った神社と重なっているからです。

鎌倉時代中期に、作者は東海道を下って旅をする。まずは熱田社次に三島社、鎌倉に
入って鶴岡八幡宮荏柄天神。帰洛の後の 春日神社石清水八幡宮。伊勢に下って
伊勢神宮に参拝、神官たちと歌を詠み交わした。西国への旅では厳島神社へ。

こういった神社を中心に日本全国の神社の宝物や日本の神々に関する文化財を総合的
に見ることができる今回の「大神社展」。

神像も集められて、まさに神々のパワーが大集結した神道美術展です。

神々が用いるために奉納された服装調度類の工芸品である神宝には宮廷における服飾
である男装の束帯、女装の女房装束もあり、その数々が宝物として展示されています。

「とはずがたり」前編にも事細かに記載のある宮廷貴族着用装束が数々あって目を奪
われました。

春日権現験記絵巻」「北野天神縁起絵巻」や各曼荼羅など、やはり本物に触れてみ
て初めて分かった気にもなるというものです。




埼玉からは 氷川女体神社 の宝物 黒釉牡丹唐草文瓶子(-神事に用いる酒器-)

が出されていましたよ。



国宝 大神社展 は  東京国立博物館 平成館  にて 6月2日まで。


「とはずがたり」の講座は5月16日から始まります。【こちら】( クリックで)

     

竹になり損ねた 竹の子

10日ほど前だったでしょうか。

朝 チャイムが鳴ったので玄関に出てみますと、棒のようなものを持って
近所の方が立っておられました。

「出たのよ~ また! もうびっくり !!」

目の前に持ち上げたのは、棒ではなくて、なんとながーい「竹の子」でした。

こちらに越してきた頃に、ご自分の敷地内へひょっこり「竹の子」が顔を出したこと
があったそうです。それからは、毎年竹の進入が怖くて、ご自分の敷地内は無論、
敷地の外でも、近い場所に出た竹の子は 許可を得て必ず顔を出したら採るように
していると聞いていました。

「それがね~ 葉蘭のあるところに出たものだから、今まで気が付かなかったの。
 これ、もう食べられないかしら。どう?」

ご家族が“竹の子料理”を好まないということで、竹の子退治の獲物は私のところ
に持ち込まれるということになっているのは、我が家にとって喜ばしいことです。

「そうね~、これだけになってるともう固いかしら。でも上の方は大丈夫だと思うから。
 よ~し、やってみるわ!」と私。

「そお、悪いわね、ごめんなさいね」と言って(?) 渡された竹の子です。

   60センチ竹の子

下の方は少し切り取って捨てて、鍋に入る長さに切り分けました。

   茹でて並べてみました。

唐辛子とぬかを入れて茹で、そのまま冷ましてアク抜きをしてから皮を剥きました。





一番左は、竹 状態ですねぇ。 でも固くはないので、縦の細切りにし


   色々きんぴら
 
ゴボウ・ニンジン・突きコンニャク・ゼンマイなどに仲間入りして「きんびら」に。





二番目は、シャキ シャキ とちょうど良い歯触りだったので、


   ソテー

オリーブオイルを温め、先に ニンニクを入れ、輪切りにした「竹の子」をソテー。
塩コショーで味付けし、パセリのみじん切りを入れてあります。

インターネットで見つけて 試みた料理ですが、簡単でとっても美味しい!

ハンバーグとかスパゲティに添えたら、「竹の子料理」苦手というお孫さんも喜ばれる
のではないでしょうか。


後の 茹で竹の子 は、定番の「竹の子ご飯」に。穂先の柔らかいところは、後日

     酢みそ和え

          独活 と 一緒に「酢みそ和え」にしてあげました。


Tさん、こうして、「竹になり損ねた竹の子」は、我が家では 恐らく今年最後となるで

あろう「地元産・竹の子料理」となりました。  ごちそうさま 



連休最終日の「見沼自然公園」

   池周辺

<見沼自然公園>は 見沼田んぼの真ん中に、おおむね元の田んぼの地盤のまま

1994年に開設された のどかな公園です。今日は、こども連れで、犬と一緒

に自然を楽しみながらのんびり過ごす人たちの姿がみられました。

   周囲を歩く

大宮駅東口からバス、「締切橋」下車。 面積は10.9ヘクタール、広大な

芝生広場と水鳥がいる池 の 周りを巡る道は、歩くだけで 心地よい 森林浴。


ハンカチノキ ハンカチの木


   <ハンカチの木> 白いハンカチが いっぱい下がっているみたいです。


     タニウツギ


   <タニウツギ> 別名「田植え花」田植えの頃に花が咲くところから。


   井沢像

 芝生広場に立つ <井沢弥惣兵衛為永の銅像> 見沼田んぼ の 開拓者

    像の見る風景
     
              これが、像の見ている 風景 です。


   睡蓮の花
 
池には 睡蓮が咲き出しました。 間から 大きな 鯉 が飛び跳ねていました。






5月4日  見沼 氷川女体神社 龍神祭

   祭りの準備

見沼田んぼの西縁に位置する氷川女体神社。朝の境内で龍神祭の準備が

始まっていました。

   
   宝剣 (2)
            待機中の龍神 



   宝剣 (1)
                幣 剣




竜神祭の様子は こちら  (上クリック でご覧いただけます。3年前の龍神祭ですが。)


五月 の 見沼田んぼ を 歩く -緑のヘルシーロードー

浦和市立 「さぎ山記念公園」の右手「見沼自然公園」から出発、

東縁「緑のヘルッシーロード」を、大宮方面に歩く。


  P1000853.jpg
              <葉桜並木 が 続く下の道>


   水田
   加田屋新田(かたやしんでん) 5月になると、見沼代用水から水が引かれて

                田植えが始まります。


   弁財天
   見沼干拓の発端となった所にたつ「溜井弁天」 社殿は昭和54年に新築。


見沼弁財天にお参りをした後 帰路 は



   緑のヘルシーロード


代用水沿いに整備された 正規の「緑のヘルシーロード」を歩きます。


   あざみ  あざみ も 咲く


五月 の 見沼田んぼ。 鳥が鳴き、花が咲き、新緑 爽やかな 散歩コース。

晴れた日の 朝 がおすすめ、「弁財天」までならば 往復 約5000歩 です。



 富士山 世界遺産へ

世界遺産への登録の可否を調査する「国際記念物遺跡会議」(イコモス)は、日本が推薦した
「富士山」を「三保松原を除き登録」、「鎌倉」を「不登録」とするよう、ユネスコに勧告した。

   今年6月の第37回ユネスコ世界遺産委員会で、正式に決定される見通し
                               (2013年5月1日・今日のニュースから)


     富士山



田子の浦に うち出でて見れば 白妙の
                富士の高嶺に 雪はふりつつ

                            山部赤人(やまべのあかひと)

 
     (田子の浦に 出て見渡してみると、真っ白な 富士山が 見えて、
                     高い峰には 今も 雪が 降り続いて いることだよ。
)


百人一首」の中にある この歌は[『新古今集』冬(六七五)]から採られています。 




この歌の、原歌は『万葉集』に あり、

山部の宿禰赤人(すくねあかひと)の不尽(ふじ)の山を望める歌」 として載る

              長歌と反歌のうちの反歌です。

田子の浦 うちいでてみれば 真白にそ 富士の高ねに 雪は降りける>   

百人一首」(『新古今和歌集』)と、『万葉集』との歌の違いは、この赤い文字の部分。 

」は「そこを通って」という意味なので、田子の浦を通って見晴らしの良いところ
から眺めてみると、「雪が降り積もった」「真っ白な」富士山の荘厳な佇まいが目に映
ったというもの。雄大な富士の姿にたいする感動がまっすぐに伝わってくるようです。

田子の浦からは、実際 富士の頂上に雪が降り続いている情景を見ることが出来な
いにもかかわらず、歌枕のイメージでとらえ、結びを「雪はふりつつ」と変えるこ
とで、実際には見ることのできない「しんしんと降り続く 富士山頂の雪の幻想的
情景」を浮かび上がらせた。
一部を変えて、やわらかな表現によって優美な富士の姿が歌いあげられています。


「あなたは、万葉派 それとも 新古今派 ?」

それぞれ好みはあるようですが、どちらも富士山の魅力と感動を伝えていること
に違いはありません。

富士山が世界遺産として認められることにより、今後もその魅力を損なうことの
ないよう、未来へと伝えていきたいものです。




プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR