にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

霧の深い朝でした

  霧の深い朝でした。
  長雨の間の晴れ!

  陽が射し始めると、
  みるみる霧も消えていき

  雲散霧消 ならぬ
  一時に - みな 現れ出て来て



P1080759.jpg


  見慣れた風景に!


  この晴れた日も、再び雨の日に戻るとか
  晴れている時にと 墓参りをしてきました。


  途中、見沼田んぼを歩いていると

   葛の花大

     葛の花


  秋の七草 の1つです。

  こんなに素敵な花なのに、
  葉の裏に隠れて咲いているため
  見えないことが多い花です。


  葛の花


  高い木を這い登るように伸びた蔓から
  沢山の花が現れて見えました。



iPhoneから送信

里山クラブ見沼

「里山クラブ」という文字にひかれて とっておいたチラシがあった。ここ
見沼田んぼ の田園地帯で農業に取り組んでいるグループのひとつだ。


新規会員募集 限定30名。無農薬での米作・畑作に興味のある方なら
どなたでも。

     広告

芝川沿いのよもぎで作った草餅、穫れたての筍料理、地元のブルーベ
リーで作るソース、麦を収穫して焼いたパン。

いずれ魅力満載の写真付きだ。



見沼田んぼエリアの、一体どこで活動されているのかと、地図を確かめ
てみると、何と 駅に近いところだった。英会話教室のあとに回り道をして
出掛けてみる。

 看板

200メートルほど行った先に、看板を見つけた。 ↑(クリックで拡大)



     稲穂


        カニ これは蛙ではなくて、蟹


        野の花


確かに、ここは里山。 首都圏に残された貴重な大緑地で、他にも今
色々な取り組みが始まっている。


この 何か懐かしい風景と、明るい未来につながるような取り組みの
始まりが、まだ傍観者に過ぎない者たちの心にも何か新しい風を吹
きこんでいるように思えた。


藪萱草(やぶかんぞう)


天気予報で
明日は曇り、気温31度 とか出て
ちょっとは期待するのですが

翌日には 朝から カアー と陽が差していて

「どこが くもり?」 といった毎日です。
気温も35度を行ったり来たり・・

なので、見沼田んぼ のヤブカンゾウも
最近は、暑さにちょっと参ってる ふうに見えます。


これは、6月30日に撮った ヤブカンゾウです。

  ヤブカンゾウ

   藪萱草(やぶかんぞう) は ゆり科の多年草、

   『万葉集』に 「忘れ草」 と詠まれている花です。


334 菅草 吾紐二付 香具山乃 故去之里乎 将忘之為 ←万葉仮名

 忘れ草 我が紐に付く 香具山の 古りにし里を 忘れむがため
忘れ草をわたしの下紐につける 香具山の古い都を忘れるために) 
   大伴宿禰旅人(おおとものすくねたびと)  (『万葉集』 巻第三)


 6月30日

萱草(かんぞう)は「忘れ草」といわれていたようですね。

『文選』巻五十三の 「養生論」に「萱草忘憂」とあり

これを身につけると憂苦が忘れられるとされたので、
 この名「忘れ草」 が あるのだそうです。



憂苦 ならば忘れた方がいいけれど、
物忘れ・・は、ちょっとね。

いずれにせよ、見沼たんぼの藪萱草は摘み取り禁止
たいせつに守っていきたい花々の1つです。






向日葵


 梅雨が明けたわけでもないのに
    真夏日が続きます。

 見沼たんぼ での ウォーキング

 

 木陰になる道を選んで歩いていると

      ずっと向こうに、

 これまで、見なかった風景が広がって、



 IMG_4390.jpg


 思わず、日陰の道から、日向の道へ 一直線   


 IMG_4400.jpg

 向日葵畑 のすぐ側で、 山羊が2頭 草を食んでいました。


雨上がり に 蝉の声


 蘆の龍マルコ

  見沼の龍 マルコ (葦で作られた龍)の前に、

   ヤブカンゾウの花が咲いていました!


 IMG_4336.jpg

   追って咲き出す 蕾も多く見られます。\(^o^)/




   朝からの雨でした。 

でも、少しは歩かなくっちゃ~と出かけてきた

   見沼東縁 ヘルシーロードです。



   傘をさしてのウオーキング

 途中 雨が上がって、明るくなってきたところで、 えっ



東縁


  の鳴き声 が 聞こえてきます。 確かに・・



    そういえば、

去年もここで 蝉の初音(?) 聞いたんだったわ (*゚Q゚*)


プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR