にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

藪萱草(やぶかんぞう)


天気予報で
明日は曇り、気温31度 とか出て
ちょっとは期待するのですが

翌日には 朝から カアー と陽が差していて

「どこが くもり?」 といった毎日です。
気温も35度を行ったり来たり・・

なので、見沼田んぼ のヤブカンゾウも
最近は、暑さにちょっと参ってる ふうに見えます。


これは、6月30日に撮った ヤブカンゾウです。

  ヤブカンゾウ

   藪萱草(やぶかんぞう) は ゆり科の多年草、

   『万葉集』に 「忘れ草」 と詠まれている花です。


334 菅草 吾紐二付 香具山乃 故去之里乎 将忘之為 ←万葉仮名

 忘れ草 我が紐に付く 香具山の 古りにし里を 忘れむがため
忘れ草をわたしの下紐につける 香具山の古い都を忘れるために) 
   大伴宿禰旅人(おおとものすくねたびと)  (『万葉集』 巻第三)


 6月30日

萱草(かんぞう)は「忘れ草」といわれていたようですね。

『文選』巻五十三の 「養生論」に「萱草忘憂」とあり

これを身につけると憂苦が忘れられるとされたので、
 この名「忘れ草」 が あるのだそうです。



憂苦 ならば忘れた方がいいけれど、
物忘れ・・は、ちょっとね。

いずれにせよ、見沼たんぼの藪萱草は摘み取り禁止
たいせつに守っていきたい花々の1つです。






向日葵


 梅雨が明けたわけでもないのに
    真夏日が続きます。

 見沼たんぼ での ウォーキング

 

 木陰になる道を選んで歩いていると

      ずっと向こうに、

 これまで、見なかった風景が広がって、



 IMG_4390.jpg


 思わず、日陰の道から、日向の道へ 一直線   


 IMG_4400.jpg

 向日葵畑 のすぐ側で、 山羊が2頭 草を食んでいました。


雨上がり に 蝉の声


 蘆の龍マルコ

  見沼の龍 マルコ (葦で作られた龍)の前に、

   ヤブカンゾウの花が咲いていました!


 IMG_4336.jpg

   追って咲き出す 蕾も多く見られます。\(^o^)/




   朝からの雨でした。 

でも、少しは歩かなくっちゃ~と出かけてきた

   見沼東縁 ヘルシーロードです。



   傘をさしてのウオーキング

 途中 雨が上がって、明るくなってきたところで、 えっ



東縁


  の鳴き声 が 聞こえてきます。 確かに・・



    そういえば、

去年もここで 蝉の初音(?) 聞いたんだったわ (*゚Q゚*)


さぼてんの花


先日 “見沼田んぼ”の散歩道で、サボテンがたくさん花を咲かせている
のをみつけた。


    サボテンの花


野に咲く花を楽しむ散歩道に、サボテンの花が連なって咲いている
光景は珍しい。

    これから咲く花も

畑と農道の境に庭石かと思われる大きい石が組まれている。植えた
木が随分大きく育っていた。 

恐らく園芸用の植木畑にした土地ではないだろうか。石に沿ってサボ
テンは植えられていた。


    咲き終わりの花も



そういえば 「さぼてんの花」 という歌があったことを思いだして、歌詞
を辿ってみる。

ほんの小さな出来事に 愛は傷ついて
君は部屋を飛び出した 真冬の空のしたに・・
 ♪


甘く 切なく でも、心にやさしく響く歌だったように思い、懐かしかった。
     そんなに 昔の歌でもなかったけれど、



きょうは、奈良旅行のために欠席した 英会話教室 の補講を、隣駅の
教室まで出掛けて受けてきた。 

はじめて御一緒した受講生は、“さぼてんの花”の歌をよく知る年代の
ひとだったからだろうか、短い時間だったけれど意気投合。

別れ際に、
「また、こちらの教室に来てくださいね」
と、言っていただいたのだった。



染谷花しょうぶ園

   土曜日のことですが、地元の花菖蒲園に行ってきました。

 染谷しょうぶ園


         
                本当に久し振り、
  
     確か・・ 20年ほど前に一度来たことがあったのですが、


     講座のあとの “おしゃべりカフェ”で話題に出なければ
      
        きっと、今年も行かなかったことでしょう。



こちらの 菖蒲園には現在約8000m2に200数種類が絢を競っている。

  菖蒲園は6月のみ開園 有料500円   ホームページ ←こちら



古典的ネーミング !!


      清少納言
         <清少納言(せいしょうなごん)>


清少納言・・ 平安時代中期の女房。『枕草子』の作者。和漢の学に
        通じた才女で、紫式部と並び称せられる。



      殿上人
           <殿上人(てんじょうびと)>

殿上人(てんじょうびと)・・宮中、清涼殿に昇殿を許された人たちを言う。
                身分高い公卿。



      香炉峰
             <香灯峯(こうろほう)>


 香炉峰・・・中国江西省九江の南西、廬山(ろざん)の一峰。 白居易の
        「香炉峰の雪は簾(すだれ)をかかげてみる」の詩句は有名。

  『枕草子』の「のいと高う降りたるを」の段では、「コウロホウの雪」が
               キーワードになっている。



      八橋
              <八橋の風景>

ら衣つつなれにし ましあればるばるきぬる びをしぞ思ふ

『伊勢物語』九段 東下りに登場するの 三河の国「八橋」 か・き・つ・ば・た



プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR