にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

歌枕(うたまくら) を訪ねて -筑波山-

歌枕(うたまくら) とは・・・

   和歌に詠み込まれた地名や名所・旧跡をいいます。
   たとえば、関東にあり、 近いところといえば 筑波山でしょうか。


  筑波山


    筑波嶺の 峰より落つる みなの川 恋ぞつもりて 淵となりぬる
  <ツクバネノ ミネヨリオツル ミナノガワ コイゾツモリテ フチトナリヌル>
    
            陽成院(ようぜいいん)  [『後撰集』恋三]



 (筑波山の峰から激しく流れ落ちてくる男女川の水が水量を増してやがて
  深い淵となるように、私の恋心も積もり積もって深くなってしまったことだ。



小さく湧き出た水が、山を流れて水量を増し、やがて激流となって山を下る。
川幅広い下流で深い淵にたとえられた 恋心。  なんて素敵な歌でしょう。





昨日の朝

        あじさい

           散歩道の紫陽花が美しかったから

            出かけようか! 明日から雨だし~


                    ということで、

            思いつきで向かった 筑波山山麓


      ************************
      


       筑波嶺(つくばね)  は 常陸国 の歌枕

                  こんなところまで、
        天皇(陽成院) はやって来ているのでしょうか?


歌枕は当時の名所だったところもあるのですが、そうでもない所もあります。

                       また、

 歌枕を詠み込むことで、特定のイメージを想起させることができるので、
  実際に訪れたことがなくても想像で詠まれることが、多いのです。

                  


 ところで、

  



今回 やって来て 初めて見たもの・・・・


      常総市の豊田城

                   なに? お城!

  近づくと、交差点名が 「豊田城」とあります。 ここは常総市。
  スマホで検索すると、 ありました!  こちら ← ご覧下さい。



 伊吹の さしも草    「百人一首」 51

  5月ヨモギ

    5月に撮ったものですが、 たんぽぽの左横に よもぎ

      


  よもぎ(蓬)のことを もぐさ とも言います。但し、こちらはよもぎ(蓬)を
  加工したもののようです。お灸に使用する場合の呼称になっているか
  らです。


  「灸に使うもぐさ(艾)は、葉を乾燥させ、裏側の綿毛を採取したもので
  ある」 とか。
  


百人一首」 51番 にある 藤原実方(さねかた) の歌

かくとだに えやはいぶきの さしも草
                さしも知らじな 燃ゆる思ひを


カクトダニ エヤワイブキノ サシモグサ サシモシラジナ モユルオモイヲ>                     

 ( このように(あなたを慕っていると)さえも打ち明けることがで
  きないのですから、伊吹山のさしも草ではないけれども、それ
  ほど私の思いが激しいものだとはご存じないことでしょうね。





    伊吹山1131021

    伊吹山2
  
   写真は滋賀県と岐阜県の境にある 伊吹山です。

伊吹山は「さしも草」=「よもぎ(蓬)」の名産地であったようです。一説には、伊吹山は
栃木県にあった小さい山の名であるとか、もぐさの生産地は北陸で滋賀県ではなかっ
たとも言われるようですが、平安時代のこと、真相は定かではありません。

しかし、大切なのは「伊吹山」の名と「さしも草」であり、この歌で効果を発揮している
掛詞(かけことば)です。

さしも草の生えている伊吹(いふき) 言ふ を、燃ゆる に恋の(ひ)を重ねる。

「さしも知らじな」とは「君はそんなこと知るはずないよね」私の燃える思()なんて(涙)


そう、言うことの出来ない 片思いのつらさ を導き出す仕掛けの言葉になっています。

もぐさ がじわじわと燃えていくようすが、「もゆる思ひ」という 切ない恋心になぞらえら
れて、効果を発揮しているのです。



  

続きを読む

水無月の公園に、風吹けば・・   「百人一首」 58


久し振りの 見沼田んぼ Walking です。

今日は雲の多い分 気温も落ち着いた 爽やかな天候でした。

   
   ピラミッドアジサイ

   いつの間にか大きな花をつけた カシワバアジサイ です。


   アサザ

  氷川公園の池には アサザ が葉を広げ 黄色い花を咲かせています。



   ハーブ公園

    ハーブ公園にも 風が吹き渡って
    さやさやと揺れる風景がなんとも爽やかです。



こちらは、笹原に風が吹き渡る情景を そよ という言葉に重ねて
序詞(じょことば)にしている歌。

有馬山 猪名(いな)の笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする
                   大弐三位(だいにのさんみ) 

有馬山から、ふもとの猪名の笹原へ風が吹きおろすと、そよそよと
 笹の葉もそよぎます。いや まあそのように、私があなたのことを忘
 れたりなどしましょうか、決して忘れたりはしませんよ



作者である 大弐三位(だいにのさんみ)は 紫式部 の娘です。
音沙汰のない相手の男性に文句を言ってやったところ、

「君のほうが心変わりしたのかと思って」
と、言い訳がましいことを言ってきたので、この歌を返しました。

「いで(いや)」の強い響きに対して「そよ」の涼しげで爽やかなやさしい
響きが印象的な歌ですね。


講座 よくわかる「百人一首」の世界  55 資料として


55 滝の音は 絶えて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ
                  大納言公任 『拾遺集』雑上(四四九)]


 (滝の水音が聞こえなくなってから長い年月がたってしまったけれども、
    滝の名だけは世間に流れ伝わって、今でも聞こえていることだ。



 大覚寺


 御所址


 3大覚寺からの広沢池


 5名勝名古曽滝址

大覚寺のほとり、大沢の池の北隅に、滝 跡の碑が立っている。


 8名古曽滝

 9滝も含めた庭


 滝の石組み




大覚寺は嵯峨天皇(在位八〇九~八二三)の離宮があったところだが、
この歌の作者 藤原公任(966~1041)が生きていたころにはもう滝の水は
かれて、滝跡の形だけを残していたに過ぎなかった。



講座 よくわかる「百人一首」の世界  56 資料として


56  あらざらむ この世のほかの 思ひ出に 今ひとたびの 逢ふこともがな
                     和泉式部  [『後拾遺集』恋三(七六三)]
 (まもなく私は死んでしまうでしょう。死んだ後の、あの世への思い出に、
               せめてもう一度、あなたにお逢いしたいものです。


  



     和泉式部が蛍の歌を詠んだと伝わる 京都 貴船-    
                                 (2016-9-20 の記事より)



       貴船神社


貴船神社の鮮やかな朱色が浮かぶように見えてきました。


    奥宮へ





       河床

夕食は貴船川の上で戴く川床料理です。 それでなくても貴船は京都
の避暑地と言われるくらい、市街の気温より低い所。 散々に汗をかい
た体に川風が心地よくて、久しぶりに「夏の夜」の快適さを十分に堪能
したものです。

食事が進むころには、寒いくらいになってきて、持参した長袖を羽織りました。





       歌碑

        平安時代の女流歌人「和泉式部 」歌碑


ものおもへば 沢の蛍も わが身より あくがれいづる 魂(たま)かとぞみる
                           『後拾遺和歌集』1162

(物思い悩む私には 沢をゆれ飛ぶ螢の光がまるで身から抜け出てしまった
自分の魂であるかのように思われることです
)


この歌に対して、神様からの返歌があったそうです。貴船明神の歌です。

 奥山に たぎりおちつる滝つ瀬のたまちる許(ばかり)ものな思ひそ

奥山に滾り落ちつる滝の瀬の水の玉ように魂が散るほど思いつめるな



プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR