FC2ブログ
                  にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

古典文学講座 からのお知らせ

  獨協大学オープンカレッジ 2019年度講座

天皇に愛された女の物語 -『とはずがたり』を読むー 

日程及び講座内容等 詳細についてはこちらからご覧いただけます。



 今期は尼僧となった後深草院二条が、東国を巡る場面です。
西行に倣い諸国行脚の旅に出た二条尼の目的は和歌を詠む
こともさることながら、やはり亡き人の極楽往生と我が身の後生
を願って
修行の旅でした。


善光寺を出たあと、浅草観音堂、隅田川、掘兼の井、三芳野へ、
一旦鎌倉にもどったあと、小夜の中山を通って帰洛。
直ぐに奈良方面への旅のあと、石清水八幡宮で後深草院に逢
う場面を読んでいきます。 



『とはずがたり』の底に流れるテーマのひとつである宗教観を
理解するうえで最適な展覧会が、

埼玉県
 歴史と民俗の博物館
 で 開催されています。 

  

   IMG_20190416_0001 (556x640)

受講していただく皆さんと御一緒したいのですが、開講前に終了と
なるため、ここにご案内のみを掲載しました。

こちらでは、今期の一日ツアー 「鎌倉紀行」で訪れる(予定)、鎌倉
光明寺の重要文化財数点を見ることができます。





IMG_9003 (640x476)
  <閻魔王宮八大地獄図>  円福寺(春日部市) 所蔵

   曼荼羅堂に現存する浮彫像。 中央に大きな閻魔王
  寺伝によれば 第九世、生誉光世(1654~1720) の制作。


〔アクセス〕
  JR大宮駅 から 東武アーバンパークライン(野田線)
   「大宮公園駅」下車徒歩5分





The Tale of Lady Nijo was written by a beauty woman whose lovers included emperors,
statesmen, and priest in the later Kamakura Era. The title is originally Towazugatari..
That word has meaning “I will talk, although nobody asks me to.”
So, This book was translated into English by Karen Brazell in 1976 -The Confessions of Lady Nijo.
This story looks like The Tale of Genji. But Towazugatari. is based on a real-life story.

手編みの帽子  Crocheted beret

   IMG_8984 (480x640)


    

英語教室に帽子を被って出かけたところ、先生からお褒めの
言葉( だと思うんだけど?) を いただく。

後は質問に答えさせながら、レッスンへと導く手法    ^_^

          上手いね先生!


      おかげで 楽しい時間となりました。

To tell the truth, My husband knitted me a crocheted beret.

iPhoneから送信

最後のお花見 ー 花いかだ ー




桜が風に舞い、水面にいっぱい浮かんで流れていく。
まるで花びらで出来た筏の様に。

   春のせて 水面流るる 花筏(いかだ)

You can see flower rafts (Hana -Ikada ) made from
falling cherry blossoms.

iPhoneから送信

見沼田んぼの桜

 氷川女体神社前


見沼田んぼの西縁に鎮座する氷川女体神社前の桜が見ごろになって
います。


保育園からでしょう、数人一緒に乗せたワゴン手押し車や、手をつない
だ幼児たちが桜並木の下をお散歩。 ゆっくりと通り過ぎていきます。



 しだれ桜

神社前公園のしだれ桜は今や満開で、みんなの視線を集めて誇らしげに
さえ見えました。

函館は今日も雪が降ったとか、あの義父自慢のしだれ桜が花開くのはまだ
まだ先のことでしょう。それでも義父は意志疎通が可能なまでに回復しまし
た。まだまだ言葉にはならないのですけれど・・。


老いた両親をこちらに呼び寄せるにはちょっと難しい状況になりました。今は
色々な方のお力も借りながら、遠距離から介護を始めているところです。



 西縁の桜並木


We went cherry blossom viewing in Minuma rice field. One of the highlights is
the row of cherry blossoms alongsid Minuma irrigation channel. And we could
appreciate a superb view with weeping blossoms in the Minuma park.

It looks like snow in Hakodate. When are that weeping cherry trees blooming
in there ?

雪 の 函館


お昼過ぎ、新函館北斗駅に降り立つとピリッと引き締まるような
冷気に包まれた。

細かい雪混じりの風が吹いている。たった500メートル余りの低
い函館山にもまだ雪があった。


   函館山 (640x480)




桜の開花がみられ始めた関東から北に向かって、まるで季節を
遡ってきたようである。


一瞬空が曇ったかと思うと、たちまち吹雪が窓の外の風景を覆い
隠し、僅かな時間で空が明るくなると、次には薄化粧をした風景が
そこに現れるのだった。  柔らかく、明るい「春の雪」だ。




翌朝、「雪、積もったよ」と告げる義母の声に、窓を開けて見ると外
はすっかり雪景色だった。


    雪の朝 (640x480)



「タクシー、来るかなあ?」
と言うと
「なんも、こんくらいの雪ならぜんぜん関係ないよ。大丈夫」
と、すぐに返事が返ってきた。


急遽 義父の入院。


   しだれ桜 (480x640)



庭には義父自慢の「しだれ桜」がぽつねんと立ち、枝をゆらして
花咲く春を招いているかのようだ。


 望月 と さくら   full moon & cherry blossoms

 望月


 ねがはくは 花の下にて 春死なむ その如月の 望月のころ

                                   西行法師

「如月の望月のころ」とは「旧暦2月の満月のころ」なので、
太陽暦でいうと3月。

今年は、お彼岸の中日(3月21日)が、旧暦でみると如月
15日でした。


お彼岸の21日に東京と横浜で「開花宣言」されたけれど、
     たった6輪の開花による宣言では、

     「花(桜)のもとで死にたいものだ」
     というにはほど遠い桜模様ですね。

        haru_003.jpg


なぜ温暖化を心配する現代にもかかわらず、桜の満開時が
この和歌の詠まれた鎌倉時代よりこんなに遅いのでしょうか。

  ご存じのように、桜の種類が違うからですよね。

ソメイヨシノは江戸時代に交配で生まれたいわば新種の桜。
それ以前の桜といえばほとんどが「山ざくら」の種類だった
 のだそうで、開花もソメイヨシノより早かったのでしょう。


Hopefully the time of the full moon of the second month in the spring,
     I wish I died at the bottom of the cherry blossoms.

大根の花  Japanese radish flower

   
    大根の花 (480x640)


大根の花が咲きました。思いのほか可憐で美しい花なのを愛でて
家人が自分のお気に入りのカップに挿しかえてやったところです。


隣の小鉢には新たに大根のヘタを水に浸しています。まだ3日程
なのに、中心から新たな葉をぐんぐん伸ばして大きくなってきて
います。


退職後、「主夫」宣言とともに夕食をつくり始めた夫。 「新たな
生き甲斐になるものと出会うまで・・」 くらいに見ていた元主婦
の私。

あれからもう2年が過ぎました。 以来、見沼の野菜をふんだん
に使い、経済的で栄養に配慮したとても美味しい夕食を毎日創
り続けています。


これまた3年目に入るご自慢の糠味噌に欠かせないのも大根。
すが入らないようにと、買い求めたらまず茎との間に包丁を入れ
て切り取っています。それを水に浸してみたところ、ぐんぐん成長
して、とうとう花まで咲かせてしまいました。

   私にはこの花が家人の料理のように思われて、
         写真に収めておきました。




The Japanese radish flower has bloomed. It’s a white cute flower.

It has been two years since my husband retired. Since then, He has
been cooking dinner. All meals he cooks are healthy and delicious.

He often cooks with radish and sometimes pickles. So, He cut out
the top radish and dipped it into water. It grew and had the flowers
came in about 10 days. I feel the radish flowers are very lovely ones.

茶碗蒸し  Chawan-Mushi

     ちらし寿司

    ひな祭りのお料理は定番のちらし寿司、
   それに祝い事につきもの茶碗蒸しを添える。


 実はこれまで茶碗蒸しの出来上がりがいまいちだった。
だし汁と卵液の割合か 火加減が原因だろうと思うけれど、

 ちょっと苦手な料理で、“空也蒸し”に代えたりして
       避けてきたような・・  (*´~`*)



そこで、今回は英語併記のレシピ本に従って、試みたところ


    茶碗蒸し (480x640)

                 成功!

      日本食に慣れない外国の人の為のレシピ本

  論理的に、科学的な割合と手順で説明されているように思われた。

      茶碗蒸し


すがたつこともなく、柔らかすぎず、艶のあるなめらかな出来具合!

            確かに、料理は科学かも。



     蒸し器

Place the chicken in serving cups, and gently pour in the egg stock
mixtur until 60 to 70% full. Transfer the cups to a preheated steamer.

Steam over a high heat for about 1 min with the lid slightly askew.
Then steam over a low heat for 6 to 7 min with the steamer completely covered.

河津桜  Kawazu-zakura


雨上がりの風に 梅の白い花びらが 
吹雪のように舞い散る日

そろそろ河津桜が見頃ではないかと
井沼公園目指して出掛けてきました。


IMG_8861 (640x480)

満開の桜の下で遊ぶ子ども達
お孫さん連れのご夫婦、ベンチで憩う母児



IMG_8865 (640x459)


沈丁花が咲き 雪柳も白さを盛り上げ始め
辛夷の蕾が大きく膨らんでいます。

桜ならば 次は密蔵院の 安行桜 でしょうか
青い空に 白い雲が浮かぶ 暖かい一日でした。



IMG_8868 (640x480)



Kawazu-zakura in the park are blooming. Next, Angyo-zakura will come out soon.
These Sakuras come into blossom about ten days earlier than Somei-yoshino.
I'm looking forward to cherry blossom viewing in Minuma rice field.

うれしい季節


      まとまって雨が降った 翌朝

   にょきにょき 伸び出していた草花が

   蕾をつけて ふくらませて 次々開花する

 スミレ


     ボケ

           うれしい季節

 

   ツタンカーメン



           ツタンカーメンの花も全開

iPhoneから送信



The rain stopped in the morning. The weather is very good.
We say it’s getting warmer by a cycle of three cold days
followed by four warm ones.

I weeded the garden. A few plants come into flower.
Many flowers come out in May!

Endo-Tutankhamun flowers one after another.
The color is reddish purple.


うれしいひな祭り  Hinamaturi festival March 3rd

女の子のお祭りと言われる「ひなまつり」が終わりました。


  雛壇 (480x640)


このお雛様は40年ほど前に初孫のために贈られたもの。

当時盛んだった七段飾りですが、これまで諸事情で大変
だった年には簡略式で最上段の「内裏雛(だいりびな)」だ
けをテーブルに赤い毛氈を掛けて飾ったこともありました。



先日のテレビ番組「チコちゃんに叱られる」で、おひな様の
呼び方について、
「お内裏(だいり)様」とは男雛と女雛の両方のことである。
「おひな様」とは雛壇の人形全体のことで、女雛をいうのも
のではないとの解説がありました。

なるほど、これまで私もあの“うれしいひな祭り”の歌を口ず
さみながら、男性の人形を「おだいり様」 女性の人形を「お
ひな様」だと孫娘に教えてましたねえ。



内裏(だいり) とは天皇の住居を中心とする御殿です。

  内裏図クリアカラー国語便覧 - コピー (528x640) (528x640)
    <『国語便覧』 数研出版 より>



  雛壇 (480x640) - コピー

この雛壇飾り、右近の橘と左近の桜が置かれ、赤いお顔の
右大臣と、より年長と思われる左大臣も控えています。

お二人が並ぶのは正殿である紫宸殿(ししんでん)がイメー
ジされているようです。


そして、「内裏」とは天皇の住む御殿、つまり皇居のことで
はあるのですが、

天皇、みかど そのものを「内裏」とも言いました。ただし、こ
の場合は「だいり」とは言わず「うち」でした。



それでは、平安時代の作品を見てみましょう。


「内裏(うち)に奏すべきことあるによりなむ、急ぎ上りぬる」
天皇に奏上しなければならないことがあるので、急いで都に
のぼる

                            <『源氏物語』明石>
ここでも、天皇は「内裏(うち)」なのです。



では、皇后をイメージした女性のひな人形については何んと呼
べばいいのでしょうね。

『源氏物語』と同時代に書かれた『枕草子』に、
「生昌が家に宮の出でさせたまふに、」 生昌の家に、中宮さま
が行啓なさるにつけて

   <(上)六 対訳古典シリーズ・旺文社>    とありました。

ここでは、一条天皇の妻である中宮さま(=皇后)を 「宮」と言って
います。そして、同じ箇所に、内親王については「姫宮」と書かれて
いました。



そこで、私はこのように考えました。男性の人形を「おだいり様」と
呼ぶのに対して、女性の人形は「宮様」がそれに当たるので
はないかと。


でもね、当時まだ十代の若さで入内(じゅだい)して天皇の妻となる
女性の姿をイメージするのならば、、孫娘にはやはり「おひめ様」と
教えてもいいのかなと思ったものです。   (#^.^#)



We set up dolls and wish for the health and growth of young girls.


「百人一首」93 源 実朝 歌碑

ご存じの方も多いかと思いますが、「百人一首」に採られて
いる 鎌倉ゆかりの和歌の歌碑は由比ヶ浜にあるのですね。


歌碑共に


これまで何度も鎌倉へ行っているのに、目の前に建つ宿
「あじさい荘」に 泊まってもいるのに、

これまで 全く気付きませんでした。(汗)



変体仮名の歌碑


変体仮名の文字は摩滅ほどではないのですが、うすくて
光の射し方によっては大変読みにくくなっていますが、



     文字歌碑

こちらの方で、確認することができます。


由比ヶ浜にある「鎌倉海浜公園」内ですので、そうと分か
ればすぐに見つけられますよ。


鎌倉海浜公園





現代の、歌の風景といえば コチラ↓ でしょうか。

海の風景


  世の中は 常にもがもな 渚こぐ あまの小舟の 綱手かなしも
<ヨノナカワ ツネニモガモナ ナギサコグ アマノオブネノ ツナデカナシモ>
                      鎌倉右大臣
この世の中がいつまでも変わらないでいてほしいものだ。この海岸沿い
をこいでいく漁夫が小舟の引き綱を引いている姿はしみじみといとおしく
感じられることだよ。


How long will this social rest last?
O fisherman is moveing the boat by pulling the rope for fishing.
I desire peace looks like this situation.
                          (Keiko)




作者「鎌倉右大臣」とは源実朝(さねとも)のこと。
鎌倉幕府を開いた源頼朝の次男として生まれ、12歳で三代目の将軍と
なる。28歳の時、鎌倉の鶴岡八幡宮で甥の公暁に暗殺されたと伝わる。

今年は実朝没800年に当たり、鎌倉国宝館では
記念特別展「源実朝とその時代」 が行われました。(1/4~2/3)




鎌倉 Walk -光則寺(こうそくじ)-


日曜日に、“ぶらっと鎌倉散策”に出掛けてきました。

今回ご紹介したいのは超人気の長谷寺と高徳院大仏との間に建つ
日蓮宗のお寺「光則寺」。

春夏秋冬ごとに花が楽しめる花の寺です。



江ノ電の長谷駅で下車、高徳院方面に延びる長谷通りを歩きます。
左手に長谷観音が見える角を通り過ぎて、次の小路を左に入り、その
まま道なりに進んで行くと、人通りが少ない静寂な山門に着きます。


行時山光則寺 (640x479)


門 (640x480)



この寺の創建は5代執権北条時頼の家臣であった宿屋光則(やどや
みつのり)。
日蓮が佐渡に流されたとき、弟子の日朗(にちろう)が光則邸の土牢
に監禁されました。



   土牢 (480x640)
1274年(文永11)日蓮が許されて鎌倉に戻ると、日朗も許されて
監禁を解かれました。


ところが、監視役だったはずの宿屋光則はいつか日蓮と日朗を慕う
ようになっていたのです。
日蓮の放免後、光則は日朗を開山に迎えて自邸を寺に改めました。

1274年といえば鎌倉中後期。
『とはずがたり』に記された後深草院二条の鎌倉訪問の際(1289)に
は、もう既に寺となっていたということですね。




I went to KAMAKURA last Sunday. The weather is pleasant.
The plum blossoms looked lovely.

KOUSOKUZI is well-known as a temple having many plants.
This temple is Nichiren Shu. The sect was founded by
Nichiren Shonin. When he was exiled to a far-off island Sado,
his disciple Nichirou was imprisoned.

There are the prison on the hillside in this temple.

   四季の花マップ (453x640)

「ツタンカーメン」 という豆 

 花 (480x640)


  ツタンカーメンの花が咲き出しました。

  随分重々しい名前をもつコレ、
  「えんどう豆」の一種なのだそうです。



   昨年の夏に、
英語教室で、いろいろな植物を育てているKAZUさんが、

友人からいただいた『豆』がとても美味しかったから、
   自分も撒いて育ててみることにした。
   その植物の名はツタンカーメンといって・・云々


        と、トーク しました。



 以来、すっかりツタンカーメンのとりこになってしまった私。

        それ、欲しい!




気をつけてまわりを見ていると、思ったよりポピュラーにある
ものなのですね。

昨年の秋、近くのJA野菜直売所でツタンカーメンの名札を
付けた苗を見つけました。


  苗 (471x640)

      庭の、日当たりのよいコーナーに植えて、
        成長を楽しみに見守っています。



  ネットで調べてみると、ツタンカーメンという名の由来は、
エジプト王家ツタンカーメンの墓から発見された豆だからだとか、

     ロマンあふれる古代えんどう豆なのです。


       (* ´ ▽ ` *)





Flowers of bean plant bloomed. That's name is Tutankhamun.
The beans were found from the Egyptian royal family,
Tutankhamun's grave. So,that's an ancient bean.



梅の花  (plum blossoms)


2月18日(水)

春めいた陽気に誘われて、
梅の花見 に 出掛けました。

 梅林 (640x480)

      大宮第二公園 内の 梅園 です。



 さくら (640x480)

     桜はさすがにまだこれ位。
あと一ヶ月ちょっとで開花になる との予報ですが・・


 コース (640x480)


 梅は今週中が見頃になるところが多いようですね。 ♪♪




百人一首 にある 梅の花 が詠まれた歌

人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける
<ヒトワイサココロモシラズフルサトワハナゾムカシノカニニオイケル>
                紀 貫之 [『古今集』春上]

(あなたは、さあ心変わりをされたのかどうか、そのお心のほどは分か
りません。でも昔なじみのこの里では梅の花だけが昔のままの香りで
咲いていますね。






I wonder if you have changed your mind.
But, the plum trees bloom now
and have the same fragrance in this familiar place.
I sometimes came here at once.
                      (Keiko)


ヘルシー な ビスケット

Biscuits.jpg

最近過食気味な自分のために、おからや、オートミールなど
材料にしたヘルシーなお菓子やケーキをよく焼いています。


ちょいとつまみ食いした家人が、
「これ、おいしいねえ」
と、評価してくれたので、ついでに・・というのもなんだけど、
昨日のクッキーは、バレンタインのプレゼントになりました。



そして、きょうの英会話教室の“話のネタ”にもしたところ、

イギリス人の先生が、
「これは、ビスケットというよ」と言い直してくれました。


私にはクッキーとビスケットの違いがよく分からなかったので
すが、そのままに言い直しておきました。


Healthful Biscuits

I tried to bake biscuits with low calory ingredients.
I thought OKARA is a healthy thing for a diet.
OKARA is made from TOFU.
I baked OKARA- BISCUIT. They tasted very good.



上手く言えなくて、
先生の方は、きっと「おから」がなぜヘルシーなのか、よく分か
らないままだったのではないかしら。

        。゚(゚´Д`゚)゚。 




雪の日 It's snowy.

 
  椿の葉に雪


今年の冬初めての僅かな積雪に
ちょっと心躍らせて 写真を撮ってまわる。
とは言っても雪は屋根や木々、物の上だけに残って
地上の雪は、間もなく消えてなくなった。



前日から鉢やプランターの植物類を移して
雪掻きのための道具も準備していた連れ合いは
予報がはずれた事を喜び、「よかった、よかった」と繰り返す。
これで雪によって起きる事故の心配もないと。



そういえば、鎌倉時代の随筆『徒然草』第31段に、
雪が降って一面雪景色となった朝について触れた話がある。

ある人が所用の手紙をよこした。そこには朝の雪について一言
も触れていなかった。 受け取った人が「そんな風情も解さない方
が仰ることなど受け入れるわけにはいかない」と断ったのは大変
おもしろく、忘れがたいことだったと、作者(兼好法師)が言う
もの。



700年も昔のことを持ち出したところで話にも何もならないのだけ
れど、やはり、雪景色は夢のある非日常の風景を見せてくれるも
のだ。そう思うのは、子どもの頃のあの心躍る思いが いまだ何処
かに残っているからかも知れない。


トサミズキの雪


   クリスマスローズ


講座発 「お出かけサークル」第2弾 ー 根津美術館 

 
   美術館案内

     根津美術館 へ

表参道駅から歩いて10分、美術館内では「酒呑童子絵巻」(中世期)と
「酒呑童子絵巻」8巻本(江戸期) 全巻 の作品を中心に、1時間ほど
館内での鑑賞を楽しみました。



パスタ


                        スープセット


     昼食は、館内のミュージアム、カフェで。



       集合写真 (640x480)

当日は お出かけ日和でしたので、善光寺、八幡神社にも参拝し、

    各所見学しながら渋谷駅までのウオーキング。

          充実した一日となりました。




I visited to NEZU MUSEUM with 6 of my students yesterday.
The museum is in Minami-Aoyama in Tokyo.
It was about a 10 minute walk from Omotesando station.

We enjoyed the Shutendoji Picture Scroll and the tale of
Expelling the Demon.

The Picture Scroll was painted by color on sil k and ink on
paper during Japan’s Edo period.

We looked carefully at the scroll fo r 1 hour. Then, We had
the lunch soup set with drinks at the NEZU CAFÉ
in the museum.

戸ヶ崎香取神社の節分祭 ー うたとおはなし会 ー

ここ数年、
節分にはイワシを食べる、
豆は撒かずに 年の数だけ食べる、
 年の数だけ食べるのも多過ぎて(笑) 
そんな静かな「節分の日」を送っていましたが、


今年は、
ちょっとにぎやかな節分行事に参加してきました。


 香取神社 (480x640)

  戸ヶ崎香取神社(埼玉県・三郷市)の節分祭




そこで行われた うた と おはなし 会


 poster (432x640) 
    クリックでもう少し大きくなります! 





おはなし (640x480)


幼い子どもを連れて集まった
ママ、ときどきパパ も一緒に
おはなしの世界に加わって、


手遊び (640x480)

うたと、あそびを、みんなで楽しみました。




童謡 『まめまき』   豆 (330x640)


    おにはそと
   ふくはうち
    ぱらっ ぱらっ
   ぱらっ ぱらっ
    まめのおと
   おには こっそり
    にげていく
赤鬼 (556x640)

     おにはそと
     ふくはうち
      ぱらっ ぱらっ
      ぱらっ ぱらっ
     まめのおと
      はやく おはいり
     ふくのかみ
        福の神 (578x640)



なつかしい童謡を一緒に歌って、
ほっこりと、なんて楽しい気分!

我が子の幼かったころが思い出され、
気持ちも若返ったようでした。


マイカップ で コーヒー タイム





年齢を重ねると 嗜好がガラリと変わることがあるようですね。

   コーヒーが全くだめだった連れ合いが、
  なぜか 突然 好んで飲むようになりました。

 やったあ〜 とばかりに用意したコーヒーカップ。


   退職後は、おいしいコーヒーを 入れて
  “おうちカフェ ”を楽しめるようになりました。


   今日のコーヒーは 食器と北欧雑貨

《[ル プティ ブルジョン》 店主 からのプレゼント。

  
   W &H (WIFE&HUSBAND)
                   
   やさしい味わいの おいしいコーヒーです。




iPhoneから送信

「お出かけ」サークル、できました!


発端はオープンカレッジの古典講座です。

講座の“鎌倉紀行一日ツアー”だけではなく、他へも様々訪ねて
みたいということで、始まったサークルです。


1回目は、武蔵の国(埼玉)の【川口】へそして2回目はその北
にある「川越」へと出掛けてきました。

  ちょっとお出かけサークル (528x640)




Ⅰ、鎌倉と川越との関係 (中世)

養寿院


養寿院・重頼の墓 (640x480)

   養寿院 にある 伝・河越頼重(よりしげ)の墓

河越重頼(しげより)の妻は、源頼朝の乳母である比企禅尼(ひき
のぜんに)の娘だったのです。
そのこともあって重頼は鎌倉幕府の樹立に力を尽くしています。

また、重頼の娘が頼朝の異母弟である源義経の正妻として上洛し
ているのです。



重頼の娘・郷御前の輿入れ (503x419)

義経の妻といえば妾の静御前(しずかごぜん)があまりにも有名で
すが、正妻として嫁いだのは河越の娘、郷御前(さとごぜん)でした。

この女性については意外に知られていないようです。



そして、源頼朝と義経が不和になると、重頼は頼朝の命で誅殺され
所領は没収されたということです。


ちなみに、『とはずがたり」の主人公後深草院二条の尼が鎌倉で知
り合いになったという「河越の後家尼」とは、

この重頼より三代後の経重(つねしげ)の妻であった可能性が高い
でしょう。




      河越氏略系図 (336x640) - コピー

河越氏は重頼処刑の後、勢力が衰えましたが、経重(つねしげ)が
活躍した13世紀後半頃になると再び隆盛しています。






Ⅱ、中世の河越館跡史跡公園   川越観光協会>

 河越氏の館は入間川にほど近い位置にありました。


夕暮れの屋敷跡 (640x480)


河越氏屋敷構想図 (640x380)



時には入間川の激流が

堤防を突き破り館の住人を押し流すことがあったということです。


続きを読む

奇跡の野菜 ビーツ


検査の結果、唯一 実年齢より高めに出たのが「推定血管年齢」

薬に頼るほどでもないとの事だったので、少しまんねり気味になっ
ている食事療法と、軽い運動と、ストレスの少ない生活を意識して
この先、半年後の結果をみてみることにしました。



そんな中で知った食材の野菜「ビーツ」

   ビーツ (480x640)

「奇跡の野菜」と言われれるほど栄養価が高く、血管が若返る食材
だということです。



「食べる輸血」と言われるほど、外見は赤蕪に似ているけれど、中は
それこそ 真っ赤赤で、見るからに「血管」に効きそうです。

食材としてのお味はどうでしょうか。スライスしてサラダ、甘酢漬け(ピ
クルス)、それに、煮込み(ボルシチなど)やきんぴらもグッドです。
と書かれていたので、それぞれを試してみました。


    かんたん酢漬け (480x640)<甘酢漬け>




今のところ、最高に 美味しかったのは「ビーツの野菜煮込みスープ」


 角にカット (640x480)

    野菜スープ (480x640)

材料は、豚肉と、ビーツ、トマト、タマネギ、ニンジン、キャベツ、ビー
ンズ、などです。 コンソメ、塩こしょうで味付け。ワインの代用で酒を
加えました。


    翌日のすーぷ (480x640)

二日目の ビーツ入りスープ。 ドキッとする 色合いになってましたが、
食べてみると、より美味しくなっています。  

    煮込んで美味しくなる二日目のカレーと同じかな。


朝のスムージーにビーツを入れたところ、 ピンク色の可愛いい飲み物
に変身して、なかなか好評。 

        この色、色々楽しめそうです。 ♪♪





満月 と 梅の花 と

 
 月 (580x640)


東の空に大きな月が出た!
今夜の月は大きくてスーパームーンというのだそうだ。
満月が寒い冬の空に大きく輝いていた。



1月ももう下旬になるが、雪が無いので助かっている。
気温も例年より2度ほど高いのだとか、
雪割草 (640x613)
鉢植えの「雪割草」が可愛い花を開き始めた。



梅は、昨年末からの蝋梅が、もう少し黄色い花を楽しませてくれそうだ。

 ロウバイ (588x640)

 紅梅 (627x640)

日本古来の紅梅ではないと思うのだけれど、
赤い梅の花が見頃になっている。



そこここの梅の木に「まち針」の頭のような小さな蕾がいっぱいつき
始めていたので、

氷川女体神社近くの梅を見に行ってみたところ、白梅の花が開き始
めていたのだった。

 白梅 (640x480)

   これならば 梅の開花宣言 を出してもよさそうだ!



アップルパイ


紅玉リンゴが真っ赤な顔して店頭に並んでいました。
  そりゃ手に取らない訳にはいかないでしょう。

  冷凍パイシートも買い置きがあったので、
今回はアップルパイをつくってみることにしました。


   りんご (480x640)



   煮る (480x640)


① 鍋に薄切りにした3個リンゴと、きび砂糖100g、レモン果汁を
  入れてしばらく置き、バターを20g ほど、レーズン大さじ2 をち
  らし入れて、コトコト煮ます。

② 解凍しておいたパイシートをパイざらに乗せて、そこへ冷まし
  た①を詰め、帯に切ったもう一枚のパイシートでかざります。

 (ここまでは 料理絵本<『わかったさんのおかしシリーズ』>参照)


帯状シートは編むように交互にくぐらせて形づくるところを、簡略して、
       碁盤の目のように置いただけ。

シートの余った端きれを丸めて星形をひとつ 中心に置いてみました。
 (焼き上がって、切り分ける際の中心がわかりやすいし・・ )



   焼き上がり (479x640)


最後に、きれいな焼き色がつくように たまごの黄身を刷毛で塗るのです
が、・・・加減がわからず、ちょっと塗りすぎたかも。


220度で10分、200度で10分、180度で10分と、少しずつ温度を下げながら
焼きあげるところを、冷凍パイシートが入っていたパッケージに、230度で
20分とあったのを採用、


なので、ちょっとまだらに日焼けした おちゃめなアップルパイ? に焼きあ
がりました!

焦げたけれど (528x640)


<『まっいいかあ~さんのおかしシリーズ』 から>ということに
しておきましょう。

                 (*´~`*)

東京Walk. ー浅草橋から両国へー



アクセサリー(天然石、パーツ類)店が並ぶ街 浅草橋駅(JR)
下車し、ガイドブックを片手に両国に向けて歩く。


11時30分、昼食にはちょっと早いけれど評判だという食堂に入った。



    水新菜館(みずしんさいかん)という中華店。


 中華店内


25席程の椅子席にカウンター席の店内は、もう数席しか空いていない。


        広東麺


野菜がたくさん入って、旨味たっぷり醤油ベースのスープとあんかけが
             のった 広東麺。


近くに運ばれてくる料理のどれもおいしそう!中でもちらりと目に入った
あんかけ焼きそば。 またこの店に来ることがあったらアレたべようかな
  馴染みのお客が多いようだ。客とのふれ合いも温かく感じられる。


 順番待ち列


    11時45分ころ、もう外に順番を待つ列ができはじめた。





        鳥越神社名鳥居

「とりこえ」の地名は、平安末期、源義家親子の奥州征伐に由来する。



鳥越二丁目にある鳥越神社


 鳥越神社本殿

 6月の「鳥越まつり」は超有名だが、コレは正月の10日のことなので、
初詣の賑わいも、8日の「どんど焼き」も終わって、境内は静かだった。






 おかず横町

昔ながらの風情ある「おかず横丁」は蔵前橋通りを一本入った通り
                にある。


    漬け物店

   味噌、漬物屋。

今では外国人に人気沸騰「カツサンド」のお店もあると聞く。


江戸情緒を残すお店が所々挟まれたように残る街を眺めながらの
             ウオーキング。

   帰りの電車に乗ったところで歩数を確かめてみたら、
         既に1万2000歩を超えていた。

              (^∇^)ノ    



iPadから送信          

おにぎりをつくる

    IMG_8441 (768x1024)
<プレート: ARABIA>

あれからもう何十年になるだろうか、炊飯器に残ったご飯を
おにぎりにして皿に盛り、ラップをかけて食卓テーブルに置
いていた時期がある。


おやつではお腹が十分に満たされない成長盛りの子供達に
「おにぎり」は持ち去られて、空になったお皿だけが食卓に
残っていた。
ごま塩やゆかりを混ぜ込んだだけのおにぎりが好評だった



去年の暮れの忙しいころ、百均コーナーで「おにぎり型」をみ
つけた。
最近エプロンをしてキッチンに立ちたがる児と一緒につくるの
に役に立ちそうだと思いつく。


さっそく買って帰って試してみたところ、小振りのおにぎりが簡
単に、綺麗にできあがるのに驚いた。
ご飯粒が型について残ることもなくて始末がいい。


  そこで、まずは炊いたご飯を冷凍用パックに詰める代わりに
これでおにぎりにしておくことにした。

大掃除だお正月の準備だと何かと忙しい時期に、この皿盛りの
小振りなおにぎりに重宝したのだった。




若菜摘む - 春の七草 ー (「百人一首」 15)

 
  君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ
<キミガタメ ハルノノニイデテ ワカナツム ワガコロモデニ ユキワフリツツ>
                     光孝天皇[『古今集』春上]

あなたのためにと思って初春の野に出て若菜を摘んでいる私の
  衣の袖に、雪が次々と降りかかってくることですよ。



これは 平安時代初期、光孝天皇がまだ親王だった時、人に「若菜」を
贈るのに添えた歌だと『古今和歌集』(詞書)にあります。


    ハコベラ (768x1024)
            ハコベラ

  「若菜」には芽吹きのエネルギーがいっぱい。

宮中では「若菜の節会(せちえ)」として、新年の1月7日に七種の若菜
食して長寿を祈りました。

野菜が入ったお粥を食べることで邪気を払うというものです。




今日は1月7日、「七草粥」を食べる人日(じんじつ)の節句ですが、なにせ
太陰暦だった古来とは約一ヶ月の違いがあるために「春の七草」も自然界
で、すべて揃えるのは難しいかもしれませんね。



その代わりと言っては何ですが、お店で七草すべてをパックした商品が売
られているので七草粥を食べる風習も伝えられているようです。


    ナズナ (768x1024)
        脇から生えだしている ナズナ


ナズナとは俗に言う ぺんぺん草ゴギョウ母子草

   スズナかぶスズシロ大根のこと。


     意外だったのはホトケノザ

    ホトケノザ (768x1024)

今ではホトケノザといえばシソ科の植物で赤紫の花をつける
この植物を言うのですが


春の七草 のホトケノザは、キク科の草でタビラコとも言う植物
なんだそうですよ。


   

  間違えたら いけませんね \(//∇//)\



 
    若菜 (768x1024)

摘んだ若菜に、冷蔵野菜庫にあるスズシロ(かぶ)やスズシロ
          (だいこん)も加えて、


    粥 (768x1024)



 ことしの 七草粥 いただきました。 o(^▽^)o


あけましておめでとうございます


武蔵の国一宮 氷川女體神社 に初詣。

女體(にょたい)さんの巫女人形

お礼参り時には、

 奉納


昨年お受けした巫女人形に衣装を着せてお納めします。

我が家の人形は、


 狩衣姿の巫女人形


武蔵の国の男子風に、狩衣の衣装を工夫してみました!

そして、今年の祈願に、新たな巫女人形をいただいてきました。





その昔、氷川女体神社参拝者のための道案内(道標)が街道沿い
に建てられていたそうです。


 石碑

境内に移されて残る「武蔵国一宮氷川女體神社」の道標

かつては赤山街道沿い(浦和)にも、このような道標が必要なほど
参詣客が多かったことを物語っています。


 赤橋



本年もどうぞよろしくお願いいたします


ミッチィー の 仕事納め


家人が職を退いてから、はや2年が過ぎようとしています。

昨年の年賀状では、編み物に挑戦することを宣言して
その1月下旬から、かぎ針の“鎖編み”から始めたのですが・・

左右の手でバランスをとりながら、
たった一本の鎖編みを仕上げるのさえ
困難を極めた 正真正銘の新参者でした。

 
イメージからして(外見からも、性格からも)ほど遠いので
 「えっ~ なんで・・・編み物なの?」
と、まわりの者は信じがたい「宣言」に驚いたものです。


この1年、独学で様々なものに挑戦してきた結果

どうやら、家族からの注文に応えられるようなものが
編めるようになりました。

 私にはとても真似できません   w(゚o゚)w




  園児の<お着替え入れバック>


三角ショール
  <大人の三角ショール>


長距離旅行の車中でも、待合所でも、編み物をする勇気(笑)
も出るようになって、

「まだ新米ながら一層の技術向上を生き甲斐に編み物三昧の
日々を過ごしていきたい」そうです。



来年も、新たな生活と互いの役割に励みながら、
楽しく過ごしていければと思っております。

皆さま どうぞ良いお年をお迎えください。



iPhoneから送信

長寿の松を見て詠んだ歌ー 「百人一首」34


   大学の松 (1024x768)

松は長寿の象徴として、めでたいものの一つです。



正月飾りの門松としての松の枝が、ホームセンターや野菜
直売所の店頭に並んでいます。 

この松は、歳神さまの‘よりしろ’として門(かど)に立てる “門松”
になります。




   建仁寺の楼 (1024x768)


    誰をかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに
<タレヲカモ シルヒトニセムタカサゴノ マツモムカシノ トモナラナクニ>

                     藤原興風(おきかぜ)

年をとった私は、いったいだれを親しい友人としようか。むかしを
 知る長寿の松、あの高砂の松も、昔からの友ではないのだから





ここ2、3年のうちで 出す賀状の枚数が随分減りました。ほとんどは
親世代の親戚宛のもので、友ではないのですが、

長生き出来ると、いずれこのような思いをすることになるだろうなあ
と思わせられる 「百人一首」34の歌です。


 

クリスマスイブ





くまのぷークッキー (1024x768) (854x711)

       Winnie-the-Pooh

   くまのプーさんビスケット 焼いてみました。 

      そう見えるかしら?


iPhoneから送信

姫リンゴ の 焼きリンゴ


  <不揃いの焼き姫リンゴたち>






      今年 の 姫リンゴ

  姫りんごの木 (768x1024)


器量よしのリンゴからもらわれていって、
残ったのは・・不揃いのものが十数個だけ。


そのままにしておくのも・・ と考えて、
ミニ焼き林檎 にしてみました。 ∠( ^ o ^ ┐)┐


そのお味が なかなか好評で
「来年はもっと 生るようにしたいものだわね」
と、早くも期待の目が向けられています (笑)




姫リンゴのコンポート(オーブン焼き)>の 作り方

材料: 12個ほど   砂糖

① 姫リンゴを洗い、芯をくりぬく。

  芯をくりぬいて (768x1024)

② くりぬいたところに砂糖を詰める。

  オーブンで (768x1024)

③ 180度に予熱したオーブンで15分ほど焼く。

  この姫リンゴ、昔の“紅玉”のようなんです!


iPhoneから送信

崇徳院御廟 と 「百人一首」77 の和歌

崇徳天皇の御廟が建仁寺にほど近いところにあると知った。

見学の後は祇園の花見小路を戻らず、一本東の通りを探して
歩くことにする。




案内地図 (1024x753)


小路に入って間もなく左手に「崇徳院御廟」が現れる。


崇徳院御廟 (1024x768)


天皇の御廟にしては余りに狭く、小路沿いの、まるで一件の家の
玄関であるかのようである。


怨霊伝説としても語り継がれてきた崇徳院の悲運の生涯が思い
合わされた。 (続きを読む:参照ください)



     百人一首に採られているのは「」の歌  


  瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ
                        崇徳院(すとくいん)
<セヲハヤミイワニセカルルタキガワノワレテモスエニアワントゾオモウ>

  
瀬の流れが速いので、岩にせきとめられて二つに分かれた川の流れ
もまた下流で一つになるように、今はせきとめられてあなたと別れたと
しても、将来はかならず会って 一緒になろうと思うことだよ。



続きを読む

京都で出会った 食べたいもの

 建仁寺の方丈から庭へ降りて茶室を拝観することができる。

スリッパに履き替え、小路に沿って進むと、常緑低木についた
朱色鮮やかな 可愛らしい実が目を引いた。


茶室クチナシ (1024x768)



梔子(くちなし)の実だった。何本もの木に一斉に生っているのを目
にしたら、思い出したのだった。
梔子の実はサツマイモでつくる「きんとん」の色を鮮やかにすることを。


「そうだ、おせちの栗きんとん、今年は手作りしよう!」
と言うと、、

「何を見ても食べるものに繋がるんだね」
と、連れ合いが笑った。
「風情もなにもあったもんじゃない」

「いいえ、それはそれ、これはこれよー」


饅頭店 (1024x768)

実は建仁寺に来る前に、まず四条にある南座に寄ってきた。目的は南座
の西側の老舗「祇園饅頭」で 「しんこ」菓子を買うこと。

江戸時代から京の人々のおやつとして親しまれてきたという素朴な京菓子
をバックに忍ばせて、見学地をまわっているのだ。



本当は松葉本店で「にしんそば」を食べたかったけれど、時間の関係であ
きらめた。



ニシン蕎麦 (1024x768)

それで、帰りに新幹線の改札を入ってから構内にある松葉支店の「にしん
そば」を食べた。



    そして、車中で 「しんこ」菓子の包みを開いた。


    しんこ (768x1024)


 名古屋名物 「ういろ」 より餅に近いやわらかさで、味も多少甘いかな。

初めて食べた「志ん古」は何んだか懐かしいような、やさしいお味でした。



京都 の 紅葉

 




建仁寺の潮音庭 で、

             まだ紅葉を楽しむことが出来ました!


IMG_0310 (1024x768)

    散らないでこんなに残っているのに驚いて

     「百人一首」26 の 歌が思われました。


見事な紅葉に感動した法皇が、子である天皇にも見せたいと
言われたのを受けて、作者が天皇に申し上げた歌、

小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ
                          貞信公
小倉山の峰のもみじ葉よ、もしもお前に心というものがあるの
 ならば、どうかもう一度の行幸があるまで散らないで待ってい
 てほしい。


iPhoneから送信

「百人一首」秋期講座最終日


師走に入って
何かと気忙しい時季となりました。

オープンカレッジの講座も今年度の最終日、
窓は未だ秋の鮮やかな紅葉を写しています。

  外の紅葉 (1024x683)




女性から、愛を誓ったのに、心変わりをした男性に送った歌です。

忘らるる 身をば思ず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな
ワスラルルミヲバオモワズチカイテシヒトノイノチノオシクモアルカナ
                        右近(うこん)   

あなたに忘れられる私の身をつらいとは思いません。ただ私への愛を
神に誓ったあなたの命が、神の怒りにふれて縮められはしないかと惜し
く思われることですよ



最終日は、恋の歌3首についての鑑賞、意見を交わして終了しました。




     最後に、「百人一首かるた」遊びの伝承になればと、


  P1090581 (1024x683)
               ①坊主めくり



  かるた取り (1024x414)
               

   かるた (1024x683)

               ②ちらし取り




和室に移動することなく、教室のテーブルでかるた遊びを実践してみました。


         脳のトレーニングになったでしょうか?


姫りんご






さくらんぼ のような 姫りんご

今年は特に色づきも良くって
可愛くって

収穫しないで 眺めています(笑)


でもね、そろそろ・・・    ふふふっ


姫りんご の 砂糖煮にしておいて
ケーキ や ヨーグルトに添えてみようかな (^∇^)


iPhoneから送信

もみぢ葉 こころあらば・・

気象予報によると今年は木枯らしが吹かないまま12月に入るとか、

そのせいもあるのでしょうか、構内の紅葉がまだこんなにも綺麗です。


 IMG_8286 (1024x768)



百人一首」26番にこんな歌があります。

   小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ
<オグラヤマミネノモミジバココロアラバイマヒトタビノミユキマタナン>                     

                        貞信公 (藤原忠平)


小倉山の峰のもみじ葉よ、もしもお前に心というものがあるのならば、
 どうかもう一度天皇がこちらにいらっしゃるまでこのまま散らないで
 待っていてほしい。




天皇や上皇が出かけることが「みゆき」ですが、この歌は上皇のお供を
した藤原忠平が代わってそのお気持ちを歌にしたものです。

上皇は小倉山の美しい紅葉に感動して、「わが子の醍醐天皇にもぜひ
見せたいものだ」とつぶやかれたとか。




獨協大学オープンカレッジの「秋期講座」は来週で終了します。
                                   できるならば・・


  IMG_8278 (878x1024)


まなびやの 庭のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの 講座日待たなむ


           デス  (#^.^#) 


柚子 の 御菓子

   IMG_8141 (768x1024)

            


柚子菓子 (1024x768)
 
   柚子からー 出来ちゃった‘お菓子’です。



  柚子ジャムをつくるつもりで、
  甘味料を ラカントにして、
  柚子の絞り汁で煮詰めてみたところ、



 千切り柚子 (768x1024)

 ラカント (768x1024) (2)

 ジャムに (768x1024)

 ジャムらしくいい感じにできあがってきました。

 よっしゃあ!! なんだ簡単じゃない



 ところが、 翌日、鍋をのぞいてみたところ
 千切りにした柚子に砂糖(ラカント)が絡んで固まって、
 摘んで食べられるような状態に なってました。

 何これ、「柚子ジャム」じゃなくって「柚子菓子」だあ~




 リベンジでその後「クックパット」を参照して ジャム作り。

 柚子ジャム (768x1024)

 とろ~りとした柚子ジャムがうまく出来上がったのですが、



 好評 (1024x768)

 なぜか「柚子菓子」所望の声が ただ今高まっております。

      (* ´ ▽ ` *) ♪



柳川 の 舟下り

   霜月も残すところ一週間余り
昨今初雪の便りも届くようになりました。

未だに暖房なしで過ごせるのは有難いのですが、
   今年の夏のあの暑さが思われて、
暖冬予報にも一抹の不安を拭い切れません。

       地球温暖化?




先週のこと、

福岡市の柳川で川下りを楽しんできました。

IMG_0055 (1024x768)


丁度、小舟に乗った頃には小雨が降り出して、

柳川は北原白秋の故郷であることの紹介と共に、

  舟頭さんの歌が川面に流れました。

IMG_0057 (1024x768)

あめあめ ふれふれ かあさんが
じゃのめで おむかい うれしいな
ピッチピッチ チャップチャップ
ランランラン

あらあら あのこは ずぶぬれだ
やなぎの ねかたで ないている
ピッチピッチ チャップチャップ
ランランラン




川端の風景を楽しみながら、この「雨ふり」の歌

  船頭さんにあわせて口ずさんで、苦笑

      一時間を要する舟下り、

   雨はふらないで欲しいんですけれど・・

IMG_0076 (1024x768)


それにしても、この歌詞の「じゃのめ」って何か分かる子どもは
          もういないでしょうね。

「おむかい」とは「お迎え」で、「ねかた」とは「根本・根元 ねもと」。




      懐かしく思い出される歌詞♪も
   
     古典になりつつあるのでしょうか。



       IMG_8221 (1024x768)

          

< 柳川 で 食べた 鰻重>
                 味付けご飯と一緒に蒸した鰻です。

                 

見沼の真葛(さねかずら)





 一昨年の晩秋に おおよその蔓が刈り取られてしまった
        見沼田んぼ の かねかずら

  春には新芽を伸ばし、この暑い夏を かろうじて生き延びて 

この秋に 再び 赤いサネカズラの実の 幾つかを見ることができました!

名にし負はば 見沼田んぼの さねかづら 人に知られて みるよしもがな

               (*^_^*)
iPhoneから送信

太宰府天満宮


今、まさに紅葉の美しい時季ですね。はらはらと散る黄葉、
常緑の緑もまた錦の色を際だたせています。

小春日和となった今日、公園では園児たちが色とりどりの
落ち葉を拾い集めに来ていました。



「百人一首」24番にこんな歌があります。

このたびは ぬさもとりあへず 手向山 もみぢの錦 神のまにまに    
コノタビワヌサモトリアエズタムケヤマモミジノニシキカミノマニマニ> 
                              菅 家 


この度は急な旅でしたので、幣の用意もできませんでした。代わ
 りに錦 のようなこの美しい手向山の紅葉を幣としてささげます。
 神様どうぞお受 け取りくださって、旅の安全をお守り下さい。




この歌の作者は「菅家(かんけ)」、菅原道真です。

漢学者でもあった政治家・道真公は、左大臣の藤原時平のたくらみに
よって失脚し、晩年は九州の太宰府に流されてその地で没しました。


天満宮へ1 (1024x768)


太宰府天満宮 (1024x768)


  太宰府天満宮(福岡県) にある 梅の古木 です。


飛び梅 (1024x768)


道真が京都の屋敷を去るときに、お気に入りの梅の木に詠いかけ
たとされる歌、

東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ

道真を慕っていた梅は主人を慕って飛んで行って、太宰府天満宮に
根付いたという伝説の梅の木です。



梅が枝餅 (1024x768) 食べ歩きも出来る「梅が枝餅」




くやしい思いを残しながら太宰府で亡くなった道真のたたりによって、
道真の死後に都では大変な出来事が次々起きたと伝わります。

そこで、朝廷は道真にかぶせた罪を取り消し、道真の霊をまつる
北野天満宮京都に建てました。



天然記念物大くすの木 (768x1024)

樹齢は千年とも千五百年とも言われる「大くすの木」



政治家としてはむくわれずに終わってしまった道真公ですが、歌人や
学者としての功績は当時から高く評価されていた菅原道真です。


今では道真を祀る天満宮や道真を祀る各地の神社「天神様」は、
学問の神様として厚い信仰をあつめているのです。



有明海 の 生き物料理




福岡市 柳川 の旅館 夕食に先ず出た料理デス

上から ワケ (いそぎんちゃく)
右は 海茸(うみたけ)粕漬
左は 〆鯖 これだけは 馴染みの食べ物 デスが
下 お飾りの下で真っ黒なこん棒のようなのは
ムツゴロウの蒲焼き

ちょっとびっくり、初体験 の 食べ物 きろく(^^) デス

iPhoneから送信

鎌倉から川口へ

 
   キューポラのある町 埼玉県川口 へ

  キューポラ (704x1024)

    JR駅近くに立つ キュ-ポラオブジェ
    (コークスを燃やして鉄を溶かす炉)


   鋳物業 発祥の地 川口 を訪ねました。

 
  なぜ “鎌倉から川口” かと言いますと、


鎌倉時代中期、後深草院に仕えた女性(後深草院二条)が
 書き残した作品『とはずがたり』に、現在の川口にあたる

    「小川口」の情景が描かれているからです。


ちなみに、二条尼(既に出家していた)は鎌倉から川口まで
         2日で着いたと書いています。




鎌倉時代このあたりは鎌倉街道中道(なかつみち)が通って
いました。


 また、岩淵宿(いわぶちじゅく)には遊女が住んでいたことと、

武蔵の国川口は、恐らくそのようであったのだろうと思われる
       ような様子で描かれています。

荒川土手から対岸に岩淵を見る (1024x682)

   川の土手上から、今も岩淵の名が残る対岸を臨む。


川口善光寺 (1024x662)

   <平等院川口善光寺>
住職さんのお話によると、建物は焼失後まだ仮りの建造のままで、
かつて賑わった当時の姿とは全く異なるとのことです。


鎌倉橋 (1024x665)

<鎌倉橋の碑>
鎌倉橋の名は、これが鎌倉街道に架設されていた橋であった
ことを示しています。


鎌倉橋礎石は (1024x683)

この碑の南方にある市立南中学校の校庭にその礎石が
残してあるそうです。

鎌倉街道 (1024x653)

現在の道路 <鎌倉街道>を行く。




川口神社にある説明文 (1024x946)

川口神社に立つ解説板に、『とはずがたり』のことが書かれていました。





川口神社1 (1024x665)
       川口神社2 (683x1024)

        <川口神社>


11月8日の “川口市街を巡る一日ツアー”では、地元にお住まいの
受講生Wさんの案内があって、川口の町「歴史と文化」を新たに、
        より詳しく知ることができました。



尚、この11月11日(日)10:00~16:00に “日光御成道まつり”が
行われます。

お近くの方、興味をお持ちの方は ホームページからご覧下さい。

       www.onarimichi-matsuri.jp ← 検索



鎌倉 W a l k  - 光明寺-

 
 光明寺本堂 (1024x768)

浄土宗 の 寺院。 本堂は鎌倉で現存する仏堂のうちでも最大規模を

誇ります。


 IMG_8095 (1024x768)


 IMG_8098 (1024x768)





          それにしても静かな境内

大きな木の下のベンチに座って、しばしのんびりできました。


   木 (1024x768)

      空を見あげて・・ このまま眠りたい・・



やがて案内人と共に団体の参詣者が2、3続いたけれど、駅
 からはちょっと距離があることもあって、ゆっくりできます。



     

 善導大師と弁財天 (1024x683)
           (写真撮影 可 ゆえの写真です)
  
     善導大師 と 江の島弁財天 の ツーショット。 

        お二人はどうしてここに?


中国 念仏の開祖である善導さま(浄土宗)が、毎夜三門前に立ち
 説法されていました。 そこへ江の島の弁財天さまも又参加。

 海を渡って来て、説法を聞かれた ということからだそうです。


                      (側の解説板による)



材木座海岸 (1024x511)

 なるほど  光明寺の前に広がる 材木座海岸。 江の島が遠くに・・・

美しい弁財天が、この海を渡って善導大師の説法を聞きに来られたと
 想像するだけで、 この空に向かって 心が広がっていくようです!




              若 宮 大 路
    若宮大路 (768x1024)

第一の鳥居 近くの歩道橋にあがって見る 鶴岡八幡宮 です。


   実はこれ、10月30日(火)に出掛けた 鎌倉Walk 

     小春日和、鎌倉びより の一日でした。


富 有 柿



 今年 初めて途中落下しないで

    まともに実った 柿
   (うん? 8年目かな)

  富有柿 (ふゆうがき) 

どちらかといえば  ちゃんと実らせるのが
     難しい 種類だとか



英語で 柿は persimmon (パシマム) 

   イギリス出身の 英語の先生が
  初めて日本に やってきたのが秋で

オレンジ色の フルーツが木にいっぱいなっている
   日本の風景 に 驚いたそうだ。

 
   「トマトの形をしたこのフルーツ 

    イギリスでは 見なかったよ」


  私にとっては 心和む 秋の風景です


iPhoneから送信

千 年 菓 子


穏やかな秋の日に、見沼自然公園を歩こうと出かけたところ
 出発地点で名前が大きく書かれた木に出会いました。


   なんじゃもんじゃ

     「なんじゃもんじゃの木」とあります。

春に白い花を沢山咲かせていたから、この木は「ひとつばたご」
でしょうか。 「なんじゃもんじゃの木」と呼ばれるものは地方に
       よって何種類かあるらしいですね。


      一度聞けば忘れないこの名の由来は、
木の名前がわからなかったので、「何の木じゃ?」と聞き合って
いるうちに、いつのまにか「なんじゃもんじゃ?」がそのままその
     木の名前になってしまったということです。




   さて、こちらは植物でも、果実でもないけれど、


  何これ

   「なあにこれ?」と聞きたくなる姿形ですよね。

いにしえのお菓子 - 清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)-


奈良時代に遣唐使が仏教と共に日本へ持ち帰った唐菓子だそうで、
    京都出身の受講生Mさんからの話題提供です。


それにしてもこれまで見たこともない妙な姿に(失礼)驚いて、私達は
      しばし遠巻きにして眺めていました。


   解説とお菓子


       切り分ける


講座修了後の教卓上でカットして、みんなで味見させてもらいながら、

『とはずがたり』の作者である二条さんもきっと食べたにちがいない

    などと想像たくましくしておしゃべりも楽しみました。

       (高級和菓子、とっても美味しいです。)


確かに二条さんの恋人で「有明の月」と呼ぶ方は法親王、鎌倉時代に
元の襲来にあった際には、調伏の祈祷を行った高僧です。

それに何と言っても二条さんは後深草院に愛されて、院御所で育った
方です。お供え物であったこの唐菓子(からくだもの)を「こはなにぞ?」
       と問う必要もなかったことでしょう。



          year01-12[1]



          この千年菓子について詳しくは、
   
   「京御菓子司亀屋清永 ←ここからクリックで、御覧下さい


さねかずら & 月


 看板



慶應義塾大学 浦和共立キャンパス内 にある薬草園で


      さねかずらの実

今年の さねかずら(ビナンカズラ) に ようやく逢えました。




春、園内に<ビナンカズラ>の標示がある木をみつけて、

    春さねかずら



秋になったらどんな実を付けているだろうかと楽しみにして
いたのです。

ところが、その葛は春より葉の色が濃くなっているだけで、
赤く色づき始めているはずの実は見あたりません。


諦めて他の園内の植物を見て廻っているとき、以前、薬草
講座の講師を勤めてくださった職員の方と園内で偶然出会
いました。

「実はつかないのですか」と伺ってみたところ、わざわざ一緒
に戻って葉の茂みの間を分けて探してくださったものです。



 なので余計にうれしくて、まるで恋する人の姿を見ることが
 できたような気分になりました。



   我が家のさねかずら


挿し木をした我が家のサネカズラは、ぐんぐん蔓を伸ばし
ています。 が、実を付けるほど大きくなるのはまだまだの
ようです。



こんなに 「さねかずら」 に恋するようになったのは、歌のせい。


 名にしおはば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな
ナニシオワバオウサカヤマノサネカズラヒトニシラレデクルヨシモガナ


一緒に夜を過ごすという意味の名をもつ逢坂山の「さ寝(ね)かずら」よ。
 その蔓をたぐり寄せるようにして、だれにも知られずにあなたのもとへ
       逢いに行く方法があったら良いのになあ。




  満月

     今夜は満月。素晴らしい「月」が昇りました。

西行法師が「月の前の恋」という題で詠んだ歌が想われる「月」です。


  嘆けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな
<ナゲケトテ ツキヤワモノヲ オモワスル カコチガオナル ワガナミダカナ>

美しい月が涙を誘っているのだと、恋の物思いで流す涙を「月」の
               せいにする。

    きっと心を揺さぶるほど美しい「月」だったのでしょう。


紫蘇の実 の 塩漬け


紫蘇の花が実(種)に変わって数日
茶色になる前に何とか収穫しなくちゃと
気になりながら、


なかなか手がつけられなかった紫蘇の実。



紫蘇の穂


実



セパレート作業 (出来る時に少しづつ、作業を分けて行う) で、
  やっと 自家製「紫蘇の実塩漬け」の出来上がりです。


IMG_8003 (768x1024)





アク抜きのため、塩水で1分ほど茹でたあと
水にさらして、しっかり水気を切った実を

   実の20%の塩と混ぜただけ。


塩は、何年か前にザルツブルグで買い求めてきた

塩


     この塩を使いました。



 こだわりの塩 と言いたいところだけれど、
ただ忘れられて戸棚の奥に残っていただけです。

   ここで使われて、良かったね。

緑色 を楽しみたいので、醤油を使わず塩にしました。

   少し塩抜きして使っていますが、
噛むと紫蘇の香りがして、プチプチ弾けるような感覚が
     とても気に入っています。



  紫蘇の株を抜き取った後には
「わけぎ」の小株を買って植えました。

薬味にちょこちょこ使うのに重宝するのでは、
     と思って。 (^∇^)ノ

  苗に向かって 「期待してるよ!」
    と声掛けしておきました。




   日曜日の月は、「十三夜の月」


十三夜


       きれいな月でした。

 昨夜の月は何と呼べばいいのかな?

十四日の月



     もっと華やかに昇りました。



  晴れの日が続いて快い秋の日々、

今週半ばに見られる「満月」が楽しみです。





歌枕 探訪 -  標茅(しめじ)が原 ー


-下野(しもつけ ) 標茅(しめじ)が原 のさしも草ー


なほ頼め 標茅(しめじ)が原 の させも草
                   わが世の中に あらん限りは

(やはり、わたしを頼みにしなさい、そのようにも、わたしが
 この世の中にいる限りは
)
                   『新古今和歌集』巻二十(1917)


同じこの歌が載る『袋草子(ふくろぞうし)』には、以下のような
説明があります。   


「悩みで身が衰弱し治療の効果もあらわれないことを訴えた
女に清水観音が慈悲を示されたお歌」なのだと。この歌では

治療としてするお灸の材料である「させも草」、蓬(よもぎ)が
効いるというのです。


また、『日本古典文学全集』(小学館) の頭注には、
「標茅(しめじ)が原 」 栃木市川原田町。
             蓬の名所、伊吹山の麓の原 とあります。



そこで、「標茅(しめじ)が原 」に出かけてみました。 (今年5月のこと)



しめじが原 (1024x768)

           標茅(しめじ)が原

ここから西へから約2、5キロのところに伊吹山があります。





となりますと、「百人一首」にある 藤原実方朝臣 の歌にある「いぶき
さしも草」についても、


伊吹山 (1024x683)



滋賀と岐阜との間にある伊吹 ではなく



「しもつけ伊吹山」説 があるというのもうなずけるのではないでしょうか。


伊吹山善応寺 観音堂 (1024x768)

伊吹山善応寺 観音堂 です。  下野23番札所 

この裏手一帯が伊吹山です。 栃木市の指定文化財になっています。


さしも草の解説 (1024x768)

    七つ葉のよもぎ (768x1024)

さしも草(七つ葉よもぎ)もまた指定文化財で、栽培されています。


伊吹橋のかかる赤津川 (1024x768)

観音堂の前を流れる赤津川にかかる橋は「伊吹橋」といいました。




「百人一首」51
かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを
                     藤原実方朝臣 


このように(あなたを慕っていますと)さえも打ち明けることができな
 いのですから、伊吹山のさしも草ではないけれども、それほど私の
 思いが激しいものだとはご存じないことでしょうね



プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR