にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

風呂敷が 手提げに!!




日本古来の便利グッツ、風呂敷。気に入って買ったものやいただいたものが、
引き出しに数枚あるけれど、最近ほとんど利用していませんでした。

手みやげを持って出かける時だって、見栄えのよい紙袋に入れたまま。

最近は素敵な柄の風呂敷で、お酒の瓶の洒落た包み方や、手提げ風に結んでの
利用方法が紹介されているのをよく見かけるのですけれど、あまり器用でない
私にはうまく出来そうにありませんでした。

それに、準備に時間がかかるのは、もう億劫でした。

そう思いながら、先日 新聞に風呂敷の利用案内が出ているのを見ていたら、
ふと思い出したのです。

いつだったか川越のお店で見つけて買っておいた手提げにする時の二つの輪!

「リングをふろしきに結ぶだけで、かわいいバッグになります」
と解説つきで袋に入ったままでした。

ああ、本当だ! これなら私にも出来そうです。荷物の多い日に、着物を包む
大ぶろしきを使ってみました。

大風呂敷で




明日はカルタを二箱 持って出かけるのに使います。

かるたを入れて  袋に




娘に、「可愛い!」とほめられて、気をよくしています。

簡単に着装出来て、便利\(^o^)/ これって、ちょとしたエコ。

決して‘大ぶろしき’を広げてはいませんよ。






iPhoneから送信

押し絵による「源氏物語五十四帖」 ギャラリー丸美京屋


押絵による「源氏物語絵」展示の案内をいただきました。

     葉書絵




展示会場はスカイツリーで盛り上がっている浅草です。

当然ながら、業平橋の駅名は 「とうきょうスカイツリー」となり、


     駅名


駅を降りると、街を行く人の目は皆スカイツリーの方に向けられています。


     スカイツリィー


浅草寺の雷門の前に人が溢れていて、仲店通りには入っていけないほど混雑して
いましたが、「源氏物語押し絵」の展示会場は幸いにも雷門の前の道路を挟んで
浅草寺と反対方向に歩いて2分程の所にありましたので、全く難なく会場に到着
することができました。


右折する角に「まるごと北海道物産本舗」があり、下に案内版が貼られています。


     案内の看板


そのまま右手奥の通りを見やると「ギャラリー丸美屋」の文字が見えます。



展示会場は2階。


     会場1


     会場2


     会場3



 綺麗な布地を使って立体的に表現される「押絵」、この日本の伝統的技法によって
『源氏物語』五十四帖の世界が見事に表現されていました。

各帖の象徴的な場面を金襴緞子で表現した54点の作品は現代に於ける新たな「源氏物語
絵巻」の再現であり、創造であると言えるのではないでしょうか。それぞれが見事でした。


浅草に行かれる予定がありましたら是非寄ってご覧になることを御勧めいたします。


     会場案内文 ←(クリックで大きくなります。)







「とはずがたり」を歩く

ゆっくりしてたら、すぐに暑い季節がやってきます。

天皇に愛された女の物語-「とはずがたり」と鎌倉時代-講座の、
文化と歴史を訪ねる日帰りツアー、昨日は講座修了後 大学構内の「スタイル・カフェ」に
移動して、打ち合わせを始めました。

時間のある方に残っていただき、まずは日程を調整してみました。

     カフェ

今回の行き先は鎌倉です。

「とはずがたり(問わず語り)」の主人公である二条が、後深草院の寵人となった
のは鎌倉時代の中期、政治上の実権は武士が握っていた時代です。

後深草院の父である後嵯峨法皇が病に倒れ今日明日とも知れぬ時に、朝廷の
見張り所でもあった六波羅探題の北条時輔が法皇の見舞いにやってきています。

ところが、その数日後彼は鎌倉の執権北条時宗により 叛意ありとして討たれてし
まいました。世に言う二月騒動(きさらぎそうどう)です。

とはずがたり」にはその折りのことが次のように書かれています。

十五日の酉の刻(午前六時ごろ)に、都の方向からおびただしく煙が上がるのが
見えました。

どのような方のお住いが焼けてしまうのかと聞いたところ、六波羅探題南方の、
式部大輔(北条時輔)が幕府の命で討たれたということでした。

その邸の炎上する煙であるといいます。世の無常さが心にしみ、何とも言いようも
ございません。

九日に式部大輔は法皇さまのご病気のお見舞いに参上されております。今日とも明日
とも分からぬような法皇さまに先立ち、御自身が先に死んでしまわれたとは。

人の死期は誰が先になり、誰が後になるか定まりのないこの世の習い、今に始まった
ことではないとはいえ、まことに哀れなことでした
」          

北条時輔は鎌倉執権北条時宗の異母兄だったのです。




今回の鎌倉紀行は、まず「北鎌倉」で下車し、円覚寺を訪れることから始めようと計画
しています。

円覚寺案内



円覚寺は蒙古来襲の時に、北条時宗が毎夜参禅したところ。弘安5年の創建ですが、
江戸中期に再興。   北条時宗の廟があります。

円覚寺山門   廟







鶴岡八幡宮に向かう道には・・・

こんなお店も   おみせ

いろいろ、お店もあります。見学場所もこれから決めていきます。


天候による実施判断、集合場所、今回の具体的なコース等は後日のご連絡となります。

また、今回ご一緒できない方も別の日に同行出来る方と訪れていただけるような資料を

準備していくつもりです。



  仲間が広がる、学びが深まる 

 鎌倉紀行-「とはずがたり」を歩く” 

  

  今後も 幾つものコースを御提示出来そうです。

                              ツアー
                         ご期待下さい。









24年度  “百人一首かるた倶楽部”-始動

5月22日(火)スカイツリー開業 の 記念すべき日に

東京スカイツリーライン沿線、634(む・さ・し)武蔵の国にあります獨協大学の

オープンカレッジ百人一首かるた倶楽部

教室での練習を開始しました。


     倶楽部__

朝からの雨で、気温もあがらず寒いくらいの一日でしたが、大学の教室での練習会も
暫くぶりだったこともあって、十分熱気に満ちていましたよ。


百人一首和歌の講座 「よくわかる『百人一首』の世界」は、木曜日の2限ですが、
百人一首かるたの実践は、講座の自習として全く別の火曜日に活動しています。


今学期(春期)の -活動日と場所- は下記の通りになります。

5号棟 103教室 2限(10:45-12:15)


6月12日(火)  6月26日(火)  7月10日(火) 7月17日(火)

8月21日(火)  8月28日(火) 


※「百人一首かるた」に興味をお持ちの方、ちょっと見学してみたいとお思いの方は
 是非、お誘い合わせの上 教室においで下さい。お待ちしております。
 


今日は練習の後に 学食 で昼食をとりました。


     学食


                   オムライス これ、オムライス

    ( 隣の人のが美味しく見えるわ~  今度コレ 食べてみよっと





ハハコグサ


      ハハコグサ




記念すべき日食の日に見沼田んぼで出会ったハハコグサ!
コレ植木畑の中だっからよく育っていて、美味しそう・・いやキレイ!

この植物、まだ若草のころはゴギョウと言うもの。

そうなんです、春の七草のひとつなんですねぇ~(*^^*)


  君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪はふりつつ
(きみがため はるののにいでて わかなつむ わがころもでに ゆきはふりつつ)

とよむだけで、何か情景が浮かんでくるようですね。


古い時代に朝鮮から日本に伝わったと言う植物。今も草餅に、ヨモギではなく
このゴギョウを使うところもあるそうですよ。





iPhoneから送信

武蔵の国 ―その2―

<武蔵の国・清水冠者の母の寺       

武蔵嵐山の鎌形には、木曽義仲の愛妾で、息子 義高の母であった山吹姫の寺が
あります。その寺は威徳山班渓寺(いとくさん・はんけいじ)といいます。

     P2070036.jpg

由来書きによりますと、この寺の梵鐘の内側に次のような文面が刻まれていると
いうことです。
  
 木曽義仲長男清水冠者源義高為、阿母威徳院殿班渓妙虎大姉創建スル所也

阿母(母又は乳母の称)妙虎大姉木曽義仲の長子である源義高のために菩提を
ってこの寺を建てたということが分かります。


義仲の幼名は 駒王丸。当地で、久寿2(1155)年8月に源 義賢(よしかた)と
小枝御前との間に生まれた次子でした。

義賢が大蔵館で甥の源 義平に討たれた時、駒王丸は畠山重能、齊籐実盛の情により
木曽におくられ、木曽義仲として育ちました。成人後、旭将軍に出世したのでした。



 寿永二(1183)年正月二十日、木曽義仲は粟津ヶ原で戦死しましたが、身の危険を
感じた山吹姫は身を尼の姿に変えて義仲の縁ある者を頼って、武蔵の国に向かいます。

鎌倉の源頼朝に人質として捕らわれているわが子義高に会う折もあろうかと、夫 義仲
誕生の地である武蔵の国、鎌形まで下ってきたのでした。

山吹姫は、この地に草庵を建てて夫である木曽義仲の霊を弔うと共に、いつかわが子
義高に逢える日を心待ちにしていました。

ところが、義高は元暦元(1184)年、四月二十一日、鎌倉を抜け出しはしたのですが、
この地にしのび来る途中の二十六日に、入間川原で頼朝の命を受けた藤内光澄に討た
れてしまいます。その報せを聞いた母の嘆きはいかばかりであったでしょう。

その六年後の建久元(1190)年十一月二十二日に山吹姫は亡くなっています。法名を
威徳院殿班渓妙虎大姉とおくられて、ここに葬られました。

この母を開基として建てられたのがこの班渓寺だということです。


さして広くはない境内の左横手に墓所がありますが、その一角に風化のみられる古い
小さな墓石がありました。


     P2070037.jpg

近年、新たにここが山吹姫の眠る墓であることが分かるように 新たな墓碑も建てられて
ここを訪れる人の姿を見ることも多くなったようです。  04SPR24A.jpg


                          








続きを読む

歴史ドラマ「平 清盛」 と 武蔵の国

この5月上旬、武蔵嵐山にある産地直売所「ふれあいの里・たまがわ」で新たな野菜を
見つけました。

     のらぼう菜

比企地域の伝統野菜「のらぼう菜」というのだそうです。見た感じは菜の花 のようです。



当地へは、これまで何年も通ってきているのに今回初めてこの野菜に気が付きました。


それもそのはず、この町がこの度伝統野菜を新たに復活させて栽培することで、特産野菜
として力を入れる取り組みを始めたからでした。

     比企のらぼう菜


「おひたし」にしてみました。なるほど、甘くてクセも少なく食感がよい野菜です。
和え物にもよさそう。このしゃきしゃき感は、そう パスタに合いそうです。

「比企のらぼう菜」だけでなく、新聞やテレビで紹介された「埼玉青なす」も置かれ
ていました。



ところで、当地は「武蔵嵐山」の名が示すように、その昔の「武蔵の国」。
平安時代末期には 源義賢(よしかた)が館を構えた所です。

丁度、この直売所と都幾川を挟んで向こう側には、帯刀先生(たてわきせんじょう)源
義賢
の居館-大蔵館(おおくらやかた)跡があります。


先週の歴ドラ「平清盛」で、源義朝の子 悪源太義平に討たれる場面がありました。

     義賢

この時、義賢の正室の子である長子は一緒に殺されています。
なお、木曽義仲は義賢の次子で母と共に木曽に逃れることができました。

     義平


当地には「木曽義仲産湯の水」と伝わるところが八幡神社境内にあります。



武蔵嵐山は、‘いざ鎌倉’という時に馳せ参じた「鎌倉街道」が通るところからも、
この地が重要な拠点であったことがうかがえる所なのです。





獨協大学 オープンカレッヂ講座・2012

     獨協マウス

12日土曜日は、「2012年度 獨協大学オープンカレッヂ講座」の開講初日です。

風薫る5月、キャンパスを歩くだけでも気持ちの良い季節となりましたが、昨日は
ちょっと風がありましたね。

初日は時間に余裕をもって講座に臨みたいと 心掛けて 出掛けはするのですが、なぜか
時間迫っているのに途中で気づいて慌てるのが常のこと、私も今日は「英会話」講座の
受講生です。

棟内で会ったセンター職員の方から、いつものように笑顔で声をかけられました。

「今日は、先生ですか? 受講生ですか?」  私「受講生で~す!」


廊下でも顔見知りになった方達と手を振って合図をし、言葉を交わして教室に入ると、
「あら、Keikoさん、暫く~。 隣の席 いい?」 「どうぞ、どうぞ」

こんな知り合いができて、仲間が広がることで、「学び」も深まるような気がしています。



さて、今年度私が担当いたします二つの講座は、来週の17日(木)が初日です。

出来れば 講座の時間外で関連した「学びと交流の場」を持ちたいと考え、センター
の方にも場(教室も含めて)の確保をお願いしているところです。


それぞれ、自由に利用出来そうな場所としましては、

     学生食堂

E(東)棟から出て2分程、南東にある「35周年記念館」 二階の学生食堂が
平日ですと18時まで開いています。昼食時間帯でなければ、机を囲んでの談話
などゆたりとできます。


     芝生広場

E(東)棟 横の「芝生広場」日が長い間は、こんなところでくつろいでお話するのも
いいでしょう。



     スタイルカフェ

芝生広場を眺める位置にある「スタイルカフェ」。コーヒーを飲みながらの打ち合わせ
に最適です。但し、人数が多くなりますとみんなで顔を合わせて談話できないのが難点。

二グループに分かれてしまうことになります。

一番よいのが、E(東)棟5階の教室から、そのまま1階に降りたところのラウンジ。

     一階ラウンジ

土曜日はこんな状態でしたが、時間帯によっては 大勢の人で埋まってしまう場所です。



なお、「百人一首の和歌」につきましては、講座の時間帯以外に「自習」という形で

「百人一首かるた」の実践を楽しむサークル「かるた倶楽部」があります。大学センター
の方でも受講生の方からの申し出があれば教室を確保する準備があるとの返事をいただき
ました。

講座の際に、お世話役を引き受けてくださっています方の ご案内があると思います。
ご参加はもちろん自由で、無料。 新入部員大歓迎の体制でお迎え致します。


「天皇に愛された女の物語-日記文学「とはずがたり」と鎌倉時代-」

よくわかる「百人一首」の世界 - 和歌から古典の世界をひもとく -

この二つの講座ともに、開講日3日前の 5月14日(月)が申し込み締め切り日と
いうことで、受講生名簿はまだいただけませんでしたが、両講座とも前年度から引き
続き受講していただける方々がありますので、恐らくスムーズに始める事が出来るか
と思います。


仲間が広がる 学びが深まる をモットーに進めて参りますので、

ご期待下さい。







続きを読む

太巻き寿司

家族も多く、人を招くこともあった頃には度々作った「太巻き寿司」ですが、
一昨年のブログで取り上げたところ、作り方を紹介してほしいとのリクエストを
いただきました。

3合のご飯に 具と、野菜と、漬物と、一本に全部巻いてしまう「太巻き」

<残っても困るわよ。そんなに食べる家族も、もういないでしょうに。>



あぁ、そうじゃないんだ。夫婦2人になった家庭にも、今度は子供達が家族と一緒に
やって来るようになったのですね。

直径10cm ある大きなお寿司に、きっと 目を丸くされることでしょう。




<材料>
 海苔 7枚半・インゲンなど青い物・海老又は貝類・胡麻(白)・ユカリ
 ・卵 8個・ホーレン草1束・ガリ


①米(3cup)を洗い、水を切って酒(1/2cup)塩(小さじ1)
 だし昆布10cmのもの1枚入れて硬めに炊く。

②卵8個は錦糸卵にしておく。

③中に混ぜる具4種を用意する。
 イ、海老は塩、酒、みりん等で濃いめに調味。炒り煮して、  小口切り。
 ロ、青物は小口切りして、イと同様に調味汁で炒り煮して汁気を良く切る。
 ハ、ユカリ、 
 ニ、白胡麻、

     1_20120509221243.jpg



④ホーレン草は熱湯に多めの塩でサッとゆで上げ、きっちりしぼって塩、みりんを
 ふりかけて、濃いめに調味したものを、使用するまでつけておく。

 きっちりと良くしぼったものを2~3cmに切って使用する。

⑤卵8個はボールに割り入れ、よくといて漉し器等で漉してから、砂糖(大さじ8)、
 塩(小さじ1)をよく混ぜる。
 
 卵1個分で1枚の割合で薄焼き卵を作り、半分に切ってから千切りにして金糸卵にする。

⑥ガリは汁をよくしぼって使用する。

⑦寿司桶にご飯を移して、合わせ酢(砂糖大さじ3・酢80cc)をふりかけて、切る様に混ぜ
 ながらさます。


     2_20120509221315.jpg



4等分に分けて、それぞれの具(イ~ニ)を混ぜ込む。

     3_20120509221505.jpg


⑧海苔の、2枚を貼り合わせておいて、


    4_20120509221614.jpg
     この巻き簀は大きい物を使用しています。




4種類(海老貝類、青物入り、ゆかり、胡麻)の酢飯をそれぞれに3等分にしたものを、
順に手前から、全体の1/6のところまでに置いていく。間に海苔の半分に切ったものを
入れる。

     5_20120509221900.jpg


これを2回行う。(酢飯のそれぞれ1/3は残しておく。)

     6_20120509221933.jpg

⑨錦糸玉子を全体にのせ、海苔1枚を手前にのせ、半分に切った海苔を向こうにのせる。

     7_20120509222054.jpg


⑩よく、まな板等で押してから全体の1/4のところまで、残りの酢飯を前と同じようにおく。

 海苔をのせて、ホウレン草、ガリを並べて手前におき、巻いていく。

  
     9.jpg

中を手で押さえながら、巻き簀でしっかり巻く。

ひも等でしばってしばらく置いてから切るとよい。


     出来上がり

あっ 円の形が少し曲がってる! 整えてから撮ればよかったな 

<ユカリ入りのふりかけ>を使ったけれど、ユカリだともっと赤色がきれいに出るよ。

寿司飯の置き方や、ホウレンソウとガリの置く位置で、模様を変えられるので試してね。








三笠山(みかさやま)

昨日(5月6日)は竜巻や突風が発生し、茨城、栃木に大きな被害をもたらしま
した。こちらでもその頃、俄に空が曇もるやいなや雷鳴と共に突然雹が降り始め、
やがて激しい雨にかわりました。

5月5日が暦のうえでは「立夏」、季節の変わり目によくみられる不安定な気象
とはいえ、最近の異常気象の数々を思い、不安を感じながら雷雨が治まるのを待
ちました。

その夜の月は満月で、こうこうと照る月が何事もなかったかのように空に浮かん
でいました。

     5月7日の月


天空に浮かぶ月は悠久の時を思わせます。


今から約1300年前のことですが、安倍仲麿(あべのなかまろ)は唐(中国)
にて、空をあおぎ、月をながめてふるさとの三笠山に出たなつかしい月を思い
出したといいます。


7 天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも    安倍仲麿
(大空を仰ぎみると、この異国の空に月が美しく照り輝いている。
 あの月はふるさとの奈良の春日にある三笠の山に出ていた月と、
 同じものなのだなあ。)

この時、安倍さんは、留学生として中国に渡っていました。とても優秀な方で、
中国の役人になるための試験に合格。かの有名な李白(りはく)や王維(おうい)
と交流し、玄宗皇帝にも気に入られて位の高い役人になっていました。

この歌は、30年ほどたって皇帝から帰国を許された時にふるさとを思って詠んだ
といわれています。

この奈良の「三笠山」は、お菓子の名前にもなっているのですね。
関西方面では、今「どら焼き」と呼ばれているものを「三笠」、「三笠焼き」、
「三笠まんじゅう」などと呼ぶことが多いそうです。

菓子の外見が奈良県の三笠山に似た形であることに由来するとはなんとも風流で、
上記の歌と思い合わせて食べてみると又違った味わいを感じられそうです。

   どら焼き   どら焼き中



ようやく帰国できることになった安倍さん、日本へ向かった船が暴風にあって難破
してしまいます。

結局、また唐(中国)に戻り、その後も唐で過ごして、長安(西安〔シーアアン〕)
で亡くなりました。






バラが咲いた バラが咲いた ♪♪

          


薔薇の中で1番早く咲き出すのは、木香薔薇。真っ先に5月の到来を知らせて、
もう小さな花びらを散らし始めました。

代わって今にも咲き出しそうな大きな蕾の薔薇を切って来て、コップに挿して
おいたら、ちょうど良い具合に咲き出しました。

でもね、実は、今朝見たらロイヤルサンセット一輪がすっかり開き切ってしまって
いたので、朝食用に作っていた‘グリーンスムージー’に花を丸ごと加えて、食べ
てしまったのです。仄かに薔薇の香りがして、何とも華やかな気分になりましたョ(*^^*)

函館は今、梅と桜の花がいっしょに咲いているそうです。少したって、八重桜が咲き
出すと、義母はきっと今年も‘桜の花の塩漬け’などをつくることでしょう!

お湯を注いで‘さくら茶’に。葉は丁度良い塩加減まで戻して桜餅に使われます。



iPhoneから送信
プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR