にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

今様(いまよう) を聞く ♪♪

中世女流日記文学『とはずがたり』は、‘我が人生を物語る’形の自叙伝的物語
です。

登場人物に「雪の曙」とか「有明の月」の名が使われていて、『源氏物語』にも
似た物語となってはいるものの、登場するのはすべて実在した人物。出来事の
多くも 実際にあったこととして捉える点では「歴史物語」要素を含む作品になっ
ています。

そんなことから、『とはずがたり』を読む講座では、

鎌倉時代を中心とした日本の歴史についても学ぼう、知ろう、そして知ることを
楽しもう、というわけで、今、私達が生きているこの時代からも、日本の歴史に
繋がる色々な情報を見つけては、理解を深めるべく、おのおのアンテナを張って
情報収拾、紹介しあっています。


たとえば



仏御前
歴史大河ドラマ「平 清盛」で、仏御前が 今様(いまよう)を謡いながら舞う場面

お前の池なる亀岡に、鶴こそ群れゐて遊ぶなれ

と謡っているのですが、動画で収ってアップ出来なくて残念
(カメラを落として壊してしまったので、iphone動画で試みたのですがダメでした)


この今様『とはずがたり』巻一で、後深草院が酒宴の席で謡っていて、今様って
文章ではみるのですが、どんな感じだったのだろうかと思っていたので、

「あ~~、そうなんだ!」と納得。なんだか嬉しくなりました。


また、


「有明の月」から二条への文(手紙)が「陸奥紙(みちのくがみ)」に書いてある
という場面では、

「陸奥紙」って?

これ二条の心を動かしたという恋文。で、陸奥紙?


丁度、悠助Sさんが参加したばかりの講座資料がありました。

   手紙

そこには、素敵な結び文 が。

そして、陸奥紙は、皺があって保存性に優れています。真っ白な高級用紙との
説明に、

なるほどね、高僧「有明の月」の恋にふさわしい かな-この場面。と納得


私なら、こんなのがいいかナ 

   コピー ~ 手紙


もうひとつ、


納浦さんからの情報なのですが、


三の丸 尚蔵館-宮内庁> で 

「鎌倉期の宸筆と名筆 - 皇室の文庫(ふみくら)から」 あります。

本物と出会って、歴史上の人と直接対話する時間を持ちませんか。12月22日までです。

詳しくは ここから (← クリックで)ご覧下さい。


                        シクラメン
                         <もうシクラメンの季節>




続きを読む

百人一首 かるた シークレット・ライブラリー


   紅葉



紅葉が綺麗ですね。

陽に輝きながらハラハラ舞い散る風景もまた美しくて

行く秋が惜しまれます。


小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば
             今ひとたびの みゆき待たなむ
                          
(小倉山の峰のもみじ葉よ もしもお前に心というものがあるのならば、もう
  一度天皇のおでましがあるまで、そのまま散らないで待っていておくれ)

「百人一首」貞信公(藤原忠平)の歌です。

小倉山はもみじの名所。天皇に随行した貴族歌人忠平が、小倉山に呼びかける
紅葉の美しさをたたえてたこの歌



あぁ~ 今 丁度、そんな感じですよね。


獨協大学構内の、紅葉です。

   獨協大学秋


でも、もう、、、


          落ち葉


「もう少しそのままで、、待っておくれ!」



   シークレット・ライブラリー お宝本「百人一首かるた」

          百人一首かるた


     小倉百人一首を「かるた」にしたもので、江戸中期につくられたものと推定され
     ます。札に描かれた歌仙絵は肉筆で、散らされた金粉とともに、現在も鮮やかな
     色調を保っています。札は蒔絵の施された漆塗りの箱に収められています。
                       (獨協大学ニュースVol.28)




      獨協大学オープンカレッジ  <よくわかる「百人一首」の世界> 
                       -秋期講座受講生の方へお知らせ-

   29日(木)の講座時間内に、特別拝観、解説を受けることになりました。
   「オープンカレッジ会員証」が「図書館利用証」になっていますので、
   忘れずお持ちください。

                               10TEA10A.jpg  10SPO07A.jpg







「とはずがたり」を歩く -武蔵の国、中世を訪ねて-

獨協大学オープンカレッジ 天皇に愛された女の物語
                          -日記文学「とはずがたり」と鎌倉時代-


秋の 「日帰りツアー」は、6月の鎌倉紀行に続いて、

鎌倉街道の上道(かみつみち)が通る埼玉県比企郡嵐山町を訪ねました。


   鎌倉街道上道
    (この図は「道・鎌倉街道探索日記」からお借りしました。)

この鎌倉街道は、鎌倉時代に、「いざ鎌倉へ」と武蔵武士である幕府の御家人達が馳せ
参じた道でもありました。




10時30分 東武東上線・武蔵嵐山駅前に集合。まずは、

徒歩で15分程の国立女性教育会館(ヌエック)へ。


     構内

館内を見学の後、広い構内を散策。立派な教育施設に感動。是非利用させていただき
たいものだと、思いつく企画など口にしながら巡りました。


     らんにて食事

昼食は、館内の食堂「らん」にて。広い食堂です。女性会館利用者だけでなくても、
利用できます。

     女性会館構内1


「女性教育会館」から裏道を通って西に歩くと、すぐそこは広い「菅谷館(すがや
やかた)跡」入口になっています。


     館跡の看板





菅谷館(すがややかた)とは、現在の武蔵国男衾(おぶすま)郡にあった城館で、
菅谷城(すがやじょう)とも呼ばれます。

鎌倉幕府の有力御家人として知られる畠山重忠(はたけやま・しげただ)
の館跡。昭和48年(1973年)に国の史跡に指定されました。

館跡には埼玉県立「嵐山史跡の博物館」が設けられています。


県立歴史資料館   資料館庭の馬
先日の「時代まつり」ではここに馬と中世人に扮した人が集合していましたよ。




館内には埼玉の歴史がよく分かる展示物があります。その中のこれは、

     男衾三郎絵詞
        『男衾三郎絵詞(おぶすまさぶろうえことば)』

勿論、拡大した模本です。スイッチを押すと、電動で巻物が送られての解説、
音声が流れます。

鎌倉末期の十三世紀末ころに成立した中世の代表的な絵巻物。実物は重要
文化財で、東京国立博物館に所蔵されています。




鎌倉街道の起点は鎌倉市内の鶴岡八幡宮の参道(若宮大路)
と流鏑馬道の交差するところと考えられています。

鎌倉には、

この畠山重忠の鎌倉邸の跡を示した碑がありました。

     鎌倉畠山重忠邸跡
これを、春の<「とはずがたり」を歩く・鎌倉紀行>で確認。


菅谷館跡の広い雑木林の紅葉を楽しみ、土塁をみながら遠い中世という時代に
思いを馳せて、話(おしゃべり?)は尽きません。


実際に鎌倉街道の一部分を歩いてみることも、木曽義仲の生誕地や源義賢(よし
かた)の大蔵館跡、山吹姫の寺を訪ねることも、日帰り旅では出来ませんが、

それでも、身につけた万歩計は、一万歩をはるかに越えていましたよ。



鎌倉街道」と言いますと中道(なかつみち)と呼ばれる街道が埼玉県の川口を
通っています。

『とはずがたり』によれば、後深草院二条は鎌倉に滞在し、川口も歩いていて、

岩淵、入間などの地名が記されています。

それで、この秋の川口の時代まつりには源義経等と共に後深草院二条も
現れたということです。

  歴史行列
   
  <かわぐち広報 11月号>より。  ‘宇治川の君’の提供  


すご~い。「川口の時代まつり」の<歴史行列> 見に行けばよかったな。





「見たよ 」の印は クリックでお願いします。

高尾山

関東山地の東南、都心から約50キロメートルに位置するという「高尾山」
ちょうど今紅葉が見頃だと聞いて、行ってきました。

日帰りでもゆっくりと山歩きが楽しめる国定公園。平成19年に富士山と並んで
ミシュランの三ツ星に指定された山です。


もう40年余り前、「高尾」近隣の「西八王子」に住んでいたこともあって
身近に感じているのですが、

「いつでも登れる、すぐ行ける」と思っているうちに、わぁ~もう云十年が
経っていました!

だから、懐かしい思いが先にたって、つい昔と変わらぬところを探しては、
すっかり変わった景観に驚くことも多かった高尾山でした。




   高尾山登山コース図

 山麓からはケーブルカー、リフトで中腹の海抜472メートル付近まで登ることが
 できます。

 また歩いて登る道も3ルートありますが、いずれのルートも1時間30分ほどで
 山頂に達することができます。


     紅葉
      11月19日・1号路登山口の紅葉


     変わらぬ登山道

暖帯林と温帯林とが織りなす広葉樹林に、樹齢数百年もの大杉が林立する高尾山。
昭和42年に「明治の森・高尾国定公園」となっています。


     展望台から

ケーブルカー高尾山駅付近の展望台からの眺望。
曇天で、残念ながらこの程度でした。


腰痛列   腰痛平癒
途中、脇に参拝の列が、、、なるほど「腰痛平癒」。シニア世代の登山者多数


     山道2



     高尾山権現


     頂上近く

     山頂へ 登っていくと風景も変わってきます。陽が差してこないかな~





     帰りの駅
       下りてきた時にも、登山口のケーブルカーに長い列

夕刻になると、展望台からの眺めは‘1000万ドルの夜景’となるそうで、
それも見ようというのでしょうか。


この風景にも、また ビックリでした。






IMG_20121121060130.jpg  40年前の高尾山にて。                                                隔世の感あり






やさしい シニアライフ に向けて

朝9時に診察が始まる動物病院
日曜日、オープンの20分前に、前にある駐車場は満車
受付が始まるのを待って、外には列が出来ています。

晴れて、街路樹の紅葉もきれいだけれど
冷たい風がピューと吹いてきて、寒い~ (関東は木枯らし1号でした!)

エルマーの目が 変だと気づいたのは6月
それから、ずーっと病院通いが続いています。


PA030011.jpg  →  エルマー2


たまにしか来なかった頃には、病院が近づくころから
ブルブル小刻みに震えて嫌がったのに、

皮膚が、足が、目が、と病院に通うことが多くなったこの一年
すっかり病院にも慣れたようです。


待合室に、こんな本が置いてあるのに気付きました。


     シニア本

そう、エル君も、もう 立派(!)にシニア 私達のお仲間です。
シニア同士で、工夫して、補い合って、

それなりに、楽しいシニアライフに していくことにしましょう
見沼田んぼが近い この街で。




     ああちゃんジャム
           <春に 義母から届いた手作りジャム>


義母の 手作り山菜佃煮や手作りソース類、義父の梅干し、魚の干物など
手作りの品は季節ごとに届きます。

でも

シニアライフ 大先輩の義父母の生活にも ちょっと変化がありまして
生活スタイルに少し工夫が必要になってきました。

函館はもう冬です。




かるた倶楽部 の 大人遠足

14日の 埼玉県民の日 に 獨協大学オープンカレッジかるた倶楽部 で

大人遠足

群馬県 板倉にある 雷電神社 と 高鳥天満宮 に 行ってきました。

     フリー乗車券

‘宇治川の君’提案 この 一日フリー乗車券 を使って!


     ノンステップバス巡回

駅西口前からの巡回バスに乗車。(バス代 200円 但し、65歳以上100円 70歳以上は無料)


     板倉の紅葉1

バスはまず 板倉東洋大学構内のバスストップへ。青い空のもと、色鮮やかな紅葉が映えて

楽しい秋の遠足 気分です




「役場入口」(11分乗車)で降車、旧参道を辿りながら雷電神社へ


     雷電前の記念撮影
板倉の雷電神社前で集合写真。関東一円に分布する雷電神社の総本社で館林藩主
徳川綱吉に葵の紋の使用を許された名社です。


拝殿、本殿、奥宮をお参り見学しながら向こうに抜けて、道路を挟んである社務所。

     鯰さん

こちらへも お寄り下さい。「なまずさん」と書いた旗があるので進んで行くと、

     なまずさん

 正面に大きな 鯰が横たわっていました。鯰を撫でて「力をいただく」とか。

多くの人に撫でられてピカピカ、つやつや。  前には可愛い雷さまのご愛敬。


そうそう、正面 鳥居の前には門前町ふうに 鰻を出すお店がありましたけれど、

     鯰




私達は再び 板倉東洋大前駅 に巡回バスで戻り、紹介していただいたお食事処へ。


     お食事

上州の豚は柔らかくて美味しいということで、お薦めの「ソースカツ丼」500円、
「お魚定食」は品数多くてデザートもついて800円、「生姜焼き定食」などをたべ
ました。

「美味しかったわね」と好評。新しく出来たお店でしょうか、7月に来たときには
駅前にお食事する処がなくて困った記憶があるのですけれど・・・。


側の広場(お庭)で、こんなこともさせて頂きました。


     野外かるた

「野立(のたて)」ならぬ「野かるた」(春日部の小町さんの命名?)です。



さ~て、それでは 菅原道真公が御祭神の 高鳥天満宮へと
向かいましょうか。

「百人一首」24首目に、 菅家(かんけ)の名でこの歌が採られています。

このたびは ぬさもとりあへず 手向け山 もみぢの錦 神のまにまに  
今度の旅は急なことでお供えする幣も用意することができませんでした
 ので、さしあたってこの手向山<たむけやま>の美しい錦のような紅葉を
 お供えいたします。神様の御心のままにお受け取りください






今度は東口駅前で、巡回バスを待って乗車、13分で南小学校前のバス停で降車、

徒歩7分程で 高鳥天満宮 です。 「前の天満宮のご紹介」(←クリックで)


     天井画

拝殿天井画「百人一首歌仙絵」について説明も受けました。

それぞれの絵に特徴がみられ大変興味ひかれる99首の絵でした。菅原道真公が
御祭神なので、その1首は上間の天井に、他の歌より少し大きめに描かれている
とのことでした。
                          01NOV11A.jpg




それにしても、天候にも恵まれて紅葉が進む美しい風景の中、貴重な歴史文化に触
れることが出来た今日の 大人遠足。

道々で目に触れた植物や野菜や地方の食についても、さすが“大人女子”の知識
はそれぞれに豊かです。なので、交流のたのしいこと、学ぶことも多くてお喋り
は尽きません。


講座での標語「仲間が広がる 学びが深まる」通り、今回は新たな仲間も加わって
素敵な一日を過ごすことができました。

板倉「水場の風景を守る会」のシバハラさん、大変お世話になりありがとうござ
いました。

「生活の中での歴史的文化遺産」を保存伝承していこうという活動をなさってい
るとのお話に感銘をうけました。

私達も日本の伝統文化である「百人一首」を学び、まず自分達が楽しむことに
よって、広げ、伝えていくことを実践していることになるのだぁと、改めて思い
ました。




「見たよ」の印にポチっとクリック お願いします

二代目 カボチャ

     二代目かぼちゃ


もう一ヶ月も前になるでしょうか、一抱えもある大きなカボチャをいただきまし
た。暫く台所の隅に置いたままだったのですが、このほどめでたく完食。

と~ても美味しかった。ごちそうさまでした。


ちょっと珍しい形をしたカボチャ。でも、見てすぐそれと分かりました。この蔕
と肌の色模様で。

長くて大きな水枕に、砂でも詰め込んで歪になってしまったようなこの姿にも何
か愛嬌があります。

「よ~し、何にして食べてあげようかな」と、眺めるだけでほっこりとした気分
になるというもの。野菜には不思議な力があるように思います。大地を思わせる
からでしょうか。



暫く手をつけなかったのは、一旦庖丁を入れると中の種綿などを取り除いて野菜
庫に保存してもあまり長くは保たないためです。

身辺に起きた対処しなければならない出来事が一段落したところで一刀両断。予
想通りの濃い橙色で、しっかりした身が現れました。これだけあると色々に調理
して楽しむことができました。



すご~く美味しいわね、あのいただいたカボチャ。どこのカボチャ?

と報告。

そお!ふふふ・・・実はね、あれ、二代目カボチャ。去年一緒にいただいた、
 あのカボチャの種をとっておいて、うちで出来たのが今年のカボチャ


え~~~!あの 何コレの、へぼかぼちゃ?!」 (→ こちら

形も色も昨年のものとはちょっと違うけれど、確かにあの時の味でした。



いいわねぇ-、カボチャを育てる土地がある人がうらやましいわ」と家人に

報告すると、

そんな時間、ないくせに」と一笑されてしまいましたけれど。



                      野菊
                  <見沼田んぼの散歩道に咲いた野菊>




武蔵嵐山(むさしらんざん)・実踏

獨協大学オープンカレッジ での講座 天皇に愛された女の物語
                             -日記文学「とはずがたり」と鎌倉時代-


での企画です。

     とはずがたりを歩く



春の鎌倉に続いて、秋は鎌倉街道の通る 武蔵嵐山 へ行くことになりました。

嵐山の紅葉が楽しめると嬉しいのですが。

近づいたら てるてる坊主 下げましょう! 



ということで、 嵐山町の 時代まつり に合わせて、歴史ある当地の、実踏に
行ってきました。


まずは、問い合わせていた 絵巻『源氏三代の物語』 を 嵐山町役場に行って
頂いてきました。


     源氏三代の物語


この物語は、嵐山町鎌形で生まれた駒王丸、後の朝日将軍 木曽義仲にまつわる
源氏三代の物語です。

志半ばにして悲劇にたおれた一族ですが、地元にはゆかりの史跡や多くの伝承が
あります。彼らを慕い、その足跡を訪ねる来る人々が今も後を絶ちません。

この物語が、幼い子どもたちの郷土の歴史に親しむ機となり、町民の皆様の郷土
愛を深める縁としてご活用いただければ幸いに存じます。


上記は、嵐山町長 の ごあいさつ として 巻末に書かれていた文章です。



時代まつり の会場となるのは、歴史資料館の建つ 菅谷館跡ですので、そちらに
向かいます。

さて、期待の 流鏑馬 例年通り 行われていましたよ!

     記念写真

今年は、始まる前の 集合写真 を 撮らせていただきました。


そして、隣に建つ ヌエック(国立女性教育会館)では、


     女性会館紅葉
広い敷地内を散策するだけでも、季節の移り変わりを楽しむことが出来ます。

紅葉が始まってました。これからが色を増していよいよ綺麗になることでしょう。

                            01NOV10A.jpg


そして、地元の方々が出店する通りの賑わいは、

     女性会館まつり

縁日のような、楽しい企画も一杯でした。



あちこち廻ったあとに、必ず寄るのは この お店。


     たまがわふれあいの里


今回は、庭に植えたいお花と、安くて新鮮な野菜と、しゃくし菜の漬物など色々
買いました。

     野菜

私のお気に入り、タモギ茸 。最初はこの黄色が茸というには違和感があったのですが、
温麺に入れて食べてみると、とても良い味が出て美味しかったので、ここに来るたびに
買っています。

このきのこは身体にとてもいいとか。 能書きが側に書かれています。  なんだっけ?

「とにかく、身体にもとてもいいんですって!」

そして、埼玉産こだわりの野菜 青なす。4個で100円に引かれた感がないでもないの
ですけれど。 



     


プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR