にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

東秩父村 の 桜

気温が あがらず 寒い日でしたが、毎年恒例 「春のドライブ」に行ってきました。

武蔵嵐山 の 都幾川 で クレソン の 採集をした後は
小川町 に寄って 東秩父村(ひがしちちぶむら) 皆野(みなの) へ


東秩父村 は埼玉県西部に位置する 県内 唯一の


   東秩父村

この風景 私には 桃源郷 の イメージで “春の風景 お気に入りビュー”の一つです。


東京の桜は もう散り始めていて、今日あたりが 最後の お花見 になったでしょうか?

   でも、こちらはー

   ソメイヨシノ

    桜 (ソメイヨシノ) は まだまだ これから です。


   標識
  
牧場 もある 皆野 へは、ここから 細い山道に入り 桃源郷 を通って行くことも出来ますよ。


     標示


東秩父村の桜、来週でも 十分楽しめそうです。





             クレソン <クレソン を 採集しました。  >


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村

箱根八里 と 函谷関 と

   箱根関所跡

    箱根の関所跡にやってきました。小高い丘にある「遠見番所」からの写真です。


江戸時代(1619年)、徳川秀忠の命により置かれ、明治2年までの間、江戸幕府防衛
              の拠点とした箱根関所です。


この場所は、それまでの東海道に新たな新道(「箱根八里」)を設けたうえで関所を置い
ているので、江戸時代以前の、東海道を旅する者はこの新道は通ってはいないことになり
ます。

なので、『とはずがたり』の二条さんは、この場所は通っていないことになりますね。

また、最初は箱根神社の側に関所を置いたところ、地元(元箱根)住民との対立を惹き
起こしたために箱根峠寄りに「箱根宿」をつくり、元箱根側の芦ノ湖畔に「箱根関所」
を設置したということのようです。

箱根八里」とは、小田原から箱根までの四里と、箱根から三島までの四里、合わせて
八里なので、小田原から三島までを いうことになるのでしょう。

箱根八里』といえば、   作詞:鳥居忱、作曲:瀧 廉太郎(滝 廉太郎)日本の唱歌が
ありますが、ご存じでしょうか。

1901年(明治34年)発行の「中学唱歌」に掲載された歌だそうです。私もどこで覚えた
のか定かではないのですが、子供のころに聞いた記憶があります。なんとなく真似て歌っ
てはいたのですが、意味不明のままでした。

歌詞に李白の漢詩、中国の故事や古典に由来する事項が盛り込まれていて、
「ああ、そういうことだったのか」と正しく理解できたのは、やはり中学生だったかな、
                   いえ高校になってからだったかも知れません。


箱根八里   作詞:鳥居 忱、作曲:滝 廉太郎

箱根の山は、天下の嶮
函谷關(かんこくかん)も ものならず
萬丈の山、千仞(せんじん)の谷
前に聳(そび)え、後方(しりへ)に支(ささ)ふ
雲は山を巡り、霧は谷を閉ざす
昼猶闇(ひるなほくら)き杉の並木

・・・(後略)・・・



この歌詞に登場する「函谷関(かんこくかん)」とは、中国の長安と洛陽の間、長安
のある漢中の地への入り口を扼(やく)する関所を指します。

箱根八里の険しい様子が「函谷関」以上だというのは誇張表現でしょうが、とはいえ、
旅人にとっては相当な難所だったと想像されますね。


この「箱根八里」の歌碑が、箱根の芦ノ湖湖畔にある「県立恩賜箱根公園」の駐車場
の脇に立っています。

近くには東海道の旧道があって、歌詞に描かれる「昼なお暗い」杉並木の道が続いて
いました。


さて、『百人一首』にある清少納言の歌に、

夜をこめて 鳥のそら音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ

というものがありますが、この歌
上の句に中国『史記』の故事「函谷関の関所の話」が引き合いに出されているのです。
下の句には「逢坂の関所」。逢坂は男女の逢瀬を掛けていますので、

その歌意は
夜の明けないうちに、鶏の鳴き真似をして、函谷関はだませたとしても、逢坂の関は
そうはいきません。私はけっして逢いませんよ
)。

清少納言が生きた平安時代にはまだ この「箱根の関所」なるものはなく、従って‘函谷
関もものならず♪’の「箱根八里」と例えられることもなかったのではありますが、箱根
の関所跡に来て「函谷関」の連想から、清少納言の歌を想い浮かべた次第です。

ただし、この歌、才知豊かで機転の利く清少納言と多芸多才な藤原行成(50 首目の作者
義孝の息)のやり取りから詠まれたもの。

その状況を想うと 更におもしろい歌と感じることでしょうね。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しました。
「見たよ」の印に、「日本の伝統・文化」の文字を
ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。




箱根の山桜






見ごろは、これからですね!箱根湯本

iPhoneから送信

お花見 かるた

今日は 大人かるた倶楽部 の練習日 でした。    [百人一首] ブログ村キーワード  
                                       にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
                                       にほんブログ村

今年の お花見 は、4月5日を予定していたのですが、予報 予想を上回って開花した
ため、急遽予定を変更し 26日のかるた取り練習日の後に出かけることになりました。

練習会場 の 獨協大学 でも、さくらが丁度 満開です。

    獨協大学のさくら

折良く、桜が満開のとき。「少し構内をあるいてさくら見物をしてから」の つもりで
したが、

     ここにしようか
3月末は、大学構内も 一番人少ない時  “ここでも いいんじゃない お花見かるた”



ということで、まずは 腹ごしらえ といたしましょう 


     出てきた出てきた
出てきた 出てきた!「これ、おいしいね~」となれば、 お料理談義にも花が咲きます。


では さあ 始めましょうか


   さーカルタ取り始めよう!
 
 
頭上には 満開の さくら。  お花見の お花に見られて お花見かるた デシタ 

   見上げた桜




追伸 <お料理談義から>

前回ご紹介した「鶏ロール」は「塩麹鶏ハム」というのだそうです。

塩麹鶏ハム の 作り方 について


1、ラップの上で肉の厚いところを片側観音開きに包丁を入れ、肉の厚みが均一で、巻き
 やすいように、四角になるイメージで平らにします。だいたいでいいので。
2、塩麹を両面に伸ばし、皮目(取り除いてもよい)を内側にして巻き込んで、ラップで固め
 に キャンデー包みにします。ギュウとハムの外見になるように。ラップは2回ぐらい巻
 いてもよい。
3、ジップロックに入れて1時間から半日おきます。時間の無い時も冷める間にしみこん
 でいる感じなので、暫くおいた方が柔らかくておいしい。
4、グタグタ煮立った熱湯に入れて、肉の表面全体が白くなったら火を止め、蓋をして
 そのまま冷ます。
 なるべく大きな鍋で浸かるくらいの お湯の量にしてやった方が よい。
5、1cmから1.5cmに切ってそのままでも、からし、黒こしょ、ゆずこしょうをつけてもOK。

                             料理研究家 かすかべの小町

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しました。
「見たよ」の印に、「日本の伝統・文化」の文字を
ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。

続きを読む

桜 くらべ

       <さいたまの桜 と 東京の桜 と 咲き具合の  桜くらべ


   P1000513.jpg

             阿佐ヶ谷の「善福寺緑地」公園の桜


   P1000517.jpg
 
         川沿いの遊歩道を歩きました。こちら東京の桜は満開 

   
   P1000522.jpg
 
         桜の花びらが川面に浮かんで、ゆっくり 流れていきます。

    ここのところ 気温が低い日が続くので、早く咲いてしまった今年の桜ですが、

               もう少し楽しめそうですね。


         

見沼の桜- 東縁 ヘルシーロード を歩く

3月23日(土) の 見沼田んぼ 東縁(ひがしべり)の桜は・・・

2sakura.jpg

こんな感じで 咲いていました。まだ、満開とはいえない状態ですが、さくらの木を
一本一本見上げて鑑賞するには、ちょうど良い咲き具合でした。

花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは (『徒然草』兼好法師) です 


     第一トラストあたり
   第一トラストあたりも、まだ用水の向こう側に咲く花々に負けているカナ




     おいでおいで
 「おいで おいで」の声に振り向いて見ると、用水の鴨たちが柵をくぐって出てきました。

 犬を連れた散歩中のおじさんが呼んでいるのです。他の人が近づくと逃げるので、
  離れたところから、 パチリ。

 「いつも、餌をあげてるんですか?」 「ときどき ね」 
 ということでしたが、よく馴れていて ビックリ です。


東縁のヘルシーロド、総寺院境内 下 あたり 駐車場の側の「新鮮野菜市」(土日のみ)
をのぞいてみました。今回は 桜色の「ヒマラヤ雪の下」鉢植えを見つけて、買いました。


その後、見沼代用水沿いのヘルシ-ロード、桜並木の下をゆっくり10分ほど歩いて、

「見沼自然公園」へ。    土手を下りて池の周りを歩きます。

     見沼自然公園
    広い公園の中には、桜は見あたりませんが、鴨の様子が楽しめます。


     野鳥の撮影
       また、野鳥も・・・多いのカナ。



     桜通り
     「見沼自然公園」の東側にあたる このあたり、満開になると、花あかりで
     いつも幻想的な雰囲気になるのですが・・あと、少しでしょうか。
  

春 の 追っかけ ♪♪

3月22日(金) 東京では桜が満開になったそうです。今年は観測史上2番目に早いとか。

こちら、見沼の桜の様子はまだ7分咲きといった感じでしょうか。

「東京で開花」のニュースが流れた日、函館は吹雪いていて、まだ庭にも雪がある状態

「いいなぁ、そっちは春だね 」と。。。

     山吹の花
山吹 の花が咲き出していたので、撮ろうとして あっ と、気づいたのですが、


     山椒

山椒 の若芽が、とってもいい感じになっていました 


これ、摘んで お料理に使うときには、なぜか 木の芽 て言うんですよね 

     木の芽 さっそく使おっと




夕方、エルのお散歩で気づきました。

     つくし
         
    つくし が いっぱい 出てるわ~   




     さくら

     採ってきたきたんじゃないですよ この桜。

農産物直売所で売られていた桜の枝(200円)です。 蕾が多かったのですが、3日目で

これだけ咲きました。明日あたり 満開になるかな   

 

へぇ~そうなの? ほんとだ!

夏みかんがたわわに実る木のを目にすると、何かほっとするような豊かな気分になるの
のはなぜだろう。柿の木のように幼い頃の記憶に繋がるものとしてある訳でもないのに。


     甘夏みかんの木 (1)

3月に入ったころから、見沼JA直売所にも 袋詰めされた夏みかんが並ぶようになる。

大小ふぞろいで5個くらい入っていて200円ぐらいで安価。ちょっと庭の木からもいで
きた夏みかんをおすそわけされたような気分でうれしい。

ところが、この夏みかんのみずみずしさにひかれて、そのまま剥いて食べてみると、ワーッ
ものすごくすっぱいものに出くわすことがある。最後まで食べ切るには、ちょっと勇気が
いるくらい酸っぱいのだ。適度な酸味でおいしいものもあるのだけれど。。

「みかん にね、塩をつけて食べると美味しくなるよ!みかんが甘くなるから不思議」

へぇ~そうなの? みかんに塩!」

今のみかんって、改良されて甘いものがほとんどなのに、もっと甘くなるのかな??
と思いながら聞いたのだけれど、これを夏みかんでためしてみたところ、

ほんとだ! とっても美味しくなった。酸っぱくなくなるから不思議。甘くなると
言えるかもしれない。

そういえば子供の頃に、夏みかんには重曹(炭酸)をつけて食べていたが、塩をかける
こともあったと思い出した。もっとも、この夏みかんに塩をかけてまで食べることもない。
ジャムにするには、このような夏みかんが最適だと遊戯三昧さんから聞いたことを思い出
した。そうそう、ごちそうになったマーマレードは確かに美味しかったな。


ローズマリーのところで、<時短料理の鶏ハム>をブログに書いたところ、

「平らにした鶏肉に塩麹をぬり、ロール巻きにして、同じようにするといいですよ。
できあがった鶏ロールを切って並べると、切り口もきれいだし」とかすかべの小町さん
から教えられた。

へぇ~ そうなの?、それで同じようにお湯に漬けてほったらかしておいて、冷め
るまでの間に 中まで火が通るのかしら」

「大丈夫。ラップできっちり巻いて両端をキャンデーのようにくるくる巻いて絞り、同じ
ようにジッパー付き密閉袋に入ればいいんですよ。火が通っているか心配でしたら出来上
がった後に、レンジでちょっとチンすれば 」ということでしたので、やってみたところ

ほんとだ!

     鶏ロール

熱湯から冷めるまでの間にしっかり形が固まっているので、レンジにかけてもくずれないしね


見沼田んぼ : 桜前線 通過中

3月20日、関東の桜が咲き始めたというニュースに、急ぎ“見沼田んぼ”へ行ってみると

   西縁

西縁・国道463が通る 西縁(にしべり)見沼代用水沿い の 風景 桜並木です。 


   西縁の桜 アップで見ると、
       
 咲いてます  ! 幕が上がった といった感じ。



 東浦和の駅 近く 「井沼方(いぬまがた)公園」 では・・・・


   河津桜

     河津桜 が いよいよ 終盤を迎えようとしているところ ですが、


   公園のソメイヨシノ
    
     池の周囲の ソメイヨシノは、やはりこんな感じで咲き始めました。


あすは、気温が今日よりは下がるという予報です。今週末には 見頃になるでしょうか?

夜になって、戸締まりをするころになると 雨が降り始めました。

「この程度の雨ならば桜の花には、返っていいかも」と思いながら、昼間見てまわった
桜の様子が浮かんできます。


世の中に 絶えて桜の なかりせば 春のこころは のどけからまし
 
咲き始めたばかりの今日も、桜の木の下を歩く人、カメラを構える人の姿がありましたが、

これから10日間ほどは 桜の様子が皆のこころを奪い、注意を引きつけて・・そう、気に
なって 何となく落ち着かないほどの気持ちにさせることでしょう。

いっそ、この世に桜というものが全くなかったならば、反って人のこころを騒がせない分、
春でも人のこころはのんびり落ち着いていられることだろうに。
 とは、ちょっと誇張表現
ではありますが、桜の魅力を言い得ていますよね。






クリスマスローズ   イカリソウ

クリスマスローズ  と  イカリソウ 

 見沼田んぼの散歩みち、日曜野菜市で見つけた 花の苗たち。 みんな 一気に 開花!

 桜前線通過で、春爛漫となることでしょう。




 “おやすみ前のご本”


   P1000429 - コピー

お人形をみて、どうしても 欲しいと思ったのは、初めてかもしれません。

(待て、待て、衝動買いはいけない!)と自分に言い聞かせて 一週間後・・・P1000430.jpg


       展示会に行って たくさんのお人形も見た上で、やっぱり 

   この  おやすみ前のご本  に 決めました。私の 子育て集大成 カナ。

                             涙を誘う “いとしさ” です。


 

川越 「二升 五合 市」に行ってきました ♪

白木蓮が春の風にゆれる日曜日。花や野菜の苗を見に菖蒲町まで行ってきました。
そのまま足を伸ばして、久しぶりに 川越 へ。

       P1000425.jpg
 川越 は 今 春夏冬 二升五合市 だということで、各所にこのような表示が下がっていました。



 この文字読むには 頓知 が必要 。また、これって 掛詞(かけことば) とみることも出来そうですね。
    二升は一升ますが2つなので、「ますます」。
    五合は一升の半分。なので半升 「はんしょう」。 


で、ここからが 掛詞(かけことば) 


ますます」は「升升」と「益々」 、 「はんしょう」は「半升」と「繁盛」に。   
 
だから、 「二升五合市」は「益々繁盛市」ということでした。

上に書かれている 「春夏冬」は よく見ますよね。これも、

「春夏冬 中」と書かれているので「秋ない」。「あきない」は、「秋ない」が「商い」と掛詞(かけことば)

ということで、「春夏冬 二升五合市」=「商い 益々繁盛市 を開いている川越に行ってきました 


     


     itinoya.jpg
   やはり、ここの うなぎ が 一番! 食べ比べて歩いているわけではないけれど、
   川越には このお店を目的に来ることもあるほどの お気に入りなので・・今回も。


     kodomodaigakusai.jpg

     蓮馨寺 は 「子ども大学かわごえ学園祭」で賑わっていました。

     yatai.jpg
     境内 は 所狭しと いろいろな 催し物が ありましたよ。



tokeidai.jpg   kyuuka
  
シンボルでもある「時の鐘」 耐震工事に入るのは いつからかしら? 


   takayamatoori.jpg
   卒業後、最初の赴任先が 飛騨高山だった私は、高山市の観光地である「上三之町」界隈を

   ここに来ると 思い出すのです。


     taimusurippu.jpg

   タイムスリップ したような コーヒー館と、甘味処。いえ、私は この時代を懐かしむほどの
   年では ないのですが、 何かほっとするような、ゆっくり時間が流れていくような・・・、
  
       川越は、癒しの街にも なっています。


もちろん、『とはずがたり』の二条さんが訪れた鎌倉時代には、家並みのない、まさに「武蔵の国」
だったわけですが、“「河越」というところに行った”とある場所と 大きなズレはないと思われます。


   
 

3月16日(土)より : 湘南新宿ライン 浦和駅 に停車 !

待っていました 

     P1000394.jpg



今日から、湘南新宿ラインが 浦和駅にも 停車します。これからは鎌倉まで
逗子ゆきに乗れば、乗り換えなし1時間28分で  鎌倉駅に着きます。 


新宿まで26分だそうです。 池袋だと、赤羽で埼京線に乗り換えればいいかな・・と、


     P1000395.jpg

買い物 に出かけてきたのですが、駅周辺の様子を 見るために 浦和駅東口に行ってきました。


     P1000392.jpg

浦和名物 うなぎ弁当 販売 の ところに なが~い 列ができて、いい匂いがしてましたよ。



  

探してます ; 迷子のワンちゃん


エルマーの目の治療に通い始めてから8か月、一時は失明もあり得るほどの症状でしたが
随分良くなって、やっと一種類の目薬だけになりました。

しかも、「今後はもう予防の意味で注す目薬なので、時々気が付いたらでいいですよ」と
動物病院の先生。これって、(もうこれ以上は治らないですよ、加齢によるものは・・)と
いうことでもあるのだと分かったのですけれど、それでも随分気持ちが明るくなりました。

「エルくん、もう来なくっていいんだってよ。よかったね!」
と言いながら 抱きかかえて病院を出るとき 気づきました。 こんな掲示があるのに・・。

   迷子の犬

いまごろ どこで どうしているのかと思うと心配で、あちこちを探している飼い主の方
の様子が思われます。

そして、次に 「百人一首」講座の 受講生の方から聞いたお話を思い出しました。それは、
掛詞(かけことば)について、お話していた時のことです。

「まつ」という言葉は「松」と「待つ」というふたつの意味をもたせて使われることが多い
です。と、言いいましたところ、すかさず
「ちょといいでしょうか、それで思い出したことがあるのですが・・」
と手があがりました。

立ち別れ いなばの山の 峰に生ふ(オウ)る まつとし聞かば 今帰り来む

とあるこの16番の歌は、「待つ」と聞いたら ということでもあるのですね。

ああ、そうかぁ。

いえ、実はですね、子供のころのことですが、飼っていた犬が突然帰ってこなくなった
ことがあったんですよ。昔のことですから放し飼いでしたから、迷子というより居なく
なったという感じでしたね。毎日何度も犬が居た縁側の床下をのぞいては、水も餌も置
いて待ったのですが・・・。

私には10歳ほど年のはなれた兄がいまして、その兄が世話していた犬でした。色々
手を尽くして探したのですが・・。その時犬の寝床だったところの柱に この歌が書か
れてあるのに気付いたのですよ。それも筆でね。

兄が書いたのだと思います。わたしはまだ小さかったので、意味もなにも分かりません
でしたが、それが「百人一首」の中の歌だということだけは何となく分かっていました。

あぁーそういう歌意だったんですね。  これが、私には覚えた最初の歌でしたよ。



                         


「百人一首」 に まつわる お話

 獨協大人かるた倶楽部         [百人一首] ブログ村キーワード 
                                           にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
                                           にほんブログ村
獨協大学オープンカレッジの教養講座『よくわかる「百人一首」の世界』を、これまで
受講していただいた方々が中心となって出来た「かるた倶楽部」。

獨協大学から教室の使用を許可されていますので、月 2回 大学構内で「かるた取り」の
練習、昼食兼情報交換、交流を楽しんで活動しています。


講座では「百人一首」和歌について学ぶことを中心としていますので、「かるた」として
の文化や歴史については触れておりません。その時間も取れないので、「百人一首かるた」
に興味をもたれた方を中心に「百人一首」を楽しむことができないかと考えて、
「獨協かるた倶楽部」を結成したわけです。



大学に申し入れて自習という形で教室使用を快諾いただいてから3年目になりました。部員
のみなさんのおかげで仲間も徐々に増えています。今では、倶楽部を提唱した私自身から
すっかり手が離れ、部員の方々の熱意にひかれて参加させていただいているような状態です。


    <昨日12日(火) の 練習会での 雪椿さんの かるた>

   木箱かるた   木箱の裏

木の箱に入っていて、目に留まりました。昭和40年(と、聞いたかな?)に書店で買ったカルタだそうです。

これを、老後 お近くに住んで過ごされたお姑さんに貸していたのですが、亡くなられた
後に、又 自分の方に持ってきていました。その後は使っていなかったので開けてもいま
せんでした。

こちらでかるたを始めたので、久しぶりに取り出して開けてみたらびっくり、百首の歌が
きちんと順番どおり(時代順の番号)に並べられ仕舞われていたそうです。


雪椿さんが結婚後初めてご主人の実家を訪ねたときに、集まった人たちでかるた取りが行わ
れました。お舅さんが読み手でしたが、かるたのほとんどはお姑さん一人が取ってしまいま
した。雪椿さんが取れたのはたった一枚。


あまつかぜ くものかよひぢ ふきとぢよ おとめのすがた しばしとどめむ
 <天つ風 雲の通い路 吹き閉じよ 乙女の姿 しばし留めむ(ん)>


この度 かるたを始めた雪椿さんが‘得意札’にしているこの歌には、そんな思い出が
あったのですね。

ちなみに、96歳でお亡くなりになったお姑さんは、女学校時代を寄宿舎で過ごされて
いて、そこでは、毎晩みんなが集まって「百人一首かるた」を楽しんだと話されていた
とか、なるほど強いはずです。また、お義母さんにとって、良き時代の思い出でもあった
ことでしょうね。



三年前、古典文学としての和歌講座を担当するにあたり、オープンカレッジでは親しみ
やすい「百人一首」を取り上げたいと考えました。鎌倉時代に藤原定家によって選ばれ
た秀歌集なのですが、これらの和歌は、「かるた」として広がり、伝承されてきたとい
う歴史をもつものです。

なので講座を受講していただいた方や「かるた会」で出会った方々から、私も「百人一首」
にまつわる情報や思い出、逸話を聞く機会もあり、楽しませていただいています。

心に留まったちょっとしたお話を、書き留めていきたいと思った次第です。



梅 だと 思いきや・・・

先週からの暖かさで、梅の花も もう満開。 白 紅 がグラデーションとなって 
重なるように 咲いています。

  

 IMG_1139.jpg

でもね、これは 桜   彼岸桜 だそうです。

毎年 いち早く咲くので みんなから 心待ちにされている  

ちょうど「介護付有料老人ホーム」を取り囲むようにお隣の庭に何本も咲いていました。 


東日本大震災から 丁度2年目 の 春が やってきました。   

2年前 そして <昨年> の 春 には。。。   文字の上をクリックしてみてください。


今は ただ 遅れている復興を 願うばかりです。


 

パソコン の 活用

さいたま市民大学・パソコンBコース 仕事や暮らしに役立つパワーポイント講座

 2回目に行ってきました。主催はさいたま市 教育委員会生涯学習総合センターです。


  78-1[1]
<「NPO法人 パソボラさいたま」 のホームページに 昨日の講座風景が掲載されていたものです。>


2月、函館の義父母が無事帰宅(ショートステイと病院から)、ほっと胸を撫で下ろした
あと、日程を確認して申し込んだ パソコン教室です。

全2回 で 両日とも 9:00~16:00 お昼に空き時間が1時間ありますけれど、
シニアにはちょっときつい日程かもしれません。でも、受講者の三分の一は シニア世代だ
ったような・・・。

一通りはパソコン操作ができることが条件だったこともありますが、みなさんとても熱心
で、新たな操作を習得するのに夢中 あっという間の時間が経過しました。

その場では分かったように思うのですが、ちょっと時間がたつと
「あれっ?おかしいな~。どうっだったっけ???」
となるのが いつのものこと       楽しいテーマのプレゼンテーション資料を、
パワーポイントでつくって 楽しみながらおさらいをするのが よさそうです。


 
昨年度の医療費が多額になったので、控除を受けるため パソコンを活用することにした
のですが、なんとなく大儀で延ばし延ばしになっていました。

「ああでもない、こうでもない」と操作を試みているうちに、時間がかかりそう。
だからといって、確定申告相談会場まで出かけるには一日仕事になってしまうし・・と、
重い腰を上げてパソコンに向かいました。

国税庁ホームページで申告書を作成するのですが、その時

同じように、どうしたらよいか試行錯誤した後にうまく出来たひとのブログを発見

その通りに 打ち込んでいったら、難なく 出来上がりました。 ありがたい 


出来たときの達成感 と 喜び と、脳の活性化 それに 何といっても活用できての便利さ
は、シニア世代にとって 最適なツール だと 思ったものです。


  「自宅のパソコンで医療費控除」  ( まだの方はこちらから どうぞ)



 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
   にほんブログ村
   にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ

          「埼玉情報」「日本の伝統文化」文字の上をポチッと、クリック
                     よろしくお願いします。

トサミズキ には チーズケーキ


     P1000350.jpg

              のびのびと 枝 を伸ばした  トサミズキ の木 

      下から 見上げると うす黄色の花が この暖かさで 穂状に 下がり始めました 


     梅の花 には ‘うぐいす餅’ が 合うけれど、トサミズキ には・・・   
                                             チーズケーキ が 合いそう です  



               P1000355.jpg
 
  かすかべの小町さん 紹介のレシピで  超うまチーズケーキ  作ってみましたよ  合う 合う  



      

三井家 の おひなさま

「券があるの、一緒に行かない?」と誘っていただいて、「三井記念美術館」に
行ってきました。


   入場券


沢山の豪華なお雛さまや、珍しい(私にとっては ですが) 調度品などをゆっくり
鑑賞できて大満足。

伝統ある雛飾り、様々な人形の形や表情などをみていると、非日常的な世界に入り
込んだようで、ちょっと豊かな気持ちになりました。

勿論、写真に撮る訳にはいかないので・・何枚かの絵ハガキを買い求めました。

その中のこの一枚、


   衣裳 (1)

正式なおひな様とお内裏様は、装束も正式に着せられているようです。で、帰宅後
「宮廷の装束」という本を引っ張り出しまして、照合して楽しんでみました。


まずはお内裏様(男性)

束帯(そくたい)という装束ですが、黒色の袍(ホウ)、ウエノキヌとも言います。
頭には冠(かんむり)。中の束ねた髪が入る巾子(こじ)が立っています。手に持つの
は笏(しゃく)で左に飾太刀(かざりたち)が見えてます。


おひな様(女性)

衣裳は十二単で正装ですので、一番上には唐衣(からぎぬ)を着ていますが、表着
(うわぎ)も見えます。

平安時代の作家ともいうべき清少納言や紫式部も「うは(わ)ぎ」と書いていて、
要するに上に着る衣裳という名なのですね。
長袴をつけるのが正装なので、膝を覆っているのがそれ。

手には檜扇(ひおうぎ)を広げて持っています。檜の板 39枚を綴り合わせて作る扇、
描かれる絵も意味を持つようです。髪は大垂髪(おおすべらかし)、小さな冠のよう
にみえるのは釵子(さいし)、その下に簪と櫛をさしていてこれらを「髪上具(かみ
あげのぐ)」というのだそうです。

背面の屏風は、平安貴族の生活の様子を描いた絵巻風のものが表装されているよう
に見えました。


          


ゆっくり、じっくり見てまわったら、もう午後1時も過ぎて、「お腹すいた~!」
ということで、一階にある千疋屋へ。

ここの「マンゴー・カレー」おいしかったな。お腹が空いていたこともあるから?

 いやいやホ~ントにおいしい。

やはり、カレーにはチャツネ入れるように      果物合いますし、



 道路を渡って 

三越百貨店で (見るだけショッピング) の後に入った


こちらもまたおススメですよ。

     喫茶店
 
           本館2階の CAFE WIEN  カフェ ウィーン


                    ザッハトルテ

                               ザッハ トルテ セット




ウィーンの文化の香り、歴史の彩を広く世界に紹介しております」との案内。

説明文


   確かに        コーヒーとも よく合って おいしくいただきました。 



にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
 ▲
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ

ぽちっとクリックしていただけると嬉しいです。

大宮 シーノ大宮センタープラザ・生涯学習総合センター

     P1000312.jpg

      8階 OA 教室から 休憩時間に撮りました。 ので、空に浮かぶ円盤は・・・
                                       窓ガラスに 写った 教室の明かり かな 




         さいたま市民大学 パソコン B コース  
          仕事や暮らしに役立つパワーポイント 講座

   を受講してきました。3月の土曜日 全2回  9:00~16:00の 一回目  でした。



          P1000311.jpg

      8階の生涯学習案内の掲示物  学びの場が 広がりますね 




   にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
   にほんブログ村
   にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ

          「埼玉情報」「日本の伝統文化」文字の上をポチッと、クリック
                     よろしくお願いします。 


2013 獨協大学 オープン カレッジ

          先月の23日(土)の朝刊に、このような「ちらし広告」が入っていました。


       ちらし広告

これまで こちら方面(さいたま市 武蔵野沿線)には電車の吊り広告を含めて

見ることがなかったので、 何だか嬉しくて、記念写真を撮ってしまいました。  


これまで、獨協大学 OPEN COLLEGEを 受講されていた方々へは、「講座案内パンフレット」が届く
ころかと思います。


私は、こちらで二つの講座を担当させていただいておりますけれど、

一方で「外国語講座」の 受講生でもありますので、5月からの開講も心待ちに
しているところです。   



私の「ホームペジ」の topics でも、担当させていただいている講座のご案内を

毎年 更新しているのですが     今回 まく更新できないでいます。 


で、とりあえず  こちらに コピー写真 の形にして UP してみることに しました。 



     講座「とはずがたり」

*作品『とはずがたり』の現代語訳(私訳) は 別ブログとはずがたり」公開講座 クリック)でご覧いただけます。



     講座「百人一首」



   詳しくは獨協大学エックステンションセンターにお問い合わせください。

     〒340-0042 埼玉県草加市学園町1-1 tel 048-946-1678
                                fax 048-946-1935


      http://www.dokkyo.ac.jp/opencollege/ 共催 草加市




   [百人一首] ブログ村キーワード 
   にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
   にほんブログ村
   にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ

          「埼玉情報」「日本の伝統文化」文字の上をポチッと、クリックを
                     よろしくお願いいたします。 



プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR