にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

季節は今・・・

今日の 『百人一首』 講座に この歌がありました。

白露に 風の吹きしく 秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける                            
                      文屋朝康
(ふんやのあさやす) 

この歌を、はかなく消える「露」に焦点をあてて、現代詩風に訳してみたのですが、

草の葉の上に置く白露 
  風は激しく秋の野に吹き
    はかなくも散る 白露よ
 つなぎ止めることも出来なくて 散り乱れ
       露の命は はかなく消える


白露こぼれる 秋の野の美 を詠います。


十月ももう後 2日を残すばかりとなりました。旧暦ですと今日は10月3日

でも、しかし、旧暦では、123月が春、456月が夏、789月の秋が終わって、
冬の10月に入ったことになります。

それはそうですよね、暦の上では後10日で「立冬」ですものね。

でも、しかし、それにしては まだ温かい日が続いていて、夏日があるのも驚きです。

朝の散歩コースには、「秋の野」に詠われた 白露が朝日を受けてキラキラ輝いて
玉(真珠)ならぬ、ダイヤのごとく光輝いていて、とっても綺麗です !


そして、それなのに、こんな 花が・・・咲いていました。

オドリコソウ1

これって、ホトケノザ ですよね。オドリコソウ属の一年草。春の七草


11月桜
‘えぇ~ 桜が・・’と思ったのですが、これは「11月桜」と呼ばれる冬桜らしく

なぜか、‘ほっ’としましたけれど、


ヘルシーロードの桜並木に、ぽつぽつと 咲いているのは

秋に桜一輪 染井吉野です。



そういえば、仲秋の名月のころ 全く見あたらなかった ススキが今頃になって

見沼田圃の土手沿いの あちこちに出てきました。まだ「枯れ尾花」状態にも
なってもいないようです。


あの 気になった 紫陽花 

スミダノハナビ


「あれは、八月末頃から10月末まで咲くアナベルという比較的最近出回り始めた
 品種の紫陽花ではないでしょうか」との、うれしい メールをいただきました。

‘なーんだ、そうなのかぁ~’と、「アナベル」という初めて聞く名で 早速 検索

アナベル (画像はNHK「趣味の園芸」より)


 学名:Hydrangea arborescens 'Annabelle'
 原産地:アメリカ
 花期:初夏
 つぼみの頃には緑色で,開くにつれて薄緑から真っ白に変わります。たくさんの花が
 集まった花房は直径が 20 センチ以上にもなります。
 他のアジサイ(紫陽花)とは葉の様子もだいぶ違います。



うぅ~ん ?? 

 
花は暦を見て 芽を出したり 咲いたり する訳じゃないから 当然の現象、

今後 地球温暖化が進めば、古典の世界との季節感がずれて 暦の違い だけではすまなく
なることでしょう。







小渕山観音院(おぶちやまかんのんいん) と 芭蕉

埼玉県 春日部市 にある 小渕山観音院


     観音院

この地方の観音信仰の霊場として有名であった 由緒ある古刹。かつては多くの人が

参拝に訪れたといいます。

楼門は 昭和47年 市指定の有形文化財


     山門

歴史を感じさせる 立派な造り、仁王の損傷が惜しまれます。

仁王1片眼がなかったり、肩がはずれたり、

仁王2左手が関節からなかったり、、




     PA230039.jpg

この地震でこの楼門自体が危険な状態らしく、通ることが出来ません。

こういった文化遺産の修復には特別な技術を要することでしょう。まだ ここまで手が
廻らないのが実情かも知れませんが、堂内の画格天井の彩色といい、彫刻といい 素人
目にも由緒あるお堂と思われ、各所の傷みが 惜しまれます。

     彫刻


今回、この小渕山観音院を訪れたのは、一説に「元禄2年に、
松尾芭蕉が、『奥の細道』紀行の折 ここに参拝しこの地を最初の宿泊地とした」
と知ったからです。


ただし、『奥の細道』作品中に当地の名は出ていません。あるのは、「深川」を出立、

上野(うへの)谷中(やなか)の花の梢(こずゑ)又いつかはと心細し。睦まじきかぎりは
宵よりつどひて、舟にのりて送る。千住(せんぢゆ)といふ所にて舟をあがれば、
前途(ぜんと)三千里のおもひ胸にふさがりて、幻(まぼろし)の巷(ちまた)に
離別(りべつ)の涙(なみだ)をそゝぐ。
  
   行(ゆ)く春(はる)や鳥(とり)啼(な)き魚(うを)の目(め)は泪(なみだ)

其の日漸く早加(さうか)といふ宿にたどり着きにけり。


「千住」までは川を舟で、「草加」を通って 利根川を渡り、次の地名は栃木県。

室(むろ)の八島(やしま)に詣(けい)す。


「粕壁」に、芭蕉が泊まったとの言い伝えがあるということですが、考えられますね。

境内には、芭蕉の句碑がありました。

句碑
毛のいへば 唇さむし 秋の風   ばせう


また、円空 も丁度同じ頃(元禄2年)にこの地を訪れました。当院には 七体の

円空仏 があるということです。ちょうど 今 埼玉県 歴史と民俗の博物館

「秘仏、公開。 円空 こころを刻む -埼玉の諸像を中心に-」


開催中です。 10月8日 → 11月27日


歴史と民俗の博物館 の ホームページ は こちら(←)から どうぞ。









“もみぢ の 錦・・・” も間近

 
まだ雨のあがらない 6号館前 中庭の  華やいだ 一角が目を引きました。

     PA210001.jpg

今日の『百人一首』は 秋の歌

このたびは ぬさもとりあへず 手向山 もみぢの錦 神のまにまに
                                     菅 家
  

  この度の慌ただしい旅
  幣(ぬさ)の用意もできないままに
  来てしまった 手向け山(たむけやま)
  山の紅葉を錦の織物の幣として
  取り敢えずは捧げます
  神よ御心のままにお納めを
      
                  幣幣(ぬさ)




小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ                          
                                   貞信公
 

  小倉山の峰を彩るもみじ葉よ
  そなたに心というものがあったなら
  もう一度ある
  天皇のおいでの、その日まで
  どうか散らないで
  どうか そのまま待っていて欲しい




と、こんな もみぢの錦 となるには あと 2週間ほど かな。





PA210003.jpg 食堂の「きつね蕎麦」250円


蕎麦 は秋 の食材だとか。 年中あるけど、そうなんだ。。。


急いで食べて 次の講座に 急ぎます。



今度は「英会話」を受講する側、忙しく楽しい 土曜日。

雨もあがって 清々しい中を 帰宅です。 

あした 晴れるといいな 

   


 



「大牧」の地と、将軍 秀忠の子

久しぶりに見沼代用水西縁に沿って駅方面のコースを歩いてみました。

見沼田んぼの一角、「調節池」の工事が進んでいます。


調整池工事中


             池工事現場


見晴らしのいい ウオーキングコースが、春 にはお目見えすることでしょう 



この代用水を挟んだ反対側が、さいたま市 緑区 大牧(おおまき)

歴史ある「大牧」の名を各所に見ることが出来ます。

大牧小  女体本殿

大牧小学校     と     埼玉県指定有形文化財 大牧氷川女体神社本殿             







NHK大河ドラマ「お江」でも登した、将軍秀忠の隠し子騒動
その子が将軍秀忠の内意により3歳から7歳まで 匿われ育てられた地 「大牧」です。

テレビドラマでは生母の名は「おなつ」でしたが、大宮氷川神社(さいたま市大宮区)
に残されている「願文」には「志津」。「おしづ」だったようですね。


秀忠の乳母「大姥局」に仕えていた女性が密かに秀忠の子を出産(1611年)、

大牧に領地をもらっていた人(武田信玄の娘、見性院)に預けられたからです。

        [*見性院については、以前の記事で↑]




その子の幼名は幸松(こうまつ)、後の保科正之です。

3歳から7歳までの間幸松はここ大牧でどのようにしていたのでしょうか、
その姿が想われます。。。


保科正之は、後に 会津二十三万石の太守となり、将軍輔弼役として
幕府の屋台骨を支えた名君となりました。




用水沿いに・・・・、えっ紫陽花? 咲いていました

          紫陽花






秋の花粉症

今日の気温は、30度を超えたところもあるそうです。都心では29度2分、県内も
変わらない暑さでした。

今秋 例年より多い スギ花粉が観測されているのは、今年の夏の寒暖差が原因のひと
つになっているとか、

だって、10月中旬に再び 夏日になるなんて、動植物が季節を勘違いしてしまうのも
無理ありませんよね。





     花ハチ画面右に大きな虫

今朝、気温が上昇する中で蝶や虫が盛んに花に集まっていて、蜜を吸っていました。




ミツバチより数段大きくて、大小さまざま何匹も集まってきた この「花蜂」は何と
いう名を持つ虫なのでしょう。

はねを動かして停止しながら花の蜜を吸っています。蜂のようで姿は虻にも近い。

花の蜜を吸いにやってくる虫なので勝手に「花蜂」と呼んでいます。




そういえば、秋の花粉症の原因となっているのはスギ「花粉」だけではありません。
他の植物の「花粉」もアレルギーを起こしていることが分かりました。

その一つが「カナムグラの花粉」だそうです。こちらも飛散する花粉は似たような
ものなのでしょうか。

「カナムグラ」は確かに丁度今頃花が咲いていますね。

     カナムグラ
     今朝の散歩コースで撮ったものです。


カナムグラは「鉄葎」とも書きます。そして、ムグラとは、広い範囲にわたって
生い茂る雑草。繁殖力が旺盛で、空き地は言うまでもなく、手入れをしない庭や門
を数週間で覆いつくしてしまいます。

そんなことからカナムグラの名は、荒れた邸宅の象徴ともされました。

茎に細かい刺がいっぱいあり、6 月頃からはびこりますが、花は 9 月下旬
から雄花、雌花がつくものです。



ところが、ヤエムグラ「八重葎」そのものを名に持つ植物もあるのです。

     むぐら これが「八重葎」 


花は4~7月に咲きます。花径2mmの白い花でほとんど目につきません。
葉は8枚~7枚で車状になっているのが特徴で、春に黄緑色がきれいです。

葉にはトゲがあり、雑草で日当たりの良い肥沃地に生えます。草丈1mまで
茎を伸ばしてつる状になります。



ここで問題になるのが、『百人一首』に採られている47番秋の歌の「八重葎」です。

47八重むぐら 茂れる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり                
                  恵慶法師  [『拾遺集』秋(一四〇)]

(生い茂ったむぐらなどの雑草がはびこっている、この寂しい住まいには、人もだれ
 ひとりとして訪れては来ないが、そこにも秋だけは訪れてきたことだなあ。)

・八重むぐら→たくさん重なるという「八重」と、つる状の雑草が草がしげって
       いる状態。


第四句までは人の世の無常をうたい、第五句で対照的な不変の自然をしみじみと
感じての思いが詠われます。秋の歌です。

だから、この葎は「ヤエムグラ」ではなくて、「カナムグラ」の葎と分かります。






「蜂」も「花粉」も「むぐら」も、同種でありながら さまざまだなぁ~ と思っていた
ところ、


わ~ このようなものをいただいたのですけれど・・・、


カボチャ

   これ、カボチャなんですって


  さて、コレどう料理しましょうかねぇ。






京都御所 秋 の一般公開

     コスモス畑

秋空のもと、コスモス畑の花が風に揺れています。
秋に咲く花の色がこんなにも優しく鮮やかなのは、秋の陽ざしのなせる技?



今夜は望月ですね。ちょっと霞んで見える まんまるお月様は、優しくみえました。

新興住宅街を通ると、ハロウイーン飾りをされているお家が多くなっているのに気付き
ます。これが終わると、次にはもうクリスマスリ-ス?

秋も駆け足で過ぎていくようです。


2011年、秋の京都御所一般公開は、10月31日~11月6日(9時~15時半)


前回の講座で、公開日を違えてお伝えしてしまいました。ゴメンナサイ、6日で終了と
なりますので計画される方はご注意下さい。



私の「文化と歴史」を訪ねるプチ旅、秋は「京都御所見学」にすることにしました。

申し込み不要の一般公開が春と秋2回あります。この期間ですと大勢の人でゆっくり
見学できないことも予想されますが、見学者同士の関心事やその場の様子を知るのも
見学のうち。

建築物や内部の様子を詳細に記録した映像、資料からは得られないものを見てきたい
ものです。 
 





秋を迎えて

昨今は次第に日も短くなり、散歩道には早くも落ち葉が ちらほら

秋が深まろうとしているのですね。

今朝の散歩、久しぶりに氷川女体神社前にあるハーブ園に寄ってみると、

     PA080004.jpg

花盛りだった夏とは様相を異にして、全体が 秋模様 に衣替えしたかのようです。




先日気づいたのですが、獨協大学の構内にも、突然ハーブ園が出来ていました

     ハーブガーデン

出来たてホヤホヤ、新苗がお行儀良く並んでいて、ここだけ見ると、季節が戻っている
ようです。

でもほら、秋学期の始まりとともに構内には活気が漲ってきて、
     獨協大学

雄飛祭(文化祭)まで ひと月 を切りました。緑の多い風景には 季節が宿りますね。



昨日の『百人一首』講座での和歌に

6 かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きを見れば 夜ぞふけにける                 
                  中納言家持[『新古今集』冬(六二〇)]

かささぎが翼を広げて架け渡すという橋、その御階の上には霜が降りて白くなって
 いるが、それをみると、夜もすっかり更けてしまったことだなぁ


がありました。

この歌の季節は、霜の降りるです。 ちょっと気が早い話、いえ歌 ですが・・・
この鵲(かささぎ)というのは カラス科の鳥

この歌からですと、鵲(かささぎ)って真っ白な鷺のような鳥をイメージしませんか?
でも、カラス科というのですからねぇ。こんな鳥なんですよ。

かささぎ



『百人一首』では作者を大伴家持(おおとものやかもち)としていて、奈良時代の歌人。

そして、鵲(かささぎ)について調べてみますと、

現在日本に生息するカササギは、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に、肥前国の佐賀藩主
鍋島直茂、筑後国(現福岡県)の柳川藩主立花宗茂など九州の大名らが朝鮮半島
から日本に持ち帰り、繁殖したものだとされています。

『魏志倭人伝』も「日本にはカササギがいない」と記述していますし、古代の日本
には、もともとカササギは生息しなかったと考えられます。


しかし、古代日本では、中国の七夕伝説から、翼をつらねて橋となり、天の川にかかり
織女を牽牛のもとへ渡すとされた鳥と知られ、そのイメージの鳥と認識されていました。

つまり、歌人大伴家持は七夕伝説に取材した鵲を歌っているということになるのです。



古代の日本の人たちは、「カササギ」という鳥をどうイメージしていたのでしょうね。
やはり、カラスより白鷺のような鳥ではなかったでしょうか。。。


白鷺とカラスを 見ながらそんなことを思った 今朝の散歩でした。






 何 これ??


9月の半ば頃でしたか、こんなモノを いただきました。

      カボチャ1

何 これ ?? ズッキーニ の親分みたい !


切ってみると、山吹いろ。。。    これ、かぼちゃでした   。


     煮物に

煮物にしてみると、甘さひかえめ、クリのような食感 上品な味でした。

食用「へぼ かぼちゃ」 ズッキーニの仲間だそうですよ。

「へぼ」とは「平凡」のことらしく、他にも「へぼ かぼちゃ」と呼ぶ かぼちゃ
あるようですけれど。

かぼちゃ と言えば ‘土手かぼちゃ’あの カーリングの玉 のような形しか頭に
ない 私は、その後 直売所に行くたび かぼちゃ探し

あった !

     かぼちゃ2

羽生の農産物直売所には‘へぼ かぼちゃ’と ありました。

川越の直売所では、丁寧な 説明書きがあって、感激! コレは食文化と歴史


この野菜はニホンカボチャです。

通称 バナナかぼちゃ と呼んでいます。

東南アジアでは早くから栽培されていました。

日本へは安土桃山時代に伝わりました。

切るのにあまり力がいりません。しっとりとして風味があります。
利用目的に応じて切って、冷凍保存できます。


この二つのかぼちゃに共通する名前が‘へぼ かぼちゃ’ この形かな?


その後、近くの JA見沼野菜直売所 にも バナナかぼちゃ が出ていたので
その 甘さを活かしてみようと、かぼちゃケーキ に挑戦


和菓子に

「おから」と「やわらか豆腐」を混ぜ込んでヘルシーに仕上げてみたのですが、

でも、これ ケーキというより和菓子風に仕上がって とろ~りとした食感 デス。


美味しいと思うんだけどね。ケーキもかぼちゃも苦手な家人は、すすめても返事だけ、
結局、一人で 完食しました。 





 

秋期講習 「百人一首の世界」

今日から、10月 木曜日から土曜日に変わった 秋期講習 『百人一首』の世界
始まりました。

一首目は、丁度今の季節にふさわしい この歌からです。

     秋の札

秋の田の かりほの庵(いほ)の 苫(とま)あら 我ころも手は 露にぬれつつ 天智天皇



丁度、今頃の季節でしょうか。 遠い昔の田んぼの風景を想像してみましょう。

見沼田んぼ でも・・・
     はさ掛け
いち早く 稲の稲架(はさ)掛けが見られた見沼田圃体験水田


刈り取った稲を掛けて数日干す こういった行程を思い描けないと、この歌は解りにくい
かも知れませんね。




「かりほ」とは・・・
「仮りいお(庵)」がつづまったもの、農作業のための粗末な仮小屋のことです。

「かりほの庵の」とは・・・
同じ言葉を重ねて語調を整える用法。
秋の稲の刈り入れの時期には臨時に小屋を立てて、稲掛けの稲を荒らされないように
泊まって番をしたりしました。その小屋を「かりほの庵」といっています。
 
「苫(とま)あら」・・・
「苫(とま)」はスゲやカヤで編んだ菰(こも=むしろ)のことです。
…を・・・み」は原因や理由を表す言い方で、「…が・・・なので」という意味を
作ります。従ってここの意味は「苫の編み目粗いので」となります。


それで、この歌の意味は 
秋の田のほとりにある粗末な仮小屋の、屋根を葺いている菰の編み方があらいので、
私の袖は夜露にぬれるばかりである。


もともと『万葉集』の作者不明歌をもとに、農夫の辛さを思いやった天智天皇の歌として、
平安初期に流布した歌と思われます。 たしかに、農作業のつらさという実感は薄く、晩秋
のわびしい静寂さを美ととらえた歌といえましょう。





先日、友人から「百人一首のこと出てたわね。新聞 読んだ?」と電話がありました。

早速、切り抜いた 記事です。

     新聞切り抜き

「第20回県百人一首大会」が23日、戸田市で開かれたという記事ですが、そこには

ここ数年、初心者を中心に競技かるた人口が増加傾向にあるという。小学1年生
から中高年者まで
幅広い世代が参加
」とあります。


秋期講座「『百人一首』の世界」と平行して自習の形で継続している「かるた倶楽部」では
「競技かるた」までは行っていませんけれど、「ちらし取り」や「源平合戦」で、「かるた」
を 楽しんでいるとのこと。「私も日程を調節してもっと参加しなくては」と思いました。

このゲームの楽しさ、ドキドキ感は、やはり やってみないと分からないんですよね。

小5年の男の子は「札を取れた瞬間は、野球でヒットを打てた時に似た満足感があって
楽しい
」と話しています。








プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR