にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

 草笛  & 「百人一首」 70

  木々の緑が日ごとに色を増す季節

  今朝の出勤時、駅からの道でひばりの声を聞いた。

  三郷キャンパス

  構内の花壇にも、道端や空き地にも、カラスノエンドウが生育し、
  もう小さなサヤがふっくらと脹らんでいる。


  この連休中には、いたるところのエンドウマメが
  もっともっと脹らむことだろう


        カラスノエンドウ


  豆を取り払った豆柄を笛にして、幼子に聞かせたら
  きっと目を丸くして、歓声をあげるにちがいない。


  エンドウ豆の草笛に、オオバコの茎で強さを競う相撲、
  
  色々思いついたら、なんだかわたしの心も弾んだ。





  さびしさに 宿を立ち出でて ながむれば いづこも同じ 秋の夕暮れ
                            良暹法師(りょうぜんほうし)

あまりの寂しさに耐えかねて、我が家を出てしみじみとあたりを眺めてみ
ると、どこもかしこも同じように、さびしさばかりの秋の夕暮れであるよ。


百人一首の世界

       さびしさのあまり
        わが庵から出て 辺りを眺め見渡す
      
        けれど どこもみな同じ
        ああ こんなにも寂しい秋の夕暮れ



どき土器クッキー & 「百人一首」 69

  お土産にいただきました。

      どきどきくっきー
  
      志木の銘菓 どき土器クッキー

       土器の形をした焼き菓子です。
       こんなクッキー たのしいですね!!


   「チャレンジドカップ」焼き菓子コンテスト全国優勝商品。
  一枚ずつ丁寧に型抜きした自慢の逸品。
   赤米・黒米・よもぎ・あわの雑穀ヘルシークッキーです。

  
      どき土器クッキー¥500
詳細はこちら ←から



     お子さんと、或いは お孫さんと、♪♪
 
    食べながら ぜひ“歴史” の おはなし を。
       同封の冊子が役立ちますよ。






  嵐吹く 三室の山の もみじ葉は 龍田の川の 錦なりけり
<アラシフク ミムロノヤマノ モミジバハ タツタノカワノ ニシキナリケリ>
                     能因法師(のういんほうし)
激しい山風が吹きあらす三室山のもみじの葉は、龍田川の
水面に散り浮かんで水面を覆い、まるで錦の織り物であるか
のように美しいことだよ。


百人一首の世界

   嵐が吹いて
   三室山の紅葉は はらはら散って
   そして 龍田の川は
   錦の織物となってゆく 

季節の移ろい  &  「百人一首」 68

さくら(ソメイヨシノ) が葉桜 になるころ、

     メタセコイア


影絵のようだった メタセコイア の並木が確かなみどりの並木にかわった。





忘れていた花の蕾が頭をもたげ、ほそく長く首をのばしているのには気付
いていたけれど、


        きつねのかみそり

ある日、パッと鮮やかに花開いた ニホンガーベラ。 気がつけばそこここと
色とりどりの花が、その時を忘れることなく 咲きはじめている。





     百人一首の世界


  心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな
<ココロニモ アラデコノヨニ ナガラエバ コイシカルベキ ヨワノツキカナ>
                     三条院(さんじょういん)

本心とは違って、心ならずも、つらく苦しいこの世に今後も生き長らえて
いたならば、そのときは、きっと恋しく思うに違いない 夜中のこの美しい
月であるよ。



   決して 望んでいる訳でもなくて でも、
     この世に生きながらえたとしたならば、
 
   そう、きっと恋しく思い出す
     この夜更けの この月の美しさ



春の野草 & 「百人一首」 67


さくらの花 が終わるころ 土手の道沿いや、道路の端に、緑とえんじ色の、
細竹のような茎をもつ野草が伸び出してくる。


  イタドリ


これが イタドリ という、食べられる野草の一種だ。 葉の先の柔らかい
部分を天麩羅にすると、少し酸味もあって、なかなか美味しい。



茎の部分を中心に、茹でて水に晒しておいたものを、炒め物にしてみたと
ころ、これもなかなか いける味に仕上がった。

       炒め物

味付けは醤油とお酒。しらすやかつおぶしなど一緒にいためるのも良い。


  菜の花

菜の花の、まだ蕾の先15センチばかりの部分を摘んできて、ゆがいた
ものを、これも水に晒しておく。 こちらは“胡麻和え”にしていただいた。



        筍ご飯

取れたての筍をいただいたので、ぬかと唐辛子を入れた大鍋で茹でて
おき、翌朝、皮を剥いて洗ったところ、美しい茹で筍が現れた。

今年の初物は まず “筍ご飯” に。 残った筍は何の料理に使おうかと
家人に聞いたところ、「 それもまた “筍ご飯” にしよう」 とのこと。

今年の筍は特別美味しいようだ。それとも料理の腕をあげたのかしら?





   百人一首の世界   67

  春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ
<ハルノヨノ ユメバカリナル タマクラニ カイナクタタン ナコソオシケレ>
                     周防内侍(すおうのないし)
春の夜の夢のようにはかない、かりそめのあなたの手枕によって、つま
 らなく立つであろう浮き名が、なんとも残念なことですよ。



    かりそめの恋ですか 
   
    気まぐれな あなたの恋に
    泣くのはわたし 
 
    言い訳なしの 噂が恐い




花吹雪  &  「百人一首」 66


      
      桜吹雪
        花吹雪のなかを 歓声をあげ 駆ける幼子
   



       盛りに 雨や寒い日もあった 今年の さ く ら

           お陰で 例年より長い間

       様々な 桜の風景を楽しむことができました!!





     百人一首の世界



  もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし
<モロトモニ アワレトオモエ ヤマザクラ ハナヨリホカニ シルヒトモナシ>
               前大僧正行尊(さきのだいそうじょうぎょうそん)

いっしょに、しみじみと心にしみてなつかしいと思っておくれ、山桜よ、
 おまえよりほかに私の心を知ってくれる者もいないのだから。



     ひとりぼっちの私 一本だけの山桜
     おまえは私 私は桜
 
     なんてやさしく なつかしく
     
     心癒され ひとり佇む



プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR