にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

雪のおもしろう降りたりし朝


夜の風景
  


関東地方は4年振りの大雪。

昨夜の段階では
埼玉県でも秩父に次いで ここらあたりの積雪は多く
18センチになったという(19時のニュース)ことだ。




今朝は、まず外の様子を見てみたところ、

 朝日が

       すごい!!


鎌倉時代のこと、兼好法師が作品 『徒然草』のなかで
( 第三十一段 「雪のおもしろう降りたりし朝(あした)」)


「雪が趣深く降った朝に、この雪をどのようにご覧になっていますか?
くらいのことを言ってこないような野暮で、心の浅いお方の・・云々」

     と言った人のことを述べてたっ  Σ(´Д`*)  


 


歴史旅 - 2   歌枕 ー 鏡山ー


道の駅  かがみの里 を目指してひた走ること、およそ2 時間



  道の駅

現、滋賀県蒲生郡竜王町鏡

ここは古来の街道中山道「鏡宿」に位置し、古くから栄えたところ
です。




  鏡山②

古歌に詠まれた「鏡山」は、近江国の歌枕(うたまくら)。

平安末期から、鎌倉、室町の宿場としての賑わいをみせました。

  中山道から見る鏡山


江戸期になると、守山、武佐の間の宿となりメインの宿場ではなく
なったようです。


しかしながら、本陣・脇本陣が置かれて、多くの武士や旅人の休
泊の宿場でした。



  鏡大明神


平安時代末期には牛若丸がこの地で元服し「源義経」となったと
きの元服池や武運を祈ったという鏡神社があります。


後深草院に仕えた 二条 が出家の後、この「鏡の宿」を通り、鎌倉
に向かっています。 義経 元服 の 百年後のことです。


立ち寄りて 見るとも知らじ 鏡山 こころの内に 残る面影

鏡山に立ち寄って、鏡に照らしてみるとも、あのお方は
 ご存じないでしょう、 私の心に残るあのお方の面影を



 ジャコランタン Jack-o'-lantern


   カボチャ



  ハロウィーンの 「カボチャ」 って   なあに?


むかしむかし、アイルランドにジャックという悪人がいました。

彼は極悪人だったのでしょうか、死後は天国から追い出されて、

地獄からは悪魔に嫌われて締め出されてしまったのだそうです。


魂の安住の地を求めて、永遠に世界中を放浪することになった
ジャック。 彼はその時に暗い足元を照らす為に、「カブ」をくりぬ
いてランタンを作ったということです。


このお話がアメリカ に伝わると「カブ」が「カボチャ」になりました。


アメリカではカボチャがたくさん 採れるので、カボチャで「ランタン
(ちょうちん)」 を作ったことから、カボチャのランタンが一般的に
なっていったようです。



10月31日の夜は、この世とあの世の境目がなくなり、あの世の
悪霊、死者の霊たちがあの世からこの世にやってくると信じられ
ていました。

それで、人々は自分に悪霊が悪さをしないようにと仮装すること
で悪霊から身を守ったのだそうです。


ハロウイーンの仮装は悪霊が自分に乗り移らないようにするため
なんですね。




   ああ、これは まるで

日本に伝わる あの 『百鬼夜行(ひゃっきやぎょう)絵巻』 みたいだ
と想像してしまいましたよ。


   百鬼夜行絵巻

 こちらの「ジャコランタン」に当たる物 が 「松明(タイマツ)」

 なんですね。           なっとく(笑)



シソジュース

   
   しそじゅーす

今年の夏 第二弾、シソジュースができあがりました!!

7月の猛暑つづきで、ストックのものが 底をつきそう (*゚Q゚*)


  もう 梅漬け用 の赤紫蘇 お店にないかも・・・

       直売所をのぞいてみたところ

         ありました \(^o^)/



コンパクトに袋詰めされていて、しかも その袋に
シソジュース の つくり方 がプリントされている 


         ∞∞∞∞∞∞∞∞

今回は甘さ控えめ、爽やか(すっぱさ)を強めにと、 

     赤紫蘇 ・・・ 一袋 + α

      クエン酸 ・・・ 大さじ 2

       砂糖 ・・・  300g

        水 ・・・ 2000cc 


   の割合でつくって、正解でしたよ。  


プラス アルファ は、庭に1人生えした 赤紫蘇です。

育ち過ぎて、葉が硬くなっていても、ジュースなら OK

    庭の紫蘇
        パワーアップ ! 


今年度の ディベート

論理学 で行う アクティブ・ラーニング ディベート

 ディベート1

   多目的教室を会場にして、先週の暑い日に
      熱い戦い(論戦)を終えました。


  <ディベートで身につける力>
   ・物事を論理的に考える力。
   ・ わかりやすく、説得力のある話し方をする力
   ・注意深く聞き取り、論理的に分析する力

ディベート進行表

  ディベートで、論じられるテーマを「論題」といいます。

  ディベートは必ず一つの論題について肯定側と否定側の
  二つのグループに分かれて議論します。

  二つのチィームが議論して戦うものですが、勝敗は、
  聴く側の「審判」によって決まります。



  全員が1回ごとの論戦につき、論戦者、進行係り、判定者、
  聴衆(感想記録)のいずれかに所属して、全員参加で行う
  ものです。


 ディベート2

 <審判、聴衆者のコメント
 発言は分かりやすく、論拠が明確に述べられていて説得力があった。
  深いディベートで素晴らしかった。





 中庭

 構内のお庭には、もう秋の草花が咲き出していました。

 

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR