にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

『とはずがたり』の二条 と 平 清盛 の関係

鎌倉時代の日記文学『とはずがたり』の作者であり、この物語の主人公でもある
二条さんと、NHK大河ドラマでお馴染みの平清盛とは意外に近い関係にあると
いうことが分かりました。

事の始まりは、天皇に愛された女の物語-鎌倉時代と「とはずがたり」-
講座に於いて、二条の母方、四条家系図を遡って見たときのことです。

     四条家系図


受講生のASANOさんの指摘からでした。ここには『平家物語』に登場する人物の
名があるのです。ならば、若しかしたら今放映中の NHK大河ドラマ「平清盛」にその
人物が登場するかも知れないと注意して見てみたところ・・・

まずは、A(家成・いえなり)-佐藤二朗演ずる藤原家成が登場していました。
なので、その子であるB(成親・なりちか)も出てくるかなと思い注目して見ていました。


     P6160003.jpg




松田翔太演ずる後白河天皇の近臣である 吉沢悠演ずる「藤原成親・なりちか」が登場。


     P6180010.jpg

平 清盛の邸にやって来ていますね。



     P6180021.jpg

次の週では譲位して院となった後白河院のもとで「信西・しんぜい」と共に院方に。




『とはずがたり』の作者でもある二条は、今講座で読んでいる場面(巻二の初め)
では18歳です。

母方の叔父である上図 1「善勝寺隆顕・たかあき」と祖父2「隆親・たかちか」が
後見役になっているところですが、この祖父の父である「隆衡・たかひら」の母は

清盛の娘であった可能性が高いのです。

『平家物語』の平家系図(日本古典文学全集・小学館による)には平清盛の娘として
高倉天皇に入内(じゅだい-天皇家に嫁)した徳子がいますが、続く女子として

『とはずがたり』の四条家系図にあるC「隆房・たかふさ」の妻となった人がいました!


天皇を中心とする貴族が政権をもつ平安時代から、武士が実権をにぎった鎌倉時代へと
移りゆく時代を、二条さんの母方である藤原・四条家と、父方である源・久我家の系図
を辿り、歴史と照応しながら物語を読む醍醐味。

これはやはり全くの作り物語ではなくて日記文学と称される作品ならではのものだと言
えるのではないでしょうか。












今朝の 見沼自然公園 は・・・


陽差しもなく、気温も低くかった朝に、見沼自然公園内をウォーキング。

グラウンドのような広場には シロツメクサと、何か低い穂を付けた草 が生え
揃って、綺麗に見えました。

「あの草は、何んなのだろう」と、広場に入って近づいて見てみると、それは-

     おおばこ

おおばこ」でした。

この草は薬草でもあるようですが、『とはずがたり』では、二条さんの父親である
大納言雅忠(だいなごんまさただ)の病床に 蒸したものが敷かれていました。

昔から、色々な用途に使われてきた植物のひとつなのですね。

     草原

道端に生えているのとは違い、背丈も揃って群生する景観は お見事!爽やかな印象を
与えるのは、広い原っぱに、まるでチアガールのように沢山並んで 穂を揃え、揺らし
ていたからかも知れません。


見沼公園の池
見沼自然公園 内 にある沼は、今水連が綺麗です。

                             水連


     私水辺の

難波潟 みじかきの ふしのまも 逢はでこの世を 過ぐしてよとや




iPhoneから送信

いずれ 菖蒲(アヤメ) か 杜若

アヤメは「菖蒲」と書いて、ショウブの古称。でも「花菖蒲」は「ハナショウブ」
と言いますよね。

     

     P6110017.jpg

菖蒲祭りの「花菖蒲」です。6月18日(月) 埼玉の久喜市菖蒲町 菖蒲(地名)
で撮った写真なので、これはまさしく「花菖蒲」。


     P6110018.jpg

この花 和歌に詠まれ、絵によく描かれた「かきつばた(杜若)」とは別物なので
しょうか。花菖蒲 と杜若の違いは?

「どう見分けたらよいのでしょうか」とお花に詳しい方にお聞きしたところ、

「カキツバタ(杜若)は花菖蒲に比べて花びらも茎も細く、外側の花びらの中心に
 白い斑紋がみられます。咲く時期は5月中旬から下旬で花菖蒲より少し早く咲く
 ようですよ」とのことでした。


 『伊勢物語』 九段「東下り」にある一首目、

旅の途中、燕子花(かきつばた)がたいそう風情あるさまで咲いていたのを見て
「『かきつばた』という五文字を句の頭に置いて、旅での思いを詠んでみなさい」
というのに応えた「むかし男」の歌ですが、

らごろも  つつなれにし  ましあれば  るばるきぬる  びをしぞ思ふ
(唐衣  着つつ慣れにし 妻しあれば 遙々来ぬる 旅をしぞ思ふ)

着ていると身になじみむ唐衣のように、慣れ親しんできた愛しい妻が都にいるので、
はるばるとあずまの国に下ってきたこの旅を、しみじみ物悲しく思うことだよ


そうですね。この「かきつはた」は花菖蒲ほど豪華さのない花の方が、、、似合いそうです。


さて、この『伊勢物語』の主人公とされた多情多感な美男貴族「むかし男」が在原業平。
ということは、

百人一首』の

17 ちはやぶる 神よも聞かず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは

の作者と同じ人ですが、 この二首だけを比べてみると、ちょっとイメージ違うかも。

在原業平(ありわらのなりひら)さんの名は浅草ゆるきゃら「おしなり」の「なり」に
残されてますが・・・。

                       カットあやめ

                             


父の日

6月17日(日)は父の日でした。

「父の日」は父に感謝を表す日。

私自身には生前の父へ感謝の気持ちを表すようなことをした記憶はないのだけれど、
そもそも、 うん十 年前に「父の日」なるものがあったのかどうかも定かではなくて、

で、ちょっと調べてみました。  

「父の日」発祥の国はアメリカ。1972年に「父の日 Father's Day」が正式な国
の記念日として定められたのだそうですよ。よかった「父の日」が日本に上陸したの
は、もっと後のはずですからね。私の記憶になくって いいんです。   


  


P6100003.jpg
手前二種は「父の日」にと、息子のお嫁さん手作りのプレゼントです。

「ありがとう!」と、日本酒を飲んでいた“ 父 ”ですが、摘んで 食べて うれしそう。
でも、これ実は お菓子<クッキーの種類>なんです(笑)。



ちなみに、「母の日」のプレゼントには・・・こちらの手作りタルトを焼いてもらいました。

201205111509515b1[1] 写真は 「くらしの芽Diary」(←こちら)から。

北欧 食器、雑貨 や お菓子作りに関心をお持ちの方は是非ご覧になってください。







『とはずがたり』を歩く - 鎌倉紀行 1回

<鎌倉紀行 第1回>   

『とはずがたり(問わず語り)』の作者(後深草院 二条)は、鎌倉時代の朝廷に仕えた
女房(女官)です。天皇に愛された女性でしたが、作品の後編では 宮中を出た作者が
出家を遂げて西行に倣った修行の旅に出ます。

1289年、32歳の二条尼は2月に都を出立し東海道を旅し、3月末に鎌倉へ入ります。
翌1290年の9月半ばに 一旦鎌倉を出発し帰洛の途につき、その後には西国へ向かいます。

獨協大学オープンカレッジ講座
天皇に愛された女の物語 -日記文学「とはずがたり」と鎌倉時代- では、


“『とはずがたり』を歩く” ということで、鎌倉紀行 

第1回 実施の運びとなりました。

     鎌倉紀行

<14日(木)配布 の実施要項 の 一枚>


円覚寺  鎌倉五山の第2位。元寇の死者を弔うため第八代執権北条時宗が創建。
      国宝の洪鐘や舎利殿、三門など見所が多い。都の六波羅探題へ来ていた
      北条時宗の兄である時輔と二条は会っていた。

     keidai_map[1]


②建長寺  鎌倉五山第1位。我が国最初の禅宗道場として後深草天皇の勅命で創建。
      開基は第五代執権北条時頼。諸堂が直線に並ぶ宋風の伽藍は配置を今に
      伝えている。
鶴岡八幡宮 源頼朝は鎌倉入りして最初に鶴岡八幡宮を整備。門前の若宮大路を
      京都の朱雀大路に 八幡宮を大内裏になぞらえ以後源氏の守護神として
      崇拝したと伝えられる。
      二条は鎌倉滞在中何度も訪れ若宮大路を歩いている。

     鶴岡八幡宮



白幡神社(頼朝墓) 鶴岡八幡宮の北東、西御門の山懐にある。頼朝の墓 五層石塔
           は江戸時代の再建といわれる。

               白幡  アジサイ



      二条の曾祖父である源通親(みちちか)が頼朝の死と関係していると思わ
      れるようなところがある。例えば、

『土御門(源)通親』は頼朝・九条兼実連合と対立していて、歌人藤原定家(「小倉百人
一首」撰者)が記した日記『明月記』に、「公家の『土御門通親』が頼朝の死後僅か
7日目に、まるでその死を知っていたかのような手はずで頼朝派一掃の人事を行った」
とあることから、通親が謀殺に関与したとの説も存在するらしい。


荏柄天神社 太宰府、北野と共に日本三天神。境内には100本の梅が植えられている。
       創建は長治元年(1104)、「とはずがたり」に名がある。

               荏柄天神社



小町通り 二条が鎌倉で世話になった「小町殿」の住居はこのあたりと思われる。

               小町通り

     ここで、時間のある方は、お土産などのお買い物を楽しみましょう。




鎌倉時代の鎌倉と、武蔵の国 埼玉県 との関係を示す資料も見て来たいと

思います。       ツアー










国際交流フェスティバル ・ 草加国際村一番地

6月10日(日)

獨協大学35周年記念会館 を会場として、

         第9回国際交流フェスティバル がありました。

今年度は、オープンカレッジの語学講座を中心に、‘案内チラシ’が配布されました。
もう今年で9回目とのことでしたので、どのような催しなのか興味津々。

英会話講座でご一緒している現役学生の方や、近くにお住いの方などにその催しの様子
などを伺ったところ、皆さん

「さあ~!?」

「行ったことないから・・・分からないわ」

「うん、何かあるみたいだけど、日曜は予定あるから~」との返事ばかり。

大学センターの方からは「草加市国際交流協会主催なんですが、毎年盛況のようですよ。
如何ですか、来年あたり“百人一首かるた”も参加なさっては!」と言われました。

「うん?それってどういうことなのかしら?」


その一言が気になっていたのもあって、
10日の日曜日、ちょっとの時間でしたが、取材を兼ねて見学して来ましたよ。


ご覧下さい。


題



<世界の食べ物>

世界の食べ物全体 35周年記念館前

10:40分頃、それぞれの国の食べ物が作られ始めています。


ロシアの食べ物



<ワールド・バザール

バザール
   A棟(天野貞祐記念館)東側入り口から。

お店
   お店に品物が並べられ始めました。


店2
   まだ、人が詰めかける前なので、品物を見るのに余裕あり 


<ワールド・カフェ>

ワールドカフエ看板
   南側の道路から窓に貼られてました。ぶっくぎゃらりぃDUO並びの
   トレーニングルームですね、ここは。


人・ワールドカフエ
   留学生が各国のコーナーに待機し始めています。お客の来店はこれからの
   ようです。「時間ないから」と言い訳しつつ、参加する勇気なし 


ありました! これですね  <世界の衣装と文化体験>

日本の文化版

折り紙
      折り紙コーナー


   お手玉

   お客さんが集まる前の練習ですか? すご~い さすがですね。
   軽々と3個のお出玉で、juggling !


あれっ、今気が付きました。

見覚えのある方がいらっしゃいます!!



ということは、あちらの方は‘京なでしこさん’でしょうか?




他にも色々なコーナーがあります。

ここで「日本の歌かるた」をやってみませんか?

ということだったのですね。


やはり、行って 見て 分かるものですね。 

短い時間でしたので世界の食べ物を味わうことが出来なかったのは 残念でしたが、

バリ島とトルコのお店で買った品は、

P6040032.jpg

こういう催しには、みんなと一緒に参加すると楽しいでしょうね、きっと 

    

   





再び、三笠山(みかさやま)

天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも                    
                           阿倍仲麻呂, 古今集巻9・406

阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)が中国から日本を想い詠んだ歌。
この「三笠山」が、講座“よくわかる「百人一首」の世界”で話題になりました。

三笠山」という山は日本に何カ所かあるのですが、この歌に詠まれているのは、

奈良市の東部、高円(たかまど)山と若草山との間にある山。春日神社の東に接して
その神域をなす。御蓋山(みかさやま)とも。山容が笠を伏せた形をしていることから
名付けられた山です。

古くから神奈備山(かんなびやま)<神の鎮座する山の意>として崇敬され、特に
平城京(へいじょうきょう・奈良の都)遷都以後は朝廷から尊ばれ、例えば、遣唐使は
出立に先立ち春日山の付近ですべての神々を祀って航海の安全を願ったことが知ら
れています。

ただし、

江戸期以降になりますと、北隣の若草山がその三層の山容から三笠山と呼ばれるように
なり、国土地理院の地図においても若草山(三笠山)、春日山(御蓋山)と表記される
など混同されたようです。


そこで、

1935年(昭和10年)崇仁(たかひと)親王の三笠宮の宮号 宣賜に際して
三笠山(御蓋山)と若草山との区別を判然とさせたということです。

image[4]


また、


戦艦の三笠(みかさ)との関係は?とのご質問ですが、

大日本帝国海軍の戦艦の三笠(みかさ)は、奈良県にある三笠山にちなんで命名されました。
船籍港は京都府舞鶴市の舞鶴港。現在は、神奈川県横須賀市の三笠公園に記念艦として保存
されています。

次に、「どら焼き」と「三笠山」について、

どら焼き


「どら焼き」を「三笠山」というのは、文明堂独自ののネーミングだと思ってたという方も。


別の講座の後に京都出身の京子さんとごいっしょしたので、

「どら焼きのことを京都では何て言ってたの?」とお聞きしたところ、

「三笠山よ。というかミカサって言ってたわ。どら焼きなんては全く言わないわよ」
ということでした。

どら焼き中


で、


文明堂 のホームページなどを見て、そのネーミングの元を探してみると、

やはり「三笠山」なんですね。

独自のかたちを、緩やかな稜線を描く奈良の三笠山に見立て望郷の思いを味に込め
ました
」 とありましたよ。




ちょい取りカルタ はじめての

  ちょい取りカルタ

自分の前に並べたカルタの中に読まれた札があれば取ってみるという
「百人一首かるた」の練習です。






万治の石仏


石仏  


岡本太郎が「こんな面白いもの見たことがない」と絶賛した万治の石仏
高さ2mほどの半球状の自然石に頭が載ったユニークな石仏です。

「万治」という名の由来は胴部に万治3年(1660年)11月1日と刻まれているところから。



旗石仏


ある写真家が毎年撮った写真を見たところ、首が伸びている事が分かったというので、
2007年にテレビ番組で紹介されメディアにも取り上げられて、以来訪れる人が多く
なったということですよ。

諏訪湖のほとり、諏訪大社は諏訪湖をはさんで南東に上社(前宮と本宮)、北西に
下社(春宮と秋宮)に分かれて鎮座し、4社で一つの神社ですので一日で廻るには
車でということになりますね。


春宮   社殿

万治の石仏は下社、春宮(はるみや)の近くです。







6月4日 夜、その日は満月の一部が地球の影に入る部分月食が見られるというので
写真に撮ってみました。

6/4の月1   6/4の月2

<午後8時すぎ・最も欠けた状態>         <午後11時・満月に戻った時刻>



翌日のニュースでは、関東地方は曇っていて見られなかったということでしたけれど。




葦原にヨシキリ

 


日曜日の早朝、久しぶりに見沼田んぼにある芝川第一調整池のまわりをウォーキング。
6月ですね、葦が育って広い原になっていました。

ヨシキリが鳴き始めています。桑の実が赤色から黒く熟していきます。
うぐいすも鳴いています。

難波潟 短き葦のふしのまも あはでこの世を すぐしてよとや
(なにわがた みじかきあしの ふしのまも あわでこのよを すぐしてよとや)

これ 恋の歌 

葦は「よし」とも「あし」ともいいますが、この歌 今日はここで鳴き合うヨシキリに
ふさわしいように思われました。




iPhoneから送信

「押絵による源氏物語 五十四帖」にコメント

先日の「押し絵展示会」の記事に、コメントをいただきました。左コメント欄に
入っているのですが、言い得ている感想に 私自身が感激!

そこで、改めて、当日買い求めました post card の 絵をここにputすることで
返信とさせていただきました


<行ってきました>

  ブログを拝見して早速、『源氏物語五十四帖押絵展』に行ってきました。

 写真を見て私なりに想像していったのですが、それをはるかに超えた素晴らし
 いものでした。

 「布集めに苦労しました」とおっしゃっていましたが、色合わせや布の使い方
 など、ご苦労されたのが忍ばれ、それはそれは見事としか言いようがありません
 でした。

 布の織り、色の華やかさや奥ゆかしさ、繊細さは日本人の心を表しているよう
 な気がしました。

  今日は、心がほのかに暖かく満たされ幸せな一日でした。  (しなの乙女)




紫式部
 <作者 紫式部(Murasakisikibu)>      中村 洋子作



蛍
 <第二十五帖 蛍(Hotaru)          山梨 妙子作



御法
 <第四十帖 御法(Minori)          山梨 妙子作




ありがとう、ございました。
  

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR