にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

尾道から向島へ  -逃亡者確保のニュースー

今日(30日)の正午前、「脱走の受刑者身柄を広島市内で確保」との
       yahooニュ-スが u pされて驚いた。
    やはり尾道市の向島に潜伏していたようだ。


4月26日尾道市の海沿いホテルに宿泊して市内観光を楽しんだ。

 瀬戸内海沿いに建つホテルの下が向島との渡船発着駅だったので
住民を始め観光客が頻繁に船に乗り降りする様子を見ることが出来た。


  運賃表



ほんの3分ほどで行き来する渡船は島との間を繋ぐ橋の役割を果たし
ている。 通勤、通学、買い物などにも使われていて生活に欠かせない
                 乗り物だ。



翌朝、次の観光地へ向かう前に時間の余裕があったのでこの渡船に乗っ
てみることにした。 良く晴れて気温は21度、そよ風の吹く快適な朝だった。


  尾道から船に乗る

  海上へ出て

      海上から見る尾道の町も想像以上にすばらしかった。

  船から尾道を見る


  向島のドック

     向島のドックが近づいて見えた。


向島に上陸して駅の近くを歩くと直ぐ学校と思われる建物がある。

近くに立っておられた警察官らしき方にその建物のことや島のこと
   を聞いてみた。10メートルほど離れたところにも
         もう一人立っておられた。


   私達はそこでUターンして再び島の渡船駅に向かった。
「気をつけてお帰り下さい」との声かけにも、その時はなぜか容疑者
        の捜索中だとは全く思わなかった。

  向島の渡船場

旅行する前に「尾道の島に逃亡者がまだ潜んでいて見つかっていな
  い」ことを注視していたにもかかわらず。 暢気なものだ。


  向島から尾道へ


yahooニュ-ス欄をタップするとあの時の服装と同じ警察捜索隊員と
             渡船場が現れた。  

  向島に着く時

23日目にしてようやく確保。よかったと思うと同時に、なんだか
     尾道から見る向島が懐かしく思い出された。



豊川稲荷

今日は夕方から雨になりました。 久しぶりのおしめりです。
しっとりと濡れていく外の風景をながめていると、
一週間前に訪ねた 旧街道沿い各所の風景 が浮かんできました。

特に、「聞くと見るとではこんなに違った」と驚き、印象に残ったなか
のひとつに、

愛知県豊川市にある「豊川稲荷(とよかわいなり)」があります。


  正面本殿

「お稲荷さん」と聞けばてっきり神社とばかり思っていたのですが、

豊川稲荷(とよかわいなり)は、曹洞宗の寺院なんだそうです。

     殿見上げ

正式の寺号は妙厳寺(みょうごんじ)。詳しくは「円福山 豊川閣
妙厳寺」(えんぷくざん とよかわかく みょうごんじ)と称する寺院。


境内に祀られる鎮守の稲荷(吒枳尼天)が有名なために、一般に
は「豊川稲荷」の名で知られているのでした。



  遠景鳥居


  近景鳥居


神社ではないものの、商売繁盛の神として知られていて、境内の
参道には鳥居が立っているのです。



霊狐塚

  お稲荷さん入口


  お稲荷さん

1,000体以上の狐の石像が安置されています。




また、
奥の院境内の方は、諸願成就の「千本ののぼり」が参道の両側に
立ち並び、信仰の厚い歴史を思わせます。

  千本のぼり

豊川稲荷の名物と言えましょう。




名物といえば「いなりずし」。
聞くところによれば、ここが「稲荷寿司」発祥の地だとか。


  稲荷寿司

それぞれに具が乗って豪華なお寿司。これで600円也(お店の人「おまけしたよ」)

見た目よりあっさりとして、おいしい「おいなりさん」でしたよ。


ビナンカズラ が 生薬 南五味子(なんごみし) に


先日の薬草講座でクスリに変身した五味子を手に取りました。


     五味子ビナンカズラ


薬効は 鎮咳・強壮と言います。ただし、そのまま服用するのではなく

1、2個 を 水200ccで煮て使うのだそうなので、ご用心。




台風が去って、雨が上がったところで、

「そう言えば、あの見沼田んぼ西縁のサネカズラがもう色づくころ」

と、出かけてきました。


そのあたり、

農作物に日が当たるようにと、草木が刈り取られていました。

辛うじて残っていたナネカズラです。


   さねかずら


   少し赤いサネカズラ



もう少し経つと、真っ赤になることでしょう。

和菓子「かのこ」に似た果実をバラして干したものが

南五味子(なんごみし) だというのがよくわかります。


百人一首」 25

名にしおはば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな
<ナニシオワバ オオサカヤマノ サネカズラ ヒトニシラレデ クルヨシモガナ>                   
                   三条右大臣 [『後撰集』恋三(七〇〇)]


  逢って寝るなんていう名を持つ
           逢坂山のさねかずらよ
                  その蔓(つる) 手繰り寄せ
                      こっそり逢う方法は ないものか







日照時間が少ない秋ですが、カラスウリ の果実も赤く実っていました。

   からすうり




iPadから送信

散歩道のビナンカズラ

散歩道のビナンカズラに小さな白い蕾を見つけてから、その後の様子が
気になります。

先日、日陰を選んだコースからわざわざ外れて見に行ってみました。


   すると、もう実になっているものが先に現れてびっくり。


      ビナン葛



     葉を持ち上げて、花の様子を探ってみると、

ちょうど成長過程を示すように、花と実になりつつあるものが並んで
いるのを発見。



   花と実


        ツーショットをお願いしたところです(笑)


              ☆☆☆☆☆☆☆☆☆



『万葉集』では、たまかづら ではなくて、 さなかづら と詠まれています。


玉くしげ みもろの山の さな葛 さ寝(ね)ずは遂に ありかつましじ
                
                                  (巻第二 94)
<みむろの山のサナカズラ(あなたとさ寝ず)ならば とても生きては
  いられないことでしょう>



 凧 ・ kite

“ミニだこ” と言っても極端に小さくて、凧は長い竹ひごの先に止められた
タコ糸の先についています。



     ミニ凧


縦9センチ、横幅6センチの和凧、その割には長い一本の長い尾。


棒を左右にゆっくりと動かすと、この可愛い凧がまるで大空を泳いでいる
かのように舞うのです。 本物の凧の姿を彷彿とさせる超ミニ凧です。



東京walk と称して「日本橋 」に出かけた時に、「凧の博物館」に行きまし
た。決して広いとは言えない館内には、所狭しとばかりに、沢山の様々な凧
が展示されていました。


     凧の博物館



     凧博パンフ


この凧は外国人の方々に大変人気があるそうです。300円という手頃な
値段と、持ち運びに便利なことが功を奏したのでしょう。


     みやげ凧



見ている間に売れていくのにつられて、私も買い求めたのですが、


今では、凧が揚がった時のその姿に魅了されています。

癒しのひと時を提供してくれる凧揚げです。




近くの「日本橋」は、五街道の出発地点です。橋の上には首都高速道路
が走っています。この道路を地下に移すという計画があるといいます。

2020年の東京五輪開幕後の着工、ということらしいのですが、そうなれば
「日本橋」の景観も随分変わることでしょう。


     日本橋1

     日本橋2

 日本橋3




プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR