にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

   『魔女の宅急便』の作者:角野栄子さん と 鎌倉

              6月最後の土曜日、  はれ ♪♪

              
             鎌倉に行ってきました!!


     鎌倉文学館


   この日、鎌倉文学館 で開かれる “角野栄子さんのおはなしの扉” 
    
     もしかしたら、参加できるかもしれない、という期待を胸に。



         おはなし会案内


『ズボン船長さんの話』や『魔女の宅急便』など、たくさんの すてきなお話
          を世にだされた童話作家、角野栄子さん。
    
 ご本人から直接おはなしが聞けるというのもすごいことですが、加えて


        最近手にした 角野栄子さんのエッセイ

角野栄子の 毎日 いろいろ』 (角川書店) から伺える 鎌倉でのお暮
らしぶりに魅せられました。 現在82歳、ホント 魔法のくらしに思えます。




6月の紫陽花が綺麗な鎌倉、しかも土曜日は、ものすごい観光客で、人が
 町からあふれんばかりです。 江ノ電の乗車にも 規制がかかる始末。




      緑深く

でも、ここ 鎌倉文学館 は別世界。 少し坂を上がるだけなのに、涼しくて
静かで、鶯の声が ときどき聞こえてきます。



子どもさん優先です」の断り書きがあったので、聞けないかと心配でしたが、
入れました!! 

童話の読み聞かせ、とってもよくて、
おはなしの世界にすっかり入り込んでいました。
       (わたしも、こんどはこんなふうに読んであげよう)



                ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



          路地  

路地を歩くと、さりげなく置かれた紫陽花に心が留まる、そんな街、
                鎌倉です。



          まぐろ丼
お昼は混雑を避け、時間もずらして片瀬江ノ島でまぐろ丼をいただきました。 
                 
                   グー



春期講習 始まりました!


獨協大学オープンカレッジ  春期講習 が始まりました。

       テキスト

よく分かる「百人一首」の世界は、建ったばかりの新校舎での講座です。




    緑豊かな構内


    西棟

使用階までたどり着くと、見慣れた方がうろうろ、教室を探しておられる
ようす・・


「これだけ広いと、私たち迷子(?)になってしまいそうですよね」と、キョロ
キョロ、教室番号を頼りに目的地へ辿り着きました。


「和歌を理解し、味わい、そして諳んじたい。 もっと覚えていこうと思いま
す。 認知症予防ですよ(笑)」と、新たな決意。 新学期はいいものです。



グリーンスープ

ロウバイIMG_2821.jpg
   <ロウバイ の花が 野菜直売所に並ぶ季節になりました。>


先週はプラハ(孫1仮名) と、楽しい3日間を過ごしてきました。
今週はドリム(孫2仮名) を 預かっています。


どちらも、孫たちの母親が 仕事や研修 に頑張っている中での、ちょっと
した手助け、

私にとっても孫たちの成長ぶりを実感できる、“うれしい一時預かり” に
なっています。


幼な子たち とたっぷり触れて、自身の精神面もまた活性化する、楽しい
グランマ の アクティブタイムです。    




とは言え、若いママ達のようにはいかないのが現実、  ミ☆⌒ヽ(*゚ロ゚)ノ

後日、 (アレ? 腰が・・ヘンだ・・)    (肩が凝った〜 パンパンに・・)

な~んてことも 、

何事も、楽しむためには、体力をつけておかなければなりません。




   そこで、簡単に出来て、栄養たっぷりの食事 と 運動をと    


らく楽クッキング」の レシピを増やしていくのもこれまた楽しいかなと
、つくってみた グリーンスープです。

          ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇

      グリーンスープ


     ぐりー


材料; 青菜(ゆでたもの) 約 300g 豆乳200cc. 牛乳100cc.


茹でた青菜を5センチ程に切って、スープ又は水100cc程と一緒に
ミキサーにかけ、鍋に移して牛乳と豆乳を加え火にかけるだけ。

味付けは、チキンコンソメ、白ワイン、塩コショウ少々で整えました。

クレマトップでチョットいたずら書き


おひめさまカルタ


   お姫様カルタ

幼子が 「かるた」 と呼ぶものは、様々あるけれど、

そして、今お気に入りの 「どうぶつかるた」 は
誰よりも早くとれるようになっていたけれど、

そろそろ「百人一首かるた」に触れさせてもいいかな・・・  


なんて思っていた時に、たまたま見つけた「小倉百人一首かるた」です。

あっ~ おひめさまかるた!! 

幼子の歓声に、 興味を示したこの時とばかり 買い物かごに入れました。



実はコレ、ダイソーの

    ダイソーのかるた

お財布にも やさしい この値段 


ひらがな の 拾い読みができるようになった幼子にとって
取り札 の おおきな文字が 目を引くようです。


   英語の解説

わたしにとっては、こんな 英語の解説がついているのが うれしくてー
日本の伝統文化 として 広く伝搬されていけば素敵だなと 思われます。



「お正月 ジイジのおうちに みんなで集まったとき おひめさまカルタで
一緒に遊ぼうね」

と、約束をして(種を蒔いて)帰ってきました。  (^∇^)  





ケンケン乗り




“天高く・・” とまでは言えないけれど、今日は爽やかな秋らしい一日でした。

こぶし大の真っ白な花が落ちているのを見つけて 見上げてみると、
いつの間にか 台湾椿 がいっぱい花をつけています。

長雨の間の 貴重な晴れ、伸び放題の雑草や湿った落ち葉を片づけた後
ほんとうに 久し振りに 自転車に乗ってみることに。 (乗れるかな?)


嫁いだ娘が置いていった自転車を、先日 「修理大好きおじさんの店」まで
持って行ってみました。 (やっぱり、捨てるのはもったいない)

おじさんはすぐに ちゃっちゃっ と手を加え、部品を交換してから言った
のです。

「大分 乗ってなかったんだね。もう大丈夫、乗れるよ。奥さんが乗るの?」
と聞いてから、サドルを下げた。 そして、また言ったのです。

「ケンケン乗り なんでしょ?」  (???)
「昔は みんなそうだったからね」と。  (あ~、 片足で助走して乗るから)

「今の人は 出来ないんだよ。バランスがとれないんだ」 (じゃあ、すごいのかな私)



 
   白い彼岸花

車輪の大きい自転車に‘ケンケン乗り’しての走行は、言うまでもなく
とても快適でした!

今日は9月の晦日で 30日。30で終わる月は、にしむくさむらい と
覚えて確かめる と教えられたのも‘ケンケン乗り’ 世代でしょうか。



プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR