にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

三芳野(みよしの は 雁(かり) の里

三芳野神社 と その社宝展(川越市立博物館)
       
      に行ってきました。



至宝展

        ギリギリの最終日




三芳野神社は、平安時代初期の創建と伝わり、
  
   川越城本丸内に鎮座しています。

至宝展 (2)


今、江戸時代の姿を再現するための大規模な改修工事中


 三芳野神社

   外壁の塗り直し、傷んだ飾り金具の修理、
   社殿周囲の石組みも直しているとのこと。

      展示場内に神社の修理終了は
2018年の11月と書かれていたと記憶しているのですが、

          この秋でしょうか。




私が来るたび確認したくなるのは、博物館側(背面)から
神社に行き、神社から参道を行ったところの正面に立つ 

      
 碑


         碑の和歌です。

 (すみません  文字 見にくいですね)


我が方に よると鳴くなる みよしののたのむの雁をいつか忘れむ
<ワガカタニ ヨルトナクナル ミヨシノノ タノムノカリヲ イツカワスレム>


私の方に心を寄せて頼みにしているという三芳野の娘さんを、
      決して忘れたりはいたしませんよ



   これ、 『伊勢物語』十段 にある和歌です!!


昔、京の男(在原業平)が「東下り」をして、武蔵の国で
さまよい歩いたとき、その国に住む娘に求婚した。

娘の母親が乗り気になって、花婿候補にと歌を詠んで
          よこしたのだった。



    この歌は、その男の返歌なのです。

場所は入間(いるま)の郡(こおり)三芳野の里であった。

    と、『伊勢物語』にも書かれています。



平安時代から当地はこの地名だったことを示しているのですね 




    ジニアマゼラン

神社 近くにある 農産物直売所“あぐれっしゅ 川越”で
     みつけた ジニア マゼラン

    雨が激しく降りだす前に、植えました ♪


桜の回廊

地元の桜 開花宣言 (勝手に個人の感想デ) から
3日が経過、


晴天続きで 気温は日々上昇する中で、
見沼の桜回廊が どんなになっているだろうと
毎日、落ち着きません(笑)


26日、午後の英会話教室へ行く前に
ちょっとだけ 西ベリ に寄って 桜見物です。



26日の桜 (640x480)

26 (640x480)

「八分咲きだね」




24日から始まった 「さいたマーチ 〜見沼田んぼを歩く
初日の南側コースには約4053人が参加、
昨年より100人多かったそうです。(朝日新聞)



   24 (480x640)

24日 氷川女体神社の桜 (いよいよ開き始めるね \(^o^)/) 


24 (2) (640x480)

桜他花の下、家族で遊ぶ姿が見られました。



翌日 25日、
お出かけしたので その帰り道、

25のメタセコイア

こんな時刻(17時過ぎ?) に車窓から撮った

25 (640x480)


東べり ヘルシーロード の 桜回廊 の一部です。



さあて、今日の桜は どんなでしょうかねえ~。


今の私は、こんな「こころ」でいるようです。 ↓


  世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし
<ヨノナカニタエテサクラノサカリセバハルノココロワノドケカラマシ> 
           在原業平朝臣(『古今集』巻一春上)

(この世の中に 桜というものが一切無かったとしたならば、
 春になっても 人の心はのんびりしていたであろうになあ)

      桜に魅せられて、こころ踊る季節です。




    日本一「桜の回廊 見沼たんぼ   






河津桜


     駅まえ ロータリーに植えられている 

      さ・く・ら  が咲きだしましたよ!


  IMG_6290 (480x640)


 あわただしく 過ぎゆく人の 足をも止めて 

                  春を知らせる さくらかな


           \(^o^)/


春立つ日 ー 立春 ー


  今日は立春、春立つ日。

  暦の上では「春」ですが、
  言うまでもなく 寒い!


今年は特に寒さが厳しいけれど、
どこ~かで春が生まれてる♪ ・・かも



  池 (477x640)
   見沼自然公園のかも



まだ雪が残るなかで、よ~くさがしてみると


梅の花 (640x427)

やっと見つけた春の到来、梅の花!



池に集まる (640x480)

さすが日曜日の公園、いつもより人が多いようです。


えっ?

中央の池のまわりに集まってくる人たちは
かもにも野鳥にも、むろん木々にも 目をやることなく
皆スマホを片手に、タッチを繰り返すのに夢中


探しにやってきたのは 春の気配ではなくて、
ポケモンGOの 巣 とか言うもののようでした。


     ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦


    春たちける日よめる立春の日に詠んだ歌

   ひちて むすびし水の こほれるを 春立つけふの 風やとくらむ
<ソデヒチテ ムスビシミズノ コオレルヲ ハルタツキョウノ カゼヤトクラン>
        
                               紀貫之きのつらゆき

(暑かった夏の日に)袖をも濡らして手ですくった水が(冬の寒さに)凍り
 ついるのを、立春となった今日の風が今ごろ解かしているだろうか。


   ひち ⇒ 動詞(四段活用)「ひつ」の連用形
         浸る。濡れる。の意
                       
                      ( 『古今和歌集』 巻一 春歌上)


U RA WA

英会話教室の振り替え授業で、今回は浦和へ。


 ゆきだるま

降った雪がまだ各所に残っています。



English conversation

最初の話題が「これまで訪れた観光地で、一番好きなところ」

私は迷う事なく「京都」にしました。



ところが、イギリス出身の先生に、わたしの拙い英語ではうまく
伝わらない。(汗)

神社仏閣については、なおさら (๑˃̵ᴗ˂̵)


            


駅前に戻って来て、イルミネーションを見た時に、

駅前





京都にはサッカーの神社、「白峯神宮」があることを思す。


なぜサッカーなのか、
それは境内に祭られている精大明神が蹴鞠の神様であるから。

蹴鞠 (640x511)
            [埼玉県版『国語便覧』 浜島書店 より]


現代ではサッカーの神様としてその関係者が多く参拝に訪れる
と聞いています。


白峯神社の本殿に祀られているのは崇徳天皇と淳仁天皇。

「百人一首」にある崇徳天皇の和歌に

瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ
セヲハヤミ イワニセカルル タキガワノ ワレテモスエニ アワントゾオモウ>                   

(瀬の流れが速いので、岩にせきとめられて二つに分かれた川の
流れも、また下流で一つになるように、今はせきとめられて君と
別れたとしても、将来はかならず再会して一緒になろうと思うよ。


があります。

「白峯神宮」の名は、崇徳天皇が埋葬された「白峯山」にちなむ
ということです。




プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR